サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

NINJA

監督:アイザック・フロレンティーン    
音楽:スティーヴン・エドワーズ    
出演:スコット・アドキンス、伊原剛志、肘井美佳、トッド・ジェンセン、伊川東吾、マイルズ・アンダーソン    
2009年 アメリカ映画


劇場未公開作品がほとんどながら、そこそこの格闘技系作品を手掛けてきたアイザック・フロレンティーン監督による
未公開忍者アクション。
これまた格闘技系作品によく出ているスコット・アドキンスを主演に迎え、キレの良いアクション映画を撮っています。
特に地下鉄でのアクションシーンはなかなかの出来栄え。
ただ、若干アクションの一部が和製ヒーローもののような匂いがするのが気になりました。
まあ、B級アクションだから仕方ないか。
ストーリーは、甲賀流の忍術を学ぶため来日したアメリカ人青年が修行の中でめきめきと頭角を現し、
ライバルの日本人青年と常にトップを競い合う中になります。
日本人青年は、ライバルを意識するあまり、アメリカ人青年に向けて真剣を振り回してしまい、破門されてしまいます。
その後、甲賀流の道場では後継者への引継ぎが行われることとなりますが、そこへヤクザの世界に身を落としたかつての日本人青年が殴りこんできて・・・・・というようなお話。
ストーリーは大したことありません 笑。
伊原剛志、肘井美佳など日本人俳優が頑張っています。
忍者のコスチュームもB級なりに洗練されていて素晴らしい。

ちなみに2013年に製作された「ニンジャ・アベンジャーズ」は本作の続編。

 



音楽は、スティーヴン・エドワーズ。
潔いくらい未公開B級アクションばかりを手掛けている人です。
和太鼓や尺八、琴の音色がちゃんと日本をイメージさせる、真っ当な日本風スコアです。
怪しげなラーメン音楽になっていないのが素晴らしい(というか最近はその手の勘違いスコアは無いのか)。
和太鼓の連打は、「マトリックス」シリーズや鼓童の演奏を彷彿とさせます。
パーカッシヴなアクション・スコアはなかなかの迫力があり、聴きごたえがあります。

所々で、ジェームズ・ホーナーの「エイリアン2」を彷彿とさせるヒステリックなストリングスが入ります。

エレキギターがさく裂するロックなリズムのスコアもあります。
演奏は、THE CITY OF PRAGUE PHILHARMONIC。
そのせいか、スコアはB級臭さが全くありません。堂々としたスコアです。
感傷的なモチーフがテーマ扱いになっているようですが、おっさんとしては和楽器とロックの融合のようなアクション・スコアが特に印象に残ります。
サントラは、マイナーな作品のサントラを精力的に発売している米Movie Score Mediaから発売されています。

 

 

 





 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Ninja Ost Ninja Ost
 
Amazon

 

NINJA [DVD] NINJA [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姫忍者 姫忍者
7,236円
Amazon

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。