愛こそすべて!共生共栄共義主義のすすめ!利他主義実現!

現代のこの日本の自由で平和で幸福的な社会においても、そのほころびが現れて来ています。自由主義、民主主義の欠点をおぎないつつ長所を更に発展させながら、希望、喜び、感動、熱情あふれる社会が実現しますように!

自由主義と民主主義の中心精神は、「人権の尊重」を基盤とした、「思想、行動の自由」であります。

日本国憲法において

第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

第二十三条  学問の自由は、これを保障する。

第三十一条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第三十三条 何人も、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

上記により、神聖にして侵すべからざるものとは、「思想、行動の自由」であります。
そして、真理探求の為に、自由にどのような学問でも、学ぶ自由が保障されています。
法的な手続きによらない、他者の意志を無視した拘束・拘禁は、拉致監禁罪です。
日本は、独裁政権ではなく、自由主義による民主主義政体です。
思想、主義、宗教の違いにより、他者を拘束・拘禁状態におくことは、刑事的犯罪であり、拉致監禁罪です。

未成年者は、二十歳まで親の保護の元にありますが、二十歳を過ぎた青年男女を拘束、監禁状態におく事は、たとえ家族、身内であっても拉致監禁罪です。

許すことのできない人権侵害であります。

自由主義国家である日本において、学問を学ぶ自由を否定し、拉致し監禁する犯罪が実行されています。

他国の無神論唯物主義国家の拉致監禁もさることながら、基本的人権を否定した日本における人権侵害です。

共生共栄共義主義の、中心核は、心情であり、真の愛の価値観を根底においています。

愛こそすべて、利他主義を中心主義としています。

人間の価値は、唯一無二であり、天宙的、宇宙的な価値を持ち、絶対的な人格の自主性を有していると主張しています。

資本主義の拝金主義により、人間性の、喪失感が漂う時代でありますが、人間性の本来的価値を見いだして、いきたいと思います。






テーマ:
「悪の天使長」「善の天使長」「祝福」

人間始祖アダムとエバが、不倫なる愛により霊的堕落、肉的堕落により、神の血統圏からサタン血統圏に陥ってしまったということが事実であるとするならば、人間の復帰において、不思議な用語が生じてしまったといえます。


創造本然の人間は、父母なる神を親として、血統的に神の子女という立場になります。

ところが、天使長ルーシェルによりエバが、霊的に不倫なる愛により、天使長と霊的な実体的堕落行為がなされてしまいました。

そして、アダムを堕落させて、アダムの権限を全て奪おうと願ったルーシェル天使長の命令で、堕落させられたエバは、アダムを肉的に誘惑するようになりました。

エバだけの堕落行為であれば、まだ、霊的堕落行為の範囲ですから、アダムが個性完成し、エバを復帰することは可能でした。

ところが、神の創造を全て失敗させて、自分を中心とした世界を造ろうと願ったルーシェル天使長は、なんとしてでも、エバを通して、アダムを肉的に堕落させて、天使長ルーシェルの種を持つ人類を創造しようとしたのです。


しかるに、ルーシェルの策略と期待した通り、アダムは、神の戒めを知っておりながら、最終的には、エバの性的誘惑、さらには、エバの誘惑の涙に屈して堕落し、サタン血統の人類が生まれてしまいました。


神の創造においては、神の血統的子女が、誕生し増え広がるはずでしたが、人類始祖の堕落行為により、サタン血統の子女が増え広がるようになってしまったのです。

従って、真実は、人間は神の子ではなく、堕落した天使長ルーシェル、すなわち、悪魔の血統、悪魔の子として誕生するようになってしまったのです。


このような内容は、誰も受け入れることも、信ずることもできないことであり、その真実を知った再臨は、その事実を伝えることがあまりにも困難であったというのです。


ヨハネによる福音書

ニコデモは言った、「人は年をとってから生れることが、どうしてできますか。もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」
(ヨハネ3/4)

あなたがたは新しく生れなければならないと、わたしが言ったからとて、不思議に思うには及ばない。
(ヨハネ3/7)

よくよく言っておく。わたしたちは自分の知っていることを語り、また自分の見たことをあかししているのに、あなたがたはわたしたちのあかしを受けいれない。

わたしが地上のことを語っているのに、あなたがたが信じないならば、天上のことを語った場合、どうしてそれを信じるだろうか。

天から下ってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上った者はない。
(ヨハネ3/11〜13)


わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。

けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。
(ヨハネ16/12〜13)


上記のヨハネ伝の記述から、イエスは天、すなわち、真理探究のために霊界に行かれて、人類始祖の堕落の真実を知られたということが分かります。

同様に再臨も人間堕落の真実を知られたといえます。


血統的言葉として、神の子女、悪魔の子女、という表現が使えます。

そして、血統的用語として、サタン血統の子女というのは、堕落した悪の天使長の子女となりますので、人間を「悪の天使長」というように表現できます。


人間始祖の堕落により、人間は「神の子女」ではなく「悪の天使長」ということになります。

そして、再臨のみ言に従って善に生きようとする立場に転換された時、悪ではなく、「善の天使長」ということができるというのです。

さらに、「善の天使長」の立場から、サタン血統という原罪を清算し血統転換することを「祝福」といいます。


悪の天使長の父は悪魔ですので、良心作用があるとはいえ、男性は大雑把に、思いの7〜8割は、自己中心的な思い、不倫の思いに影響されているかも知れません。


ヨハネによる福音書 8章44節

「あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。彼が偽りを言うとき、いつも自分の本音をはいているのである。彼は偽り者であり、偽りの父であるからだ」


そして、再臨のみ言を知り、善の天使長として正しく生きようとしても1〜4割は、自己中心的な思いかも知れませんし、サタン血統圏から神の血統に転換されても、数万年、数十万年の堕落の人類歴史がありますから、まだまだ、真に正しく生きることには困難があるものです。

実際、難しいものですし変わらないのが、現実かも知れません。

超優秀で早ければ、3〜4代、通常は数代以上かかるのではないでしょうか。

ところが、血統的親族と知人友人を含めた430家庭の氏族圏の祝福、すなわち、血統転換を完成することができるならば、一気に本然の位置と状態に復帰できるという最短の復帰の道もあるというのです。

昔は、どこに行くにも歩かなければならない時代があり、その後の交通機関の飛躍的な発展により、地球一日生活圏時代に入っているように、また、インターネットにより一瞬に世界につながる時代に入ったように、復帰の道も瞬間的に完成できる時代に入っているといえます。

天の恵みです。

日本が無理であるならば、悲しいかな、天の祝福の恵みはアジア、アフリカ諸国に移動してしまう可能性を否定できません。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。