シャンプーで何を残すべきか

テーマ:

 

 昨日の記事で問うたこと。

 

シャンプーで何を残すべきか。シャンプーは何を落とすべきか。

 

 

何となくわかりましたか?

 

 

とてもシンプルに表現するなら、

 

◯◯◯と◯◯◯環境を残しましょう。ということ。

 

 

その基本の上で、それ以外の余分な汚れ・皮脂は適度に落としましょうということ。

 

 

この約束を守る事で、頭皮・頭髪が健康であろうとする能力を最大限に活かすことが出来ます。

 

 

もし、その要素2つが欠けているとしたら、頭皮は速やかに異変を生じることになるでしょう。

 

・頭皮がかゆい

・フケがでる

・薄毛になった

・脂漏性皮膚炎

・吹き出物

・炎症

・カラーの褪色

・毛の軟化

 

・・・・ざっと挙げるだけもこれだけの悪影響を予想出来ます。

 

 

そして、決して少なくない割合で、これらの悩みを現在進行形で抱えている方が存在しているのも知っています。

 

 

これらの症状を持つ方に共通する原点が◯◯◯と◯◯◯環境を壊すようなヘアケアをしたこと、そして今でもその悪習を継続していることが挙げられます。

 

 

シャンプーはお薬ではありません。

 

なので、シャンプーがこれらの症状をすぐに治すことは出来ませんが、

 

そのような事態に陥るのを予防したり、症状を良い方向に導く事はできます。

 

適切なものを使えば、の話ですが。

 

 

◯◯◯と◯◯◯環境、この正解が何となくわかりましたか?

 

また、その理由も明快に示すことができたら素晴らしいです。

 

きっと、シャンプーだけに留まらず、化粧品選びにおいて素晴らしい礎となる知識を持っているといえます。

 

 

 

 

 

 

AD