愛こそすべて!共生共栄共義主義のすすめ!利他主義実現!

現代のこの日本の自由で平和で幸福的な社会においても、そのほころびが現れて来ています。自由主義、民主主義の欠点をおぎないつつ長所を更に発展させながら、希望、喜び、感動、熱情あふれる社会が実現しますように!

自由主義と民主主義の中心精神は、「人権の尊重」を基盤とした、「思想、行動の自由」であります。

日本国憲法において

第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

第二十三条  学問の自由は、これを保障する。

第三十一条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第三十三条 何人も、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

上記により、神聖にして侵すべからざるものとは、「思想、行動の自由」であります。
そして、真理探求の為に、自由にどのような学問でも、学ぶ自由が保障されています。
法的な手続きによらない、他者の意志を無視した拘束・拘禁は、拉致監禁罪です。
日本は、独裁政権ではなく、自由主義による民主主義政体です。
思想、主義、宗教の違いにより、他者を拘束・拘禁状態におくことは、刑事的犯罪であり、拉致監禁罪です。

未成年者は、二十歳まで親の保護の元にありますが、二十歳を過ぎた青年男女を拘束、監禁状態におく事は、たとえ家族、身内であっても拉致監禁罪です。

許すことのできない人権侵害であります。

自由主義国家である日本において、学問を学ぶ自由を否定し、拉致し監禁する犯罪が実行されています。

他国の無神論唯物主義国家の拉致監禁もさることながら、基本的人権を否定した日本における人権侵害です。

共生共栄共義主義の、中心核は、心情であり、真の愛の価値観を根底においています。

愛こそすべて、利他主義を中心主義としています。

人間の価値は、唯一無二であり、天宙的、宇宙的な価値を持ち、絶対的な人格の自主性を有していると主張しています。

資本主義の拝金主義により、人間性の、喪失感が漂う時代でありますが、人間性の本来的価値を見いだして、いきたいと思います。






テーマ:
金正男氏の暗殺、時代は何が起こるか分からない状況になって来ました。

予想不能、不確実性の時代。

予測できる最悪の場合、核ミサイルが日本列島に飛んで来ることです。


再臨の予言で、共産主義は、70年を越えることができないとあります。

ロシア革命が1917年、そして、1922年12月30日にソビエト社会主義共和国連邦が形成され、1991年12月26日に解体しました。

おおよそ69年間、70年となります。

朝鮮民主主義人民共和国は、1948年9月9日が建国で、中華人民共和国の建国は、1949年10月1日となっています。

2018年、2019年、この2〜3年が最大の山場になるといえます。

ソ連の場合、再臨が最大の努力をされて、有能なゴルバチョフ夫妻が困難を乗り越えて、無事に平和的にソ連を解体することができました。

人類歴史をみるならば、戦争のない時代はなく、平和な日は1日もなく、現在も世界は悲惨です。

日本においても明治維新後、日清戦争、日露戦争、世界で第一次世界大戦、そして、第二次世界大戦と続き、その後、米ソの自由と共産の世界的危機状態が継続されました。

しかしながら、一般の日本国民は、自由と共産の世界的対立が日本に及ぶことの危険性を感ずることなく、現在まで平和を70年間享受して来たので、この日本の平和が永遠に続くと安心しきっているようにも思えます。

今回の暗殺事件は何を現しているのでしょうか。

様々な理由と事情があるはずですが、それだけの覚悟がありますよということだと思われます。

日本の首相がアメリカの大統領と親密に会談している最中に、日本海に弾道ミサイルが発射され、その後の暗殺事件ですから、そういうことの表明といえます。


今回のマレーシアでの暗殺事件は、大変な問題です。

しかしながら、日本国も100年以上前に、韓国、李氏朝鮮の皇后である閔妃を暗殺したという事件がありました。

皇后閔妃は、権力争いで、はじめは日本に頼り、その後、清国に最終的には、ロシアの力を借りるようになった閔妃でした。

日本にとって都合が悪くなったので、表向きは日本国政府が関与しなかった形にして、閔妃を暗殺したものと思われます。

その後、日本が朝鮮半島の植民地化に邁進します。



( 乙未事変 - Wikipediaより )

乙未事変(いつびじへん)は、李氏朝鮮の第26代国王・高宗の王妃であった閔妃が1895年10月8日、三浦梧楼らの計画に基づいて王宮に乱入した日本軍守備隊、領事館警察官、日本人壮士(大陸浪人)、朝鮮親衛隊、朝鮮訓練隊、朝鮮警務使らに暗殺された事件。韓国では閔妃の諡号を採って「明成皇后弑害事件」とも呼ばれる。


外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会 『新版 日本外交史辞典』、872,983。

「三浦公使は杉村濬書記官、楠瀬幸彦公使館付武官、岡本柳之助朝鮮国軍部兼営内府願問官らと協議して、閔妃の政敵で京城郊外孔徳里に蟄居する大院君を擁して閔妃を倒し親日政権樹立を計画した。(中略)8日早朝、上記計画を決行した。訓練隊、日本軍守備隊、日本警察官、日本人新聞記者・壮士らを動員、大院君を擁して景福官に入り、王宮護衛の侍衛隊を撃破し、閔妃を殺害、その死体を火葬した」


数年前に井上馨の血縁であり、元総理の鳩山由紀夫氏が韓国で土下座謝罪し、日本人は意味が分かりませんでしたが、今回、少し理解できたような気がします。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。