サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

EX MACHINA

監督:アレックス・ガーランド    
音楽:ベン・ソールズベリー、ジェフ・バーロウ    
出演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィカンダー、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ
2015年 イギリス映画

 


「わたしを離さないで」などの脚本で個人的に注目していたアレックス・ガーランドの初監督作品。
メイン・キャストは4人。そのうち1人はセリフもありません。
さらに、4人のうち2人が女性で2人ともお○ぱいが出ます(Kazzpさん向け情報)。
ほとんどが密室の中で繰り広げられる特異な作品ですが、サスペンスフルで飽きさせません。
ストーリーは、世界的な検索サイトを運営する巨大企業の青年社員が社内懸賞に当たり、社長の別荘に招かれます。
そこでは、社長がひそかに人工知能研究に没頭していて、青年社員はそこで人工知能の実用性やヒューマニティについてテストをすることに協力します。
人工知能として紹介されたのは、美しい女性型のロボットで、青年はそのロボットをテストするうちに特別な感情が芽生え始める・・・・というお話。
会話劇が中心なので、ユルユルとお話が展開しますが、ラストに向けての急展開がなかなか見応えありです。
観終わって、「わ~、面白かった~、パチパチ」という感じにならない、どんよりとした気持ちになる作品ですが、
英国製のSFってこういうのが多くて好きです。

 


音楽は、ベン・ソールズベリーとジェフ・バーロウ。
ジェフ・バーロウって・・・、と思ってたら、やっぱり英国のユニット「ポーティスヘッド」のジェフ・バーロウでした。
ブリストル・サウンドが流行ってた頃、女性ボーカルをフィーチャーしたどんよりとした暗いサウンドが刺激的なアルバムで注目されたユニットです。これまでに3枚ぐらいアルバム出してるんじゃないかな。
当時、トリップホップとかいう訳のわからないジャンルにカテゴライズされて気の毒なユニットではありました。
かなりサントラを意識した映画的センスに溢れるユニットだったので、恐らくサントラの仕事が回ってきたのではないかと思われます。
ベン・ソールズベリーは、TVシリーズなどで既にサントラの仕事をやっていた人で、ジェフ・バーロウとは変名ユニットDROKKでコラボした経歴のある人です。(DROKKのアルバムは、「ジャッジ・ドレッド」用に作ったボツスコアという噂が・・・・。)
全編アンビエントでエレクトロニカなサウンドが展開する作品で、空気のようなスコアが中心です。
ピアノやエレキギターのアルペジオを淡々と流すような曲が多く、本編を観ずに聴くとあまり面白くないかもしれません。
サントラは、前半がもわ~んとしていますが、後半に向かって不穏なノイズ系のスコアが登場して盛り上がりをみせます。
この映画のサントラ、ダウンロード版の方がCDよりも曲数が少ないという変わり種。
CDは2枚組で、ダウンロード版より曲数が10曲多く20分長くなっています。
こういう最近の流れに逆行するな配慮がCD派のおっさんにはうれしいなあ。
(実はLPも出ていて、LPが2枚組だったせいもあるかも知れません。)

 

 


・・・・ということで、これが本年最後の更新となります。
今年は、仕事の環境が大きく変わったこともあって、なかなか更新できませんでしたが、
気長にお付き合いいただきありがとうございました。
本当は、今年1年を振り返り、気に入ったサントラのランキングでもしようかと思いましたが、
今年公開された映画のサントラ自体をあまり聴いていないことに気づき、やめました 笑。

来年も時代錯誤なサントラを中心にメインストリートから外れた記事を更新することになると思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

dummydummy
0円
Amazon

 

PortisheadPortishead
0円
Amazon

 

 

ThirdThird
0円
Amazon

 

Glory TimesGlory Times
0円
Amazon

 

Out of SeasonOut of Season
0円
Amazon

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

X-MEN: APOCALYPSE
監督:ブライアン・シンガー    
音楽:ジョン・オットマン    
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト、ローズ・バーン、オリヴィア・マン、エヴァン・ピーターズ、コディ・スミット=マクフィー、ソフィー・ターナー、タイ・シェリダン、アレクサンドラ・シップ、ヒュー・ジャックマン
2016年 アメリカ映画

 

 

X-MENの最新作。ブルーレイが出たので初鑑賞。
最近劇場で映画を観る余裕が無いので、ほとんどブルーレイ待ちです(^-^;。
「ローグ・ワン」はどうしようかなあ、
冬休みに入ったから、3D、2D吹替えは避けた方が良さそうだなあ。
本編には無いいろんなS.E.が入るから 笑。
ちょっと脱線しましたが、X-MENの若き日を描いた「ファースト・ジェネレーション」から始まった新三部作の最終作という位置付けの作品。
(エンド・クレジットの後におまけ映像が付いてましたが、これで「X-MEN」に繋がるという理解で良いのかなあ?)。
今回は、古代エジプトの時代に封印された古代の最強ミュータントが80年代の世界に蘇り、世界を破滅に追い込もうとするのをX-MENたちが阻止する・・・というお話。
「ファースト・ジェネレーション」から観ていないと話が分からなくなるシーンが所々ありますので、予習が必要です。
(一緒に鑑賞したうちの嫁は、最初話についていけず、「あれは何? これは誰?」と言い出して、うっとおしくていけませんでした。)
本家ブライアン・シンガーが監督したせいか、ダークなトーンに支配されていて、お子様にはちょっと残酷なシーンもあります。コミカルなのはクイックシルバーによる救出シーンくらいか。
「ファースト・ジェネレーション」が思いのほか良かったおっさんとしては、どうしても比べてしまうのですが、
3部作の最終作としては、なかなか良かったと思います。
本編の中で、ジーン、スコットたちが「ジェダイの復讐」を劇場で観終わって感想を述べるシーンがありますが、
「「帝国の逆襲」が一番、でもその前には1作目の存在があるから、やっぱり3作目が一番駄作」という自虐ネタとも取れるセリフが出てきて笑いました。

 

 

音楽は、シリーズのスコアを一番多く担当しているジョン・オットマン。
この人、もともと作曲家が専門ではなかったと思うのですが、今ではすっかり貫禄のある作曲家になったなあとしみじみ。
いきなり冒頭の20世紀フォックスファンファーレの最後にX-MENのテーマがかぶるというお遊びがあります。
オープニングのエジプトのシーンでは、荘厳な男性コーラスを入れた史劇風のスコアが出ています。
故マイケル・ケイメンが作ってオットマンが引き継いだ「X-MEN」のテーマがここでも生かされています。
このテーマに今回は、「スペース・バンパイア」風のストリングスがザクザクと切り込みます。
サントラにも、24曲目にエンド・タイトルとして収録されていて、1曲としてしっかり聴くことができます。
劇伴も、定番のリズムではありますが、控えめながらモチーフが生かされていて、
スケール感のあるスコアも多いのでそこそこ「燃え」ます。
とはいえ派手なスコアばかりではなく、重厚なストリングスによるゆったりめの曲もあるので、
RC系のようなぐったり感はありません。
ただ、全体的にちょっと重くて暗い印象は否めないかも。
ちなみに25曲目に入っている、何となく宗教色漂うおっさんが一人で歌うボーカル曲、あれは何なんでしょう。
本編で使われてないと思うけど・・・・。
こんなんよりも、ユーリズミックスの「スウィート・ドリームス」の使い方が面白かった。
こっちを入れて欲しかったなあ。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

Ost: XOst: X
0円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

OH, What a Lovely War

監督:リチャード・アッテンボロー

音楽監督:アルフレッド・ラルストン

出演:ローレンス・オリヴィエ、ラルフ・リチャードソン、ジョン・ギールグッド、ジョン・ミルズ、ケネス・モア、ジャック・ホーキンス、コリン・レッドグレーヴ、ポール・シェリー、モーリス・ローヴス、マルカム・マックフィー、ウェンデル・アルナット、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ダーク・ボガード、エドワード・フォックス

1969年 イギリス映画

 

 

 

 

有名な反戦ミュージカルを映画化した作品。

リチャード・アッテンボロー作品ということで「遠すぎた橋」の第一次大戦版を想像して観るとガッカリ感は格別です w

舞台劇が元ネタなので、舞台劇でもやっていそうな、室内の狭い空間で様々な場面を表現するシーンがいろいろ出てきます。

本編の半分は室内のシーンじゃないかなあ。

リアルな空気が伝わる戦場のシーンが出てくるのは中盤以降になるので、強烈な風刺が効いてユニークなんだけど正直かったるい。

さらにおっさんの苦手なミュージカルなので歌を歌うたびにストーリーが止まるのがいただけない。

途中で寝そうになりました。

傑作の誉れ高い本作ですが、パチモン B級で育ったおっさんには合わなかったなあ。

但し、オープニングの映像はなかなかおしゃれに出来ています。小銃や弾丸までアンティークな感じになってます。

さらにエドワード・フォックスが「遠すぎた橋」とほとんど同じ軍服着て出てるところがやけに印象に残りました 笑。

まだCGのない時代、ラストシーンは強烈な印象が残ります。

 

 

音楽は、アルフレッド・ラルストン。

おしゃれなオープニング映像のバックで流れるメインタイトルは陽気でちょっとコミカルななマーチ風でコロコロと展開の変わる曲。

劇伴もかなり優雅でロイヤルテイストな印象を受けます。

英国映画ならではの気品のようなものを感じるお上品な作風です。

あとはミュージカルなので、歌が多い。

みんなで両手を広げて楽しく踊って歌って・・・あ〜いやだ、いやだ  笑。

男性コーラスがミッチミラーに聴こえるのは気のせい?

サントラは、LPが出ていましたが、CD化はされていないようです。

名作なのでそろそろCDになっても良さそうな感じですが、僕は買わないかもなあ。 

ミュージカルのサントラって、持っててもほとんど聴かないので・・・笑。

僕が持ってるミュージカル系のサントラってほんと少ないです。

僕のブログにも、「ミュージカル」というカテゴリーはありません。

当然、「ウェストサイド物語」も「サウンド・オブ・ミュージック」も持ってません 笑。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

THE WONDERS OF ALADDIN
監督:ヘンリー・レヴィン、マリオ・バーヴァ    
音楽:アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ    
出演:ドナルド・オコナー、ノエル・アダム、ヴィットリオ・デ・シーカ、アルド・ファブリッツィ、ミシェール・メルシェ
1961年 イタリア映画

 

 

この作品、一度も観たことがないのですが、この度サントラCDが発売されるということでご紹介します。
60年代初頭のアラジンと魔法のランプを題材にした冒険モノと思われます。
キャストは、ヴィットリオ・デ・シーカぐらいしか分かんないなあ。
しかし、イタリア映画と言いながら、製作がジョセフ・E・レヴィンだったり、監督の片割れが「サイレンサー」シリーズのヘンリー・レヴィンだったり、意外に侮れない作品。
ストーリーは、どうやら貧しいアラジンが魔法のランプを手に入れ、王族の陰謀を暴き、お姫様と結婚するみたいなお話のようです(いい加減ですみません 笑)。

邦題にある女盗賊は、一体どういう風に本編に絡んでいるのかわかりません(^-^;

 

 

音楽は、アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。
SFとかマカロニになると俄然パッとしない人(失礼)ですが、この手のアラビアものはなかなか上手い。
サントラのサンプル音源を聴いてみると・・・・。
一聴しただけで、どんなジャンルの映画かすぐ分かるアラビックでミステリアスな雰囲気のスコアです。
オケもそこそこしっかりしているし、スコアだけでも十分楽しめる内容になっています。
オリエンタルなダンスミュージックっぽいものも収録されていて、ノリも良い面白いスコアです。
公開当時はサントラは発売されず、今回が初めてのアルバム化となります。
しかし、驚いたのは61年の作品にも関わらず、しっかりステレオ音源になっていること。
ドイツのAlhambraレーベルからCDが発売されていますが、CD化にあたりラヴァニーノのご家族からマスターテープの提供を受けたとか。
かなりクリアな音です。
全36曲入りで、約60分、しっかり収録されています。
このレーベルは、ラヴァニーノ作品をシリーズで出しているようで、これは第9弾にあたるようです。
ライナーは12ページに渡る豪華版。
限定400枚という稀少盤です。
どのぐらい需要があるか未知数ですが、熱心なファンの方は持っていて損はないアルバムなんじゃないかなあ。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。