中国青海省で起きた大規模地震で、千葉県四街道市のNPO「徳洲会医療救援隊(TMAT)」は15日、被災者への医療支援のため先遣隊3人を派遣した。
 成田空港から出発した先遣隊は、隊長の田川豊秋東天城クリニック院長(46)とコーディネーター、通訳の3人。北京から空路で西寧へ移動し、マイクロバスで現地入りする。調査終了後20日に帰国予定。
 田川隊長は「現地でどの程度被害があり、どのような医療ニーズがあるのか見極めたい。本隊も調査に行く先遣隊と同時進行で準備している」と語った。
 また、岡山市に本部を置く国際医療のNGO「AMDA」(菅波茂理事長)も15日、現地に男性調整員1人を派遣し、医療支援活動を行うことを決めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国青海省地震
阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突
邦人被害の情報なし=首相「復興支援を用意」
釧路などで震度2=M6.9の深い地震
四川地震の写真を誤配信=ハイチの放送局サイトに掲載

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(3)(産経新聞)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
三浦の新名物「アカモク」食べごろ 健康食品としても注目(産経新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
1歳男児が変死=母が119番-大阪(時事通信)
AD