佐山奈津子のスキンケア研究ブログ

ヨガ教室を運営しながら、子育てにも現在奮闘中の1児の母です。コスメマイスターの資格も取り、女性の美について勉強中の日々です!


テーマ:



女性の肌の大敵となるシミですが、その発生原因にもいくつかあり、シミと一言で言ってもさまざまな種類があるんですね。


シミの直接的な原因として最も多いのが紫外線ですが、この紫外線が肌に当たることでメラニンと呼ばれる色素が生成され、この色素が肌内に残ってしまうことでシミができてしまいます。


肌細胞に紫外線が当たると、細胞が死んでしまったり変異してしまうために、肌はそれを防ごうとメラニン色素を生成し、肌細胞を守ろうとするんですね。

メラニン色素は、肌の真皮層に紫外線が届かないようにする傘のような役割を果たし、肌にとっては本来なくてはならない色素です。


このメラニンは、通常は肌細胞の生まれ変わりのターンオーバーによって自然と排出されるのですが、何らかの原因によって排出されずに肌内に残ってしまうと、これがシミとして表出してしまうんですね。


ターンオーバーによって排出されない理由はさまざまですが、加齢による肌機能の低下やホルモンバランスの乱れ・ストレス等によっても引き起こされます。


シミを防ぐためには、外出時の紫外線対策に加えて、少なからずダメージを受けた細胞が正常にターンオーバーを繰り返せるように、日々のケア・規則正しい生活習慣なども大切になってくるんですね。



シミにもいくつかの種類があり、上記のような紫外線の影響によるシミや、肝斑と呼ばれるホルモンバランスの乱れが直接的な要因となるものもあります。

他には、ソバカスもシミの一種であり遺伝的な要因が大きいとされていて、年齢と共に色が濃くなることも多いようです。


脂漏性角化症と呼ばれるシミは、いぼ状に突起しながらできるシミの一種で、一般的な美白化粧品の使用では改善が難しく、美容外科等でのレーザー治療が必要なシミですね。


他にも、炎症性色素沈着や遅発性両側性太田母斑と呼ばれるシミもあり、これらも一般的なスキンケアでは改善が難しく、皮膚科等での専門的な治療が必要となります。



このように、シミと一言で言ってもさまざまであり、その原因・治療方法も異なるんですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



あらゆる肌トラブルの根本的な原因は、乾燥であると言われています。しかしながら、生来から乾燥肌という方は意外と少なく、間違ったスキンケアや外部刺激・ストレスなどによって引き起こされている場合が多いんですね。


特にスキンケアの中でもクレンジングは、肌への負担が大きく間違った方法で続けると乾燥しやすい肌環境を整えてしまうことにもなるんです。



肌には水分保持力が備わっていますが、その機能は角質層で約8割・残りの2割を天然保湿因子と皮脂が担っています。

しかしながら、油分によってメイクなどを落とすクレンジングは、水分保持力のほとんどを担っている角質層に負担を与えてしまうため、適切な方法で行うことが大切になってくるんです。


クレンジングが肌に与えるダメージとしては、摩擦が挙げられますね。摩擦によって肌表面の角質層を直接的に傷つけてしまい、剥がれ落としてしまいます。

濡れた状態だと、さらに角質層は剥がれやすくなっているため、必要以上の力で肌に摩擦を加えることは避けるようにしたいですね。


また、クレンジング剤に多く使われている界面活性剤も、肌を直接的に傷める要因となります。

メイクを浮かせるために使用される油分が水に溶けるように、界面活性剤が多く配合されているのですが、これがメイク汚れだけでなく角質層のセラミドまで一緒に洗い流してしまうんです。



このように、クレンジングは肌への負担が大きく、上記に挙げたような摩擦や界面活性剤の影響を最小限に抑えるような工夫が大切なんですね。

理想はクレンジング剤を使用しないことですが、しっかりとしたメイクをキレイに落とすためには使用は避けられないと思います。


ウォータープルーフのマスカラのようなしっかりメイクを落とす際には、ついついゴシゴシと落としてしまいがちですが、このような落ちにくいメイク部分にのみ強い洗浄力のクレンジング剤を使うのも、ひとつの工夫です。

少し面倒になりますが、まつ毛部分にだけ強いクレンジング剤を綿棒等でつけるようにしたり、クリームで目元を覆って他の部分に影響のないようにすることでも、しっかりメイクの部分だけ強めのクレンジングを行うことができますね。


最近では、お湯だけでも洗い落とせるマスカラも提供されていますし、ファンデやベースメイクは石けんのホイップだけでも十分落とせるようになっています。


洗い過ぎと擦り過ぎによって、乾燥肌が誘発されていることが非常に多いので、特に影響の大きいクレンジングは丁寧に行うようにしたいですね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:



普段使う基礎化粧品にも、無添加という用語がよく使われるようになってきました。一般の食品にも使われる用語ですが、実際にはどのような意味なのでしょうか。


基礎化粧品は現在、薬事法により配合されている成分全てを明記することが義務付けられています。

今の薬事法になるまでは、アレルギー反応の出る危険性の高い102種類の指定成分だけが、表示の義務対象となっていたんですね。そのほとんどが石油由来の化学成分で、防腐剤などがその代表的な成分です。

現在一般的に使用されている無添加という用語は、この102種類の指定成分を配合していない商品を指しています。



しかしながら、このアレルギー反応の危険性の高い02種類の成分が取り決められたのが1980年代です。それ以降に使われるようになった新しい成分は含まれておらず、その全てが危険性が少ないという保証がないのが現状です。

無添加というと安全・肌に優しいというイメージがありますが、現在では必ずしもそのイメージ通りの用語であるとは限らないんですね。



基礎化粧品の場合は、特に肌に刺激が強いとして防腐剤の使用が嫌われやすいようです。しかしながら、適量の防腐剤がなければ、中身に細菌も繁殖しやすくなり、そうした化粧品を利用することで逆に肌に負担をかけることにも繋がるんです。


そのため、防腐剤未使用という表記があったとしても、その代替的な処置として他の科学的成分が使用されていることも多いんですね。



敏感肌・アレルギー体質の方・アトピー肌の方などは、特に日々利用する化粧品の成分には気を遣われると思います。

無添加というイメージだけで商品を選ぶのではなく、実際にはどんな成分が使われず、逆にどういった成分は使われているのかということを、自分の目で確かめられる基礎的な知識は身につけていきたいですね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ちょっとしたコスメの成分や外部刺激に反応して、カサついたりニキビなどができやすくなる敏感肌。肌の角質層のバリア機能が低下しているため、外からの刺激を直接受け止めてしまうんですね。

カサカサと乾燥しやすくなるため、ついつい良い美容液などをたっぷり塗ってしまいがちです。


バリア機能が低下することで、肌内の水分が外へ逃げてしまいやすくなるため、敏感肌には何よりも適切な保湿ケアが大切になります。

特に保湿成分として優秀なセラミドは、もともと人の肌内に存在し水分を保つ働きを担ってくれているものですが、このセラミド配合の保湿美容液を利用することで、表面から角質層に必要な保湿成分を直に届けてあげることができます。



しかしながら、この保湿美容液には界面活性剤が多量に使われている商品が多く、敏感肌の方は注意が必要ですね。必ず本格的な使用の前に、サンプルなどでパッチテストを行ってから使い始めると安心です。

実際の皮膚に何かしらの症状が現れるまでに、2〜3日程度かかる場合が多く、パッチテストは塗ってから数日置いて皮膚の変化を観察するようにしたいですね。



敏感肌の方の美容液としては、上記のようなセラミドなどが豊富に配合された保湿美容液が良いとされていますが、これからの季節であれば美白美容液などを取り入れたいという方も多いと思います。

そういう場合は、よく配合されるビタミンC誘導体などは肌への刺激がやや強いため避けた方が無難かもしれません。



過敏性の肌のお手入れは、あまり色々なことをせず、肌に負担の少ないシンプルなケアを心掛けることが大切です。

肌状態が悪くなると、ついつい色々な化粧品を試したり、ベタベタと必要以上の化粧水や美容液を使ってしまいがちですが、それが逆に肌への負担になり症状を悪化させてしまうこともあるんですね。


敏感肌の場合は、肌への刺激をとにかく避けて、肌本来の力を取り戻すことを意識したケアが大切なんですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



身体のさまざまな老化の元と言われる活性酵素。この活性酵素が増えてしまうと、細胞の酸化が加速してしまうからなんですね。

酸化というのは、細胞にとっては老化と同意ですから、近年になって抗酸化という単語が美容界でも注目されているんです。



女性の美容にとっては大敵の活性酵素ですが、その発生原因として最も大きなものが紫外線です。

美容には悪影響の大きな活性酵素ですが、本来は人の身体には必要不可欠なもので、外部から入り込んできた細菌やばい菌から細胞を守る働きを担っているんですね。

紫外線には、人の細胞を傷つける刺激が大きく、その刺激から守るために体内でたくさんの活性酵素が生まれてしまうんです。



しかしながら、適量を超えた過剰な活性酵素は、その働きが活発になり過ぎてしまい、細胞を逆に酸化させてしまいます。

この行き過ぎた活性酵素の働きを抑えてくれるのが、メラニン色素を作り出すメラノサイトと呼ばれる細胞です。

このメラニンが、過剰な活性酵素からの酸化作用を押えるように働くことで、細胞は守られるわけですが、メラニン自体が酸化することにより色素がそのまま沈着してしまいます。



日焼けによって肌が黒くなってしまうのは、メラニンによって細胞が守られている証拠で、日焼け自体は肌のターンオーバーによって自然と色が落ちるようになっています。

しかしながら、このターンオーバーによって自然に落ちることなく、肌にそのまま色が沈着したのがシミなんですね。


年齢が高くなるほど、シミができやすく色素が落ちにくいのも、この肌細胞の新陳代謝であるターンオーバーが正常に機能にしくくなるからなんです。



合わせて、シミができやすい原因としては、肌の脂質の量も影響が大きいと言われています。

活性酵素は脂質も酸化させやすく、その酸化した脂質は身体から出ていきにくい性質があるため、細胞内に溜まりやすくなります。

この溜まった酸化した脂質にメラニン色素が残ると、色素自体も排出されにくくなり、この脂質はシミの温床になりやすいんですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。