2007-03-07 10:09:39

アフタヌーンティーる。

テーマ:たべもの
先日、血迷って「マンダリンオリエンタル東京」でアフタヌーンティーをしてきました。
これまたおハイソな面子4名でおハイソな会話を楽しんで参りましたのホホ。



シノワ趣味なスタンドにて供される茶菓子たち。



地上38階の眺めのよいラウンジでの優雅なひととき…。


お茶もポットサーヴィスではなくオーダーごとにきちんと1杯ずつサーブしてくれますうっとり。
ホテルの名前がついてるよなオリジナルブレンドなど御婦人ゴコロをくすぐっております。


コース仕立てででてくる
ああマンダリンなのだな、と思わせるような
具に黒酢やオリエンタルな香料を少し効かせた数種のサンドイッチや
フカヒレ入りのマンゴープリンやライチのジュレ、
ほかにもスタンダードなスコーンや

(いうまでもなくきちんとクロデットクリーム)

ケーキやペストリーなどをつまみながらの



「ペニンシュラ東京はいつできるのかしら?」
「これでおおかたのホテルは出揃うのかしらね?」
「子供の幼稚園はどこにしようかしらって」
「プレスクールはあそこがいいんじゃないかしら」
「ああ、あそこは園風が自由ですわよね」
「越境して通う方もいらっしゃるようですけどそこまでは…ねえ?」
「あ、お茶のおかわりをいいただくわ」




などとハイソサエチーな会話を楽しみました。ホホホホウホッホ。


なかでも2名の奥様はお子さんが来年幼稚園入園を控え、
お互い近所ということもあり近隣の幼稚園情報を交換しておりました。



「○○が自由でいいかなって思ってますの」
「△△も有名なんですけど…ちょっと合わなくって…」



私「どう合わないんですの?」





「ええと、伝統もあって有名なんですけど、お母さま方がみな



髪を巻いてらしてるかんじで」




…一言で伝わる保護者の雰囲気。ああ、そんなかんじの。









「…で、園では毎年バザーがあるんですけど、そこでは毎回各家庭





ブランドバックを出品するのが
セオリーらしくて」



セオリー!!!
不文律とか暗黙の了解とかじゃなくて
セオリー!!!



セオリーなの!?」(確認)

セオリーなの」(断言)







野村”セオリー野球”監督ですか!!!



~野村セオリー「絆」~野村克也/野村沙知代 著

ワタシがセオリーと聞くとどうしても思い浮かんでしまう夫婦。










「…で、最近になって、なんでそんなことしなくちゃいけないのかって言い出したお母さま方と
ブランドバッグ出品は続けたいっていうお母さま方がモメたらしくて…」





おおお!園内に改革派と保守派が!!






「で」










「…殴り合いになったんですって」



「クキェエエーーッ」「ウギィイイーーッt」





キャー!ナイスレジェンド!!○○○区にまた新しい伝説が!!









「…でも有名で伝統もあるから、わざわざ越境してくる方もいらっしゃるんだけど」




「え!でも車通園は結構禁止なところ多いでしょ?
電車っていっても3歳児だから一人じゃ通わせられないじゃない?」




「だからお母さまが付き添って登園するの」





「え!え!でもでも小学校とかじゃなくて幼稚園だから午後には終わっちゃうから
お見送りもなにも行った数時間後にはもうお迎えの時間じゃない?どうするの?」







「だから、お見送りした後、帰らないの」








終わるまで待ってるの」









「そういうお母さま方で、集って待ってるの」










コンビニ前とかで!?
(私の居住地区での想像力の限界)








…実際は近辺のカフェとか行くとゴソッといらっしゃるらしいです、お母さま方が。髪巻いて。





もっとおはなしを伺いたかったのですが、子供のお迎えの時間がせまり、
私だけ、先に帰りました。



帰宅後、いそいでいつものジャージ状のものに着替え、チャリこいで、お迎えに行きました。
ヨダレと鼻水で顔中がガビガビのムスメと半ケツのムスコが園から出てきました。
こぎながら、ああ、ワタシはこちら側の人間なのだな、としみじみ思い至りました。
風が、強かったです。



慣れない場所であげく早くついてしまって
居場所なくてキョドったあげく逃げ込んだ先の女子トイレ。


壁一面がガラス貼りだ。高いよー。



フハハハハ!見ろ!自分がゴミのようだ!(滂沱の涙)



今回はたまたま、育児系のブログで知り合ったチョンプさんとtamaさんとそのお友だちが
集ってのアフタヌーンティーだったのですが
情報を聞きつけたワタシがムリクリ混ぜてもらったのでした。
だって一度やってみたかったんだものアフタヌーンティー…。あこがれてたの…。
やっぱアフタヌーンティーにはゴシップだよな。
数時間の優雅な時間のおかげでベリーハードな残業だ。オウイエ。
しかしブログっていろんな人と知り合えておもしろいですな。

注:記事内の口調は脚色してあります。内容は恐ろしくも脚色してありません。


こちらの園では保護者の方に1回はおバナーをおクリックしていただいておりますの。



じゃあお迎えまで、いつもの、ところでおまちしておりますわ。
え?いらっしゃらないの?
最近あのお母さまおつきあいが…ねえ?


食料保管庫「こげめつき食堂」もよろしくです。


~あの新しく発明された、婦人たちの贅沢。
   婦人たちの幸福にかくも不可欠で、健康にかくも破壊的なもの。
   すなわちアフタヌーンティー。~


「英国ヴィクトリア朝のキッチン」(著者:ジェニファー・デイヴィーズ /白井義昭)より。
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-03-06 12:37:23

子連れでフレンチ大食

テーマ:たべもの
けっこう前になるのだが。

子連れで行ってしまったのですよフレンチ。ああおフランスおフランス。
しかも夜。


フランスはフランスでもオーベルニュ地方料理の
「ラ・プール・オ・ポ」
という池袋にあるお店です。



あああコドモは最後まで大人しくしてくれるでしょうか祈りまくり。
4600円のコース3名分で頼みました。
スポンサーは姑さんだ!たのんだぞ!
ワインはボトルにしようか迷ったけど、ここのグラスはえらく盛り?がいいのでグラスにて。



とりあえず最初に
小さく切ったパンにリエット状のもんとかいろいろなすったヤツ数種。
パンになすりつけモン、コドモ受けがヒジョーによろしいです。


スープ。

たしか…えーと、キノコのポタージュだったような…。
ああ時間とともに失われる記憶よ。そして出ない言葉よ。



前菜。


シャルキュトリー盛り合わせ(食べかけ失礼)
まーなんだ、サラミとかリエットとか生ハムとかそういうののっけたやつ。
あーこれとパンとワインでもーシヤワセですよワタシ。



スモークサーモンを包んで焼いたモノ。
あああ中身がおもいだせねえ!記憶力やべえ!
手のひらを限界まで広げまくった親指から小指までの距離くらいのおおきさのこいつに
アボガドのディップ状のものをつけていただきます。カリカリ。
グリーンサラダつき。



キノコのパイ包み壺焼き。
えーとすげえデカいです。かなりデカいです。
アナタが想像しているものより、確実にデカいかと思われます。
パイをサクサクとつきくずせば中からアツアツのキノコスープ出現です。
キノコごろごろしてます。そしてレバーもごろんごろんしてます。
これだけでお腹いっぱいになれるぐらいです。アツアツウマウマ。






たべるたべる。





たべるたべる。

前菜のサラミやハムをのっけてたべるのが楽しいみたいです。





さあー主菜がきたぞー。



上から
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。
マッシュポテトと温野菜つき。
マッシュポテトはニンニク入りで胃にガッツリくるぜ!チーズも入っていたような!
1つの皿が両手を合わせて輪っかをギリギリまで大きく作ったぐらいですよ!
その皿ひとつひとつに煮込みが!ポテトが!ドカッッッと!


豚バラ肉のグリル。
えー、写真では伝わりにくいですが、この肉、320gあります。320g。
ものすごーく大きいお皿なんですよ、コレ。
横にセブンスターとか置いて比較対称させてみたい。ああみせたい。
ここにこれまたそれだけでも1食分てなくらいの野菜の煮込み(ポテ)がどっさり。
その上に鎮座ましましておりますお肉さま。
あ、それから煮込みの中にも塩漬けの肉入ってございますから油断するな!
肉の下にまた肉の伏兵が!!


豚ガツのマスタード風味のグラタン。
小間切れのガツにマスタードだ!
辛味はほとんどなくて、かなり酸味が強いぞ!
だから思ったよりあっさり食べられる。
酢だいすき人間としてはストライクだけど苦手な人は要注意!
「かなり酸っぱいですよね?」
て聞いたら
「あ、なんかシェフも「…ア…スッパイ…カナ…?」て言ってました」
疑問系のまま出されてしまいました!ヘイシェフ!でもすき!



デザートは、あー写真取り忘れた。
フォンダンショコラぽいのと(外はカリカリで中はトローっとしたチョコケーキ)
アングレーズソースの上に浮かぶフワフワの白メレンゲ
とあれーもうひとつが思い浮かばない…ああもう記憶よシナプスよ。


そんなこんなでおなかいっぱい。

コドモたちも、大声出さず、席から立たずきちんと座って、まあ合格点。
よかったよかった。




まだたべてるよ、このシトは。
(他人が食べ終わったニンニクたっぷしのマッシュポテトの皿を限界までこそげとろうとしてるサマ)



このお店はとにかくおなかいっぱいになれます。
おフランス料理屋さんにあるような「ステキ雰囲気も味わいたいの♪」とかじゃなくて
とにかく食べ物味わうの!たべるの!ガッツリたべるのたべちゃうの!て実質本意な方にオススメです。
あ、いや雰囲気もございますが。
お持ち帰りもあるので、それ買って家でバゲットといっしょにワイン、
つーのもアリだよなあやりたいなあ。

平日は昼もやっていて、コースはなく(頼めばやってくれるとは思いますが)
クスクスメインの780円くらいからの激安オススメメニューです。
特に羊肉のソーセージ添えのクスクスがすき…
洗面器か!?と思うようなでっけえ土鍋状のもの一杯に
アツアツのブイヨンが運ばれてくるよあったまるよシヤワセ。
池袋に用事があったときのお昼などに重宝しているお店です。


※今回子連れで行きましたのは、前もって何回か通って、
お店のひととおはなしをして「いいですよー」と言ってくれたので実現しましたものです。
お店の方、ありがとうございました&ご迷惑おかけしました(ムスコの電王&ウルトラマントークの相手)




おなかいっぱい。でもクリックは別腹だ。





食料保管庫「こげめつき食堂」もよろしくです。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-09-14 09:08:53

突撃隣で晩ごはん

テーマ:たべもの
なんだか誕生日づいているような気がする最近。
先月にはまあブジにムスメが1歳になったってのがまずありまして。
そして周りのヒトもなんだかハッピバスデ。
拳王さまにおかれましても所詮ヒトの子、先週ハッピバスデ。

昨日の夜も
あれ?なんでおかあちゃん
自分ん家にいないで
その奥様ん家で晩ご飯つくってるんだろう?
とか思いながら
帰宅してきた拳王さまのダンナさまにむかって
全員がハッピバスデ斉唱
2DKの広いとはいいがたい部屋に
拳王さまの手下やら手下やらコドモたちやら
総勢8人がだんなさんにハッピバスデ。
ヨネスケが突撃してきたってきっとハッピバスデ。

「ハッピバー…スデ…だんな…さま…」


そんな状況でつくったのは


「ソムタム風にんじんサラダロワイヤル風」(拳王さまだから)
「あんかけカニ玉ロワイヤル風」(拳王さまだから)
「汁なし担々麺ロワイヤル風」(拳王さまだから)

ソムタムてのは青パパイヤのサラダですね。
そんなんないからニンジンで代用。

そんな夜でした。


ああ、そうジツはおかあちゃんも先週誕生日でね。
でももうそう祝うような年齢でもなし、
ひっそり静かに暮らしていたわけですが、
コドモ寝かしつけようとした夜9時過ぎ、
不穏なチャイム音。

「ピーーンンポォオオオォオンン」


こわ!やだ!
勧誘?集金?押し売り?
て思っておそるおそるドアを開けると…




「コレ…」

ズイ。(目の前に箱)


「コレ…」


ズズイ。


「たんじょうび、おめふぬう!」

拳王さまが!
なんといきなり東京は広尾の超有名ケーキ店
「ラ・プレシューズ」
のケーキを買ってきてくれたんでした!
きゃあ!おかあちゃんここのケーキ昨年食べたケーキ第1位!
うまい!うまいよこれうますぎ!
て思った店じゃないですか!きゃあ!
ありがとう!ありがとう拳王さま!
ついてく!ワタシあなたについてくわ!


…かように拳王さまは人心を掌握するための
アメとムチが上手でいらっさいます。
まあ普段9割がたがムチな気がしないでもないですが。

でもありがとう拳王さま。うまかった。


最近かきそびれててたまっていた食べ物関係

なんか前にも書いたような気がするけど
魚介のトマトソースのパスタ

冷凍庫に眠ってる適当な魚介類を発掘する。
(今回はイカ、ホタテ、キングサーモン。
本当は甲殻類が入ると俄然リッチな味になる。
あとアサリがあると味がまとまりやすい)
魚介を適当に一口大に切り分ける。
サーモンに塩こしょうをふり、強力粉を軽くはたく。
オリーブオイルひいて熱したフライパンで軽く
焼き目がつく程度にムニエル。

フライパンから取り出して軽く拭き、
またオリーブオイルひいて
残りの魚介類をさっと炒める。
塩こしょう、白ワインふりかける。
火を通しすぎるとイカなどは固くなるので
わりあいすぐに火をとめ、
具をとりだす。汁とりわけておく。

またまた新たにきれいにしたフライパンにつぶしたにんにく、
オリーブオイルをいれてから火をつける。
(火をつけてからだと焦がしちゃいやすい)
ホールトマトをいれる。いやこの季節生トマトもいいねえ。
生トマトだとほんと、美味しい。
味がなじみにくいようだったら、怖くなるほどのオリーブオイルを投入するか
砂糖をちょっと加えるとなじむ。
途中で取り分けておいた海の幸汁を加える。

煮詰まってきたら塩こしょう、
さっき炒めた具をすべていれる。

具がソースになじんできたら
(煮詰まってしまってるようだったらパスタのゆで汁を
お玉でいれてゆるませること)
魚介のトマトソース

(こんなかんじ)

固めに茹でたパスタをガッとつっこんで
ガガッと和えてからめて皿に盛ってダッシュですする。

こどもがいるのであんまりこしょうとか唐辛子を
最初から加えられない。
なので大人は食べるときに自分の分だけ
唐辛子を漬け込んだオリーブオイルをかける。


いやおかあちゃんはコドモがいつ「おかわり」というか
わからんのでかけられないんだけどね…。

なにも考えずすきなだけ七味やこしょうやを
ぱっぱとかけられる
おとうさんがうらやましいよ…うん…。
こういう気持ちって伝わりにくいよね…。


先日拳王さまがきたときの。
家であるもので「お手製カレーうどん」



…拳王さまトークに気をとられて肉焦がしちゃった…。

少し多めのサラダオイルを入れたフライパンに
刻みネギを大量に、ええ大量にいれ
あまりいじらず、じっくり焦がすように炒める。
(焦げの風味と甘みがたまらん)
豚バラ肉投入してさらに炒める。
カレー粉入れてさらに香りがでるよに炒める。
だし汁(めんつゆでもいいんじゃねの?)をいれて
軽く煮込み、最後に水溶き片栗粉を投入。

ゆでたうどんを持ったどんぶりにかける。

すする。

ネギこがすのがオリジナルポインツ。
外で食べるのは煮てあるだけだからねえー。
見た目あんまりよろしくないけどこっちのほうが好み。


あーなんだか書いてるものがバラバラだなあ。
たべものまとめたいなあーあー。


昨日は夜中まで仕事した後ムスメの夜泣き4ラウンドで
体調的にツラくてフラつく朝でございます…
フラリフラ…あ…ごめんなさい…
ちょっとよろけちゃって…ちょっと
こっち…支えて貰ってもいいですか?


すいませんねえー。
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2005-08-30 08:46:41

さいきんのごはん

テーマ:たべもの
ああ、ああ、忙しいのに、
やんなきゃいけないこといっぱいあるのに
やるべきこともしないで
こんなことばかりしてしまう週末なんだ。
いやこんなことって、メシのハナシなんだけど。

あちら(拳王さま)のほうからきたひとは
昨日の記事ぐらいから読まれるとよろしいかと)



土曜日。
大忙しだったので手抜きで冷やし中華にしようと
麺を買ってくる。

大急ぎで具をつくる。

急ごしらえの冷やし中華の具


はいはい各自好きな分だけとりわけてくださいよ。


鶏もも肉を酒蒸しに、
スライスしたあともギリギリまでスープに漬けておく。
(そうするとしっとりする)

塩クラゲを水に漬けて塩抜きしたのに
甘酢と醤油とごま油ちょっと漬ける。
(子供が食べるので赤唐辛子はなしにした)

ハム、キュウリ、トマトをスライス

砂糖を入れて甘めにしてつくった錦糸卵。


忙しいからタレは付属のやつで、とかけたら
甘くてしょうがない。
酢をジャブジャブかけてごまかす。

ああラブ酢。
あいしてるよ酢ぅー。

特に愛用してやまない千鳥酢

京米酢 千鳥酢(ちどりす)


よく考えたら具をつくる手間を考えたら
別に手抜きでもなんでもなかったと思う午後。
これならタレも自分でつくればよかったや。
(エビや肉をゆでた汁煮詰めて
醤油、砂糖、紹興酒、酢、レモン汁、ゴマ油いれる)





日曜はおとうさんが
「あそこのフォーが食べたい」
というのであそこへ。

ベトナムレストラン「フォーベト」(池袋)

蒸し春巻と青パパイヤのサラダと焼き鳥


蒸し春巻きはここで初めてみた。
挽肉とキクラゲメインの具をつつんだ生春巻きが
蒸されて半透明になってぷるんぷるん。
上に揚げたにんにくと赤唐辛子に
甘みの勝ったタレがかかってる。
モヤシとレタスときゅうり添えー。

後ろの皿は
青パパイヤのサラダと焼き鳥ー。

写真ないけど
ワタシの皿には
揚げ春巻きと生春巻きと青パパイヤのサラダー。

ここはなんでもアツアツのものはアツアツで
きちんとでてくるのでだいすき。
こんなセットのちっこい春巻きでもきちんとアツアツー。
うれしいねえー。

今日は頼まなかったけど
タピオカでんぷんの蒸し団子と
揚げ団子のセットもすきー。
タピオカでんぷん団子はムスメの離乳食代わりにもオッケー。
フォーも嬉しそうにハゲしくすすってます。

セットは上のメニュにフォーかかけごはんがつきます。

鶏肉のフォー

しかもくいかけ。
もっと量ありますよ?
コリアンダと鶏肉のフォーが一番すき。
すっきりだけどしっかりとした出汁がすき。

ごはんは焼き鳥ごはんだった。

焼き鳥ごはん

これが思いのほかごはんにあうあう。
かなり甘ーいタレにつけ込んだ焼き鳥が4つのっかってる。
ついてきたスープも思いの外具だくさんでうれしいのうー。


というわけで蒸し春巻きセットと揚げ春巻きセットで
(セットはフォーとごはんものが選べる)
鶏肉のフォーと焼き鳥ごはんで頼んで
単品で鶏肉とコリアンダのフォーつけて
シンハービールもゴフゴフのんでやっぱり4000円しないの。すてきなの。
ほんとにこの店だいすきなの。

ここのバインセオもきちんとアツアツのバリバリで大好きなの。
たまにべっちゃりしてるのにぶつかるとやるせないものねえー。

夜はサンマの塩焼きに蜆のみそ汁にオクラ納豆と純和食で。


月曜、
夕方ムスコを保育園にお迎えに行く途中で
「あータマネギなかった」ときづく
が、タマネギ1個でスーパーに行くのがめんどいので
保育園近くのあの奥様のお宅による。

「拳王さま拳王さま
あけてくださいな
コンコンコン」

「はいどうぞ」

あら扉をあけてくれたのは
手下その1。

拳王子ちゃん抱いているのも
手下その1。

拳王さま拳王さま、今とってもフリーな状態の
拳王さまはパソコンに向かってなにされてらっさいますの?




「お ま え の こ と だ よ さ あ レ ッ ツ 更 新 ! 」




そんな拳王さまからなれ合って借りたたまねぎで作った

豚丼

(なんだこのボロボロな写真は)

タマネギを繊維に垂直に薄切りにして
豚バラと炒め。

酒みりんを煮きったのに醤油、にんにくをつけこんでおいた
タレをまわしかけて煮詰める。

たきたてごはんにのっけて
もみ海苔、ごま、七味をふりかけて
はふはふたべる。

ことえのきと若布のみそ汁と
ゆでアスパラとかぼちゃのオリーブオイル焼き。

というわけであの奥様には
明日からまた刃向かう所存でございます。
だって今日はなんだかずっと涙にじんじゃってモニタがゆがむんだ…。
他の人にはなんてことはなさそうなその刃が
おかあちゃんにはギッチョンギッチョンに切りさいなむんだ!
いやあ!いわないでえ!
それいわないでえ!
くそ!くそが!
ちょっとおまえらおもしろがって書き込むんじゃねえ!
みてろよ!立て直してやる!
っていつ終わるのこの泥試合…。



これなら!こっちなら!負けてないのに!のに!
ゆびが震えてダブルクリックになっちゃうの!
ちがうの!クリックなの!



※拳王さま関連記事よみたい方は
左サイドバー「ウェブテーマ」内
「拳王奥様」をクリックすると一括して読めるんだ!
聞け!ヤツのその悪のかぎり!
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2005-07-29 09:25:50

避暑地のしょくせいかつ。

テーマ:たべもの
ああそろそろ帰京です。
今回は避暑のよーなものなんで
ほとんどどこに行くってこともなかったんだけど
外食もほとんどしなくてアイスなめにいったくらい。
昨晩の拳王さまからのメール
「今、お店から帰ってきた所!
すごくおいしい刺身食べたよふぬう!」
に思わず指が勝手に動いてしまい
「呪いあれ」
て後先考えず返信してしまった。やばい。
朝になって青ざめる。

で、えーと今回食べたおいしいもの一括メモ。


まずアイスです。
きのうもなめにいっちゃいましたよ。
岩手県は雫石にある
「松ぼっくり」という店のアイス。
おみせの外観。



きょうは「ブルーベリー」と「チーズ」でしたが

いちばんのおきにいりの「ミルク」


ジェラードタイプですねー。ステキに盛りがいいでしょー。

めちゃくちゃおいしい。
まいあさ、モウモウとなくうしさんから
しぼったミルクでつくるんだモウ!
どうにもしみじみおいしい。
つくづく乳脂肪って「おいしい」のカタマリなんだなっておもう。
つめたくてあまくてぎゅうにゅうのにおいのするものを
なめるのってほんとしあわせだよねえー。
どうぶつになったみたいになっちゃうねえー。
さじですくってはなめ、すくってはなめるシヤワセ。


ちっちゃな声でいいますが
近く有名な観光地、小○井農場あるけど
そういうところのものよりこっちのほうが
断然おいしいですよ…こそり…。


おそとで食べたよ。



ここらへんは空気がとてもよいうえに
とってもとってもすずしく、
えーと正直、なめてて寒かった…。


次ィー。

岩手県は盛岡市、ジツは
「美味しい」パン屋さんが多いのですよ。
あとコーヒーもおいしいなあ。
その中でもイチオシがここ

Backerei Berg(ベッカライ ベルク)

(ムスコのアタマがフレームインしてるがきにするな!)

ドイツ系のパン屋さんです。
市内観光ルートによくある「材木町」て
通り沿いにあります(観光によくでてくる「光原社」のちかく)
対面式のケースに並んでるパンをみながら
注文するタイプの店。最近増えたね。

すげえ愛想のないおばはんだがものせずともゆけ!
多分わるいひとじゃないんだ!(多分)

で、ここでは
「フィッセル」
てのと(細長いフランスパンみたいの)
「ハード」(トースト用のパン)
てがお気に入りです。


(ものすげえ食卓だがきちんと撮る余裕なんかないのさすぐ齧るから!)
とにかく小麦のいいにおいにまふまふします!
特にフィッセルの香りがたまんねえ!
これをスライスしてバタなすってかじるとたまんないです!

(写真はスライスしたフィッセルに
レタスとソーセージはさんだムスコのぶん)

ハードは、小麦と塩と水だけなのに
なんでこんなに美味しいかなあって思う。
今まで食べたトースト用のパンで一番おいしい。
ちょっと強めにトーストして、
こんがりこんがり焦げ色のそれを
ひとくちかじると外側の皮部分パリっときて
つぎに内側の強いしなみ「みしみし」とくる
食感の連続コンボがだいすき!
ああかじってる!
かみちぎってる!
かみくだいてる!
のみくだしてる!
ああ!ああ!いまじぶんはたべものをたべているんだなあ!
いきてるんだなあ!
と実感できるシロモノです。
ソフトなパンなんか食った感じがしねえ!て方にオススメです。
「すごーいやわらかーいたべやすぅーいー」
てのが「美味しい」の基準なヤツは帰って寝ろ!
ここはハードな世界なのだから!
うああパンを語ると熱くなってしまう!

でも、でも、
この店で一番一番だいすきなのは
サイトにものってないし多分一日5個くらいしか
焼いてないと思うんだけど

「スモービアキス」


てパン。
検索してもでてこねえ!北欧系のパンみたい。

強いていえばクロワッサンみたいなんだけど
クロワッサン生地をもっと何重にもまいてまいて
まあるくしたかんじ、
表面にケシのつぶがまぶされてる。
外側はほんとにかりっとしてぱりっとしてる
(クロワッサンよりつよいかんじなのばりーん)
けど内側は何重にもまかれた生地だから
やわらかく、しなみがあって、
かむとじゅわあんってバタがしみでてくる。
かりっぱりっじゅわーってたまらんですよ!

探しても探しても似たようなパンてないの。
ほんとにこれはもうたまらないパンなの。
きょうもやきたてを買ってがまんできなくて
すぐにかじりついたんだけど、たまらなかったの。

総菜パンや菓子パン(タペストリー)とかでなくて
ただそれだけでおいしい「パン」が
だいすきなひとには本当におすすめのパン屋さんです。


あとおうちでのんでるぎゅうにゅうとヨーグルト。

菊池牧場というところから運んでもらっている
ほんとのほんとのぎゅうにゅうさん。
ビンをがちゃがちゃいわせてとどけてくれるよ。
ほんとにほんとにおいしいんだ。
だからここ以外ではほとんどぎゅうにゅうのまないんだ。
ノンホモジナイズだから飲む前によく振ってね。
(クリー分が浮いてきて口の部分にたまる)

振らずにあえて、
口のまわりにたまったクリームをすくっておいて
よく焼いたトーストにたらりとかけてたべる贅沢。
おいしいジャムもいっしょにのっけて
濃いめにいれた紅茶にもぎゅうにゅうそそいで添えれば
なんてすてきな三時のおやつ!

あとこの牧場から毎月届く
自家製ソーセージもたまんねえのですが
検索したらありやがった!なんだよフツーに手にはいんのかよ!
マジオススメ

ベアレンの定番ビール12本と菊池牧場無添加ソーセージセット【送料無料】 お酒ポイント20050728
(この前、拳王、姉王さまがいらっさったときにお出しした
炙りソーセージってここのでしたのよー覚えておりますかー?)
ええ、ええ、このソーセージは実家から自宅に転送して
もらっておりますの。
ソーセージはほとんどここのしか
たべませんの。ホホ。セレブレチー!

ごめん1つの記事に10枚しか画像使えないんだ
だもんでソーセージは楽天のアフィリ商品画像ひっぱってきたんだ。
アフィリエイト画像はまあなんだ
たべものに関してはほんとにじぶんで
たべてて「うめえー」っておもったもんしか
のせてないからまあゆるせ。

(楽天アフィリエイトとは!
その画像のリンクから飛んで買い物すると
1%のポイントがこっちにはいってくるという
広告ウハウハ商法なのだ!はまると危険だ!
金じゃなくてポイントなのがショボいけどな!)


もしお近くにお寄りの際はぜひどうぞ。

こちらもまあクリックして寄って行くのもまた一興。



追加情報:
楽天市場の店舗での取引に係る個人情報の流出について(続報)
うわーこえーなんか足立区の輸入雑貨店での個人情報が
がっつり外部に漏れたらしいー。こえー。
毎日新聞では1000人分とかいってるし他では暴力団の資金源だの
なんだのいってるけどどうなんですかねー。
一応、アフィリエイトのリンクはってもうたから参考までに。
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-07-08 11:34:02

酒飲みの自己弁護ランチ

テーマ:たべもの
昨日は拳王奥さまと近所でランチとシャレこみました。
ベルギービールの生、飲んできましたー。ヒュガルデン白生ー。
プッハ、平日の昼ビールたまんね。
拳王さまほぼ初めての店で
平然と

「いつもの」

っていうのやめてくださいね。


さてさて
忘れそうなんで今日書いとこう。
タマにはお店のレビューってやつだ。

先週の日曜に食べにいったお店。お気に入り。
銀座「中国膳房 黎花(ライカ)」
土日もランチやっていて5品ついて1,260円。
私はこれはすげえ安いと思っています。

まずお茶がポットででます。おかわり自由。


薬膳スープがでます。
きちんとしたスープで白きくらげとかクコの実とか
冬瓜が入っていて薄味でしみじみ美味しい。
ムスメ@10ヶ月にもそのままあげられる。
ムスコも争うようにすすっている。
滋味滋味。
添えられてるのは
揚げ麩みたいなグルテンの練り物とタケノコと
山クラゲときくらげなどの中華風の甘辛い煮つけ。
おかあちゃんこれでもうゴハン食べられますよ?


注文したランチ2品のメインは酢豚と茄子の土鍋焼き(ひき肉とかパプリカのあんかけ)
酢豚の豚肉はカリカリ、噛むとじんわり。
土鍋の茄子はジウジウきちんと焼けこげている。
きちんと毎回作ってアツアツってすごく嬉しい。

ゴハンは白飯かおかゆどちらか選べる。
おかゆには肉やらピータンやらが入っていて美味しい
(ピータン含有率高くてうれしい)
自分で中華粥つくってもこういう風に米が花のよに
ひらかんのよねー。ふあああんって。
油を混ぜるって手もあるけどさーいれたくないしなー。
(米といだ後にサラダ油まぜてザルに
あけとくとふわああんって粥にはなるのよ)
揚げワンタンがパラリパラパラのっている。
しかもおかわり自由。
味は濃いので別注文した白飯に混ぜたのを
ムスメはハフハフフと詰め込む。
かなり美味しいらしい。

別に酸辣ワンタン麺も頼む。
黒酢だけど酸っぱすぎない。
(私だったらもっと入れてしまうけど)
辛いけどこれは黒胡椒の辛さなんで
爽やかテイスティーに感じるなあ。
ひょっとしたらほかのひとは薄味って思うかもしれないけれど
外食ものの味の濃さが苦手な自分としては十分な味付けです。
牛のバラ肉を八角ぽい香辛料で甘辛く煮つけたのが
のってる麺があったんだけどなかった…それ食べたい…つくるか…。

ここはけっこう穴場。土日の昼はすいてます。
かつ子連れ(ウチは2匹)でいくと
個室を使わせてくれたりします。
(個室料サービスしてくれました)
子供用の椅子もありますトイレにもベビーシートがあります。
が、子供あんまりみたことないなあー。
ビルの7階だからかなあー。
ほんとおかあちゃんの激穴場です。
だいじにしたいです。おねがいつぶれないで。

行くと大抵タダで個室を使わせてくれますが
そこはそれ、申し訳ないので
こちらもなるたけ
大人2人ですが3人分くらいの注文と
お店にとって利益率の高そうなもんを
注文するようにしています。
ほかのお店でもそうです。
(たいしたもん喰わないくせに
スペースだけは一人前なガキの分も注文、という思いで。)
まあ生ビールとか青島ビールとかシンハービールとか。
いやビール頼む言い訳ともいうけどのうー。
うはー生ビールうまい季節ですし。
前述のベルギービールもそう。
なんにも食べないムスメが平然と座ってるのも申し訳ないので
頼むんですよ。
でもそういう心がけって大事な気がするんだけど
まあ単なる小心者ともいうなあ。

んでもって会計時には
「子供も美味しいと喜んでました
お騒がせしましたごちそうさま」
っていって帰んの。うん。

かえりに「キルフェボン」でタルト買って帰る。
高いなキルフェ凡。
フルーツはうまいけどなんつうかそのまんまなんだな。
タルト生地にフルーツがのっかってます。終了。
みたいな。いやうまいんだけどさ、
ケーキとしての面白みはないわな。うん。
買った種類がたまたまそうだったのかもしれんけど。
美味しんだけどなーつまんないんだなーへんだなー。
イヤな女だなー。イヤな感想だなー。
でも買ってきてくれたら小躍りはするよ。げへ。

レジャーも旅行もまったくしない出無精な一家だけど
美味しいもんだけは食べに外にでる。
出たら押す!押したら戻る!てか1位なんですけど!
いや2位?すげえ接戦おもしれえなこりゃ!何の試合だ?状態!
こええ!陰謀?謀略?なんかハメられてます!?
ご確認はこちらだ!

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-06-11 17:18:03

おかあちゃんキュイジヌる。

テーマ:たべもの
ええ、ええ、いらっさいました。
拳王さま&姉王さま。(お子さま付き)
報告せねばと思いつつも
ごめんなさい、まだ気持ちの整理がつかないの。
あああ忘れようとしてもフラッシュバクる!



というか今日はいつもと違うよ。書く事違うよ。

今日は、フランス料理を食べにいきましたの。
きゃあハイソ発言、スノブ志向。

いや病院に行ったんだけどおとうさんが気をきかせて
「帰りにラーメンでも食べてきたら?」
って言ってくれたので自分のなかで
ラーメンを曲解させてフレンチを。

今、腹もくちく、酔いもさめ、
このシヤワセな心持ちのまま
真面目なレビューさせていただく。


行きましたのは「ラ・プール・オ・ポ」(池袋)
オーヴェルニュ地方の郷土料理の店です。

食前酒ももどかしく(子供置いてきたからね)
しょっぱなからシャルドネをたのむ。ボトルだ文句あるかコラ。
あー注いでくれるよー久しぶりだよ
人にサービスされるの。シヤワセ。



アミューズにブロッコリのスープ。
ポタージュじゃなくて澄んだようなスープ。
見た目青汁。
スープの出汁も塩辛くなく脂っこくなくやさしく胃に落ちる。
まあいわれなきゃブロッコリってわかんねえけど。



前菜、
名前ド忘れ。フランス語のメニュ名なんざおぼえらんねえよ。
鶏の白レバをすり潰したようなものを
卵白かなんかと合わせて蒸し上げて
切り分けてもっかいあっためたのが
生クリームの入ってないアメリケーヌみたいなソースに浮かんでる。
このレバの食感がすこぶるいい。
ふわふわでもなくブリンブリンしすぎず味濃すぎず
浮かんでるソースもトマト風味の魚介スープで
甲殻類の香りが強いけどしつこくない。
つうかデカい、デカいよこれ。
ちっこいルービックキューブくらいあるな。
浮かんでるソレをすくっては口に運ぶ連続のシヤワセ。

主菜
炙ったプティサレ(豚の塩漬け肉)と生ハムに
青サラダとジャガイモの薄切り、玉葱、ベーコンに
トムフレッシュというモッツアレラみたいなチーズを
のっけて焼いたもの添え。

このポテトがハンパない量。
その量、フライパン1個分。
さらにそれが
フライパンごとでてきます。(直径18cm)すげえ。
でもうまい。うめえ。くっちゃうぞー。
ガリガリ底こそげて全部食べちゃうぞー。
プティサレの肉が旨味がつよくてウマい。
塩漬けって旨味でるよね大好きさ。
お店のひとにきく
「このじゃがいも一人で食べきるひといますか?」
「あーいますねえー」
そういうひとと私は友達になりたい。

デザート
シトロンのタルトにシトロンのシャーベト添え。

タルト生地がごく薄いのでモタつかない。
アーモンドプードルが入っててそのせいで軽く感じる。
ややあか抜けないかんじのカスタードに
たっぷりの焼きめをつけたメレンゲ。
その取り合わせがいい。
かつその一切れがデカい。スヴァラしい。
すてきすてき。

コーヒー。

ごちそうさまでした。ワインも全部いただきました。


この店のスヴァラしいところ。

おなかいっぱいになるところ。

最初ワインをグラスで頼もうとしたら
「ウチはラス900円ですがよろしいですか?」
とキチンと確認とってくれたところ。
なのでボトルでたのんだ、大正解だった。

ボトル完飲自信がなかったので
「余ったら指で栓して持って帰っていいですか?」
って聞いたら「いいですよちゃんとコルクでしめますよ」
って言ってくれたこと。

パンが余ったので
「持って帰っていいですか?」
てきいたら
「見なかったことにしましょう」
て言ってくれたこと。

ワインもボトルでシャルドネが4000円くらいだったこと。

帰りにお店のひとが
「おかまいできなくてごめんなさい」
っていってくれたこと。
(団体が入ってて忙しそうだった。色々話ききたかったー)

そんなこんなで料理が税込みで2000円だったこと。

安すぎ。
ホントこの店スヴァラしい。
オサレな店なんてもういらないの、美味しいものが食べたいだけなの。
こういうふうにコストパフォーマンス優れてた店ってねえのよ。
また行きたい…。
ホントにシヤワセな時間でした。
おとうさんありがとうです。
食べたらダッシュで帰りました。
走ったから酔いがすげえまわったわ。




おかあさんにってこのような数時間まるまるフリーっての
とってもとっても嬉しいんだよ。
たった数時間でもホントにホントに嬉しくてしょうがないんだよ。
世のおとうさん、ちょっくら子供預かってやってくれると
嬉しいトコロでございます。ええ。
くれ!時間!

さあそんなユメの時間も終わり
帰宅したらムスコはウンチを漏らし、
というか廊下に落としもの。
ああ現実ですね。
そんでは明日。


こういう実質本意な料理、店がだいすきなひとあつまれ。
闇の連合つくりたいなあ。
いつかこういうのがだいすきなひとと店借り切って
思う存分食べるのがユメですおかあちゃん。


もしよろしかったら以前拳王さまといったフレンチのレポもどうぞ。
(こちらは異次元です。
いうなれば、鼻からアスパラ、そんな世界です)

グルマンかあちゃんのハラはもうたいへんなことに
つまんでは押してみる?




スノビズムつながりでー。
えーと先日行ったカフェの
おかあちゃんとムスメ。
いやあ平日の昼間っから飲むカンパリってのも
フンイキがあってよろしいですなー。ホホ。

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-03-18 15:41:36

おんなさんびきかしましく

テーマ:たべもの
あの、いま、ウチによっぱらいがいるんですが。
しかも3匹。
しかも酔っぱらって好い年した三十路の女
「いつどこでだれがなにをした」ゲームやってます!

優秀賞
「駐禁でチョーク引かれた日、
新宿ぎょえんで
オーヤンヒーヒーが
あと一日あと一日待ってくださいと懇願した」

です。

なんつか酒はいっているのでひらがな含有率が
やたら高い三十路のおんなたち。
あとは
「ドンペリ入ります!時
オリオン通りで
見たくもない保育士のトイレを盗撮した園長が
モンゴルに帰ると言い出した」


「ガスもとうとう止められた日
サンシャインで
除名されてうなだれる泉もとやが(原文ママ)
モンゴルに帰るといいだした」



です。

そのあとみんなでおえかき大会
お題は
「姫川アユミと月影先生」
さあいっていただきましょう。

まず
三十路おんなA


まあなんだ、絵はまずますですが
しかしこの場では自信満々なところが殴りたいです。

三十路おんなB最年長リーダー格


最後におかあちゃん


いやーみんな酒はいってるなあー。
しかも今よっぱらって皿割ったAが
リーダー格に
「てめえ次から皿はねえサランラップだ!」
とかいわれてます。彼女はうちにきたときは
テーブルにサランラップにオカズが盛られます。

酒でも飲まねえとやってられない奥様達が
かわいそうに思ったら押して下さいよ↓

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-03-17 10:31:28

お散歩@神楽坂

テーマ:たべもの
昨日、お義母さまがこちらにいらっしゃることになったので

神楽坂「大〆」の大阪鮨

の折りをテイクアウトで頼むことにしました。

ついでにあまりにいいお天気なので

ぶらぶら散歩もしてみることに。





まずお昼に飯田橋「Cafe-Creperie Le-bretagne」

軽く腹ごしらえ。

グリュイエールチーズとトマトとシャンピニオンにたまごを

載せたガレット。はじがカリカリしてて美味しいです。

あとはサラダと

デザートに塩バターキャラメルのソースに

バニラアイスを載せたクレープ。

飲み物はボウルに入れた辛口のシードルで。





その後てくてくと神楽坂をのぼっていきました。

毘沙門さまをお参りしてみたり

適当な脇道にそれると思ってもみないところにある

お店屋さんがいろいろあってたのしいです。





たまたま見つけたチーズ専門店「アルパージュ」にも。

チーズはあまりわからないので

なにかお薦めのものを、と頼むと

お店の方がこちらの嗜好を聞き丁寧に選んでくれました。

買ったのは「ブロッチュ」

コルシカ島の山羊の乳清(ホエー)から作られたもので

まっしろのやわらかできれいなチーズ。

メープルシロップやはちみつをかけて食べると美味しそう。

こういう珍しいチーズを計り売りしてくれるのは

とっても嬉しい。

本当は予約販売のみらしいのですがたまたま店頭分が

すこうしだけ今日出たとのこと。幸運でした。たのしみたのしみ。

ついでにミモレット@18ケ月も買いました。





もっとずうっと進んで今度はパン屋さんの

「亀井堂」

なんでもその日の夕方テレビに出るとかなんとかで

お店のおばさんが楽しそうにそう話してくれた。

子供連れなので代わりにパンを取ってくれた

とても親切なおばさん。

クリームパン3種と栗あんぱんなどを

近所のおともだちの分もおみやげに。

(帰宅して食べてみたクリームパンがすっごく美味しかった!

ずっしりみっしりつまったクリームが

そのくせ口に入れると軽くとけてくどくなくって

塩味のきいたパンのしなみととっても合って

今まで食べたクリームパンのなかで一番!)



そのあと「大〆」で鮨折を2つ。

ちいさな四角い鮨がきれいに8つ並んで2700円。

江戸前と違ってなにかしら「作業」?の加わった

料理のようなおすし。

海老の色がきれいでしかもそれ自体の味が濃くてびっくり。

のり巻きの具の煮染めた高野豆腐の

味の深さにもびっくり。

すし飯も甘すぎないしかといって酢のカドもたっていない

味がまあるくなれています。

こういうのどうやってつくるのかなあ。

お義母さんも喜んでくれました。





そのあとは来た道を引き返しがてら

「五十番」で肉まんを買って帰りました。

ひさしぶりのお散歩でと討盖せ?舛?茲?辰燭任后









…ってここまで無理してコジャレたふうに書きましたが

大〆の店内のオサレっぽさに笑いました。

クラシカルなヨーロピアンな洋館に

なんつうかそんなかんじの

店内にお酒はシャブリのみですと!

そんなオッサレーな店内、でもどーしても





すっぱいにおい

がいっぱい。






ここが日本であると自分が日本人であると

オサレなおすしを握ってくれるのはおっさんであると

いうことを忘れさせてくれません。

いやでもマジでうまかった。また買う。いつか買う。

あとこんだけのモノ買って持って

ついでに赤ん坊もしょってえんえんと歩くおかあちゃんの

そのサマは鬼気迫るものがあったと思います。

いぬとか「キャイーン」とかないて逃げそう。











そういうワケで奥様、まちなかを赤ん坊しょって

食いもんガンガン抱えて

餓えた視線をギラつかせて歩いてるヒトをみたら



それはおかあちゃんですから。



みかけたらよろしく。

あとこちら↓もひとつよろしくですます。



うわーマジでこのクリームパンうますぎー

うめーうめえよーもっと買ってくればよかったよもー。

うめえー。なんでこんなにうまいんだうめー。

一応お店がきになるひとは参考になりそなサイトをリンクしときましたんで。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-03-16 08:27:47

デジュネde奥様

テーマ:たべもの
先日おともだちの奥様とランチを食べに行って来ました。

都内某所にある歴史有るフランス料理レストランです。
シックな内装に、お昼は客を1回転しかさせないため
ゆっくりと落ち着いた雰囲気で食事を楽しむことができます。
数組しかいないテーブルを5人くらいのギャルソンが
それとなく世話をやいてくれます。
席に案内された後、サーヴィスの良く冷えたシャンパンのグラスを
そっとあげ乾杯。
アミューズの、かきたまごの上に帆立とキモをあわせたトマトソースが
ふうわりとのっているものをそろそろと口にはこんだら
メニュが運ばれます。

前菜には
オマールエビと仏ロワール産ホワイトアスパラのサラダ仕立て
を選びました。
他にも惹かれるものはあったのですが
やっぱりこの季節にホワイトアスパラは食べておきたいと
思いこれにしました。

運ばれて来た皿には
太めの堂々としたアスパラ、赤く色よく茹でられた
かたちのよいオマール、かかっているソースもピンクで
目を楽しませます。
口に運び、噛み締め、

おともだちにもそっとその春の味を薦めてみました。
そしたらおともだちは軽く頭をふって










「いや私、鼻からアスパラだしだことあって」






!!





「子供の時兄弟に無理矢理口に突っ込まれて鼻から」



私の春の味が!!!



銀色のナイフとフォークが小刻みな震えで鈍い光を放ちます。
いやありえん。フレンチで「鼻からうんぬん」



スルー、スルーです。
無理にすすめないことにしました。




ワインは今回はおとなしくグラスで
私は冷えた軽めのシャブリ、
おともだちは赤、軽めのものを頼みました、

グラスに注がれたそのワインを口に含み
おともだちが感想をもらします。









「枯れたおっさんの味がする」





!!!!!!




どんなヒップホッパーでもそんなリリックは
ありえない
と思いました。
でもまあここは日本です。表現の自由。いい国ですね。


次のお皿のお魚料理。
とても味の濃いお魚のグリル
ふきのとうのフリットがこれまた春の匂いです。
ここではヴィネガーのよくきいたソースをして奥様






「ラーメン屋の匂いだよね」



…私は今ラーメンとギョーザを頼んで
出てくるまでのあいだ
シナチクやらザーサイやらをつまみに
まだ濡れてるコップでビールを飲んで
すっかりパリパリになってページがくっついてる
えらい古いマガジンとか週刊ポストとかアサヒ芸能を
読んでいる
のかと思えるほど
意識がトリップしました。
わかりました奥様はラーメンに酢をかけるタイプ
の人間なんですね?



メインがやってきました。私のは
フランス産兎の背肉のベーコン巻もも肉のクロケット添え

あっさりとした肉にきちんとベーコンのだしがしみ込み
かつしっとりとした食感です。
噛み締めるごとにじゅわっと肉汁とスープがしみだします。
鶏でも牛でもない独特の食感が楽しいです。
そのほかにもも肉をたたいてつくったクロケットも添えられていて
きれいないろと揚げられたパン粉がとてもきめこまやかで
上品な形と食感なので
その感想をもらしたところ


「ああ串揚げ、みたいな?」



!!!!!!

大衆居酒屋に強制瞬間移動させたれたような気持ちです。
もーいーです。
奥様、なんかギャルソンに突っ込んでるし。
お茶飲んでデザート食べて帰ってきました。

あたくしたちにフレンチは無理だったんだよ奥様…。

モナミ、押しますシルブプレ?↓
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。