愛こそすべて!共生共栄共義主義のすすめ!利他主義実現!

現代のこの日本の自由で平和で幸福的な社会においても、そのほころびが現れて来ています。自由主義、民主主義の欠点をおぎないつつ長所を更に発展させながら、希望、喜び、感動、熱情あふれる社会が実現しますように!

自由主義と民主主義の中心精神は、「人権の尊重」を基盤とした、「思想、行動の自由」であります。

日本国憲法において

第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

第二十三条  学問の自由は、これを保障する。

第三十一条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第三十三条 何人も、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

上記により、神聖にして侵すべからざるものとは、「思想、行動の自由」であります。
そして、真理探求の為に、自由にどのような学問でも、学ぶ自由が保障されています。
法的な手続きによらない、他者の意志を無視した拘束・拘禁は、拉致監禁罪です。
日本は、独裁政権ではなく、自由主義による民主主義政体です。
思想、主義、宗教の違いにより、他者を拘束・拘禁状態におくことは、刑事的犯罪であり、拉致監禁罪です。

未成年者は、二十歳まで親の保護の元にありますが、二十歳を過ぎた青年男女を拘束、監禁状態におく事は、たとえ家族、身内であっても拉致監禁罪です。

許すことのできない人権侵害であります。

自由主義国家である日本において、学問を学ぶ自由を否定し、拉致し監禁する犯罪が実行されています。

他国の無神論唯物主義国家の拉致監禁もさることながら、基本的人権を否定した日本における人権侵害です。

共生共栄共義主義の、中心核は、心情であり、真の愛の価値観を根底においています。

愛こそすべて、利他主義を中心主義としています。

人間の価値は、唯一無二であり、天宙的、宇宙的な価値を持ち、絶対的な人格の自主性を有していると主張しています。

資本主義の拝金主義により、人間性の、喪失感が漂う時代でありますが、人間性の本来的価値を見いだして、いきたいと思います。





NEW !
テーマ:
今日は、「天一国聖物伝授還元祈願礼式」という儀式に参加して来ました

還元祈願礼式という表現から、本然の位置と状態に戻ること、すなわち、還元することを願った礼式と言えます。

その為に、天運相続所願成就書という祈願書も記入し捧げました。

なによりも、世界平和実現、すなわち、天一国実現が成されることを願い記入しました。

さらにミッション、気がかりなこと、そして、勝利達成してほしいことについて、祈りと願いを込めて記入し天に捧げました。

また、天一国聖物とは、天一国聖酒、天一国聖燭、天一国聖塩、天一国聖土の4大聖物を意味しています。

天一国聖酒とは、主イエスの最後の晩餐でイエスと共に、弟子達が罪の許しと御国の到来を願って飲んだ聖なるワインの伝統を受け継いだもので、キリスト教におけるミサとか聖餐式といわれる宗教的儀式の伝統の流れから、再臨時代にサタン血統から神の血統に血統転換する為に出された聖なる聖酒です。

天一国聖酒には、過去の一切の罪が許される特別の恩赦があり、悪の勢力の主体は、人間の罪を讒訴条件として、神に訴え人間を不幸に、そして最終的には地獄に引いて行こうとしているので、その罪を清算する権能が与えられています。

とりわけ、今回の聖酒は、来年2月の基元節記念日まで飲むことができるようになっています。

天一国聖塩とは、一般的にお清めの塩というものがありますが、人間始祖が堕落することにより、万物界のすべての万物がサタンの主管下に入ってしまったので、万物に聖塩をふりかけることによりサタン分立して、神の所有に復帰する為に用いられます。

そうすることにより、聖別した物として使用することができます。

天一国聖燭(せいしょく)とは、ロウソクのことで、一般的なお仏壇などの小さめなロウソクではなく、キリスト教的なかなり大きめのロウソクです。

聖燭を灯すことにより、神様であられる天の父母様が、私たちとともにあられ、その権能で役事されるというのです。

天一国聖土は、今回初めて伝授されたもので、まさに、天一国聖土を備える場所は、聖なる地、聖地ともいえる場所になるのだと言えます。

今まで、4大聖物という言葉もなく、聖土も初めて地上に現れたまさに聖なるものなので、今日は、家に帰り家の中隅々と庭を天一国聖塩で聖別しました。

家を聖塩で聖別しなければと思いながらも、なかなかできずにいましたが、新たな天一国聖塩を頂いたので家中を聖別しました。

世界中のすべての人々が、4大聖物を頂き恩赦による血統転換をなし、各家庭を聖塩で聖別し天の父母様が臨在できる聖地、聖土となすならば、全世界、全人類が創造本然の世界に復帰されて行くことが可能になるように思います。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。