サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

Un uomo chiamato Apocalisse Joe
監督:レオポルド・サヴォーナ    
音楽:ブルーノ・ニコライ    
出演:アンソニー・ステファン、エドゥアルド・ファヤルド、フェルナンド・セルリ、メアリー・パズ・ポンダル、ヴェロニカ・ロロセック    
1969年 イタリア映画

 

 

 

珍しくマカロニ・ウェスタン2連発。
アンソニー・ステファン主演の後期マカロニの拾い物。
名前だけみると、アンソニー・ステファンとトニー・アンソニーとどっちがどっちだか分からなくなりそうです。
もうこの頃になると、マカロニも飽きられてしまってたのではないかと勝手に想像しますが、
本邦でも劇場未公開(テレビ放映あり)のこの作品、意外に面白い。
3Dばかり強調した「荒野の復讐」に比べると、いつもように単純なお話ながらこっちの方が断然面白い。
ストーリーは、役者志望のガンマンが、不審な死を遂げた叔父から金山を相続するため、街にやってきます。
街では悪党一味が幅を利かせていて、保安官もほとんど言いなりの状態。
さらに、ガンマンが相続するはずの金山は、悪党のボスが実質支配してます。
ガンマンは、叔父は悪党に殺されたものとみて調査を開始、証拠をつかんだ末に、
大勢の一味を相手に得意の変装を駆使して1人また1人と始末していく・・・・というお話。
小品ながら、クライマックスでは、1対30と称せられるほど次々と悪党を倒していく趣向を凝らしたガンファイトシーンが30分ほど続きます。
これは面白い。意外な拾い物です。

 

 

 

音楽は、ブルーノ・ニコライ。
モリコーネ直系のマカロニ節がさく裂する金太郎飴的な安定感あるスコアで観るものを魅了します。
やはり、マカロニ・スコアはこうでなくては。
定番の楽器が使われるところなども、「お、待ってました。」という感じで嬉しくなります。
冒頭から、ニコライお得意のフレーズが飛び出します。
ペナペナの音やファズを利かせた「ウェスタン」ばりのギターもいつも通り登場します。
たまにミスター・ノーボディを彷彿とさせるリコーダーが出てきたり、
これぞマカロニ・ウェスタンというスコアです。
クライマックスのスコアもなかなかカッコ良く、どこかで聴いたようなフレーズもあるものの、
こういうスコアがバックに流れるマカロニは作品自体のクオリティも高く見えます 笑。
カルロ・サヴィーナのファンの方には申し訳ないのですが、アメリカ製ウェスタンを意識したような曲の多いサヴィーナ氏のスコアに比べると、おっさんとしてはどうしてもブルーノ・ニコライの方に軍配をあげたくなります。
サントラは、公開当時には発売されなかったようですが、これまで伊BEATレーベルから2回CD化されていて、
2回目の2012年には、本作単独で21曲入りのサントラが発売されています。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

COMIN'AT YA
監督:フェルディナンド・バルディ    
音楽:カルロ・サヴィーナ    
出演:トニー・アンソニー、ジーン・クインターノ、ビクトリア・アブリル、リカルド・パラシオス、ルイス・ゴードン    
1981年 イタリア映画

 

 

「暁の用心棒」のトニー・アンソニーが、80年代に入って製作まで手掛けて作っちゃったマカロニ・ウェスタン。
この映画、80年代のマカロニというだけでも珍しいのに、なんとマカロニ史上初の3D映画なのです。
3Dだけあって、画面に向かって槍が飛んできたり、拳銃向けられたり、金貨が画面に振ってきたり、
とにかく画面に何かが向かってくる描写がしつこいぐらい多い。
さらに、時折登場する意味不明なカラーとモノクロのコントラスト映像。
製作者の意図が全く分からない編集が笑えます。
俺たち、こんなことも出来るんだぜ的なただの見せびらかしのようにも思えます。
ストーリーは、結婚式の最中、花嫁を強奪された花婿が、連れ去った悪党どもを追い詰めて、
メキシコの売春宿に売り飛ばされようとしていた花嫁をはじめとするたくさんの女性を救出する・・・というそんだけのお話。
監督がフェルディナンド・バルディなので、ストーリー的にもそこそこ鑑賞に堪えうる作品となっています。
でも、ブームも過ぎ去った後の作品なので、本邦では当然のことながら劇場未公開に終わっています。
ちなみに、本作の翌年ほとんど同じスタッフ、キャストによる「秘宝の王冠」という姉妹編も製作されています。
こっちも3Dだったような気がします。

 

 

 

 

音楽は、カルロ・サヴィーナ。
トム・サヴィーニは好きなんですが、カルロ・サヴィーナの作風はどうも好きになれないんだよなあ。
本作のサントラは、辛うじてエッダのボーカルをフィーチャーした魅惑のトラックがあることからポイントが上がっていますが、全体的には派手さはなくおとなしめの作風。
オープニングのトラックは、ハーモニカだけという静かなスコア。
劇伴もギターだけのものがあったり、オケはあんまり出てこない。
出てきたとしても、オケのメロはどちらかといえば捉えどころのない音で不完全燃焼  笑。
正直なところ、モリコーネみたいにカッコ良くない。
エッダをフィーチャーしたトラック狙いで聴くアルバムかもしれません。
この映画、アメリカでもそこそこヒットしたようで、サントラが出ています。
ただ、3D映画ということで飛び出すようなレイアウトのイラストがジャケになっていて、
パッと見るととてもマカロニ・ウェスタンだとは気づきません。
まるで冒険ファンタジーかコメディ映画のサントラのようです。

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

Comin’ at YaComin’ at Ya
5,776円
Amazon

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

GERNIKA

監督:コルド・セラ    
音楽:フェルナンド・ベラスケス    
出演:ジェームズ・ダーシー、ジャック・ダヴェンポート、マリア・バルベルデ、イングリッド・ガルシア・ヨンソン、アレックス・ガルシア、バルバラ・ゴエナガ
2016年 スペイン映画

 

 
1937年のスペイン内戦勃発後に、実際に起きたゲルニカ村に対する無差別爆撃を題材にしたドラマ。
ストーリーは、内戦状態のスペインで共和派とフランコ派が対立する中で、ソビエトがバックについた共和派の報道機関に勤める女性と、アメリカ人の男性ジャーナリストとの悲恋という感じのお話。
このお話のクライマックスにゲルニカ村爆撃が登場するという設定です。
爆撃シーンをクライマックスに持って行き、爆撃に至るまでの人々のドラマを主軸にしているので激しい戦争アクションを期待するとすっかり裏切られます。
まあ、こういうテーマの作品にアクションを期待する方が不謹慎だと思いますが・・・。
ドラマ部分はかなりベタで、ありがちな展開がちょっと垢抜けない印象を受けますが、おっさんがスペイン映画をあまり観たことがないせいかもしれません。
 
音楽は、スペインのフェルナンド・ベラスケス。
「高慢と偏見とゾンビ」や「クリムゾン・ピーク」などのホラーで最近知られる人。
本作は、いい意味でオールドスタイルなオケスコアです。
スペインではまだまだこういうスコアが健在なんだなぁとしみじみ。
なんだか、英米でプログレシッヴロックが衰退した後、それでもプログレが聴きたくて、遅れてブームがやってきた国々のプログレに走った頃の心境に似てるなあ。
スコアはメロドラマ風のストリングスを基軸にした流麗なタイプのものがメイン。
後半の爆撃前からサスペンスフルかつミリタリーなスコアが 登場。
クライマックスにかけて、壮大なスコアを聴くことができます。
サントラは、60年代~70年代の隠れた作品をいろいろとCD化してくれるQuartetレーベルから出ています。
このレーベルって、スペインのレーベルだったような気がするのですが、気のせいかなあ。
 
 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

Ost: GernikaOst: Gernika
3,085円
Amazon

 

ゲルニカ [DVD]ゲルニカ [DVD]
4,104円
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

SINFUL DAVEY
監督:ジョン・ヒューストン    
音楽:ケン・ソーン    
出演:ジョン・ハート、パメラ・フランクリン、ロナルド・フレイザー、ナイジェル・ダヴェンポート、ロバート・モーリー
1969年 イギリス映画

 

 


これも観たことがない60年代英国製アクション・アドベンチャー。
ジョン・ヒューストン監督作品なんですが、DVD化されていないようです。
以前、WOWOWで放映されたことがあるらしいので、観たことがある方もおられるかもしれません。
ストーリーは、どうやら19世紀のイギリスで盗賊の首領になりたくて、軍を脱走した青年の冒険譚というお話のようです。
ジョン・ハートの若き日の活躍を観ることができる元気のよい作品のように思います。
サントラのジャケを見るに、「何かいいことないか仔猫ちゃん」などと同じような画風で、
主人公のまわりを美女が取り囲むという、いかにもな楽しげなイラストからコメディ色もあるのかなあと思います。
原作は大泥棒が獄中で書いた小説が元になっているとか(真偽のほどは不明です。)

 

 

 

音楽は、ケン・ソーン。
地味な印象の人ですが、実はなかなかの力作を作る人だと個人的には思っていて、
お気に入りの作曲家の一人です。
ただどうしてもサントラが少なく、「パワープレイ」を始めとしてほとんどの作品がメディア化されていません。
もともと、本作はジョン・バリーがスコアを書いたそうですが、ロマンチックで甘々なスコアだったのでリジェクトされたようです。
それでケン・ソーンにお鉢が回ってきて、冒険アドベンチャー色も強調したスコアが完成したようです。
しかし、サントラ盤用に音源は準備されていたのに、映画自体がそんなにヒットしなかったので、
サントラがお蔵入りしたそうです。
それが今年になって、QuartetレーベルからCDがめでたく発売されました。
サントラとして発売するために準備された音源で、しかも保存状態が良かったようで、クリアなステレオ音源が嬉しい。
女性ボーカルの主題歌もあって、ケン・ソーンが作曲、ドン・ブラックが作詞して、Estor Ofarimが歌っています。
この主題歌はプロモーション用にシングルが出たという噂もありますが、よくわかりません。
主題歌を始め、英国風の気品あふれるスコアが素晴らしい。
コミカルなスコアもありますが、この手のスコアにもどこか品のようなものを感じさせます。
主題歌のメロディがスコアのモチーフになっていて、そのあたりの統一感がしっかりしているのは、
この時代のスコアならではです。
本編は未見ですが、サントラだけでも楽しめる内容になっています。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

Ost: Sinful DaveyOst: Sinful Davey
3,857円
Amazon

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

GODS OF EGYPT
監督:アレックス・プロヤス
音楽:マルコ・ベルトラミ
主演:     ニコライ・コスター=ワルドー、ブレントン・スウェイツ、チャドウィック・ボーズマン、エロディ・ユン、コートニー・イートン、ジェラルド・バトラー、ジェフリー・ラッシュ
2016年 アメリカ映画

 


これは未見なのですが、アレックス・プロヤス監督なのに地雷臭がする歴史ファンタジーということで興味深々な作品。
なんでも古代エジプトで神様と人間が手を組んで平和な世界を取り戻す冒険の旅に出るらしいのですが、
エジプトで神様と人間が共存する世界って・・・歴史ファンからはおそらくブーイングの嵐でしょう。
荒唐無稽な子供っぽい作品という先入観を覚えますが、よくよく考えるとこういう滅茶苦茶な設定の歴史ファンタジーって、昔は結構あったよなあ。
「アルゴ探検隊の冒険」もそうだし、「タイタンの戦い」とかもだし、まだまだいっぱいあるんだけど、
なんかこの映画、世の中では評判が芳しくないようです。
「300」のジェラルド・バトラーなんか、予告編を見る限りではイメージピッタリのハマり役っぽいし、
さすがに劇場で観ようとは思いませんが、DVDが出たらすぐ借りに行きたいB級テイストな大作という感じです。
ストーリーは、どうやら神様オシリスが統治していた古代エジプトで、残忍な弟のセトがオシリスを殺し王座を奪ったことから、人々は圧政に苦しめられるようになります。そこで、オシリスの子ホルスが人間と手を組んで王座を奪還するための冒険に打って出る・・・・というお話のようです。

 

 


音楽は、マルコ・ベルトラミ。
滅茶苦茶な設定なのに、音楽は生真面目な作風が目立つ職人気質なマルコ・ベルトラミとはこれいかに。
どんなスコアなんだろうと、これまた興味津々となったわけです。
しかし、このサントラのジャケ、すごいなあ。
これじゃあ、アニメかと思っちゃいます。
アニメの苦手な僕は、最初マルコ・ベルトラミが担当したロボットアニメのサントラかと思って、軽くスルーするところでした。
しかし、聴いてみると、意外にこれがいい。
「アラビアのロレンス」あたりから脈々と受け継がれる(笑)、オリエンタルなエジプト系フレーズをベースに、
この人にしてはかなり起伏の激しい、いい意味でオールドスタイルなスコアを書いています。
「ハムナプトラ」などのスコアが好きな方は、ハマると思います。
バトルシーンのスコアも、ブラスが派手でかなりキレがある。
全体的に表情がしっかりしたスコアになっているので、おっさんにも楽しめます。
これは意外な拾い物です。
ジャケに騙されることなく、思い切って聴いてみることをおススメします。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

Gods of EgyptGods of Egypt
1,541円
Amazon

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。