新日本キックボクシング協会

国が認める唯一のキックボクシング団体


テーマ:

TITANS NEOS 20 2016・9・18(日)後楽園ホール 

開場16:45  開始17:00







※チケット等のお問合わせはこちら


TITANS NEOS 20 2016・9・18(日)後楽園ホール 
開場16:45  開始17:00

☆第13試合 メインイベント 日泰国際戦  54.00K契約 3分5R
江幡 睦(WKBA世界バンタム級チャンピオン/伊原道場本部)vs ホントーンレック・チョー.ファープリアンシー(元タイ国プロムエタイ
・スーパーフライ級チャンピオン/タイ)

勝者 睦
3-0  48-47/49-47/49-47





☆第12試合 メインイベント 69.00㎏契約 3分3R
渡辺 健司(日本ウェルター級チャンピオン/伊原道場稲城支部)vs 小林 準(元MAスーパーウェルター級4位/RIKIX)

ドロー 3者 29-29





☆第11試合 セミファイナル 日泰国際戦 73.00K契約3分3R
斗吾(日本ミドル級チャンピオン/伊原道場本部)vs ペットウボン・ソーポーロ―.クラビー(マレーシアミドル級チャンピオン、プーケット・パトンスタジアムミドル級チャンピオン/タイ)

勝者 斗吾 1R 2:36 TKO





☆第10試合 日本ヘビー級 3分3R
マウロ・エレーラ(日本ヘビー級2位/伊原道場アルゼンチン支部)vs 天田 ヒロミ(HEATヘビー級チャンピオン、K‐1ジャパン2004優勝/天田フィジカル&ボクシングスクール)

勝者 天田
2-0   30-29/29-28/29-29





☆第9試合 セミファイナル 64.00K契約 3分3R
石井 達也(元日本ライト級チャンピオン/藤本ジム)vs 春樹(日本ライト級3位/横須賀太賀ジム)

勝者 春樹 2R 2:03 TKO




☆第8試合 セミファイナル 54.00㎏契約 3分3R
HIROYUKI(元日本フライ級チャンピオン/藤本ジム)vs ジョッキーレック・ケーウセン(元タイ東北フライ級チャンピオン/泰国)

勝者 HIROYUKI




試合写真提供 Toshi Maezawa




☆第7試合 日本ミドル級 3分3R
今野 明(日本ミドル級1位/市原ジム)vs 本田 聖典(日本ミドル級2位/伊原道場新潟支部)

勝者 今野
1R 1:17  TKO


☆第6試合  76.00㎏契約 3分2R
モハメッド・バハラミ(TRIBELATEスーパーミドル級チャンピオン/SHINWA MMA ACADEMY)vs 古居 良一(日本ミドル級/伊原道場本部)

勝者 古居
3-0   20-18/20-18/20-18

☆第5試合 日本フェザー級 3分3R
本間 博行(日本フェザー級7位/伊原道場新潟支部)vs 皆川 祐哉(日本フェザー級/藤本ジム)

勝者 皆川
2-0  29-28/30-28/29-29


☆第4試合 日本フェザー級 3分3R
高橋 亨汰(日本フェザー級8位/伊原道場本部)vs 山本 ノボル(元MAキックバンタム級チャンピオン/契明ジム)

勝者 高橋 2R 1:52 TKO


☆第3試合 女子 52.00kg契約 2分3R
ナディア・ブロン・バルビス(アルゼンチン伊原会長カップREALJAPANESEKICKBOXINGⅡ2015優勝/伊原道場アルゼンチン支部)vs 加藤 みどり(エイワスポーツジム)

勝者 加藤
2-0  29-28/29-29/29-28

☆第2試合 日本バンタム級 3分2R
馬渡 亮太(日本バンタム級/治政館ジム)vs 豊島 加南洋(マイウェイジム)

勝者 馬渡
3-0  3者20-18


☆第1試合 日本バンタム級 3分2R
翼(日本バンタム級/ビクトリージム)vs KEITO(ダイケンスリ―ツリー)

勝者 翼
3-0  三者20-18






いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:





☆第13試合 メインイベント 日泰国際戦  56.00K契約3分5R
江幡 塁(WKBA世界スーパーバンタム級王者/伊原道場本部)vs ペットクラビー・ペットプームムエタイ(元プーケットスタジアム・バンタム級チャンピオン/タイ)



勝者 江幡 3R 1:53 TKO







☆第12試合 メインイベント 日本ライト級タイトルマッチ3分5R
勝次(日本ライト級王者/藤本ジム)vs 永澤 サムエル 聖光(同級1位/ビクトリージム)

勝者 勝次  王者防衛成功
3-0 (三者49-48)









☆第11試合 セミファイナル 日泰国際戦 57.50K契約3分3R
重森 陽太(日本フェザー級王者/伊原道場稲城支部)vs カターテープ・ポー.アリパーイ(タイ)


勝者 重森 3R 39sec





☆第10試合 セミファイナル 68K契約 3分3R
渡辺 健司(日本ウェルター級王者/伊原道場稲城支部)vs 松岡 力(日本ウェルター級1位/藤本ジム)

勝者 渡辺
3-0 (30-28/28-27/30-27)





☆第9試合 セミファイナル  52.00K契約 3分3R
泰史(日本フライ級王者/伊原道場本部)vs ティンリー・リバイバル(元ラジャダムナンスタジアム・フライ級チャンピオン、タイ南部フライ級統一チャンピオン/タイ)

ドロー (29-29/29-30/29-29)




試合写真提供 Toshi Maezawa



☆第8試合 3分3R
喜多村 誠(前日本ミドル級王者/伊原道場新潟支部)vs ナ・スンイル(KBCウェルター級チャンピオン/Osan-Samsan GYM)

ドロー(30-28/30-29/29-29)




☆第7試合 日本ライト級3分3R
春樹(日本ライト級3位/横須賀太賀ジム)vs 大月 慎也(日本ライト級/治政館ジム)

勝者 春樹
3-0 (三者30-28)





☆第6試合 日本ライト級3分3R
ジョニー・オリベイラ(日本ライト級4位/トーエルジム)vs 古川 真司(日本ライト級/伊原道場新潟支部)

勝者 ジョニー
3-0 (30-28/30-28/30-28)





☆第5試合 日本ライト級3分3R
和己(日本ライト級8位/伊原道場本部)vs 下東 悠馬(藤本ジム)


勝者 和己
3-0 (29-27/29-26/29-26)




☆第4試合 日本フェザー級3分3R
高橋 亨汰(日本フェザー級/伊原道場本部)vs 金子 大樹(日本フェザー級/ビクトリージム)

勝者 高橋 1R 2:33 KO



☆第3試合 3分2R
熊井 亮介(日本ライト級/伊原道場本部)vs 小島 佑典( MAD CRIB GYM )

勝者 小島
3-0 (20-18/20-18/19-18)




☆第2試合 日本フェザー級 3分2R
皆川 祐哉(日本フェザー級/藤本ジム)vs 渡辺 航己(日本フェザー級/JMNジム)

勝者 皆川
2-0 (20-19/20-19/19-19)



☆第1試合 日本フェザー級 3分2R
深水 康弘 (日本フェザー級/トーエルジム)vs 藤本倖綺(亀岡キックボクシングジム)

勝者 深水
3-0 (20-19/20-19/20-18)




試合写真提供 Toshi Maezawa

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2012/7/22
後楽園ホール

新日本キックボクシング協会-MAGNUM 29


■第13試合

ラジャダムナンスタジアムスーパーライト級王者
石井宏樹(藤本)
VS
スアデット・ソー.ラティデット(泰国)


勝者:石井

判定 3-0 (50-48/50-47/50-47)


新日本キックボクシング協会-石井宏樹vsスアデット


■第12試合

第2代WBCムエタイ日本統一バンタム級王者
藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット)
VS
日本フライ級王者

江幡睦(伊原道場)

勝者:江幡 KO 1R 2:36 (肘による3ノック)


新日本キックボクシング協会-江幡睦vs藤原あらし



■第11試合

日本ヘビー級王者/元日本ミドル級王者
松本哉朗(藤本)

VS

鶴巻伸洋

(1996年S.A.W.全日本体重別選手権重量級・無差別級優勝
ティアゲネス)


勝者:松本 KO 1R 2:15


新日本キックボクシング協会-松本哉朗vs鶴巻伸洋



■第10試合

日本ミドル級王者
喜多村誠(伊原新潟支部)
VS
ラーチャシー・ソー.ウボンラット(泰国)

勝者:喜多村

判定 3-0 (三者30-27)


新日本キックボクシング協会-喜多村誠ラーチャシー



■第9試合


日本ミドル級2位
斗吾(伊原道場)
VS

日本ミドル級

博通(治政館)


勝者:斗吾 KO 1R 2:36


新日本キックボクシング協会-斗吾vs博通




■第8試合

日本フェザー級1位
瀬戸口勝也(横須賀太賀)
VS
日本フェザー級3位
拳士浪(治政館)

ドロー 判定(29-28/29-29/29-29)


新日本キックボクシング協会-瀬戸口勝也vs拳士浪



■第7試合

日本ライト級1位
ジョニー・オリベイラ(トーエル)
VS

福岡直也(治政館)

ドロー 判定(30-30/29-29/30-30) 

■第6試合

千久(伊原道場)
VS
葵拳士郎(マイウェイ)


ドロー 判定(28-28/29-29/28-28) 



■第5試合

大槻翔太(伊原道場)

VS

JUNDA雷音ESG

勝者:大槻
判定 2-0 (30-29/30-29/29-29)


■第4試合

春樹(横須賀太賀)
VS
堀口跳二(伊原稲城)

勝者:春樹
判定 3-0 (30-28/30-28/30-29)



■第3試合


重森陽太(伊原稲城)
VS

嶋田ケンジ(誠真)


勝者:重森 2R KO 2:20


■第2試合

KAZUMA(揚心)

VS

梅澤拓矢(トーエル)

勝者:KAZUMA
判定 3-0 (20-19/20-19/20-18)


■第1試合

大木翔平(八景)
VS

松岡力(藤本)

勝者:松岡
判定 3-0 (20-17/20-17/20-17)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

BRAVE HEARTS18


2012.1.15(SUN)

後楽園ホール


新春第一弾は新風が吹き荒れる!!

新日本キックボクシング協会-BRAVE HEARTS18


■第14試合 新春スペシャルマッチトリプルイベント 5R


東洋スーパーフェザー級王者

蘇我英樹(市原)

VS

WMAF世界フェザー級王者

駿太(谷山)


■第13試合 新春スペシャルマッチトリプルイベント 3R

日本ウェルター級王者
緑川創(藤本)

VS

タイ北部ウェルター級王者

シリポン・ルークプラバーツ(泰国)



■第12試合 新春スペシャルマッチトリプルイベント 3R


日本バンタム級王者

江幡 塁(伊原)

VS

韓国格闘技連盟バンタム級王者

キム・サン・ジェ(韓国)



■第11試合 セミファイナル 3R


元日本ミドル級王者

宮本武勇志(治政館)

VS

Kim Hyun Soo(韓国)



■第10試合 55kg契約 3R


日本バンタム級3位

志郎(治政館)

VS

日本バンタム級4位

古岡大八(藤本)



■第9試合 ヘビー級 3R


日本ヘビー級3位

嚴 士鎔

VS

日本ヘビー級2位

柴田 春樹(ビクトリー)



■第8試合 国際戦 3R


元日本ウェルター級王者

荻野 兼嗣(ビクトリー)

VS

アタゴンスレン・ウカスレン(モンゴル)



■第7試合 62kg契約 3R


日本ライト級10位

ジョニーオリベイラ(トーエル)

VS

K-1甲子園2010王者

翔栄(治政館)



■第6試合 59kg契約 3R

日本ライト級9位
TATSURO(ビクトリー)

VS
NJKFスーパーフェザー級5位

鈴木翔也


■第5試合 契約58.5K契約 3R

千久(伊原道場)

VS

古谷佑太郎(揚心)


■第4試合 59kg契約 2R

石原將伍(ビクトリー)
VS
堀口跳二(伊原稲城)



■第3試合 日本バンタム級 2R

吉田 健一郎(トーエル)
VS
海 彦(伊原道場)


■第2試合 日本フライ級 2R

麗也(治政館)
VS
奥脇一哉(はまっこムエタイジム)


■第1試合 52kg契約 2R

重森陽太(伊原稲城)

VS

茂木宏幸(藤本ジム)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、20日の興行KICK Insistまであと少し。ビクトリージムが主催する興行はいつもムエタイの強豪を招き迫力ある試合を楽しませてくれる。今回もそうだ!!早速いくつか見ていこう!!


新日本キックボクシング協会-kick insist

■第16試合 メインイベント 日泰国際戦5対5マッチ 60kg契約 3分5R

蘇我英樹(市原ジム/東洋スーパーフェザー級王者)
VS
セーンヒラン・ルークバンヤイ
(タイ/元ルンピニー&タイ国プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者、BBTVフェザー級1位・元同級王者)

これはもう説明はいらないだろう。この戦歴を見ただけでも壮絶な試合になりそうな予感がする。二人の戦いが見れるだけでも幸せなことだ。じっくりと観戦させていただこう。


■第15試合 セミファイナル 日泰国際戦5対5マッチ ライト級 3分3R

直闘(治政館ジム/日本ライト級4位)
VS
モンコンデート・シットウウボン(タイ/元ラジャダムナン・フェザー級7位)

直闘の弾丸のような猪突猛進のスタイルを見ていると、あの恐ろしいムエタイの攻撃すら蹴散らして前へ前へ行くような気がする。それはただの妄想だろうか。ムエタイの骨肉の争いで鍛えられた選手層の厚いフェザー級ランカー達は半端な強さではないと聞いたことがある。いずれにせよ何かすごいことが起こるような気がしてならない!!


■第14試合 セミファイナル バンタム級 3分3R

越川大樹(市原ジム/日本フライ級1位)
VS
阿部泰彦(JMN/日本バンタム級6位)

もともとパンチ、キックと上から下からと質の高い攻撃をする越川。階級を上げてさらに一発の重みが増すのだろうか!?いや阿部の鎧のような防御を崩すのは難しいか!?


■第13試合 セミファイナル ウェルター級 3分3R

竹若佑輝(八景ジム/日本ウェルター級2位)
VS
大塚隼人(ビクトリージム/日本ウェルター級6位)

大塚が本気を出すと元ラジャダムナンSライト級王者のガンスワン・Be Wellをマットに沈めるだけの実力がある。日本ウェルター級6位というのが不思議なくらいだ。格上の竹若に今まで以上の血相で襲い掛かる大塚の姿が脳裏に浮かぶ。しかし、竹若もガッツのある選手だ!そう簡単には大塚の思うようにはさせてくれないだろう。両者アグレッシブな選手だ。白熱した試合になることは間違いないだろう!!非常に楽しみだ!!


■第12試合 日泰国際戦5対5マッチ 62kg契約 3分3R

TATSURO(ビクトリージム/日本ライト級9位)
VS
トースナー・ノンタチャイ(タイ)


■第11試合 日泰国際戦5対5マッチ 58kg契約 3分3R

拳士朗(治政館ジム/日本フェザー級5位)
VS
ブントゥン・ギャノラシン(タイ)


■第10試合 日泰国際戦5対5マッチ 58kg契約 3分3R

古河たすく(トーエルジム/日本フェザー級5位)
VS
レッガラー・リッティシャイ(タイ)



■第9試合 日本ライト級 3分3R

トーマス中村(市原/日本ライト級7位)
VS
福岡直也(治政館)



■第8試合 ライト級 3分3R

白木伸美(トーエルジム/日本フェザー級10位)
VS
大槻翔太(伊原道場)


■第7試合 58kg契約 3分3R

古谷佑太郎(揚心ジム)
VS
早草日記(治政館ジム)


■第6試合 フェザー級 3分2R

出口優(藤本ジム)
VS
石原將伍(ビクトリージム)


■第5試合 55kg契約 3分2R

吉田健一郎(トーエルジム)
VS
AKIHIRO(ビクトリージム)


■第4試合 ライト級 3分2R

梅澤拓矢(トーエルジム)
VS
藤田裕喜(伊原道場稲城支部)


■第3試合 59K契約 3分2R

都築憲一郎(藤本ジム)
VS
堀口跳二(伊原稲城)


■第2試合 55kg契約 3分2R

庄子高広(ビクトリージム)
VS
服部竜真(横須賀太賀ジム)


■第1試合 ウェルター級 3分2R

スカイツリー岸菜(八景ジム)
VS
斉木雄(誠真ジム)



≪OPEN≫16:00 ≪START≫16:30
≪チケット料金≫RS¥10000 A¥7000 
B¥5000 立見(当日)¥4000

≪お問い合わせ≫ ビクトリージム  TEL 0493-25-3338
≪主  催≫治政館ジム・ビクトリージム

≪認  定≫新日本キックボクシング協会

≪後  援≫東京スポーツ/東京中日スポーツ/

GONKAKU/NPO法人 国際キックボクシング文化振興協会

いいね!した人  |  リブログ(0)