サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:



THE MONUMENTS MEN
監督:ジョージ・クルーニー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ボブ・バラバン、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット
2013年 アメリカ映画


散々公開が延期され、日本では1年以上経過してからやっと公開された戦争映画。
ロバート・M・エドゼルのベストセラー「ナチ略奪美術品を救え」を元にした実話の映画化。
ジョージ・クルーニーが監督、脚本、主演の3役をこなしています。
そのせいか、最近では珍しい勧善懲悪型の痛快娯楽戦争映画に仕上がっています。
変なヒューマニズムや悲壮感は最小限に抑えられています。
B級大好きのおっさんとしては、どうせ映画なんだから娯楽に徹しなきゃという思いがあるのですが、
この作品は久々に余計なことを考えずに楽しむことができる戦争映画でした。
ストーリーは、第二次世界大戦末期のヨーロッパを舞台に、モニュメンツ・メンと呼ばれる歴史的建造物などを戦いから守る部隊が、ナチスに奪われた数々の歴史的名画や彫刻を奪還しようと最前線に乗り込んでいく・・・というお話。
この部隊、美術品に関する知識は天下一品なのに、戦闘経験はほとんどない素人集団というところがミソ。
実際にこの部隊はナチスが強奪した多くの美術品を取り戻したそうです。
モニュメンツ・メンを構成するキャストもなかなか豪華で素晴らしい。
ナチス側の役者に有名どころがいないのも、いかにも60年代、70年代のアメリカ製戦争映画っぽくていい。
時代考証もかなり頑張っていて、ちゃんとM4シャーマン戦車が出てきたり、
軍用車両や軍服もかなり凝っていたように思いました。




音楽は、アレクサンドル・デスプラ。
この人、以前はアンダースコア系の比較的地味なスコアを書く人という勝手なイメージがあったのですが、
そのうち、一連のウェス・アンダーソン作品などバラエティに富んだネアカなスコアが書ける人だということに気が付いた次第。
そして、本作・・・・。
久々の痛快戦争映画スコアの登場です。
映画自体の公開が遅れたこともあって、本編をブルーレイで観るまではスコアはノーマークだったのですが、
これがとても良かった。
テーマ曲もしっかりメロのある陽気なマーチ調で、
若干しっくりこない展開もありますが、久々の王道戦争映画スコアという感じです。
劇伴もヒロイックなファンファーレがあったり、雄大なスコアが並びます。
エンド・タイトルのミリタリー調のスネアも小気味よく、
今時珍しいオールドスタイルのスコアに、おっさん大満足です。
なお、本作はアレクサンドル・デスプラも出演しているというオマケつきです。
なんとマット・ディモンをパリに受け入れるレジスタン役だそうです。
ブルーレイで確認してみよっと。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Monuments Men/Alexandre Desplat

¥1,418
Amazon.co.jp

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]/ジョージ・クルーニー,マット・デイモン,ビル・マーレイ

¥3,564
Amazon.co.jp

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]/ジョージ・クルーニー,マット・デイモン,ビル・マーレイ

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
somewhere



・・・・今日は、過去記事を思いつきでアップします。


SOMEWHERE IN TIME
監督:ヤノット・シュワルツ
音楽: ジョン・バリー
出演: クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、テレサ・ライト、スーザン・フレンチ、クリストファー・プラマー
1980年 アメリカ映画


公開時はお客の入りが悪く、すぐ公開終了してしまったのに、ビデオ化でジワジワと人気が出てきた作品です。
設定が地味だったせいか、食わず嫌いのファンが多かったのだと思います。
ロマンスと時空SFを絡めた作品ですが、古典的な香りもする上品な作品です。
その昔、ビデオ版を観たのですが、ソフトフォーカスがかかったような映像でこれまた幻想的な雰囲気を感じました。
若い劇作家がパーティで知り合った謎の老婦人に「帰ってきて」と言われ、金時計を渡されます。
その後、町で見かけた若い女性の肖像画に心奪われますが、この女性こそ先の老婦人の若き日の姿だったと知り、募る彼女への想いに苦しみ、そして遂には時空を超えて彼女に出会う・・・・というストーリー。
これだけ書くとかなり荒唐無稽な設定に思えますが、上品な語り口のため上手い具合に納得させられてしまいます。
かなり幻想的な作品で、「ジョーズ2」のヤノット・シュワルツ監督の諸作の中でも屈指の出来だと思います。
昨年、心臓発作で急逝したクリストファー・リーヴの確かな演技が光ります。
クリストファー・リーヴといえば、「スーパーマン」シリーズで一躍有名になったものの、
95年に落馬事故で半身不随となり、それでも役者として頑張る姿には頭が下がる思いでした。




音楽は巨匠ジョン・バリー。
ジョン・バリーと言えば「007」シリーズが有名ですが、アクション・スコアだけでなく、実はラブ・ストーリーでも本領を発揮する人です。
いわゆる「バリー節」といわれる、独特のゆったりと流れるようなストリングスに甘く切ないメロディを乗せるという手法です。
ちょっとパターン化していて、どの曲も同じように聞こえるときもありますが、これもまた味わいの一つということで。
その甘いメロディ群のなかでも、本作は白眉の出来です。
本作をここまで美しくも悲しい作品に仕上げた要因の一つにバリーの音楽がある思います。
ロジャー・ウィリアムスのピアノがフィーチャーされていて、とろけるような美しい旋律を奏でます。
特にタイトル曲は、フルート、ストリングス、ピアノと続く甘く流れるような旋律が素晴らしい。
バリーの音楽の他に、ラフマニノフの「パガニーニの主題による変奏曲」が劇中で何度も流れます。
これもまた名曲です。




・・・・・と、ここまでが過去記事。
今では本編の人気もあって、サントラCDは比較的入手しやすく、
米Vareseレーベルからは、再録音盤まで出ています。
再録音盤の方は、10曲も増曲されており、演奏もオリジナルの雰囲気を上手く出していて、
録音の新しさから当然再録音盤の方が音質がクリアです。
こちらもなかなか捨てがたい。
ただ、ジャケットはやはりオリジナルに軍配が上がります。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Somewhere In Time: Original Motion Picture Soun.../John Barry

¥1,065
Amazon.co.jp

ある日どこかで オリジナル・サウンドトラック/サントラ

¥2,307
Amazon.co.jp

Somewhere In Time (1998 Re-recording)/John Barry

¥2,014
Amazon.co.jp

ある日どこかで [DVD]/クリストファー・リーブ,ジェーン・シーモア,クリストファー・ブラマー

¥1,543
Amazon.co.jp

Somewhere in Time [Blu-ray] [Import]/出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:




TRACKDOWN
監督:リチャード・T・ヘフロン
音楽:チャールズ・バーンスタイン
出演:ジム・ミッチャム、カレン・ラム、エリック・エストラーダ、ヴィンス・キャノン、キャシー・リー・クロスビー、アン・アーチャー、ジョン・ケリー
1976年 アメリカ映画

先日から70年代B級映画の事にしみじみ思いを巡らせていて突然思い出した1本。
ジム・ミッチャム主演のB級アクション。
ストーリーは、家出した妹を探しに田舎から出てきた兄貴が、
妹を殺された復讐のため悪党一味に殴り込みをかける・・・・というお話。
監督が、リチャード・T・ヘフロンというところからして既にB級です。
音楽もチャールズ・バーンスタイン、主演もジム・ミッチャムと、これだけで3拍子揃ってます。
「白バイ野郎ジョン&パンチ」のエリック・エストラーダも出ちゃって、お茶の間感も満点です。
当時の宣伝コピーもこれまたスゴい。
「俺が法律だ!警察はいらねえ!
 妹よ安らかに眠れ……
 こみあげる悲しみを胸に 地獄のハイウェイに踊り出た復讐のアウトロー! 
 時速200キロの車を迎え撃つ!」
だって。
ストーリーが単純なので、このコピーで本編のほとんどが分かってしまいます。


音楽は、チャールズ・バーンスタイン。
主題歌は、チャールズ・バーンスタイン作曲、ジェリー・ホイットマンが歌う"In the City"。
ほのぼのとしたカントリー・ソングで、これまた素晴らしい。
定番のペダルスチールがとても耳に心地よい。
サントラは、残念ながら日本盤のシングルが発売されたのみ。
当時、キングレコードからサントラのコンピレーション盤LPが出ていたのですが、
その中に本作から「家出娘」という曲が収録されていたように記憶しているのですが、
それがこの曲だったかも知れません。
スコアの方はあまり記憶にないのですが、
主題歌のバリエーション的なドラマスコアや、
ワウギターを使ったいかにもB級なアクション・スコアなどが入っていたような気がします。
これもサントラとしてどこかのレーベルが出してくれれば買うんだけどなあ。
でもニーズが無いか。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Bulletproof/Trackdown/Bamboo Gods & Iron Men/Sc.../出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



THE LONG GOOD FRIDAY
監督:ジョン・マッケンジー
音楽:フランシス・モンクマン
出演:ボブ・ホスキンス、ヘレン・ミレン、エディ・コンスタンティーヌ、デイヴ・キング、ブライアン・マーシャル、デレク・トンプソン、ジョージ・カラリス、スティーヴン・デイヴィース、ピアース・ブロスナン
1980年  イギリス映画


今日は珍しく英国製未公開ギャングムービー。
ストーリーは、10年以上に渡ってロンドンに暗躍する暗黒街のボスが、
ある時から部下を何者かに殺され、自身も命を狙われるようになります。
ボスは、自分を狙った黒幕を探し出すため躍起になる・・・・・というお話。
ボブ・ホスキンスの演技が素晴らしい。
特に、ラストのタクシーの中で達観(詳しくはネタバレになるので言いません)したような顔になるまでのシーン。
普通なら主人公の顔を映して、一瞬で暗転して終わり・・・となるところを、
延々と表情の変化を映します。この時の顔がなんとも素晴らしい。
最近の方が活躍している印象のヘレン・ミレンや、
若き日のピアース・ブロスナンが出ています。
監督は、「第四の核」のジョン・マッケンジー。
これまた、おっさんの勝手な思い込みかもしれませんが、
70~80年代のイギリス映画っていうのは、
アンハッピーエンドな終わり方といい、凄みを感じさせる作品が多い気がします。




音楽は、フランシス・モンクマン。
カーヴド・エアやスカイといった、英国プログレッシヴ・ロック界のキーボーディストとして知られる人です。
本作では、ロックのフィールドの人らしく明確な主張を持った濃厚なスコアを提供しています。
テーマ曲も、ロックなノリの(当時としては)カッコいいスコアになっています。
リズムもモロにプログレな2拍3連のノリ。
劇伴も非常にテンションの高い、ロック・ミュージシャンならでは解釈で、
時に映像を圧倒するスコアを書いています。
ちょうどタンジェリン・ドリームなどに近い雰囲気があります。
シャープなキーボードがスカイを彷彿とさせます。
これまで、2度CD化されていますが、今回は英Silva Screenレーベルから豪華2枚組で発売されました。
1枚目は、リマスター・ステレオバージョンに所々ダイアローグを引用した内容。
2枚目は、オリジナル・モノ音源という構成です。
1枚もののアルバム並みの値段で買えるのでオススメです。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Ost: the Long Good Friday/Various Artists

¥2,476
Amazon.co.jp



The Long Good Friday/出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

The Long Good Friday [Blu-ray]/出演者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

ファンタスマゴリア ―ある幻想的な風景―
¥1,404
Amazon.co.jp

セカンド・アルバム
¥1,404
Amazon.co.jp

エア・コンディショニング
¥1,404
Amazon.co.jp

カーヴド・エア・ライヴ/カーヴド・エア

¥1,851
Amazon.co.jp

SKY 2/SKY

¥2,700
Amazon.co.jp

スカイ+アンソロジー/スカイ

¥4,104
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



OLDBOY
監督:スパイク・リー
音楽:ロケ・バニョス
出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソン、 マイケル・インペリオリ、ポム・クレメンティエフ、ジェームズ・ランソン
2013年 アメリカ映画


日本のマンガが原作で韓国で映画化されたものをスパイク・リーがハリウッドリメイクしたという、ややこしい作品。
ストーリーは、理由も分からず20年間も何者かに監禁され続けた男が、解放された後、
自分を拉致した連中に凄惨な復讐を開始しますが、その先には悲しい結末が待っていた。
彼が20年も監禁され続けた本当の理由は・・・・というお話。
謎が解けた時の後味の悪さはなかなかのもの。
正に「悪夢」です。
しかし、韓国版がものすごく濃厚でチェ・ミンシクの演技やグロ描写も相まって、
鑑賞後ドッと疲れたのに比べて、
こっちの方はR15+ながら幾分ライトな感じがします。
意外にあっさり描いているところは、ハリウッド映画のなせる業か。
というより、同じホラー映画でも、邦画やアジア映画だとグロ描写にリアルな「痛み」を覚えるけど、
あれと同じなのかな。
ジョシュ・ブローリンもいい演技をしてますが、個人的に注目は「第9地区」のシャールト・コプリー。
このおっさん、いつも思うけど、独特の存在感があるんだよなあ。


音楽は、ロケ・バニョス。
この人に対しては、リリカルなストリングス系のスコアを書く人という、
おっさんの勝手なイメージがあるのですが、
基本的に美メロのスコアが得意のような気がします。
本作も流麗なピアノが美しいスコアや、美メロが映えるアコースティックなエンドタイトルなど、
クールで控えめな中にも聴き所が多い。
その一方で、脱出シーンでは感動的に盛り上げるスコアを提供したり、
サスペンス描写ではザクザクと切り込むような、バーナード・ハーマンを彷彿とさせるストリングスを入れたりします。
スペイン出身の作曲家ですが、なかなかの切れ者。
同じ年にスコアを書いた「死霊のはらわた」とは対照的なアコースティックスコアです。
ちなみにこの人、毎年コンスタントに1本以上音楽を担当した映画が公開されていて、
公開を控えた最新作は、ケヴィン・レイノルズ監督の「復活」のようです。
個人的に、今後に期待したい作曲家です。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Ost: Oldboy/Original Soundtrack

¥2,444
Amazon.co.jp

オールド・ボーイ [Blu-ray]/ジョシュ・ブローリン,エリザベス・オルセン,シャールト・コプリー

¥5,076
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。