危機を乗り越え夫婦円満☆幸せ妻になるカウンセリング

浮気、夫婦喧嘩、離婚の危機、モラハラ・・夫婦関係のピンチは人生リセットのチャンスです!離婚を決める前に、悩みに向き合い、夫婦コミュニケーションのコツをつかめば夫婦修復は可能です。夫婦関係専門カウンセラーがずっと愛され幸せな家庭を築くお手伝いをします。


テーマ:

初回のセッションを受けられた方から感想をいただきました。

 

************

先日はありがとうございました。

 

嶋田先生のブログを2年前からずっと見ていて、著書も拝読

しておりましたが、初めて直接カウンセリングしていただき、

私にとっては目から鱗の連続でした。

 

主人のことがこんな昔の出来事とつながっているとは、

思いもよりませんでした。

でも不思議と心が大変軽くなった気がします。

 

カウンセリングが終わってから、ずっと忘れていた昔の記憶が

どんどん出てきて、自分でもびっくりしております。

 

これからどんな気持ちが自分の中から飛び出してくるのか・・

怖い気もしますが、期待もあります。

次回のカウンセリングも楽しみにしています。

 

***********

 

 

まだ幼い子どもは、いま経験していることに対して

自分が何を感じているのかが分かりません。

 

 

例えば、

お兄ちゃんに意地悪されて泣いているとき、

大人が「悔しかったね!」と言ってくれると

「あ、自分は悔しくて泣いてるんだな」と分かります。

 

 

急に雨が降ってきたとき、

大人に「びっくりしたね!」と言われて初めて

自分の感じている感情が「びっくり」だということが分かります。

 

 

突然犬に飛びかかられたとき、

大人に「怖かったね!」と言われて

今感じているのは「怖い」という感情なんだと分かります。

 

 

周りの大人、つまりお母さんやお父さんが

自分の感情を受け止めてくれることで、

感情を感じることがきます。

 

 

ところが、

 

お母さんにすごく叱られたり叩かれたりした、

 

お父さんに怒鳴りつけられた、

 

お父さんがお母さんに暴力を振るっていた、

 

お父さんとお母さんがバトルを繰り広げていた・・

 

 

こういう場合、

本来一緒に感情を受け止めてくれるべき親が、

ネガティブな感情を感じる原因になっていると、

子どもは誰と感情を分かち合えるでしょうか?

 

 

どう受け止めていいのか分からない子どもは

凍り付いてしまいます。

 

文字通り、感情が凍結してしまうんですね。

 

 

その心の奥にずっと凍結されたままの感情が、

大人になっても多くの副作用を起こします。

 

 

パートナーに対して不安になると

好きでもない他の人のところへ逃げてしまったり、

 

寂しくなると相手を攻撃してしまったり、

 

やめたいのにお酒やギャンブルがやめられなかったり、

 

嫌でたまらなかった親と同じ行動を子どもにしてしまったり・・・

 

 

トラウマ行動の後ろには

凍り付いた感情が存在しています。

 

 

この感情を外に出してあげなければいけません。

 

 

感情が凍り付いたときの出来事を思い出して、

そのとき感じたことをアウトプットするのです。

 

信頼できる誰かに聞いてもらうのが一番いいですが、

一人で紙に書き出すのもいいでしょう。

 

そのとき感じていた感情を

まざまざと、ありありと、味わってください。

 

そしてそれを言葉で表現してください。

 

「悲しかった。」

 

「怖かった。」

 

「傷ついた。」



 

幼い子供だったあなたは、

その感情を受け止めるにはあまりに無力でしたが、

今のあなたなら大丈夫。

 

 

自分の感情をしっかり受け止めてあげると、

トラウマ的な反応や行動をしなくても大丈夫になっていきます。

 

 

 

 

 


 

 

 


応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村

 

 

 

STOP! the離婚 夫婦愛を蘇らせるための手引書 ―幸せ妻になる11の実践ワーク付き―/嶋田 直美

¥1,426
Amazon.co.jp

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

週末の午後は近くのチャイナタウンで遊んできました。
春一番が吹いて寒いですが、日差しはもう春ですね赤薔薇
 
さて・・
 
一回きりのカウンセリングと違って、複数回継続する
カウンセリングは、クライアントさまと徹底的に寄りそう
覚悟がないといけない、といつも思います。
 
 
クライアントさまの中でも、すぐに結果を出して
ご主人が変わってスパンと幸せになっちゃう方もいれば、
 
自分はすごく成長されて少々のことでは傷つかなくなり、
幸せ体質になったのに、ご主人がなかなか手ごわくて、
修復が思うように進んでいかない方もいらっしゃいます。
 
 
男性は女性よりも実はもろいところがあり、
なかなか自分の内面に向き合えない方が多いです。
 
 
なぜなら、小さいときから「男のくせに!」とか
めそめそするんじゃない!」という言葉をたくさん
言われてきているし、昭和の時代は特に、女々しい
のはみっともないという風潮が強かったので、
女性よりももっと感情に蓋をして生きてきてるんですね。
 
 
自分の親への抑圧された恨みつらみがあったり、
自分が相当な生きづらさを抱えてたりするんですが、
それを認められず、奥さんに「全部お前が悪いんだムキー
と怒りをぶつけています。
 
奥さんを悪者にすることで
自分と向き合うことから逃げてるんですね・・。
 
 
ちょうど、
中高生の男の子が、訳の分からない怒りで
いっぱいになって荒れ狂っているようなものです。
 
反抗期の子どもって、親が何をやってもとにかく
ムカつきますよね・・。
親としてはただ嵐が過ぎ去るのを待つだけしかなく・・。
 
 
あるクライアントさまはもう、ご主人に無視されても、
暴言を吐かれても、物を投げつけられても、
かわいそうだな、どれだけ苦しいんだろう・・
と思えるようにまでなったのです。
 
じっと見守っている彼女が素晴らしくて
胸がじーんとなる一方で、幼い頃からずっと
つらい思いをしてきた彼女が今もご主人から
冷たくされていることに、私もたまらなくなります。
 
 
でも、ここであきらめてしまったら、
この問題が起こった意味がなくなってしまうし、
子どもがまた同じ思いをするのが分かるので、
踏ん張っている彼女を、祈る思いで寄り添うしかできません。

 
一筋縄ではいかない運命を持っておられる人には、
大きな使命があるんですね。

先祖の期待が大きい人だと言えます。
 
先祖から大きな使命を託されている人は、
それだけの器もまた、必ず与えられています。
 
 
 
 

 


 

 

 


応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村

 

 

 

STOP! the離婚 夫婦愛を蘇らせるための手引書 ―幸せ妻になる11の実践ワーク付き―/嶋田 直美

¥1,426
Amazon.co.jp

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもにイライラしてしまう・・

ダンナにカッとなって怒鳴ってしまう・・

 

私はなんて悪い母親なんだろう、と自己嫌悪に

陥ってしまうという方がいらっしゃいました。

 

お話をよく聞いてみると、

 

家はいつもきれいで、料理も上手、

子どものおやつも毎日のように手作り、

ご主人の両親にもよく尽くし、

ご主人の仕事も手伝っている

 

・・という良妻賢母でいらっしゃいます。

 

 

でも、イライラしてしまう、

カッとなってしまうのはなぜ・・・?

 

 

それほど、

自分の心に負荷がかかりすぎているんだ

ということに、気づいてください。

 

抑え込まれた怒りのエネルギーは、

必ずどこかに吐き出されずにはいられません。

 

 

良い妻、良い母でなければ・・と、

自分に厳しくなりすぎてませんか?

 

いっぱい、我慢してませんか?

 

 

自分をいろんな正しさや理想、ルールで縛って

いると、夫や子供に対しても裁いてしまいます。

 

 

家族のために・・と生きていると、知らず知らずのうちに

家族に窮屈な思いをさせているかも知れません。

 

 

無意識で子どもや夫の領域に踏み込んでしまいます。

 

 

「夫婦の関係を見て子は育つ」の著者、信田さよ子氏は

「良妻賢母よりも、楽妻怠母になりましょう」

とおっしゃっています。

 

 

いい奥さん、
立派なお母さんと思われなくてもいい。
 
ちょっと肩の力を抜いて、ゆるんでみましょう。
 
ちょっといい加減な、でもいつも楽しそうな
あなたの姿を見て、
夫も子どももホッとできるのです。
 
 
「よい、悪い」「すべき、すべきではない」よりも、
「楽しい、楽しくない」「好き、いや」を軸に
生きてみませんか?

 
 
 

 

 

 


 

 

 


応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村

 

 

 

STOP! the離婚 夫婦愛を蘇らせるための手引書 ―幸せ妻になる11の実践ワーク付き―/嶋田 直美

¥1,426
Amazon.co.jp

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)