新日本キックボクシング協会

国が認める唯一のキックボクシング団体


テーマ:
TITANS NEOS19 4・17後楽園大会にて嚴士熔(日本ヘビー級2位/伊原道場本部)と日本ヘビー級王座決定戦を争うことになった柴田春樹(日本ヘビー級1位/ビクトリー)。
日本ヘビー級王座決定戦直前の柴田春樹(日本ヘビー級1位/ビクトリー)選手にインタビューしました。


{46CF2FC2-12AF-44E8-8AD5-FAA0D19596AF}
1.まずはTITANS NEOS19 4・17後楽園大会が直前になりました。柴田選手は日本ヘビー級王座決定戦に出場し嚴士熔(日本ヘビー級2位/伊原道場本部)選手と王座を争うことになりましたが現在の調子はいかがですか。

→(以下、柴田選手)自分史上最強の自分になっている自信はあります。今まで中途半端な練習をしてきたけど、今回初めて練習やりきったと思います。


2.柴田選手のタイトル挑戦は2009年5月31日後楽園大会にて前日本ヘビー級王者 松本哉朗(藤本)選手と王座決定戦以来の2度目の挑戦となりますが、王座決定戦が決まった時はいかがでしたか。

→長かった‥ついに来たという思いです。

{2567B9EE-3877-44EB-8AB3-AD47C059627A}
3.そして今回対戦するのは過去に対戦経験のある嚴選手となりましたが。

→嚴選手はいい選手だと思いますが、俺も昔のままじゃないので勝ちます。


4.柴田選手と嚴選手のどちらかの勝者が日本ヘビー級チャンピオンベルトを巻くことになりますが、柴田選手のチャンピオンベルトへの思いを教えて下さい。

→協会のヘビー級のベルトは初代王者のビクトリージムの為に作られたベルトなので、遠回りしたけど絶対取り戻します。

{E93589E0-5B96-4A2D-A436-57845C10EBE6}
5.最後に後楽園大会にお越しになる皆様へ一言。

→俺がヘビー級のチャンピオンになります。


日本ヘビー級のチャンピオンベルトを巻くのは、

柴田春樹か?

嚴士熔か?

ヘビー級ならではのKO劇をお見逃しなく‼︎

(新日本キックボクシング協会広報部)
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>