血まみれギャングママ

テーマ:

BLOODY MAMA
監督:ロジャー・コーマン    
音楽:ドン・ランディ    
出演:シェリー・ウィンタース、パット・ヒングル、ドン・ストラウド、ロバート・デ・ニーロ、クリント・キンブロウ、ダイアン・ヴァーシ、ブルース・ダーン、パメラ・ダンラップ
1970年 アメリカ映画


ロジャー・コーマン製作による「ビッグ・バッド・ママ」シリーズから派生した1本のように思われがちですが、実はこっちの方が先に製作されていて、監督までやってます。
ロジャー・コーマン作品というとB級臭がプンプンで、この作品などはあからさまに「俺たちに明日はない」のパチモンであることが分かります。
それでもキャストには目を見張るものがあり、シェリー・ウィンタースを筆頭に、若き日のロバート・デ・ニーロまで出ています。
ストーリーは、1930年代のアメリカを舞台に、4人の強烈な個性を持つ息子を抱える母親が、息子たちが犯した罪を隠すために逃避行を続けながら各地で銀行強盗を働き、遂にはFBIと壮絶な銃撃戦を展開する・・・というお話。
実在したケイト・パーカー一家を史実に基づいて描いています。
母親も怪物ですが、4人の息子もすごい。長男は狂暴で強盗など何とも思っておらず、次男は同性愛者、三男は極端に信心深い、四男はドラッグ中毒という面々。
結構えげつないシーンもあって、小さいお子様にはお見せしない方が賢明だと思われますが、
かつて深夜枠のお茶の間洋画劇場でこの作品を観たおっさんとしては、意外に面白い作品だという印象があります。

 

 


音楽は、ドン・ランディ。
この人、他にどんな作品を手掛けているのかあまり知らなくて、
「デッドヒート/マシンに賭ける男の詩」(1971)ぐらいしか分かりません。
60年代に活躍した同じ名前のジャズピアニストがいるのですが、この人のことかなあ。
本編オープニングに流れる主題歌"Bloody Mama"は、ドン・ランディ他2人の共作でBigfootというアーティストが歌っています。
軽やかな主題歌で、カントリー&ウェスタン調のバイオリンが活躍する歌モノです。
公開当時にサントラLPが発売されていますが、この主題歌は本国でシングルカットされています。
劇伴も、バンジョーやバイオリンが登場するカントリー&ウェスタン系のインストという趣です。
全16曲31分収録のLPでしたが、これまでCD化されたことがありません。
今ではすっかりプレミアがついている「俺たちに明日はない」共々、是非CD化してほしい1枚です。

 


 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

Bloody Mama Bloody Mama
 
Amazon

 

 

 

 

 

AD