サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

・・・・今日は過去記事に追加してます。

 

THE FINAL COUNTDOWN
監督: ドン・テイラー 
音楽: ジョン・スコット 
出演: カーク・ダグラス、マーティン・シーン、ジェームズ・ファレンティノ、キャサリン・ロス、チャールズ・ダーニング、スーン・テック・オー
1980年 アメリカ映画


現代の航空母艦ニミッツが洋上でタイムスリップ、行った先はなんと真珠湾攻撃直前の太平洋だったというお話。
戦争アクションと時空SFを足して割ったような作品。
無理のある設定をそれなりにつじつま合わせをして、すっきり見せるところが好感の持てる作品でした。
T6テキサンを改造して日本海軍のゼロ戦に見立てて、F14トムキャットとドッグファイトさせるところは圧巻でした。
ただ、日本兵がまずかったです。
せっかくだから日本人使えばよかったのに、スーン・テック・オーという中国系(読者さんのご指摘で韓国系と判明)の俳優さんを使っています。
セリフも片言の日本語で、字幕版を見てビックリしました。
キャサリン・ロスを人質に取って、何だか意味不明な言葉を交えながら
「グスグス スンナ!!」とか
「・・・・○○ダッタラ、コノオンナヲコロス!!」とか
かろうじて日本語に聞こえるセリフが笑えます。



音楽は、ジョン・スコット。
彼の代表者とも言える作品にも関わらず、なかなかオフィシャルでCD化されなかった作品。
JOSレーベルという、ほとんどジョン・スコットのプライベートレーベルのようなレーベルから発売されました。
LPに9曲追加で全53分。
追加曲も派手な曲が多く、LPよりさらに「燃え」ます。
このサントラの目玉はなんと言っても、火曜サスペンス劇場の「聖母たちのララバイ」にパクられたといわれる「ミスター・タイドマン」でしょう。
巷では「聖母たちのララバイ」が本作に歌詞を付けたカバー曲だと思っている人がるようですが、どうやら間違いのようです。
これは、「パクラレた」そうです。
ジョン・スコットの承諾なしにメロディを盗用され、ジョン・スコットが抗議の手紙を出しても知らん顔されたので、
自ら日本の会社に乗り込んで著作権を奪い取ったとか。
盗作騒ぎばかりが先行するこのサントラですが、
「メイン・タイトル」をはじめ派手なマーチ調の曲の数々も素晴らしい出来です。
最近のサントラに比べてかなり大袈裟な音ですが、素直に「燃え」るスコアです。

 

 

 

・・・・と、ここまでが過去記事。

JOSレーベルのサントラも入手困難となっていたところ、ダウンロードで入手可能なことが分かりました。

Amazonでもi-Tunseでも購入可能です。

ただ、オリジナルのLPと同じ音源と思われます。

JOSレーベルのようなボーナス・トラックは無し。

さらに残念なことに日本盤LPに入っていた「コノオンナヲコロス!」などのダイアローグやS.E.も無しです 笑。

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

ska-n-tasticさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。