サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

ODE TO BILLY JOE
監督:マックス・ベア    
音楽:ミシェル・ルグラン    
出演:ロビー・ベンソン、グリニス・オコナー、ジョーン・ホッチキス、サンディ・マクピーク、ジェームズ・ベスト    
1976年 アメリカ映画

ボビー・ジェントリーのヒット曲「Ode To Billy Joe」に題材を得た青春ドラマ。
「ジェレミー」のロビー・ベンソンとグリニス・オコナーが再共演しています。
前半は瑞々しい純愛ドラマのような展開ですが、一転して後半は暗雲が立ち込め、やるせないラストに突き進んでいきます。
グリニス・オコナーの姿がいじらしいラストがとても印象に残る作品です。
ストーリーは、2歳離れた幼馴染が18歳と16歳という年頃になるころから、お互いを異性として意識しはじめます。
しかし、保守的な田舎町なので、親は恋愛などまだ早いと、2人の交際を認めません。
ミュージックコンテストの夜、18歳のビリー(ロビー・ベンソン)は友人に誘われて娼婦が集まる場所に行きますが、
その後しばらく姿を消してしまいます。
数日後、町に戻ったビリーは、どことなく様子がおかしく、
夕方ボビー(グリニス・オコナー)とこっそり2人で会い、森の中に入りますが、
そこでビリーはボビーに驚きの告白をする・・・・というお話。
監督のマックス・ベアは、役者としても活動していたようで「じゃじゃ馬億万長者」や「空中大脱走」などに出てました。
脚本を「おもいでの夏」の原作者であるハーマン・ローチャーが手掛けています。


音楽は、ミシェル・ルグラン。
青春ドラマなので、ルグランのスコアは優しい雰囲気の楽曲で構成されています。
ピアノをメインとしたスコアは、ルグランが編曲・指揮まで手掛けています。
サントラには、ルグランが手掛けたスコアの他に、
主題歌としてボビー・ジェントリーの「Ode To Billy Joe」を再録音したものや、
劇中のミュージックコンテストで演奏されるカントリーバンドの曲が収録されています。
サントラはLPが出ているだけでしたが、
この度、米Kritzerlandレーベルから1000枚限定でCDが発売されることになりました。

発売は5月か6月頃になると思われます。

特に増曲はないようですが、アルバムマスターからの収録のようですので、
音質には問題ないようです。
去年、中古屋で本作のLPを見つけて喜んで買ったばかりだったのでちょっとショックですが、
こういう隠れた作品が再び陽の目を見ることは喜ばしいことです。

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ska-n-tasticさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。