サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

$サウンドトラック秘宝館


A BRIDGE TOO FAR
監督:リチャード・アッテンボロー
音楽:ジョン・アディスン
主演:ショーン・コネリー、マイケル・ケイン、ジーン・ハックマン、エリオット・グールド、アンソニー・ホプキンス、ロバート・レッドフォード、ジェームズ・カーン、ライアン・オニール、エドワード・フォックス、ダーク・ボガード、マクシミリアン・シェル、ハーディ・クリューガー、リヴ・ウルマン、ローレンス・オリヴィエ
1977年 イギリス映画


※過去記事を基に内容をいじってます。

第二次世界大戦におけるマーケット・ガーデン作戦(実話)をオールスターキャストで描いた戦争巨編です。
上記のとおり14大スターの豪華共演となっていますが、それぞれにちゃんと見せ場が設けてあるところがスゴイ。
1回観ただけでは、ストーリーの全容を理解することはちょっと難しいですが、
何回でも観れるので(僕だけか)、2、3回観るうちに頭に入ってきます。
ストーリーは、英国のモントゴメリー将軍が無謀な作戦を思いつき、
それを無理に実行したがために、

連合軍がドイツ機甲師団の予想外の反撃に遭い敗退する・・・というお話。
何しろその作戦たるや、米英の空挺師団が先にオランダの5つの橋めがけて降下して、
橋を占拠しておいて、そこへ英国の戦車部隊が進撃するというとんでもないミッション。
100キロの道程を2日で走破するという、とうてい無理な作戦でした。
そのため、なかなか前に進めない戦車部隊を待ってるうちに、
先に降下した空挺師団が孤立し、精強なドイツ機甲師団と交戦するハメになり、大きな被害を出しちゃうのでした。
こういう負け戦を描かせるとイギリス映画は上手い。
本編が3時間もあるので、TV初放映時は2週にわたって前編、後編に分けて放映されましたが、
けっこう時系列をバラした編集だったので初めて観た人はさぞ困惑したことでしょう。

DVDは、テレビ放映時の日本語音声が収録されたものが発売されたのですが、その後発売されたブルーレイはわざわざ新たに日本語を吹き替えて収録するという、オールドファンには暴挙ともいえる仕様になっていて非常に残念な思いをしたのでした。

確かに映像と音響はいいんだけど・・・・。

テレビ放映時の音声が入ったブルーレイ出ないかなあ。

 

 

 

音楽はジョン・アディスン。
いかにも英国の作曲家らしい気品あふれるスコアです。
どの曲も明確なメロディを持っていて、戦争映画のスコアとしては捨て曲無しの傑作といえるでしょう。
戦争映画のスコアの中で、ここまでそれぞれの曲にしっかりしたメロディがついているサントラはあまり例を見ません。
まるで上品なクラシックを聴いているようです。
子供の頃、初めて買ったLPがこのサントラでした。
友達はピンク・レディーを聞いて時期に、僕はこんなものを喜んで聞いていました。
今思うとひねた子供だったのだと思います。
公開当時に買ったアナログ盤はすり切れるまで聞いて、廃盤直前にもう1枚LPを買ってしまう羽目になりました(笑)。
そして、1999年に念願のCDが米Rykoから発売されました。
このCDはエクストラ仕様で、劇場予告編がボーナスマテリアルとして付いていました。
しかし、これもそのうち廃盤になってしまい、長らく入手困難の状態が続いてました。
その後、2010年に米Kritzerlandレーベルから1000枚限定で、
まさかの再CD化が実現しました。
しかも、オリジナル音源を使用してリマスターまでしてあります。
劇的な音質の変化はありませんが、全体的に音圧が増して
ブラス系の楽器が艶やかでクリアに聴こえるようになっています。
ジャケットの出来は、Ryko盤の方に軍配が上がりますが、
このリマスターは嬉しい。
増曲はありませんが、これは買いだ・・・・と思ったら、さっさとレーベル完売になってしまいました。



ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村
 

 

 

 

遠すぎた橋 [Blu-ray] 遠すぎた橋 [Blu-ray]
2,500円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

ska-n-tasticさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。