サイバーロボ

テーマ:

 

 

ROBOWAR
監督:ヴィンセント・ドーン    
音楽:アル・フェスタ    
出演:レブ・ブラウン、キャサリン・ヒックランド、アレックス・マクブライド、ロマノ・プッポ、クライド・アンダーソン、アラン・コリンズ、マックス・ローレル    
1988年 イタリア映画

 


最近アップが減ったパチモンシリーズですが、久々に亜流SFアクションをご紹介。
今回の元ネタは「プレデター」(ちょっぴり「ロボコップ」も)です。
パクリというか、シーンによってはほぼコピーです。
ストーリーは、カンボジアかどっかの東南アジアの国で、ゲリラ制圧に開発したロボット兵器オメガワンが突然暴走、
無差別殺戮を開始したことから、これを阻止するためにコマンド部隊(待ってました!)が組織されて、
ジャングルに潜入します。
途中でゲリラに追われていた女性を保護し(おいおい、これも「プレデター」じゃん)、
オメガワンを追跡しますが、1人また1人と隊員が殺されていく・・・・というお話。
まあ、コマンド部隊のメンバーのキャラから、銃撃シーンから、オメガワンの視点から見たジャングルとか、
臆面もなく「プレデター」をパクッてます。
銃撃シーンや爆破シーンもショボいことこの上ない。
最もひどいのは、オメガワンの造形。
「ハイテクで武装した不死身のファイターに立ち向かう命知らずのソルジャー!」ってビデオパッケージに書いてあるけど、
ハイテクで武装って、これ仮面ライダーのボディにフルフェイスのヘルメットかぶっただけみたいな格好じゃん。
ひどすぎます。

こんな作品ですが、実は日本で劇場公開されています。

ビンセント・ドーン監督が同年に製作した「サイゴン野獣刑事」と同時上映という形でたたき売りのように上映されたようです。



音楽は、アル・フェスタ。
「サスペリア2000」で監督、脚本、音楽を担当した器用な人です。
こんな作品なので、さすがにサントラは発売されていません。
スコアは、シンセスコアで予算がかかっていないのは明白です。
サントラが出ていないので、あんまり書くことが無いのですが、
劇中、ロックが使用されているので、その情報などを紹介すると、
主題歌扱いされているのが、Raffが演奏する”I Trust”という曲。
バンド名からして、L.A.メタルの人気バンドだったRattをパクっているのではないかという疑念も。
演奏と曲のクオリティは残念ながらRattとは似ても似つかぬ普通のロックです。
ギターソロでこれ見よがしに単調なライトハンド奏法を披露するギターもいただけない。
もう1曲は、Shoutというバンドの”Break It Up”という曲。
これもハードロック系ですが、特筆すべきものはありません。
まあ、散々なことを書きましたが、本編がこのような代物なので仕方ないかなという感じです。
この作品の楽しみ方の一つとして、本家「プレデター」と交互に観てパクリシーンが何箇所あるか探すというのがあります。

お時間に余裕のある方は是非。(お前がやれって?)

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

サイバーロボ [VHS] サイバーロボ [VHS]
15,012円
Amazon

 

 

AD

コメント(2)