家族で山歩きを楽しんでいます?


おとーさん 一人で登って・・・(家族の声)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月09日(月) 22時22分16秒

2017年01月07日 窓ヶ山(広島市安佐南区沼田) 711.4m 曇 12℃

テーマ:ブログ

午前中は、仕事の残作業を家でやっていたが 雨の降らない日に

家でじっとしてたら、イライラしてきた。  あー もうダメだー

 

気晴らしに 午後から、窓ヶ山を散策してきました。

本日のルートは、めったに歩かない北登山道ルート(尾根登山道)から

中央登山道と周回してみました。

 

=== 工事中 ===

中央登山道の案内板

 

 

 

尾根に出るまでは、急坂の階段が続く            尾根 手前にはトラロープが。。。

 

ここの 稜線は ヤブコウジが群生しています。                 赤い実がかわいい

 

ツルシキミの赤い実

 

東峰                                         西峰を望む

 

 

岩場1  せっかく 窓ヶ山に来たんで   なじみの岩場を散策しました。

 

 

 

 

岩場2  昔 クライミング習い始めのころ よく通ってたなー      今 登れるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年01月06日(金) 00時43分58秒

2017年01月04日 恐羅漢山 (広島県 山県郡 安芸太田町) 1346.4m 曇 3℃

テーマ:ブログ

雪山のワカン歩きの練習として、恐羅漢山を歩いてきました。

 

今年の正月はとても暖かく、降雪ゼロ    雪山かー   さて どこ行こうか?

 

スキー場のある恐羅漢なら、ある程度雪があるのではないかと

行ってみたわけですが。。。   

スキー場は雪不足で、所々 下の芝がでている状況   CLOSE (-"-;A

 

前回 恐羅漢スノーハイク 2015年1月18日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-11978818751.html

 

県道252号恐羅漢公園線より 恐羅漢山 を望む

 

戸河内の、おふくろ弁当で 天むすを購入        牛小屋高原エコロジーキャンプ場管理棟に駐車

 

カヤバタゲレンデ こんな感じです            百本杉より入山

 

ここが 百本杉                積雪10㎝程度 ワカンが無くても歩けるが。。。       

 

練習なので  斜面では、”バケツ”を掘ってザックを置く   ザックを穴に入れ,山側に向いて立つ

 

今年初めての ワカン装着      

 

 

 

装着完了                          ストックのストラップは、下から入れて握る

 

この斜面を登る                             むきたけ(食)

 

雪が少なく 藪漕ぎしながら登る(;^_^A           稜線の登山道に合流

 

 

 

広島県最高峰 恐羅漢山 1346m 山頂到着  誰もいませんでした。

 

冬は、熱い湯を入れたこれが1番               天むす   これ 旨し           

 

新潟のセブンイレブンで購入した濃厚煮干醤油               山頂の積雪 30㎝

中国地方では、これ売ってないですね。

太麺で,後入れの煮干エキスで、なかなか旨し

 

かやばたのキビレから下る                      カヤバタゲレンデのリフト乗り場へ出る

 

動いていないリフトの側を 歩いて下る                        しかし 雪少ねー

誰もいないスキー場は、なんとも寂しい。

 

昨年に続き 今年も雪が少ない。   

冬山の練習をしたいが  こうも少ないと    困ったもんです。

 

山の中を一人で歩いてて 寂しいと思うことはないが

さびれた感じの人工物に出逢うと 寂しさを感じてしまう。 

なんでだろー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月04日(水) 21時27分15秒

2017年01月02日 飯野山 (香川県坂出市) 422m 晴後曇 13℃

テーマ:ブログ

坂出で1泊したついでに、早起きして 讃岐富士こと飯野山へ 

初日の出登山で登ってきました。 

あっ 元旦じゃないので、初日の出じゃありませんね。。。  日の出です。

 

ホテルを5時30分に出発、登山口には6時前に到着。真っ暗闇です。

早朝なので寒いかと思ったが 全然寒くない 上着なしのフリースで

登りました。

今年の正月は、3月上旬の温かさ  実家の周りも雪は無し どういうこと?

 

山頂まで40分もあれば登れます。   

山頂で祈願した後、6合目まで戻り、展望地から初日の出を狙って東の空を

眺めて日の出を待ちました。

 

前回 飯野山 2016年02月06日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-12125977638.html

=== 工事中 ===

飯野山は、端正な三角錐の山です。   カッコよろし(o^-')b

 

6時前  駐車場着                          登山準備し出発  真っ暗です。

前回 登山道は調査済み。 登山道もよく整備されてて、ヘッドライトでも迷うことなし 

 

飯野山登山口より登る                            三合目から見えた夜景

 

七合目                                     東の空が明るくなってきた

 

6:45  飯野山山頂                          山頂にある薬師堂で手を合わす

新日本百名山の碑                山頂は木々で見通しはよくない なので六合目に移動

 

6合目まで下山し東の空を望む                    もうそろそろ 日の出のはず

 

大滝山の左の山から太陽は上ってきました。          

7:15 御来光       讃岐平野を朝陽が照らす     凛として、なんとも清々しい  

 

7時30分 駐車地まで戻る                国道11号より朝日に浮かぶ飯野山を見ながら戻る。

 

今回の宿                              8時にはホテルに戻り 朝食バイキングを食す

ビジネスホテルは、正月はガラガラでした。      正月なので特別におせち料理もありました。(o^-')b

 

9時30分にホテルを出発 実家へ向かう。        与島にて 瀬戸大橋の先に飯野山を望む

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月04日(水) 09時02分33秒

2017年01月01日 五剣山 参拝(香川県高松市) 375m 快晴 14℃

テーマ:ブログ

今年の正月、息子から急遽の仕事が入り帰れないと連絡あり、

帰ってくるのを楽しみにしていた父母を連れて四国に上陸することに。

ついでに、前から気になってた、五剣山のある八栗寺に初詣に行ってきました。

 

元旦の朝、雑煮を食べ9時には実家を出発しました。

田舎から坂出まで約3時間。

自分は、車運転のため お屠蘇は、ガマン ガマンです。

息子は、勤務中で船の中、逢えません。。。  なので父母には、坂出の港で

職場付近の海を見せてから八栗寺に向かいました。

 

=== 工事中 ===

八栗寺の案内板

 

瀬戸大橋を渡ります。                         坂出の港にて

 

昼飯、やっと食べれましたよ 讃岐うどん             屋島を望む

1月1日は,休みの店舗ばかりで、空いてる店を探すのに苦労しました。

讃岐うどん まるいち さん  元旦から開いてて良かった 安くて旨し 有難う!

 

大渋滞で進まぬ 車中より五剣山を見る。 

この岩山 遠くからも、特異な形でよく目立つ  前から気になってた山でした。    

 

レトロなケーブルカーで、境内に向かう。  登山口駅-山上駅   上り 560円也

八栗ケーブル http://www.shikoku-cable.co.jp/yakuri/index.htm

 

大勢の参拝者 どうも正面入り口側から並んでる 長蛇の列 並ぶしかない  

 

五剣山を見ながら、じわりじわりと境内に進む。

八栗寺は真言宗のお寺で、四国八十八箇所霊場の一で、八十五番札所に指定されています。

 

やっと境内に入る。                     本堂で、家内安全・健康を祈願

 

下山時に見た、お迎え大師と夕陽             屋島の向こうに陽が沈む

ありがたや  ありがたや  また 手を合わす。     

 

八栗寺は大勢の参拝者で溢れかえってました。 

車渋滞で2時間 ケーブルカー待ち30分

行儀よく並んで待つこと40分で、やっと本堂に到着できました。

今年は、いい年になりますように!!    

 

調べてみたら、ルートによっては登山禁止となってるようですが

五剣山は登れるようです。こんど 登ってみます。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月31日(土) 01時53分20秒

2016年12月30日 日浦山アルペンルート(広島県安芸郡海田町) 345.9m 晴 12℃ 

テーマ:ブログ

昨日、年賀状作成をなんとか終わらせた。

カミさんから、今日は山にでも行っといてとのお達しあり。

どうやら大掃除の邪魔ということみたいだ。 カミさん 有難う。

 

仕方ないので、気になってた 日浦山のアルペンルートを歩いてみました。

※広島登ろう会さんのHP:日浦山アルペンルート を参考にさせて頂きました。 

 

岩場は、フリーでは、なかなか緊張するところもありました。

フリークライミングルートでは無いので、ボルトなどは有りません。

立木や岩を支点としたロープ場と梯子が続く、岩稜ルートです。

 

海田市駅→Aルート(ひまわり観音)→Aルート口(アルペンルート)→地獄谷→東壁→岩分岐

→第一チムニー(Aザイル)→第二チムニー(Bザイル)→ナメラ岩(Cザイル)→地獄岩→

日浦山山頂(昼食)→地獄岩→テラス岩→東岩尾根→地獄谷→(アルペンルート)→大師寺→

海田市駅

※南岩尾根には、時間の都合で行けず。。。  次回トライですね(;^_^A           

 

前回 2014年06月07日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-11873993792.html

 

海田市駅より 日浦山を望む

2011年 JRの車窓から眺める

 

海田市駅 10:37                            ひまわり観音 Aルートから登る

 

登山道より岩場を望む                            第一チムニーAザイル 

左から Cザイル Bザイル Aザイル            

 

第二チムニーBザイル                          なめら岩Cザイル

 

CザイルからBザイルを望む              BザイルからCザイルを望む

 

Aルートの途中から、この目印を右折する。(Aルート口)            要所に赤黄の目印あり

 

東壁                          ここは岩を登らず、右側を巻いて東壁上部に上がる

 

少し進むと 岩分岐                      右側に進むと 第一チムニーの取付きへ

.

第一チムニー  花崗岩の岩場                岩は乾いてるが松葉が落ちてて滑りやすい

 

梯子もある 上部は揺れて、怖い                  梯子の上は、ロープが頼りの登り(注)

 

岩の上では、赤い印を頼りに登る                     第一チムニー上部からの眺め

 

第二チムニーまでのルートが解らず迷走(;^_^A        なんとか第二チムニー取付きに到着

多数バイパスルートがあるようでテープだらけ かなり時間ロス 第二チムニーの取付き位置に注意

向って左側で少し下に降りるようなルートを探して下さい。

 

 

登り始めはロープの輪を踏み台に                第二チムニー抜けたらこの景色

 

第二チムニー上部から左下に降りるルートで,なめら岩へ向かう          ここから、Cザイル

 

 

ここが 核心  ハーネス スリング あったほうがいいかも      1人なのでフリーで登る(;^_^A

 

何本か ロープ場が続く

 

Cザイルを登りきると 地獄岩に出る。            素晴らしい眺め  海田地区を望む

 

日浦山山頂 345.9m 14:30                    遅い昼食  いつものカップ麺で

 

テラス岩から東岩尾根ルートで下る。           高度感のある岩場の下り

 

東岩尾根にある カブト岩            ロープはないが、小さな岩場が続く

 

アルペンルートの登山口は清正寺だが、1つ手前の 大師寺 に下りました。  

 

日浦山アルペンルートは、岩好きには、なかなか楽しいルートでした。

眺めの良いルートで、適度に緊張感もあり 次回は南岩尾根も

歩いてみたいと思います。

このルート、雨で岩が濡れていたら、無理せずABCザイルはパスする

ほうがよいですね。

 

今年も、大きなケガをすることもなく、楽しく山歩きできたことに

感謝し、薬師寺で手を合わせ下山しました。(^-^)ノ~~

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月26日(月) 21時35分47秒

2016年12月24日 石鎚山(愛媛県西条市小松町石鎚)1982m 晴 -3℃

テーマ:ブログ

四国山行2日目は、西日本最高峰の石鎚山に登ってきました。

成就コース(表参道)でのピストン登山としました。

 

ここで、やっと雪山を歩くことができました。v(^-^)v

 

前回 石鎚山(夏) 2016年6月12日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-12172404282.html 

前回 石鎚山(冬) 2013年1月4日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-11442887781.html

 

石鎚神社頂上社より”天狗岳”を望む

夜明峠の先から、石鎚山を望む

山麓下谷駅構内にある案内板

 

6時起床で朝食準備                       本日は、Mさん作 洋風雑炊

 

まずは、ベーコンを入れて湯を沸かす             彩も良く 完成です。  

洋風なのでコンソメ+雑炊の素、次にチキンライスのパック米、具材は、写真参照下さい。

最後に、ミニトマトを入れ 軽く煮えたら完成です。  ミニトマトの酸味が最高 いい仕事してます。 

皆 旨い 旨し で 完食しました。   これ ありですね  Mさん  ご馳走様でした。

 

石鎚ふれあいの里の朝   こじんまりとした高嶺小学校跡  お世話になりました。

 

8時過ぎに、宿泊地を出発し10分ほどで         始発の8時40分発のロープウェイに乗る。

旅館京屋駐車場へ到着                    ※スキー場営業時は、8時発が始発 

石鎚ロープウェイ山麓下谷駅へ向かう。    

 

石鎚神社中宮成就社にて 山の無事を祈願し手を合わす 9:25    

 

八丁坂をくだった所にある遥拝の鳥居              一軒茶屋 10:30

 

長々と木の階段が続く このルートで一番辛い箇所だ。 滑らぬようフラットソールで慎重に登る 

 

夜明峠手前あたりから、霧氷が素晴らしい             夜明峠にて 10:50

 

二ノ鎖  この辺りから、ガスも引いて晴れ間が出てきました  いいぞー

 

今回は、迂回路の歩道が雪で埋まってなかったので、アイゼン、ピッケル出すことなく登れました。

 

雪も柔らかい        登ってゆくと  目の前に  北壁が、迫ってきた 山頂は近いぞ  

 

石鎚山頂上 12:15              記念撮影の後  天狗岳に向け、ここでアイゼンを装着

 

今年初めてのアイゼン装着、バインディングの調整がうまくできなく、緩めの装着 何度かやり直す。。

事前に家で、冬靴に装着して調整しておくべきでしたね。  反省(;^_^A

天狗岳に向かう。  12:30

 

鎖場の下り 足元が見にくく、けっこう緊張する。        慎重に山側を向いて足場を探す。

 

ナイフリッジの核心部                   岩と雪のミックス 切れ落ちた谷を見て ひぇー 

 

なんとか抜けて  天狗岳山頂へ                やったー 西日本最高峰じゃ 1982m 13:10

 

帰りはピストンで戻る。          先ほど下った鎖場、下りより上りのほうが、怖くない

 

ここを登りきると                             石鎚神社頂上社へ戻る

 

 

 

平地?で滑落停止訓練 ※いい斜面が無かったので・・・

脇を絞めて胸に抱えるように雪面にピッケルを差し込み体重を掛ける。 中途半端だと、

滑落速度に負けて、腕が伸びてしまい、ブレードで顔面を切ってしまう。 

女性は、片手でなく両手でピッケルを抱えるようにしたほうが、より安全と思います。

滑落して、瞬時に動作できるようにしておくこと、遅くなればなるほどスピードが出て

止められなくなる。 

また雪面がクラストしている場合は、膝下は、後ろに曲げてはね上げておくこと。

固い雪面にアイゼンが引っ掛かり、足が折れる事がある為。

柔らかい雪面の場合は,足をブレーキとして使うとよい。

※膝を曲げる理由2 雪面が固い場合に、雪面に食い込んだアイゼンが軸になり体が

              反転してしまい頭から滑り落ちることにもなりかねない為、危険。

 

 

 

神門まで下る  15:45                      急げ 16時発に乗り遅れるぞ!!

 

16:00発のロープウェイに ギリ間に合う。            瀬戸大橋 来島SAにて

ほっ    

 

いやー  今年の登山は、西日本最高峰で締めることができました。

冬山 何とか 体験できましたよ。  よかった よかった(笑)

 

参加の皆さん  有難う御座いました。

来年も どんどん 登りましょう   よろしくお願いします。(^-^)ノ~~

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月25日(日) 16時48分53秒

2016年12月23日 剣山(徳島県三好市東祖谷) 1955m 曇 0℃

テーマ:ブログ

山仲間と、1泊2日で四国の山へ、冬山練習(アイゼン、ピッケル)に行ってきました。

1日目は雪を求めて、徳島県最高峰の剣山へと向かった訳ですが。。。

移動中の車から,山々の頂を見ても 雪の気配なし   あらら  もしかして  雪が無い(;^_^A

 

広島を4時出発で移動、いつものことながら、泥縄で山装備を詰め込む、

睡眠時間は2時間程度  1日目は睡眠不足 なんとなく体が重い。  

山頂まで皆に着いていくのが、けっこう辛い    こんなことで大丈夫?

もっと早くから準備して、しっかり寝ないと   反省 反省。

 

二ノ森への縦走路より、剣山(太郎笈) 1955mを望む  

西島駅の案内板

 

見ノ越より登山開始 8:50                        山頂付近は、白いが。。。

剣神社の石段を登ってゆく

 

剱山本宮の鳥居                                     剱山本宮

今回の山行の無事を祈る。  手を合わせると,気持ちが落ち着き 引き締まる。 

 

だだっぴろい山頂広場 三角点に向かう。                 山頂 1955m 10:20

雪は無いが、風も吹き 霧氷が付いて、寒々とした世界が広がっていました。早々に移動

 

新しいトイレ 冬季閉鎖中でした。                       一ノ森に向かう。 寒ッ

前回の剣山 2016年10月15日は、次郎笈に登ったので、今回は一ノ森としました。

http://ameblo.jp/skb1202/entry-12211987887.html

 

二ノ森を望む なだらかに登山道が続く                   一ノ森を望む

一ノ森山頂 1879m 11:20 後ろに見える山は 左:次郎笈 1930m 右:太郎笈(剣山) 

 

青空も出てきました。                                    縦走路の岩場より  槍戸山1820m を望む            

 

引き返して一の森ヒュッテに向かう                 美馬市営 一の森ヒュッテ 11:36

美馬市営 一の森ヒュッテは、4月末~11月上旬が営業期間 いまは冬季で閉鎖中でした。

 

※ヒュッテの横に、一の森小屋(作業小屋?)がありました。 もしもの時は利用できそう。

 

遭難碑のある,この分岐を右へ向かう。 11:46             穴吹川源流の滝が現れる 12:12

 

ここが穴吹川の源流の谷です。                           石灰石の岩場を登ってゆくと

 

鎖の行場 「おくさり」 12:30  15mほどありそう   修行あるのみということで    登ることに   

 

濡れた石灰岩つるつる滑って なかなか スリリング              皆 無事に登りきる

 

三嶺を見ながら下山                            見ノ越に戻る 13:50

 

====>>  美馬ICから徳島道でいよ西条に移動

 

徳島道から見えた 三嶺                 西条IC降り買出しで,スパーへ 笹ヶ峰を望む

 

本日の宿 石鎚ふれあいの里に到着 17:50  テント泊 1人 200円 風呂 100円  ありがたい。

廃校後を、宿泊施設として再利用した施設で  コテージ キャンプ場 あり  

キャンプ場(運動場跡地)が昨日の雨で水が溜まってるとのことで、管理人さんのご厚意で

特別に屋根のあるバーベキュー場にテントを張らせていただく。 有難う御座いました。

 

宴会準備開始                          地元スパーで入手した 今治風やきとり

 

炒めて酒のつまみに 甘辛で旨し                  まずは冷たいビールで  カンパーイ

 

獅子肉を焼き 味噌を付けて食す 旨いんだな~       地元の酒 御代栄を熱燗で頂く  旨し  

 

締めは、みそ味の鍋ラーメンです。 腹一杯だぜ       21:00~ 片付けて風呂に入り就寝(^_^)v

 

いつもの山仲間と、同じ釜の飯を食い、重荷を背負い 

急勾配では、はー はー 荒い息をたて、渋い顔で淡々と、

山頂をめざす。

山頂では、皆 笑顔になる  景色はなくとも 心は満たされる。

景色があれば なおさらだ。

満たされた後は、軽い足取りで下るのみ  

テントを張り一夜の宿が出来れば、酒を飲み 語らう 

そして 皆で風呂に入り汗を流し 山の余韻に浸る。

それにしても いい夜だ。

目が覚めて また同じ釜の飯を食い、次の山を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月21日(水) 11時51分24秒

2016年12月17日 山の忘年会(広島県の某所キャンプ場) 晴 10℃

テーマ:ブログ

今年も、○○山岳会さんから、声かけて頂きテント泊忘年会に

参加させていただきました。

毎年参加してるので、これが無いと 年越しできません。

あいかわらず 男所帯の、清い忘年会で、あります。(笑)

 

あー 今年は 何日 テント泊したんだろーか?

答え 13泊   来週の予定をいれたら  年間 14泊してることに!!

          山行回数  来週の予定を含めると 年間 65回となります。

 

昨年の宴会 2015年12月12日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-12108463688.html

 

この山の麓が、会場です。

 

14時にスーパーで買出しして会場に着くと すでに宴会場と、豪華ホテルの準備ができていました。

Sさん 有難う御座いました。

 

焚き火用の薪作り  これ大事です。           持込みの酒 東北の銘酒がずらりと並ぶ

 

ビールも水で冷やす                      トン汁も準備します。

 

あれれ 外ではフライングで利き酒会開始となる(笑)     乾き物と 銀杏がつまみです。 旨し

 

軽く酒が入って、宴会準備の続き            17時前、七輪の火もいい感じに。。 そろそろ

 

各種 アルコールがずらりと並ぶ 準備OK       17時  宴会開始です。  カンパーイ

 

まずは、肉から   どんどん焼きまくる!!       幸せじゃー 

 

ホルモン 獅子肉 油がやばいぜ (;^_^A

 

海鮮も旨し                        やっぱ 秋田の酒 大吟醸  旨し 

炭火で焼く  油が燃え ほんと旨い!!        しいたけの醤油焼き 醤油の焦げる匂い  いー 

 

今年も 参加賞 頂きましたよo(^▽^)o     後半は まったり シシャモをあぶって杯を重ねる。 

 

だんだんと寒くなり             皆 焚き火のそばに集まり 山談義     いいねー

 

夜も更ける                      12時過ぎ  おやすみなさい  Oo。。( ̄¬ ̄*) 

 

朝は、テント撤収 宴会場の片づけを行い    トン汁にうどんをぶち込み 朝飯して解散

 

今年は、何度か遠征登山のお誘いを頂いたが、日程が合わず 

一緒に登ることはできませんでした。  残念です。

 

今年も 比婆スカでは、お世話になりました。

 

この会の方々と山に登ることで、山の基本を教えていただいた自分

本当に感謝しています。

 

いつものメンバー 酒を交わし 焚き火を前に 山談義   

おっさんばかりですが、ほんと 楽し  

 

皆さん 今年も お世話になりました。  来年もよろしくお願いします。

     

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月19日(月) 23時58分19秒

2016年12月15日 浅間山 遠望(群馬県高崎市)2568m 曇り後晴 9℃

テーマ:ブログ

鶴岡の仕事の第1次作業は、何とか終わらせることができました。ほッ

今日は、1日かけて 鶴岡→新潟→東京→とつないで広島に戻ります。

 

さて車窓から、いくつの山々と出逢えるでしょうか?

残念ながら新潟~上毛高原駅間は、雪で山は見えず どうしたもんじゃろのー

ところが高崎駅付近からは、よく晴れてて、慌ててスマホで、グーグルマップと

睨めっこしながらの移動です。

高速移動中の新幹線の車窓から、遠方の山々をズームしながら

きれいに写真に収めるのは、なかなかムズイんです。。。(;^_^A

 

赤城山の中央にある地蔵岳をズームアップ 

地蔵岳 1674 m  溶岩ドーム、山頂に複数の通信施設がある。

上越新幹線 高崎駅付近にて  噴煙を上げる 浅間山 2568m を望む 

男体山 2486m と 日光白根山 2578m     どちらも日本百名山

三ッ峰山   1315 m    榛名富士 1390m     相馬山 1411m 

2014年11月27日 榛名山散策 http://ameblo.jp/skb1202/entry-11958953819.html

熊谷駅にて  筑波山 877m   を望む

2014年03月16日 筑波山散策 http://ameblo.jp/skb1202/entry-11801924690.html

 

 

鶴岡駅 9:20発 いなほ6号で新潟に向かう。    

 

海は、今日も 荒れてました。

 

新潟駅で途中下車して・・・  駅前のホームラン食堂へ寄り道     ここのは旨し 外せませんね

 

大宮駅付近 都会になってきた。(笑)          上野駅にて スカイツリーを激写 一瞬で通過

 

 

今回のお土産  山形県民が絶賛する 新杵屋さんの 牛肉どまん中http://www.shinkineya.com/index.html    確かに 旨し(o^-')b 

 

よくある 濃い すき焼き味ではなく、 薄めの味付けで 嫌味がないし

見た目 地味だが、1㎝ほどの厚みで、ご飯を埋め尽くしてる米沢牛の肉片が上品でいい味だしてる。    まさに 直球勝負の味    まいりました。     

 

今は眺めるばかりですが、上州(群馬県)の山々、越後(新潟県)の山々

いつか登ってみたい。

それぞれに、特徴があり 登りがいがありそう

いつか きっと 登りに行きます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月18日(日) 13時22分46秒

2016年12月8-14日 金峰山 遠望(山形県鶴岡市) 458.5m 雪 4℃

テーマ:ブログ

鶴岡の週末は雪でした。

鳥海山, 出羽三山 とも雪で見えず 残念(ノ_-。)

宿泊しているホテルから見えた山々と、ラーメン日本一山形を紹介します。

 

前回 山形ラーメン 2016年11月10日 http://ameblo.jp/skb1202/entry-12221303570.html

 

=== 工事中 ===

ホテルの窓から     母狩山 751m      鎧ヶ峯 566m   金峯山  458m

金峯山は、国指定名勝。庄内海浜県立自然公園。山頂からの景観が特にすばらしく、

庄内平野が一望できる。

ホテルの窓から  土湯山・板敷山方面から上る 朝日が奇麗でした。

山居倉庫 酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」にて

 

山居倉庫   米どころ庄内に明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫

羽黒山神社にて

 

三神合祭殿には、月山・羽黒山・湯殿山の神様が合わせて祀られています。

 

末社                                 月山方面を望む

 

<<< ラーメン王国山形 ラーメン消費日本一  なので2日に一回は 昼飯はラーメン >>>

 

鶴岡にて 麵屋酒田inほなみさん     チャーシュー麺 700円 このボリューム コスパ最高!

東北のラーメンは、どの店も麺の量が多い。  普通でも、広島のラーメンの大盛サイズ

 

酒田にて  花鳥風月さん                      海老ワンタン麺が有名

酒田のラーメンを考える会 http://www.sakatano-ramen.com/index.html

 

これは 旨かった             海老1匹 丸々入ったワンタンと焼きチャーシューが贅沢

 

らー麺工房 はくがさん                  限定30食  はくが醤油 珍しく細麺 旨し

 

またまた麵屋酒田inほなみさん     味噌ラーメン+肉増し 700円 味噌も旨し 量も満足

山形のラーメン屋は、作りが民家のままで地味なため、知らないと店が見つけにくい。

ラーメン大国山形 さすがです。  どの店もレベルが高く 旨い店が多い 量も価格も納得です。

 

最終日の夜は、打上げ ちょっと贅沢に

 

                                 あん肝ポン酢

 

にしんの塩焼き  旨し                         イカ糸造りと カニの甲羅焼き

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。