サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

 

THE DOGS OF WAR
監督:ジョン・アーヴィン    
音楽:ジェフリー・バーゴン    
出演:クリストファー・ウォーケン、トム・ベレンジャー、コリン・ブレイクリー、ヒュー・ミリアス、ポール・フリーマン、ジョベス・ウィリアムズ、ジャン=フランソワ・ステヴナン、ウィンストン・ヌシュナ、ペドロ・アルメンダリス・Jr    


フレデリック・フォーサイス原作の同名小説の映画化作品。
英国出身のジョン・アーヴィン監督のデビュー作ですが、デビュー作でフォーサイス作品の映画化とは思い切ったものです。
さすがに新人監督には扱いきれない素材だったようで、雑な仕上がりな上に女性との絡みを追加したりして、
現在の良さがかなり損なわれていたように思います。
しかし、原作を読まずに観ればそこそこ楽しめる傭兵ものの1本と言うことができそうです。
(派手なアクションは本編ラストに集約されているので、「ワイルド・ギース」級のものを期待するとガッカリします。比べないようにしましょう。)
ストーリーは、イギリスの鉱山会社の依頼で1人の傭兵がアフリカの架空の国に潜入します。目的は同国でのクーデターの実行可能性の調査。調査の過程で傭兵は警察当局に拘束され拷問を受けた末に帰国させられますが、鉱山会社は帰国した彼に10万ドルでクーデターを起こすことを依頼する・・・・というお話。
ドラマ部分は、原作にあった周到な準備作業の部分がかなり割愛されていたようですが、
兵器の方は目を引くものがあり、MMー1というドラム式のハンディなランチャーのような火器が出てきます。
これ、本作が映画初登場ではなかったかなあ。
なお、個人的には「ワイルド・ギース」でリンバニ大統領を演じたウィンストン・ヌシュナが出てたのが嬉しかった。

 



音楽は、他のジョン・アーヴィン作品も何本か担当しているジェフリー・バーゴン。
ドラマ重視の作風のため、同じ傭兵ものの「ワイルド・ギース」のスコアを想像するとガッカリします。
悲壮感をたたえたストリングスによるスコアが中心で、決して血沸き肉躍るようなスコアではありません。
しかし、本編に抑制の効いた重厚な雰囲気を与えるには十分なアンダースコアになっています。
モチーフはあるのですが、明快なメロを持ったものではなく、基本的に雰囲気重視です。
全体的に口数の少ないストイックで硬派なスコアです。
どことなくハワード・ショアを彷彿とさせる瞬間があります。
スコアの中にイギリスのフォークシンガー、ジリアン・マクファーソンが歌う主題歌が収録されて
います。
確か、この曲はエンディングで流れたと思います。
スコアのモチーフを生かした歌で、バックのオケが後半グッとサウンドを盛り上げます。
地味なスコアだったせいか、公開時にサントラは発売されず、
2015年に米La-La-Landレーベルから1200枚限定でCDが発売されました。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

戦争の犬たち [DVD] 戦争の犬たち [DVD]
2,700円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



7

 

5月23日、ロジャー・ムーアが89歳でお亡くなりになったそうです。

ガンのためスイスで闘病中だったとか・・・・ご冥福をお祈りします。

合掌<m(__)m>

 


※今夜は、2度目の過去記事いじりです。



みなさん、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
僕は、GW前半は帰省することなく、単身赴任状態です。
みんなあちこち観光とか行ってんのにつまんねえなあと思って
街をうろうろ徘徊してるうちに
ふらっと立ち寄ったレコード、CDのバーゲン特設コーナー・・・・
なんと、ラロ・シフリンの「オフサイド7」日本盤LPがあるではないですか!
しかもサントラにはあんまり関心なさそうな店だったので、
プレミアも付かず、1180円(これでもこの店では高い方だった)で売りに出てました。
このサントラ、いままでテープしか持って無かったので、
即買いました(^_^)v
今から30年も前のアルバムなのに、
コンディションはほぼ完璧。
帯まで付いてるなんて、ほんとうれしい(T_T)。
でも・・・・こんなレアモノが放出されるってことは、
「オフサイド7」CD化の動きがあるんじゃあないだろうなあ・・・・。


以下は過去記事にちょっととだけ手を加えてます。

 

 

ESCAPE TO ATHENA

監督: ジョルジ・P・コスマトス
音楽: ラロ・シフリン
出演: ロジャー・ムーア、テリー・サヴァラス、デヴィッド・ニーヴン、クラウディア・カルディナーレ、ステファニー・パワーズ、リチャード・ラウンドトゥリー、エリオット・グールド
1979年 イギリス映画

 

 

英米伊の豪華キャストで描く一大戦争アクション大作(笑)。
ストーリーは、第二次大戦後期のギリシャが舞台で、捕虜の連合軍兵士と駐屯するドイツ軍との攻防が描かれています。
最初かなりユルい展開で話が進みます。
結構コミカルな味付けもあって、あまり戦争映画という威厳は感じられません。
第二次世界大戦を舞台にした小粋なアクション映画として楽しんだほうが無難でしょう。
なによりロジャー・ムーアのドイツ軍将校は似合わなかったなあ。
でも公開当時は、ITC超大作って宣伝されてました。
そんな映画だから時代考証は、かなりいい加減です。
クライマックスで突如として出てくるナチスのミサイル基地。
ここでドイツ兵が被っている怪しげなフルフェイスのヘルメットは噴飯モノです。
当時、ほんとにこんな装備があったのでしょうか?
ジョルジ・P・コスマトス監督の前作「カサンドラ・クロス」でもスターが大挙出演してました。
この監督、「トゥームストーン」等の傑作も撮れば、「ランボー2」などのラジー賞ものの作品も撮ってしまったり、
結構作品によってムラがある人のようです(^_^;)


でも個人的には、この作品は好き。
輸入版でDVDも買いました。
TV放映時の吹き替えを入れた国内版のDVD出ないかなあ。

 

 

音楽は、ラロ・シフリン。
エーゲ海が舞台ということで、テーマ曲にギリシャの民族楽器ブズーキを使っています。
ブズーキの何重奏という感じの曲で、戦争映画のテーマとしては異質です。
マーチじゃないけど結構カッコいい曲です。
劇伴は70年代のシフリンが得意としていた軽快なアクション・スコアに、時折「リパブリック賛歌」等をモチーフにしたユーモラスな曲が入ります。
しかもラストには70年代ディスコ調バンドの歌まで入っています。
ヒートウェイヴとかいう怪しげなバンドが歌と演奏を担当しています。
40年代の戦時下なのに、こんな歌どこで流すんだと思っていたら、
ラストで観光地となった現在のギリシャの様子が映し出され、そこで流れてました(納得)。
戦争映画としての重厚さはありませんが、軽快なアクションスコアとしてはなかなかの作品です。
ただ残念なのは、当時アルバム化されたのが日本だけだったということ。
サントラLPは日本でしか発売されませんでした。
どういう経緯なのかは分かりませんが、当時は日本だけで発売されるサントラって案外ありました。
「アドベンチャー・ファミリー」とか「シャレード‘79」とか「ジャガー№1」とか・・・。
どれも、セブンシーズ原盤だったっけなあ。
当然本作もCD化されておらず、是非シフリンのレーベルAleph等からアルバム化されるとうれしいんだけどなあ。
 

 

 

 

・・・・・と、ここからが最新投稿です(2017.5.26)

なんと、CDはいまだ発売されませんが、ブルーレイが国内発売されました。しかも日本語吹き替え付き(月曜ロードショー版だったかな?)。

これは嬉しい。

CDが出ない分、当分これで我慢します。

でもCDもそのうち是非発売して欲しいなあ。

 

 


ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

オフサイド7 [Blu-ray] オフサイド7 [Blu-ray]
5,184円
Amazon

 


Escape to Athena [DVD] [Import]/Roger Moore,Telly Savalas,David Niven

¥価格不明
Amazon.co.jp

Escape to Athena [VHS] [Import]/Roger Moore,Telly Savalas,David Niven

¥871
Amazon.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

BONE TOMAHAWK
監督:S・クレイグ・ザラー    
音楽:ジェフ・ヘリオット、S・クレイグ・ザラー    
出演:カート・ラッセル、パトリック・ウィルソン、マシュー・フォックス、リチャード・ジェンキンス、リリー・シモンズ、エヴァン・ジョニカイト、デヴィッド・アークエット、シド・ヘイグ、マイケル・パレ、ショーン・ヤング    
2015年 アメリカ映画


マカロニ・ウェスタンでも考えつかなかったガンマンと食人族の戦いを描いたウェスタン・アクション。
カート・ラッセルが老練な保安官を演じているほか、キャストは結構豪華です。
出番は少ないですが、シド・ヘイグやマイケル・パレ、ショーン・ヤングまで出てきます。
それなのに本邦劇場未公開のビデオスルー作品になってます。
ストーリーは、2人の盗賊が洞窟に住む食人族の神聖な墓地を汚したことから、1人は殺され、
命からがら街に逃れてきたもう1人は、追ってきた食人族に街の住人共々さらわれてしまいます。
捕らえられた街の住人を救出するため、保安官を始めとする4人の男が食人族の棲む洞窟を目指す・・・・というお話。
洞窟までの道中の描写が結構かったるいので、好き嫌いは分かれると思いますが、
4人の男の人物描写が丁寧に描かれるほか、カート・ラッセル等ベテランの安定した演技でカバーしながらクライマックスまで持っていきます。
そして、クライマックスではウェスタンにしては過剰なグロ描写が待っています。
本家マカロニ・ウェスタンでもここまではしなかったくらいエグいです。
(でも普段からホラーに耐性のある人が観ればそこそこかも。)
この映画、B級キワモノウェスタンに思われがちですが、ブエノスアイレス国際ファンタスティック映画祭やシッチェス映画祭では賞を取っているようです。


音楽は、ジェフ・ヘリオットと監督のS・クレイグ・ザラー。
実は、この映画、劇中ほとんどスコアは入りません。
本編が始まってからスコアが入るまでに30分以上あります。
それまでは一切スコアらしいスコアは入りません。
(S,E,っぽいのは入ってるかもしれませんが・・・・)
印象に残るのはバイオリンがリードを取るマイナーメロの悲しげな曲と
エンド・クレジットに流れるおっさんの歌ぐらい(このおっさん、ラオールっぽいんだけど 笑)。
残りは、前述のとおりS.E.ぐらいにしか聞こえない重低音系のノイズ。
バーンスタイン調やマカロニ節といったウェスタンスコアを期待すると大けがをします。
血沸き肉躍るようなスコアは皆無です。
サントラもダウンロードとLP(最近、アナログ盤って多いですね。でも高いので手が出ません。)が入手しやすいようです。
LakeshoreレーベルからCDも出ているようですが、検索しても入荷待ちだったり、あまりヒットしません。
ジャケは思い切りウェスタンしてていいんだけどなあ。

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

Bone Tomahawk (OST) Bone Tomahawk (OST)
3,060円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

SPLIT
監督:M・ナイト・シャマラン    
音楽:ウェスト・ディラン・ソードソン    
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン
2017年 アメリカ映画


我れらがM・ナイト・シャマラン監督による新作スリラー。
毎回いい意味でも悪い意味でも観客の期待を裏切り続けるインド系監督。
「サイン」あたりからこの監督の作品にどことなく「地雷臭のようなもの」を感じるようになり、
それは「ヴィレッジ」で確信に変わり、その後は作品を追うごとにラストのオチのショボさに騙され(笑)続けてきましたが、前作「ヴィジット」で再びかつての勢いを取り戻したように思います。
今回もかなり期待をしています(でもやっぱり騙されるかなぁ)。
現在、劇場公開中でまだ観ていないのですが、
ストーリーは、3人の女子高生が23人もの人格を持つ多重人格者に拉致監禁され戦慄の恐怖に陥れられるというようなお話のようです。
1800円払って劇場まで観に行ってまた騙されたら嫌だけど、前作のクオリティを考えると今回も期待してしまうし・・・・。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編も観たいし「メッセージ」も観たいし、悩ましいところです。






音楽は、ウェスト・ディラン・ソードソン。
全然知らない人だったので調べてみましたが、デヴィド・O・ラッセルが監督した2015年の「ジョイ」(豪華なキャストなのにビデオスルーになった不遇な作品)を担当したことくらしか分かりませんでした。
全体的に口数の少ないスコアで、明快なメロを持ったモチーフはありません。
スコア全体を重低音や不気味な電子音が支配するアンダースコアです。
左右に蠢くケモノの動きを彷彿とさせる重低音の使い方は斬新です。
時折、ピアノ単独のスコアもありますが、これもどちらかというとホラー寄り。
ピアノの使い方も、低音域の単音を使ったものや、マイナーキーでリフを繰り返すものが多く、
音楽というよりも音響と表現した方が相応しいスコアもあり、
決して楽しい作品でありませんが、映像を引き立てるには抜群の効果を生むスコアなのではないかと
勝手に想像してます。
サントラは22曲1時間収録されていますが、このような内容だからでしょうか、
今のところダウンロードしか販売されていないようです。

しかし、ジャケも渋いのでCDで出してほしいものです。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

I Predatori di Atlantide
監督:ルッジェロ・デオダード
音楽:グイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス
主演・クリストファー・コネリー、アイヴァン・ラシモフ、ジオイア・スコーラ、ジョージ・ヒルトン、トニー・キング
1983年 イタリア映画



本日は、パチモン作品の中でも掟破りな本邦劇場未公開どころかビデオも未発売な1本をご紹介。
数ある亜流マッド・マックスものの中でも、強引な展開の数々にアメリカではカルトな人気まで出てしまったという作品。
米国では「RAIDERS OF ATLANTIS」というタイトルでビデオが出ています。
ストーリーは、マイアミ沖に沈没したロシアの原子力潜水艦を引き上げるための作業を進めているチームが、海底でアトランティス大陸らしきものを見つけます(笑)。原潜を引き上げようとしたところ、魚雷から放射能が漏れてアトランティス大陸に何等かの影響が出て、これが原因で大津波が発生、フロリダは壊滅的な被害を受けます。
生き残ったわずかな人々が生存の道を探りますが、どこから湧いて出てきたのかわからない暴走族のような一味に追われることになる・・・というお話。
現代劇にむりやりマッド・マックス的展開をこじつけて、二匹目のドジョウを狙った商魂のたくましさは称賛に値します。
一応、暴走族のような連中との闘いの中で銃撃戦が展開されるのですが、アクションがお粗末。
隣で手榴弾が爆発しているのに、ジャンプして無傷とか、
仲間の背後に回り込んだ暴走族に対して後ろから至近距離でマシンガンをぶっ放したり
(普通仲間も巻き添えになる距離感なのに仲間は無事)、まあ滅茶苦茶です。
津波のシーンも相当なものです。
ミニチュアが丸わかりな上に、津波がショボい。昭和の特撮テレビシリーズレベルです。
監督は、ロジャー・フランクリンことルッジェロ・デオダード先生。
カニバル系残虐ホラーで鍛えたゴア描写はここでも健在で、オートバイに乗った悪党がピアノ線で首ちょんぱされるシーンなど抜かりがありません。

 

 


音楽は、グイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス兄弟。
主題歌は、アンジェリス兄弟の変名、オリヴァー・オニオンズが演奏する軽快な主題歌。
アース・ウィンド&ファイヤーすら彷彿とさせる(させないか笑)ディスコ調の歌で、
プログレ風味のシンセのリフが気持ちよさを倍増させます。
途中の展開の部分でオルガンが入ってくるので、突然イタリアン・ホラーのような感じになります。
この主題歌は12インチバージョンでの発売なので、リズム的にはノリノリです。
ちなみにサントラは、この12インチシングルしかなく、B面は主題歌のインスト・バージョンという手の抜き様です。
スコア盤はLPすら発売されていません。
イタリアのサントラレーベルがどっかの倉庫からセッションマスターを見つけてくれることを期待します。
例によって、パチモン映画は上映国によって様々なタイトルが付けられていて、
12インチシングルはドイツ盤なので「BLACK INFERNO」というタイトルになっています。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。