サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

DUNKIRK
監督:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナー、フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン
2017年 イギリス/アメリカ/フランス映画

 


日本公開を9月9日に控えるクリストファー・ノーラン監督最新作。
当然未見なのですがサントラ音源を聴くことが出来たのでとりあえずアップします。
ストーリーは、第二次世界大戦初期のフランスのダンケルク海岸を舞台に、
ドイツ軍に包囲された連合軍兵士40万人が決死の脱出作戦を敢行するというもの。
未見なので何とも言えないのですが、この監督のこと、例によってあっと驚く仕掛けで観客を魅了してくれることでしょう。
噂では、CGに頼っていないとか、スピットファイアの実機を飛ばして空中戦を撮影しているとか、
セリフがほとんどないとか、陸・海・空の3つのパートに分かれてストーリーが展開するとか、
いろんな話が飛び交っており今から大変楽しみな作品です。
少なくとも、脱出劇を描くサスペンスという趣が強い作品のようで、
「ハクソー・リッジ」のような過激な戦闘描写は少ないのではないかと思われます。
実際の作戦でも連合軍の若い兵士が大勢参加していたという史実に基づき、スターはちょっとしか出てきません。
残念ながらマイケル・ケインも今回は出てきません。
 

 


音楽は、ハンス・ジマー。
最近の戦争映画はミリタリー調の血沸き肉躍るようなスコアがつけられることはほぼ皆無で、
「ミケランジェロ・プロジェクト」が唯一の例外という感じです。
この作品も同じようにダークで陰鬱なスコアが中心で、ミリタリーな雰囲気のあるスコアはありません。
ただ驚いたのは、アクションシーンのスコアと思われる曲では打ち込みを含むシンセが使われていて、
戦争映画といえばフルオケとしたものだというおっさんの固定観念を打ち破る音が出てきます。
「フューリー」でもシンセが多少使われていたと記憶していますが、
この作品では大々的にフィーチャーされた曲があります。
性急なリズムとインダストリアルなシンセフレーズで構成された"Supermarine"というスリリングなスコアがそれで、
この曲などはアルバムが解禁になる前に、一足先にシングル扱いでダウンロードできるようになってました。
スコア全体を通じて、アンダースコア色が濃厚で、明確なメロはありません。

「ダークナイト・ライジング」あたりに近い印象を持ちました。
映像と重ねて初めて威力を発揮するタイプのスコアだと思います。

 

 

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

DUNKIRK DUNKIRK
 
Amazon

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ska-n-tasticさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。