サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:




・・・・・今夜はまたまたイタリア映画ですが、過去記事に追加しています。


POLIZOTTO SPRINT
監督: ステルヴィオ・マッシ
音楽: ステルヴィオ・チプリアーニ
出演: マウリツィオ・メルリ、オラツィオ・オルランド、ジャンカルロ・スブラジア、リリー・カラーチ、アンジェロ・インファンティ
1976年 イタリア映画


パチモン王国、イタリアが70年代に量産したカー・アクションものの1本。
「フレンチ・コネクション」のカー・チェイスシーンが評判になったもんだから、
ここぞとばかりイタリアで量産したポリス・カーチェイスものの1つ。
さすが「ダーティ・チェイサー/凶悪犯死の大逃走500キロ」のステルヴィオ・マッシ監督作品だけあって、一応ストーリー的にはちょっぴりヒネリが利かせてあるようで、
ローマ市警の警官が強盗団とカーチェイスの末、同僚を死なせてしまいます。
自暴自棄になりかけ警官に、昔はレーサーだったという上司(すごい強引な展開だ)が怒濤のドライビングテクニックを教えて
強盗団にリベンジを図る・・・というお話。
主演は、「ハチェット無頼」の熊男、マウリッツィオ・メルリ。
都合良く展開する演出も何のその、
日本公開にあたっては、ハリウッド映画っぽいチラシが製作され、
カッコいいカーアクション映画に早変わり 笑。

 こんな感じ

$サウンドトラック秘宝館


なんたって邦題が「フェラーリの鷹」。
当時はそろそろスーパーカー・ブームが到来する頃だったような記憶が・・・。
その時期にこのタイトルは、話題にならない方がおかしい。
でも、当時のいわゆるスーパーカーは出てこなかったような記憶が・・・・。
フェラーリはフェラーリなんだけど、なんだか渋めのボディで精彩を欠きます。
車のことあんまり詳しくないのでよく分かりませんが、
クラシック・カーみたいに見えてしまいます。
でも、今見ると案外評判になったりして。



音楽はステルヴィオ・チプリアーニ。
公開当時、サントラはシングル盤しか発売されませんでした。
イタリアで出たシングル盤には「Speed Machine」と「Crazy Town」という曲が収録されています。
テーマ曲は、「プ~ニュ~♪」っていうどこまでもアナログなシンセの音が微笑ましい。
シャッフルのビートが心地よい明るいフュージョン系サウンドに仕上がっています。
ブラスの使い方もなかなかいい感じ。
他の劇伴もレアグルーヴな雰囲気のカッコいいスコアが入ってたような、なんとなくそんな覚えがあります。
この映画、フルアルバムでは未だにサントラが発売されていません。
現在入手可能なのは、「ATTORI A MANO ARMATA 」というタイトルのCDと64ページに及ぶブックレットが合体したコンピレーション盤。
この中に「Speed Machine」が収録されています。
これもフルスコアでCDになれば是非欲しいのですが、
イタリアのGDMとかシングル盤の発売元CAMとか頑張って出してくれないかなあ。




・・・・・と、ここまでが過去記事。
遂に、サントラCDが発売されてしまいました。
伊Digitmoviesレーベルからの発売で、既発売の楽曲は当時のシングル曲など5曲のみと思われます。
残りの15曲は蔵出し音源の体裁をしています。
全部ステレオ収録というのはとてもうれしい。
ただ、劇伴の一部は保存状態が良くなかったのか、所々でテープがよれてるのが分かります 笑。
それでもチプリアーニ先生のジャズファンクが爆発するご機嫌なアルバムなので許します。







ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Poliziotto Sprint/Stelvio Cipriani

¥価格不明
Amazon.co.jp





Attori a Mano Armata (W/Book)/Various Artists

¥2,273
Amazon.co.jp

Attori a Mano Armata/Various Artists

¥1,129
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

SETTE WINCHESTER PER UN MASSACRO
監督:エンツォ・G・カステラッリ        
音楽:フランチェスコ・デ・マージ    
出演:エド・バーンズ、ガイ・マディソン、ルイーズ・バレット、トーマス・ムーア、リク・ボイド    
1966年 イタリア映画



イタリア映画が続きますが、今夜はマカロニ・ウェスタンをご紹介。
パチモン映画界の職人監督エンツォ・G・カステラッリが、E・G・ローランドなんていう変名で撮った監督第1作。
ストーリーは、南北戦争後、南部のある町では、元南軍の大佐が率いる悪党一味が無法の限りを尽くしていて、
ある時、悪党一味の1人が北軍に捕まり絞首刑になる寸前のところを、元南軍大尉を名乗る男に助けられます。
悪党一味は南軍の将軍が隠した財宝を探しているのですが、この元大尉はその在処を知っているといいます。
悪党一味はこの男を仲間に引き入れ、財宝を探して行動を共にすることになりますが、
果たして元大尉の正体は?・・・・というお話。
財宝を追い求める7人の男たち・・・・かっちょええ。
アメリカの俳優エド・バーンズとガイ・マディソンの2人を起用したマカロニ・ウェスタンですが、
カステラッリ監督の小気味よい演出のおかげで、今観ても飽きることなく最後まで鑑賞することができました。
この映画、本邦公開時は「日本語発声版」なんていう、今で言うところの「日本語吹き替え版」で上映されたようです。
オープニングのタイトルバックは「続・夕陽のガンマン」によく似た作りでなかなかカッコいい。



音楽は、フランチェスコ・デ・マージ。
この人のマカロニというと主題歌を歌うのはラオールとほぼ決まっています 笑。
ラオールといえば、ソウルフルで男気溢れる汗臭い歌声には定評があります。
この主題歌とそのモチーフを使ったギターインストがスコアのメインですが、
全編に響き渡るメキシカンなトランペットや、ドスの効いたリフを刻むベンベンギターが素晴らしい。
似たようなスコアが多いですが、メロがいいので全く問題ありません。
必殺仕事人のようなトランペットソロもあったりで、マカロニ・スコアの定石という感じの内容です。
サントラは、公開当時、テーマ曲ぐらいしか音源化されていなかったと思います。
単独のアルバムとしては、1995年に日本のSLCから22曲入りのCDが発売されたのが最初ではなかったかと思います。
その後、伊Screen Traxや日本のVerita NoteからもCD化されていますが、それぞれ収録内容が少しづつ違うようです。
どの盤も音源がモノラルなのがちょっと残念。

 

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

荒野のお尋ね者 荒野のお尋ね者
2,613円
Amazon

 

 

 

 

荒野のお尋ね者 [DVD] 荒野のお尋ね者 [DVD]
4,104円
Amazon

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 


MY HONOR WAS LOYALTY
監督:アレッサンドロ・ペペ    
音楽:アレッサンドロ・ペペ    
出演:レオーネ・フリーザ、パオロ・ヴァッカリーノ、フランチェスコ・ミリョーレ、アルブレヒト・ヴァイマー
2015年 イタリア映画

 


とんでもないマカロニ・コンバットが誕生しました。
数あるカスなイタリア製パチモン戦争映画の中でも、これは最高傑作と言っても過言ではないでしょう。
アレッサンドロ・ペぺ、全然知らない監督ですが、最初は普通のマカロニ・コンバットのノリで
数百万円ぐらいでサクッと映画撮っちゃおうと考えたらしいのですが、
これを聞きつけたヨーロッパの戦車マニア、銃器マニア、軍装マニアなどが
「俺にも参加させろ」とばかり、寄ってたかって作り上げた作品のようです。
その出来栄えたるや、凄まじいもの(笑)で、本物の装備の数々が惜しげもなく登場する怪物映画になってしまいました。
ストーリーもしっかりしていて、主人公の「独白」をバックに入れることで、
「誰のために戦うのか」「人生とは何か」といった「哲学」的な問いを観客に投げかける内容となっています。
カメラワークや映像処理も最近の戦争映画にみられるパターンをしっかり押さえているし、
どこを切っても絵になる戦場の兵士のカットが素晴らしい。
痺れるようなリアルな軍装品にも思わず溜息が出ます(ちょっと言い過ぎか)。
戦車や装甲車も充実していて、キューベルワーゲン、シュビムワーゲン、マーダー自走砲、ヘッツァー駆逐戦車、ハノマーク、T34、改造パンター、M4シャーマン、グレイハウンド等々、本物がゴロゴロ出てきます。
ストーリーは、第二次世界大戦末期、激戦が続く前線を転進しながら国防軍の撤退を側面支援する武装親衛隊の伍長が、「祖国」のために戦う中で、行く先々で「戦争」の愚かさ、「祖国」が犯した罪を目の当たりにし、
「戦う」意味について悩み苦しみます。
しかし、悪化する戦局の中で、自問自答しながらも戦い続けることしか出来ない状況に追い込まれていく・・・というお話。
唯一気になったのは、着弾や血しぶきがCGだったこと。
でも、これを補っても余りある怪物映画でした。
 

 


音楽は、監督のアレッサンドロ・ペペが自ら手掛けています。
この辺から、もともと安く上げちゃおうという魂胆が見え見えですが、
この人ピアノが弾けるらしく、劇中のスコアでも自分で弾いています。
しかも、意外に(失礼)まともなスコアを書いておられます。
ただ、映画のテーマがテーマだけに、ミリタリー調の勧善懲悪型の戦争映画スコアではありません。
映画の冒頭は讃美歌風のコーラスで始まり、バイオリンの悲しげなソロも。これから起こる激戦を暗示します。
監督が演奏するピアノのソロも帰国シーンで活躍していました。
サントラは、どうやら出ていないような気配なのですが、Youtubeを観ると、
ジャケットのようなものがバックに映し出されたスコアを何曲か聴くことができるので、
もしかしたら何らかの形で出ているのかも知れません。
メイン・タイトル曲は、ちょっとハンス・ジマー風ですが、
しっかりとしたオケスコアで監督が自分で手掛けたとは思えないクオリティです。
Youtube等を観る限りでは、全20曲のスコアでMMAスタジオとUnder The Roofスタジオで録音されたようです。
これサントラ欲しいなあ。
ダウンロードでもいいから入手できないものか。

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

THE YAKUZA
監督:シドニー・ポラック    
音楽:デイヴ・グルーシン    
出演:ロバート・ミッチャム、高倉健、ブライアン・キース、岸恵子、ハーブ・エデルマン、リチャード・ジョーダン、ジェームズ繁田、岡田英次
1974年 アメリカ映画

ロバート・ミッチャムと高倉健が共演した70年代アクション。
日本が舞台になっていますが、製作総指揮が日本人であることや日本の役者が出ていることから、
ヘンテコな日本の描き方もまあ許せるレベル 笑。
シーンによっては東映の任侠映画を観ているような錯覚にも陥ります。
ストーリーは、旧友の娘を日本のヤクザに誘拐されたアメリカ人が、救出のため単身日本に乗り込みます。
そして、かつて進駐軍として日本に滞在していた時に助けた女性の兄(元ヤクザ幹部)に協力を申し出ます。
元ヤクザはすっかり足を洗っていましたが、妹を救ってもらった恩義から、アメリカ人に協力して娘の奪還に向かうことになる・・・というお話。
やはり高倉健の存在感はスゴいと思わせる1本。
この当時で、ロバート・ミッチャムより目立ってる。
ただ、全体的に暗めなトーンの作品なので、地味な印象を受けるのが残念。
ちなみにこの映画、当初はロバート・アルドリッチが監督する予定だったとか。

 

音楽は、デイヴ・グルーシン。
シドニー・ポラック監督とのコラボが多く、本作の翌年にはあの「コンドル」が生まれることになります。
スコアは、日本にスポットを当てた和製楽器を交えたアクション・スコアかと思いきや、
ベーシックな部分は、なんとリリカルなメロドラマ風スコア。
メイン・タイトルもどことなくミステリアスな雰囲気を持ったメロドラマ調チューン。
尺八などをフィーチャーしたサスペンスフルなスコアもありますが、全体的にメロウな曲調のものが多い。
「コンドル」あたりと比べると、フュージョン色はほぼありません。
サントラは、公開時には本命盤のカバーシングルしか発売されず、その後2005年になって米FSMから3000枚限定でスコア盤が発売されました。
さらに、今月になって米Vareseレーベルから1500枚限定で再CD化されました。
ボーナストラックの関係で、それぞれ若干収録曲が違っています。
今回のVarese盤は、再発を希望する声の多いサントラを復刻するWe Hear Youシリーズの第3弾という位置づけのようです。
FSM盤のラストとVarese盤の22曲目にはグルーシンのスコアに阿久悠が歌詞をつけた日本語の歌モノが入っています。
これだけ音源がモノラルで、曲の最後に拍手が入っています。なんでだろ? ライブか?
まあ、FSM盤が結構音の良いアルバムだったので、
これを持っている人はVarese盤をわざわざ買い直さなくてもよいのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

これは、FSM盤

  ↓

Yakuza Yakuza
 
Amazon

 

ザ・ヤクザ [DVD] ザ・ヤクザ [DVD]
1,543円
Amazon

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER
監督:バラン・ボー・オダー    
音楽:ミヒャエル・カム    
出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、ハンナー・ヘルツシュプルンク、トリーヌ・ディルホム、シュテファン・カンプヴィルト    
2014年 ドイツ映画

 


ハリウッドでのリメイクが決定しているらしいドイツ製サスペンス。
これがなかなか面白かった。
ツッコミどころがどうのこうの言わずにフラットな気持ちでご覧になることをお勧めします。
観客の予想を裏切るどんでん返しが売りの作品ですが、観終わった後もう一度観たくなる作品です。
ストーリーは、ハッカー集団クレイのメンバーが警察に出頭してきますが、
この男、ロシア・マフィアとつながりのあるハッカー界の大物に命を狙われており、
大物逮捕に向けた捜査協力と引き換えに警察に保護を求めます。
この男の話では、ハッカー集団クレイは、遊び半分でハッキングを繰り返すうちに、
ハッカー界の大物に認められたいと思うようになり、次第に危険なヤマを踏むようになり、
遂には連邦情報局の機密情報を盗み出すことに成功しますが、
大物にこの情報を提供したがために、
影で警察に協力していたハッカーの存在がバレてしまい、
マフィアがらみの殺人事件に発展して・・・・というお話。
サイバー空間を地下鉄の車両内に置き換えて見せたり、なかなか面白い作品でした。
でも、ヨーロッパ映画って、ハリウッドでリメイクするとあんまり面白くなくなるような気もするのですが・・・・。



音楽は、ミヒャエル・カム。
スコアは、デジタル時代を象徴するシンセスコアとなっています。
さすがジャーマン・プログレッシヴの影響を感じさせるダークなトーンのスコアで、
時折、タンジェリン・ドリームを彷彿とさせる瞬間もあって、
おっさんには大変楽しめるスコアになっています。
ただ、基本的にはアンダースコアなので明快なメロもありません。
パルス系のシンセ音が硬派な印象を与えます。
サントラは、既成曲とのコンピレーション仕様となっていますが、
既成のテクノが場面によくマッチしていて、選曲のすばらしさを痛感します。
Boys Noize、Fukk Offf、Carpet、Hanuman Tribe、Jaro Messerschmidt & Nik Reichといったアーティストが楽曲を提供しています。
CDは発売されておらず、ダウンロードで27曲入り1時間25分収録のものが入手可能です。

 




 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

Mayday Mayday
 
Amazon

 

 

I LOVE TECHNO 2008 I LOVE TECHNO 2008
2,754円
Amazon

 

Power Power
 
Amazon

 

Hanuman Tribe Hanuman Tribe
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。