新日本キックボクシング協会

国が認める唯一のキックボクシング団体



テーマ:
3度目の防衛戦となる日本ライト級王者 勝次(藤本)。
2016年年内最終興行、所属する藤本ジム主催興行でメインイベント、日本ライト級タイトルマッチを控える勝次選手に直前インタビューしました。

{00EC0F3B-F1E7-4752-8325-E238105967D8}
1.新日本キック12・11後楽園大会にて日本ライト級王座の3度目の防衛戦となりました。2016年の締め括りとして昨年12月後楽園大会と同様、防衛戦となりましたが。

→(以下、勝次選手)去年の3月にチャンピオンになったばかりなのにもう三度目の防衛戦かという感じです。スパンが短いですが、自分が望んでいた通りになりました。
藤本ジム主催興行での防衛戦はやはり、最高です。

{2E6458EA-33E2-4090-B71A-C23D1C40BB67}
2.挑戦者となるジョニーオリベイラ(日本ライト級4位/トーエル)選手の印象は?

→初めて闘ったのが、約8年前。この時に初めて自分が日本ランカーになりました。
3年前に自分が初めて日本ランク1位になった時の相手もジョニー選手でした。
常に上にいた選手でした。
今回初めて自分が上の立場での試合ですが、挑戦者の気持ちを忘れずに挑みたいです。
根性が凄くある選手なので、なめたら負けだと思っています。
今回もセコンドの鴇さんの指示通りに動けば問題ないでしょう。

{49CD3455-C864-42E4-82E5-0CE349ECC294}
3.勝次選手は2016年は4月後楽園大会で加藤剛士(ウィラサクレック・フェアテックス)戦を判定勝ち、7月の後楽園大会では永澤サムエル聖光(ビクトリー)戦との日本ライト級王座防衛戦を5R判定勝ちにて2度目の防衛に成功、10月後楽園大会ではトック・タック・トップキング(タイ)判定勝ちと今年は負けなしで2016年最後の戦いとなりました。勝次選手にとっての2016年はどんな1年でしたか?

→向かうところ敵無しです。
この調子で日曜日の防衛戦もしっかり勝って、来年勝負をかけたいです!


4.では2016年も残り僅かとなりました。勝次選手の2017年の目標、野望など教えて下さい。

→次のステップに上がり、勝負したいです。
ヒジヒザ有り。キックボクシングで日本最強になりたいです!
そして世界タイトルの挑戦ができたら最高です!

{5536DAA3-00D2-4BF4-8FE1-4BDC5C8050D1}
5.では最後に後楽園大会にお越しになる皆様へ。

→KO防衛はずっと憧れですが、狙い過ぎず、とにかく伝統の日本ライト級のベルトは目黒に持ち帰ります。
50年ほど続く、目黒ジムの伝統を傷つける事はできません。
色々な期待もあるので、力に変えて結果を残します。
応援よろしくお願いいたします!


日曜日の日本ライト級タイトルマッチをお楽しみに‼︎
(新日本キックボクシング協会広報部)
いいね!した人  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
勝次(日本ライト級王者/藤本)選手との日本ライト級タイトルマッチに挑むジョニーオリベイラ(挑戦者 日本ライト級4位/トーエル)選手に直前インタビューしました。

{862F19EF-0312-4607-81DE-3C22046292E6}
1. オリベイラ選手、いよいよ勝次(日本ライト級王者/藤本)選手との日本ライト級タイトルマッチとなりました。現在の心境はいかがですか。

→(以下、オリベイラ選手)毎日、緊張感を持って練習しています。


2.今回のタイトルマッチで戦う日本ライト級王者 勝次選手は昨年3月に日本ライト級王者となり2度の防衛に成功している安定した実力者ですが、オリベイラ選手から見た王者 勝次選手の印象は?

→パンチととび蹴りが優れている選手です。


3.オリベイラ選手は今回のタイトルマッチに向けて何か特別に取り組んだ事などはありますか。

→スタミナの強化をしました。


4. ズバリ、お聞きしますが王座奪取の自信は?

→あります。力を出し切ります。


5. 最後に会場にお越しになる皆様へ一言。

→熱狂してもらえる試合をします。応援宜しくお願い致します。


王者 勝次を破りジョニーオリベイラが念願のチャンピオンとなるか?
勝次が王者の貫禄を見せるか?
日本ライト級タイトルマッチをお楽しみに‼︎

(新日本キックボクシング協会広報部)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年は12月大会まで全勝としっかり結果を出してきたWKBA世界バンタム級王者 江幡睦(伊原道場本部)。
11日後楽園大会直前の江幡選手に2016年を振り返って、そして2017年の目標などインタビューしました。

{F50D3128-8625-40F7-A1C3-9013EEFD819F}
1.早いもので2016年年内最終戦となる新日本キック12・11後楽園大会が直前となりました。昨年に続き江幡睦(WKBA世界バンタム級王者)選手が後楽園大会のメインを締めくくることとなりましたがいかがですか。

→(以下、江幡選手)2016年も今年最後の興業にメインイベントで試合させて頂き嬉しく思います。
2016年も全勝で締めさせて頂きます‼︎‼︎


2.対戦相手はクルンシン・ペップームムエタイ(タイ)となりましたが、対戦するクルンシン選手の情報や特徴などわかりましたら教えて下さい。

→タフで激しいファイターと聞いています。
全力で倒しに行きます。


3.11日のクルンシン戦を控えていて少し早いのですが、江幡選手の2016年は4月には宿敵フォンペート・チュワッタナ(タイ)に判定勝利。7月のラジャダムナン遠征ではチョラターン・ギョットプーンポン(タイ)には3RTKO勝利。9月後楽園大会ではホントーンレック・チョー.・ファープリアンシー(タイ)に判定勝利と結果を残してきた2016年だったと思います。江幡選手にとっての2016年はどんな年でしたか。

→今年はリベンジ戦に勝利、そしてタイ国ラジャナムダムスタジアムでの勝利、連戦の9月の試合もKOとはなりませんでしたが勝利と2016年に掲げた目的をしっかりクリアしてこれています。
残すは11日の勝利で今年全勝です。


4.2016年もあと僅かとなりました。ちょっと早いですが江幡選手の2017年の目標や野望など教えて下さい。

→2017年はラジャナムダムスタジアムのベルトの挑戦に向けて全力で突っ走ります。

{E3D18AFD-2DC2-44A4-BEDE-5F116F308415}
5.  では最後に12・11後楽園大会にお越しになる方々へ一言。

→今年最後の試合も熱い試合をします!!
全力で倒しにいくので皆さん見逃さないようにして下さい‼︎‼︎
 そして今回の入場曲はプロのピアニストの方にご協力頂き素敵な入場曲になっています。
是非楽しみにしていて下さい。

2016年の戦い納めとなる11日後楽園大会での豪快なKO勝利なるか?お楽しみに‼︎
(新日本キックボクシング協会広報部)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{99082C9F-9D7B-4954-8728-F9E0701DF4BE}

新日本キックボクシング協会2016年最終興行

全対戦カードが決定しました‼︎


SOUL IN THE RING14

2016・12・11(日)後楽園ホール


☆メインイベント 日泰国際戦54K契約3分5R

江幡 睦(WKBA世界バンタム級王者/伊原道場本部)  vs  クルンシン・ペップームムエタイ (タイ国)

☆メインイベント 日本ライト級タイトルマッチ3分5R

勝 次(日本ライト級王者/藤本) vs ジョニーオリベイラ (挑戦者 同級4位/トーエル)

☆メインイベント 日泰国際戦 70K契約3分5R

緑川 (元日本ウェルター級王者/藤本)  vs キュウサン・ペップームムエタイ (タイ)

 ☆セミファイナル 日泰国際戦 68K契約 3分3R

渡辺 健司 (日本ウェルター級王者/伊原道場稲城支部) vs  レック エイワジム(エイワ)

☆セミファイナル 73K契約3分3R

斗 吾 (伊原道場本部)  vs  コーンリーチ・エスジム(カンボジア)

☆58.5K契約3分3R      

内田 雅之 (元日本フェザー級王者・現同級2位/藤本)vs 高橋 亨汰(日本フェザー級7位/伊原道場本部)

☆53.5K契約3分3R

HIROYUKI (元日本フライ級王者・現日本バンタム級2位/藤本)   vs   萩原 秀斗  (WMC日本フライ級4位/エイワ)

☆日本ミドル級3分3R      

本田 聖典 (日本ミドル級2位/伊原道場新潟支部)  vs 青木 克眞(日本ミドル級3位/トーエル)

☆62K契約3分3R

大月 慎也 (日本ライト級6位/治政館)   vs 村中 克至(NJKFライト級2位/ブリザード)

☆57.5K契約3分3R               

皆川 裕哉 (日本フェザー級6位/藤本)vs ラジャサクレック(ラジャサクレックムエタイ)

☆69K契約3分2R

平田 壮史 (KickBox) vs    秋吉正輝(ReBORN経堂)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ日曜日に迫ってきた新日本キック 12・11後楽園ホール藤本ジム興行。
所属ジム主催興行のメインイベント、そして2016年も新日本キックボクシング協会を牽引してきた男、緑川 創(元日本ウェルター級王者/藤本)。
2016年の締め括りとなる試合直前の緑川選手に直前インタビューしました。

{6328B9C0-1148-468C-876A-9776C3F38487}
1.まずは前回の新日本キック10・23後楽園大会にて泰国ラジャダムナンスタジアム認定ウェルター級2位・オームノーイスタジアム認定ウェルター級王者 シップムーン・シットシェフブンタム(タイ)との一戦はドロー(1-1)でした。現役2位のランカーとの戦いを振り返ってみていかがでしたか。

→(以下、緑川選手)一緒に練習したりして仲の良い選手だったのですが、試合は関係なく全力で行けました!!
さすがこの階級のトップの選手だなと思いました。
うまかったです!!
ドローという中途半端な結果でしたが、なんとしても勝ちたかった!!

2.そして2016年の締め括りの一戦となる12・11後楽園ホール藤本ジム興行では同門の勝次(日本ライト級王者)と共にメインイベントに出場し、ムエタイ戦士のイッキュウサン・ペップームムエタイ(タイ)との一戦となりました。イッキュウサンの情報などは?

→情報は全くないです。
ただいつも通りの力が出せれば問題ないと思うので、ぶっ倒します
{8123312B-1535-44C0-AA0F-18C2C15D3FAA}
3.緑川選手の2016年は3月の喜多村誠(元日本ミドル級王者/伊原道場新潟支部)選手との日本人対決を5R判定勝ちし、その後はムエタイ戦士との対戦が続いていますが、緑川選手にとって2016年はどんな1年でしたか?

→今年の試合は全部、自分にとって凄く意味のある試合ばかりでした。
成長してるのがすごく感じます。

4.やはり以前お聞きしましたが2017年もムエタイ王座奪取が目標だと思いますが、緑川選手にとって『キックボクシング』とはなんですか?

今の人生そのものです。
今後もそれを一生胸張って生きていけるものですかね。
{49F31C4A-82AF-4DCD-8C2D-6324FE382EEF}
5.では最後にファンの方々へ一言。

→今年最後の試合!!
全力闘い盛り上げますので、応援よろしくお願い致します。


新日本キック12・11後楽園大会はこの男の戦いをお見逃しなく‼︎

(新日本キックボクシング協会広報部)
いいね!した人  |  リブログ(0)