サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

 

THE DARJEELING LIMITED
監督:ウェス・アンダーソン        
音楽スーパーバイザー:ランドール・ポスター    
出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン、カミーラ・ラザフォード、ウォレス・ウォロダースキー、イルファン・カーン、ビル・マーレイ、ナタリー・ポートマン    
2007年 アメリカ映画  

 


おっさんのお気に入りウェス・アンダーソン監督のほのぼの系ドラマ・・・なのですが、
正直なところアンダーソン作品の中で一番苦手な1本。
大好きなインドのビジュアル、音楽が満載の作品なのですが、唐突な終わり方をはじめ、
笑っていいのかどうか、どうリアクションしてよいのか分からないシーンも多く、
主人公たちが現地の子供が川で溺れ死ぬところに遭遇したり、少なくともコメディではないでしょう、これ。
例によって、アンダーソン監督作品の常連、オーウェン・ウィルソン、ビル・マレー他が出ています。
ストーリーは、簡単に言うと、この監督の作品では多く取り上げられたきた「家族の絆」再生の物語。
3兄弟がインドに単身移住した母親に会いに列車でトコトコ揺れながら向かうというお話。
途中、いろんなエピソードが挿入されるのですが、癒し系というよりは脱力系です。
美術は相変わらず素晴らしく、兄弟が持ち歩くオシャレな旅行カバンはルイ・ヴィトンのデザイナー作だそうです。
劇場では、本編上映前にナタリー・ポートマン、ジェイソン・シュワルツマン主演の短編映画が上映されたのですが、
これまた微妙な出来の作品で、なんとも言えない感じでした 笑。


音楽は、スコア担当はおらず、音楽スーパーバイザーとしてランドール・ポスターが参加しています。
既成曲の寄せ集めなのですが、インドが舞台ということで、インド映画やインドを舞台にした英国映画のサントラから
音楽を持ってきて、上手いこと映像にマッチさせていて、
さならが本作のための書き下ろしのような錯覚に陥ります。
とにかく選曲が絶妙で、インド音楽好きなおっさんは思わず「う~ん、素晴らしい」と唸ってしまいました。
冒頭のシーンに流れるシタールがリードを取るスリリングな曲なんか、どっから持ってきたのかと感心させられます。
この曲、かなりカッコいい。
その他の曲も全編、シタール、タブラ、ハルモニウム、バンスリ等が満載で楽しませてくれます。
さながらインド料理店に入った時のような気分にさせてくれます。
さらに、キンクスやローリング・ストーンズといった英国ロックの名曲も効果的に挿入されています。
ストーリー的にははいささか疑問の残る作品ですが、ビジュアルと音楽は文句なしの傑作だと思います。

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

ダージリン急行 [DVD] ダージリン急行 [DVD]
1,533円
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

・・・・今日は過去記事に追加してます。

 

THE FINAL COUNTDOWN
監督: ドン・テイラー 
音楽: ジョン・スコット 
出演: カーク・ダグラス、マーティン・シーン、ジェームズ・ファレンティノ、キャサリン・ロス、チャールズ・ダーニング、スーン・テック・オー
1980年 アメリカ映画


現代の航空母艦ニミッツが洋上でタイムスリップ、行った先はなんと真珠湾攻撃直前の太平洋だったというお話。
戦争アクションと時空SFを足して割ったような作品。
無理のある設定をそれなりにつじつま合わせをして、すっきり見せるところが好感の持てる作品でした。
T6テキサンを改造して日本海軍のゼロ戦に見立てて、F14トムキャットとドッグファイトさせるところは圧巻でした。
ただ、日本兵がまずかったです。
せっかくだから日本人使えばよかったのに、スーン・テック・オーという中国系(読者さんのご指摘で韓国系と判明)の俳優さんを使っています。
セリフも片言の日本語で、字幕版を見てビックリしました。
キャサリン・ロスを人質に取って、何だか意味不明な言葉を交えながら
「グスグス スンナ!!」とか
「・・・・○○ダッタラ、コノオンナヲコロス!!」とか
かろうじて日本語に聞こえるセリフが笑えます。



音楽は、ジョン・スコット。
彼の代表者とも言える作品にも関わらず、なかなかオフィシャルでCD化されなかった作品。
JOSレーベルという、ほとんどジョン・スコットのプライベートレーベルのようなレーベルから発売されました。
LPに9曲追加で全53分。
追加曲も派手な曲が多く、LPよりさらに「燃え」ます。
このサントラの目玉はなんと言っても、火曜サスペンス劇場の「聖母たちのララバイ」にパクられたといわれる「ミスター・タイドマン」でしょう。
巷では「聖母たちのララバイ」が本作に歌詞を付けたカバー曲だと思っている人がるようですが、どうやら間違いのようです。
これは、「パクラレた」そうです。
ジョン・スコットの承諾なしにメロディを盗用され、ジョン・スコットが抗議の手紙を出しても知らん顔されたので、
自ら日本の会社に乗り込んで著作権を奪い取ったとか。
盗作騒ぎばかりが先行するこのサントラですが、
「メイン・タイトル」をはじめ派手なマーチ調の曲の数々も素晴らしい出来です。
最近のサントラに比べてかなり大袈裟な音ですが、素直に「燃え」るスコアです。

 

 

 

・・・・と、ここまでが過去記事。

JOSレーベルのサントラも入手困難となっていたところ、ダウンロードで入手可能なことが分かりました。

Amazonでもi-Tunseでも購入可能です。

ただ、オリジナルのLPと同じ音源と思われます。

JOSレーベルのようなボーナス・トラックは無し。

さらに残念なことに日本盤LPに入っていた「コノオンナヲコロス!」などのダイアローグやS.E.も無しです 笑。

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

Straight Into Darkness
監督:ジェフ・バー    
音楽:マイケル・コンヴァーティノ    
出演:レット・ガイルズ、ジェイムズ・ルグロス、デヴィッド・ワーナー、ポール・ローガン、ダニエル・ローバック、ライアン・フランシス、スコット・マクドナルド、リンダ・ソーソン    
2005年 アメリカ映画


本邦劇場未公開に終わったことから、とんでもないビデオタイトルを付けられて地雷臭プンプンになって、
その結果レンタル数が激減したであろう気の毒な作品。
「悪魔のいけにえ3」のジェフ・バーが監督した変わり種の戦争映画ですが、
戦争の狂気を扱った幻想的で白日夢のような何とも言えない余韻を残す作品です。
ホラー映画の監督なので、必要上にゴアなシーンがあったり、死臭が漂ってきそうな暗く不気味なシーンがあったり、
戦争映画にしては非常に珍しい風合いを持った作品といえます。
ストーリーは、アルデンヌの戦いで誤って民間人の親子を火炎放射で死なせ、自暴自棄になり脱走した兵士がMPに捕まり護送されることになります。
護送の途中でジープが地雷を踏んで爆発しMPが死んだことから、脱走兵2人はさらに逃亡を続けることにます。
その途中、古い邸宅で老いた男女と孤児だけで構成されたレジスタンスと遭遇し、彼らと行動を共にすることになりますが、ドイツ軍の部隊が戦車とともに邸宅に近づいてきたことから、交戦が始まり・・・・・というお話。
孤児の大半が体に傷を負っていたり、暗い森の中で村人が惨殺され吊るされていたり、
脳裏に焼き付く描写があちこちにあり、ストーリーもそこそこしっかりしているので、
ボロカスなビデオタイトルに反して、低予算ながら心に残る作品に仕上がっています。
しかし、かつて「オシャレ(秘)探偵」などにも出ていたリンダ・ソーソンのお○ぱいが出てくるのですが、
既に60歳を超えているであろう彼女のお○ぱいを出す必要が果たしてあったのかと疑問が残ります。
老いた女性にお○ぱい出せと命じる脱走兵の姿に、戦争の狂気を重ねたのでしょうか。
これまたなんとも言えないシーンでした。


音楽は、マイケル・コンヴァーティノ。
この人、手掛けた作品は多いのですが、これといった代表作の無い人です。
個人的には、カイル・マクラクラン主演のSF「ヒドゥン」(1987)がお気に入り。
本作のスコアは、上記のような内容なので、ミリタリー調のスコアは皆無です。マーチなどあろうはずがありません。
オープニングも幻想的なスコアで幕を開けます。途中から男性コーラスが入り、グレゴリオ聖歌風になります。
全編に渡って戦争映画らしくないアンダースコアが続きます。
ヒーリング系のスコアの中で、カリンバのような楽器がリードを取るミニマルなトラックが出てきますが、
戦争映画にはかなり新鮮な印象を受けます。
機械音のようなパルスをモチーフにしたトラックもありますが、
あくまで抑制の効いた空気のようなスコアばかりです。
当然モチーフ的なものはなく、あえて言うならグレゴリオ聖歌調
の男性コーラス(本編後半は女性コーラスになるパターンも)に中世ヨーロッパ風のメロがついている程度でしょうか。
戦争映画としては極めて地味な作品ですが、なんと米Citadelレーベルから限定盤ながらサントラが発売されています。
ジャケのイラストだけ見ると、戦闘シーンバリバリの戦争アクションを想像してしまうので、
CDから出てくる音とのギャップはスゴいと思います。
決して悪いスコアではありませんが、本編を観てから購入を検討されることをオススメします 笑。






 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

戦革機銃隊1945 [DVD] 戦革機銃隊1945 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

SHARK ROSSO NELL'OCEANO
監督:ランベルト・バーヴァ    
音楽:ファビオ・フリッツィ    
出演:マイケル・ソプキー、ヴァレンティナ・モニア、ジョン・ガルコ、ウィリアム・バーガー、アイリス・ピーネイドウ    
1984年 イタリア映画

連休で時間に余裕があると何故かパチモンの比率が上がるサウンドトラック秘宝館。
今夜もパチモン・ジョーズの1本をご紹介。

ストーリーは、ある海岸で謎の海洋生物による犠牲者が続発したことから、海洋学者をはじめとするチームが
真相究明のため調査に乗り出します。
実は海洋生物の正体は、海洋の利権独占を企む一味により遺伝子操作で生み出された怪物だった・・・・というお話。
まあ、どうせ皆さん観ないでしょうから、正体明かしちゃいますが、
サメとタコを掛け合わせてイルカの脳みそくっつけた生物が犯人です。
しかし、こんなとんでもないカス映画ですが、後にアメリカでまさかのリメイクがなされています。
「シャークトパス」(2010年)というテレビムービーですが、この後、シリーズっぽいのまで製作されています。
この映画、そんなに面白くないのに、実はパチモン映画界では名の知れたベテランが結集して作られています。
後のリメイクもそのせいか(ウソか 笑。)
監督のジョン・オールド・Jrは、マリオ・バーヴァを父にもつランベルト・バーヴァ、
原案のルイス・コーツとマーティン・ドルマンは「スタークラッシュ」のルイジ・コッツィと「ドクター・モリスの島フィッシュマン」のセルジオ・マルチーノ、
音楽のアントニー・バリーモアは「サンゲリア」のファビオ・フリッツィという具合です。
さらに製作はミーノ・ロイだし、脚本は数々のパチモン・アクションを手掛けたダルダーノ・サケッティとジャンフランコ・クレリチ、撮影もパチモンにはお馴染みのジャンカルロ・フェランドだったり、ほんと超豪華です
(と思っているのは僕だけか)。

なお、DVDタイトルは、「ジョーズ・アタック2」となってます。

 


音楽は、ファビオ・フリッツィ。
ルチオ・フルチ監督のホラー作品のスコアでお馴染みの人です。
ビクシオ=フリッツィ=テンペラの3人名義(フランコ・ビクシオ、ファビオ・ヒリッツィ、ヴィンス・テンペラ)でスコアを担当することもありますが、今回は単独名義です。
全編に渡って、シンセでチャッチャッと作った感のある安っぽい音のスコアなのですが、
この人、ソングライティングセンスがいいので、モチーフがメロディアスで聴きやすい。
プログレ寄りですが明確なメロを持っているので、耳にス~っと入ってきます。
本作のテーマ曲は和やかな雰囲気のシンセチューン。
ジョーズのような不気味な曲とは対照的です。
「テンタクルズ」ほど陽気ではありませんが、パニック映画としては意外なスコアです。
元々、サントラは発売されていませんでしたが、発掘音源がめでたく伊BEATレーベルからCD化されました。
昨年11月の発売ですが、限定500枚なのでファビオ・フリッツィ・ファンの方はお早めにどうぞ。

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

LUCA IL CONTRABBANDIERE
監督:ルチオ・フルチ    
音楽:ファビオ・フリッツィ    
出演:ファビオ・テスティ、マルセル・ボズフィ、イヴァナ・モンティ、ダニエル・デュブリノ
1980年 イタリア映画


「野獣暁に死す」ではありません。
松田優作主演の同名映画でもありません。
紛らわしいビデオタイトルが付けられた、本邦劇場未公開のパチモン・マカロニ・アクション。
イタリアン・ゴア・ホラーの帝王、ルチオ・フルチ監督が珍しくギャングものを手掛けています。
一見すると、パチモンフィルムノワールかパチモンゴッドファーザーという趣ですが、
「当時のヒット作にあやかって二匹目のドジョウを狙う」というパチモンの定石からは外れるタイミングで製作されています。
もしかして、これはギャングもの映画に対するパロディか?
ストーリーは、麻薬密売組織と密輸業者の間のトラブルを発端として、兄を殺された弟が組織を相手に復讐を始めますが、組織内に裏切者がいたことから事態は思わぬ方向に進展し、遂には組織内の一大抗争にまで発展する・・・・というお話。
さすがフルチ監督、アクション映画なのにホラー顔負けな残酷描写を盛り込んで、
終始暗い映像も相まって観るものをイヤ~な気分にさせてくれます。
女性の顔をバーナーで焼いて殺したり、女性を暴行するシーンも容赦がありません。
この作品は、女性と一緒に観るのは避けた方がよろしいかと思います。
結末もイタリアン・ゴア・ホラー・キングらしく、完全なハッピーエンドでは終わりません。
何とも言えない余韻を残す終わり方をします。



音楽は、フルチ監督とはコンビの長いファビオ・フリッツィ。
テーマ曲は、プログレとフュージョンを掛け合わせたようなライトなインスト。
フュージョン系のフレットレスベースのプレイが耳にとても心地よい。
このベースはスコア全編に渡って大活躍します。
もしかして、演奏しているのはゴブリンのファビオ・ピニャッテリか?
スコアの他に、ファビオ・フリッツィが手掛けた歌モノも入ってます。
バナナラマのようにも聴こえる女の子のユニゾンボーカルによるディスコチューンです。
"You Are Not The Same"という歌で、この女の子たちCricketというユニットだそうです。
公開当時はこの歌が入ったシングル盤が発売されただけで、スコアは失われていたと思われていましたが、
2015年になってスコア音源が発掘されました。
商魂たくましいイタリア映画音楽界のこと、ちゃっかりBEATレーベルからCD化されました。
しかも、ちゃんとステレオ収録されているという、状態も良い。
発掘音源なので、公開時に発売されたシングル盤に収録されていた曲以外は、
すべてトラックにseq.○○という表記がされています。



 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

Ost: Contraband Ost: Contraband
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。