サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

SHARKANSAS WOMEN'S PRISON MASSACRE
監督:ジム・ウィノースキー    
音楽:チャック・シリノ    
出演:ドミニク・スウェイン、トレイシー・ローズ、クリスティーン・ヌエン、シンディ・ルーカス、コーリー・ランディス、ジョン・キャラハン、エイミー・ホルト
2015年 アメリカ映画


アメリカでもパチモンイタリア映画に負けず劣らずカスを作り続ける人はいるもので、
今夜はアメリカでC級映画を撮り続ける奇特な監督ジム・ウィノースキーの作品をご紹介。
しかも今夜は劇場公開作品ではなく最新テレビムービーをご紹介。
劇場公開された作品ではないので、当然滅茶苦茶なタイトルが付けられています。
この邦題を観れば、まともなハリウッド映画ではないことは誰の目にも明白です。
しかも、若い頃散々お世話になったトレイシー・ローズが出てるし 笑。
(なお、女囚ものですがお色気シーンはありませんのでご注意ください。)
ストーリーは、アメリカ南部の油田開発が原因で地底で眠っていた古代鮫が目を覚ましてしまいます。
この鮫は水の中だけでなく地中も自由に動き回る能力を持っていて、
時を同じくして刑務所から脱走を企て森へ逃げ込んだ女囚たちが次々と鮫の大群に襲われれる・・・・というお話。
まあ、要は人食い鮫と女囚アクションを安易に同居させたC級アクションです。
しかも二つの要素がストーリーの上でそんなに絡まないので、
「なぜ鮫と女囚なのか」という監督に対する素朴な疑問を抱いたまま、物語は終盤を迎えることになります。
80分枠のテレビムービーなので、本国ではきっと細かいことはいちいち指摘されることもなく笑って許してもらえたんではないかと推察します。
おっさんがこよなく愛するパチモン・マカロニ・ムービーのような徹底した潔さが無いのがちょっと残念ですが、
手掛ける作品が悉く未公開かテレビムービーのジム・ウィノースキー監督には今後も注目していきたいと思います 笑。

 

 

 

 


音楽は、チャック・シリノ。
ジム・ウィノースキー監督とは、ロジャー・コーマン製作総指揮の「キルボット」(1986)以来の付き合いのようです。
手掛けた作品は未公開やテレビムービーが中心でこれといった代表作がないのですが、
有名なのは「トレイシー・ローズの美女とエイリアン」ぐらいでしょうか 笑笑。
この作品では、小気味よいピアノのリフとエレキギターの組み合わせが意外にもカッコいいメイン・タイトルが登場します。
シンセやギターが中心の小編成によるスコアなのですが、派手なのに無味乾燥な一連のRC系スコアに比べると、
こっちの方が温かみを感じてしまいます。
劇伴の中には、オリエンタルな響きを持った弦楽器をフィーチャーした「シャーロック・ホームズ」っぽいスコアも登場します。
この人、限られた予算の中でもしっかりした仕事をする人だなあと感心してしまいます。
本編の出来栄えに比べて、スコアのクオリティの方が勝っているという点では、パチモンに匹敵するかも知れません 笑。
サントラは、今月米Kritzerlandレーベルから500枚限定でまさかのCD化が実現しました。
さっさと忘れ去られるであろう本編のことを思えば、限定盤とはいえCD化したKritzerlandレーベルの英断に敬意を表したいと思います。

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村  

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

E DIO DISSE A CAINO....
監督:アントニオ・マルゲリーティ
音楽:カルロ・サヴィーナ
主演:クラウス・キンスキー、ペーター・カルステン、マルチェラ・ミケランジェリ、アントニオ・カンタフォラ、ジュリアーノ・ラファエリ、グイド・ロロブリジータ
1970年 イタリア映画

今日は本邦未公開マカロニ・ウェスタンをご紹介。
ヨーロッパでは後期マカロニの傑作として知られる作品のようですが、
日本ではあまり知られていない1本。
このところ、朝日新聞出版の「マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション」に本邦初DVD化作品が
含まれるようになっていて、この作品もその中の1本ということで発売されています。
ストーリーは、南北戦争の元中尉が政治犯の汚名を着せられ服役していましたが、恩赦によって10年ぶりに釈放されます。元中尉は自分に無実の罪を着せ資産を略奪した鉱山の経営者に復讐するため街に戻り、
鉱山経営者の一味と壮絶な(ちょっと大袈裟か)銃撃戦を展開する・・・・・というお話。
普段は悪役のはずのクラウス・キンスキーが主役を演じるという変わり種ですが、
本編の後半がすべて銃撃戦ということもあって、アクションの要素が強い小気味よいマカロニ・ウェスタンです。
また、竜巻の来襲と銃撃戦を絡めているのが面白い。
主人公は暴風を巧みに味方につけて、1人また1人と悪党を片付けていきます。
監督は、アンソニー・M・ドーソンことアントニオ・マルゲリーティ。
70年前後の未公開マカロニ・ウェスタンって、結構面白いのが埋もれているので止められません 笑。

 



音楽は、カルロ・サヴィーナ。
オープニングには、変にソウルフルなボーカルが印象的な主題歌"Rocks Blood And Sand"が登場。
歌っているのは、「ガンマン無頼」のドン・パウエル。
男性コーラスをバックに高らかに歌い上げるタイプの曲です。
バックにおっさんの苦手なオルガンが入っているのは、アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノとおんなじ。
劇伴は哀愁を帯びたものが多く、ニニ・ロッソばりに熱いトランペットや例のオルガンが登場し、
マカロニらしくない大袈裟なドラマスコアが多い感じがします。
サントラは、公開当時には主題歌のシングルが本国で発売されただけでしたが、
その後蔵出し秘蔵音源が発掘され、1998年に伊BEATレーベルからめでたくCDが発売されました。
曲名などは付記されていませんが、全22曲55分収録のアルバムです。
今から20年近く前に出た盤なので、今では手に入りにくいかもなあ。

 

 



 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

LESBIAN VAMPIRE KILLERS
監督:フィル・クレイドン    
音楽:デビー・ワイズマン    
出演:ジェームズ・コーデン、マシュー・ホーン、シルヴィア・コロカ、ヴェラ・フィラトーヴァ、マイアンナ・バーリング、ティファニー・マルヘロン、ルイーズ・ディラン、アシュリー・マルヘロン、ルーシー・ガスケル    
2009年 イギリス映画

過激なタイトルですが、きわどい描写はほぼ無く高校生ぐらいなら観ても全く問題のないホラー・コメディ。
思わせぶりなDVDジャケに反して、エロい雰囲気はあってもお○ぱいまでは出てこなかったと記憶しています。
ゴア描写も首チョンパ程度で、えげつないという感じでもありません。
「ショーン・オブ・ザ・デッド」あたりに近い感じがしました。
ストーリーは、対照的な性格の青年2人が田舎の村にハイキングに出かけ、その先で若い外国人女性のグループに出会い一緒にコテージに泊まろうとします。
しかし、そのコテージがある村はその昔バンパイア退治が行われ、バンパイアの女王を退治するにあたって領主が呪いをかけられており、それ以来若い娘たちが年頃になると皆レズビアン・バンパイアに変身してしまうという恐ろしい村だった・・・・というお話。
まあ、このように馬鹿馬鹿しいお話なので、気楽にご覧になることをおススメします。
とはいえ、それなりに丁寧に作ってあるので、イギリス映画特有の「アク」が嫌いな人は別ですが、
一応最後まで早送りすることなく楽しめる内容になっています 笑。

  

 

 


音楽は、デビー・ワイズマン。
イギリスの作曲家で、代表作がパッと思い浮かばないのですが、
フランス映画「ルパン」(2004)などを手掛けています。
ハリウッド映画音楽の洗礼を受けていないせいか、この作品はオーソドックスなオケスコアで、
70年代サントラを愛するオールドファンの鑑賞にも十分耐えうる内容となっています。
スペクタクルなサウンドは、豪快なゴシックホラースコアという趣もあり、
劇伴にメロがあるという点でも安心して聴けるスコアに仕上がっています。
ホラーとコメディの要素が混ざっていることもあってか、全体的に明快な音作りがなされていて、
劇伴も聴きごたえがあるという点では、今時珍しい作品だといえます。
ちょっぴり「ブランケット城への招待状」やダニー・エルフマンのスコアを彷彿とさせるスコアです。
サントラは、英Silva ScreenレーベルからCDが発売されていて、
スコアの他にShowaddywaddyの"Under the Moon of Love"が収録されています。
全20曲54分の収録です。

なお、このサントラ、アマゾンではヒットしないので現在ではちょっと入手困難かも知れません。

 

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

DUNKIRK
監督:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナー、フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン
2017年 イギリス/アメリカ/フランス映画

 


日本公開を9月9日に控えるクリストファー・ノーラン監督最新作。
当然未見なのですがサントラ音源を聴くことが出来たのでとりあえずアップします。
ストーリーは、第二次世界大戦初期のフランスのダンケルク海岸を舞台に、
ドイツ軍に包囲された連合軍兵士40万人が決死の脱出作戦を敢行するというもの。
未見なので何とも言えないのですが、この監督のこと、例によってあっと驚く仕掛けで観客を魅了してくれることでしょう。
噂では、CGに頼っていないとか、スピットファイアの実機を飛ばして空中戦を撮影しているとか、
セリフがほとんどないとか、陸・海・空の3つのパートに分かれてストーリーが展開するとか、
いろんな話が飛び交っており今から大変楽しみな作品です。
少なくとも、脱出劇を描くサスペンスという趣が強い作品のようで、
「ハクソー・リッジ」のような過激な戦闘描写は少ないのではないかと思われます。
実際の作戦でも連合軍の若い兵士が大勢参加していたという史実に基づき、スターはちょっとしか出てきません。
残念ながらマイケル・ケインも今回は出てきません。
 

 


音楽は、ハンス・ジマー。
最近の戦争映画はミリタリー調の血沸き肉躍るようなスコアがつけられることはほぼ皆無で、
「ミケランジェロ・プロジェクト」が唯一の例外という感じです。
この作品も同じようにダークで陰鬱なスコアが中心で、ミリタリーな雰囲気のあるスコアはありません。
ただ驚いたのは、アクションシーンのスコアと思われる曲では打ち込みを含むシンセが使われていて、
戦争映画といえばフルオケとしたものだというおっさんの固定観念を打ち破る音が出てきます。
「フューリー」でもシンセが多少使われていたと記憶していますが、
この作品では大々的にフィーチャーされた曲があります。
性急なリズムとインダストリアルなシンセフレーズで構成された"Supermarine"というスリリングなスコアがそれで、
この曲などはアルバムが解禁になる前に、一足先にシングル扱いでダウンロードできるようになってました。
スコア全体を通じて、アンダースコア色が濃厚で、明確なメロはありません。

「ダークナイト・ライジング」あたりに近い印象を持ちました。
映像と重ねて初めて威力を発揮するタイプのスコアだと思います。

 

 

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

DUNKIRK DUNKIRK
 
Amazon

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

DELTA FORCE COMMANDO
監督:ピエルルイジ・チリアーチ
音楽:エリオ・ポリッツィ    
出演:ブレット・クラーク、フレッド・ウィリアムソン、マーク・グレゴリー、ボー・スヴェンソン、エミリー・ヴァレンティノ、マリオ・ノヴェリ、ジャン・ミシェル・ペリッツァ
1987年 イタリア映画

またまたパチモンを紹介したくてウズウズしてきました。
もうタイトルからしてパチモン臭をプンプン漂わせる期待度マックスの作品。
明らかに「デルタ・フォース」の亜流であることが分かります。
ストーリーは、原爆を盗んだ反政府ゲリラに奥さんを殺された元デルタ・フォース隊員が、
復讐するため黒人パイロットの協力を得てゲリラを追撃しますが、
逆にゲリラに取り囲まれる事態に・・・そこへデルタ・フォースの一団が乗り込んで事件解決(あ、結末言っちゃった。まあ、誰も観ないからいいか。)。
しかし原爆は実は訓練用のもので爆発しないものだと分かり、2人はガッカリするのでした。チャンチャン・・・・というお話。
デルタ・フォース部隊は最後にしか出てこないし、ゲリラをたった2人で追いかけるとか、予算を浮かすための小規模戦闘というパチモンのセオリー通りかと思いきや、

意外にもF16戦闘機、砲塔付きの装甲車、戦闘ヘリなどが出てきて案外頑張っています。
戦闘シーンもそこそこ迫力があります。
監督はフランク・ヴァレンティことピエルルイジ・チリアーチ。
80年代後半にコマンドものばっかり撮った末に、売れないとあきらめたのか
90年代以降は助監督としてドラマやコメディを手掛けています。
パチモンの中ではなかなか豪華なキャストが顔を出す作品で、「怒りのサンダー」ことマーク・グレゴリーやボー・スヴェンソンなんかも出ています。
なお、実はこの映画には続編があって、同じスタッフで「デルタ・フォース・コマンド2/暁の奪還」(1990)というのを撮ってるのですが、こちらの方は未見です。

音楽は、エリオ・ポリッツィ。
シンセと打ち込みで作ったスコアで、パチモンにはこれくらいがちょうどいい。
いちおうコマンドものなので、打ち込みでミリタリー調のスネアが入りますが、チープなことこの上ない。
メイン・タイトルはこれに悲し気なメロがかぶります。
アクション・シーンの劇伴は、シーケンサーを駆使した80年代特有のシンセスコアでそこそこ「燃え」ます。
タンジェリン・ドリームを思わせる抒情的なスコアも顔を出します。
総じてスコアは悪くないぞ、おやおやこれはどうしたことだ。
しかし、エンド・タイトルでちょっと安心。
はっきり言ってカッコ悪い。80年代のダサダサ・スコアのお手本のような音をしています。
サントラは、イタリアでLPが発売されましたが、同じくエリオ・ポリッツィが手掛けた「アフガン・フォース 戦場の黙示録」、「地獄のファイター2/怒りの戦士」とのコンピレーション盤という仕様でした。
残念ながらこのアルバムはCD化されておらず、どっかのイタリアン・レーベルがこそっと出してくれるのを待ってます 笑笑。

 

 

 

 

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。