サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:




・・・・今日は珍しく平日に過去記事をいじります。


監督:トニーノ・ヴァレリ 
音楽:リズ・オルトラーニ
出演: ジュリアーノ・ジェンマ、リー・ヴァン・クリーフ、アンドレア・ボシック、ワルター・リラ、イヴォンヌ・サンソン 
1967年 イタリア/ドイツ映画


文無しの貧しい若者が凄腕ガンマンに腕を見込まれ、その元でメキメキとガンマンとしての腕を上げていくが、
師匠の情無用なやり方についていけなくなった若者は遂に師匠と対決することに・・・というストーリー。
ジェンマとリー・ヴァン・クリーフというマカロニ2大スターの共演となる後期マカロニの傑作。
リー・ヴァン・クリーフが劇中、ジェンマに教える「ガンマン10か条」がイカシてます。
クライマックスで、師匠から教わったガンマン心得10か条に従って敵を倒していくくだりはグッと来ます。
でも、アメリカ公開版は約90分のカット版なので、この10か条のエピソードが何カ所がカットされています。
見るなら115分のイタリア語版をオススメします。
ちなみにその10か条は次のとおり
1 他人にものを頼むな
2 決して他人を信用するな
3 銃と標的の間に立つな
4 拳も弾と同じだ 数え間違えば殺される
5 傷を負わせたら殺せ 見逃せば自分が殺される
6 危険な時ほどよく狙え
7 縄を解く前には武器を取り上げろ
8 相手には必要な弾しか渡すな
9 挑戦を受けなければ全てを失う時がある
10 殺しは覚えたらやめられない




音楽は、「世界残酷物語」等の美メロで知られるリズ・オルトラーニ。
マカロニ作品はそう多くない人だと記憶していますが、本作のテーマ曲はその中でもピカイチの出来です。
いきなりエレキのテケテケが高いとこから下へ向かって始まったかと思いきや、派手なブラスがジャーンと入ってきて、その後はメキシカンなラッパが怒濤のごとく鳴り響く壮快なマカロニ・チューンです。
マカロニ・ウェスタンとポリス・アクションのスコアを足して2で割ったようなサウンドです。
ラッパの音がここまで情熱的なマカロニは他に類を見ないでしょう。
ラッパの雰囲気が、懐かしの刑事ドラマ「大都会パート3」のテーマにちょっと雰囲気が似てるような気が・・・。
劇伴はそこまでインパクトのある曲は無いですが、基本的にテーマのヴァリエーションという形で、何度もあのラッパが顔を出します。
マカロニというと、モリコーネ作品に代表されるドスの効いたエレキギターや口笛が定番ですが、
そういう意味ではラッパがメインの本作は異色の存在であると言えるのかも。



・・・・・と、ここまでが過去記事。
この度、伊GDMレーベルから78分収録の長尺盤CDが発売されました。
従来のモノラルLP音源を収録した上に、なんとステレオ音源のフィルムスコアが完全収録されています。
今まで気にもしなかったのですが、伊RCAから出てたイタリア盤のCDはモノラルだったんですね。
今回のステレオ音源で、ブラスのキレがさらに増強された感じになっています。
これはスゴい。
古い音源なので若干ノイズはありますが、そんなに気にならない程度です。
しかし、このスコア、パワフルになったなあ。
しまいには、ラオールが歌う幻の主題歌デモバージョンなんてのまで入っています。
限定500枚というのがネックですが、これはかなり楽しめるアルバムです。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


これはダウンロード音源です。
一応、これもステレオですが、GDM盤には及びません。
     ↓
Day Of Anger Soundtrack/Master Classics Records

¥価格不明
Amazon.co.jp

怒りの荒野 HDリマスター スペシャル・エディション Blu-ray/ジュリアーノ・ジェンマ,リー・ヴァン・クリーフ,アンドレア・ボシック

¥4,104
Amazon.co.jp

怒りの荒野 スペシャル・エディション [DVD]/ジュリアーノ・ジェンマ.リー・ヴァン・クリーフ.ルカス・アンマン.アンドレア・ボシック

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



IL DOLCE CORPO DI DEBORAH
監督:ロモロ・グェッリエリ
音楽:ノラ・オルランディ
出演:キャロル・ベイカー、ジャン・ソレル、ジョージ・ヒルトン、ルイジ・ピスティッリ、アイダ・ガリ、ヴァレンティーノ・マッキ
1968年 イタリア映画


今夜は久々にイタリアン・ホラーな1本をご紹介。
ジャーロの先駆け的なホラーですが、キャロル・ベイカーのお○ぱいで釣ろうという魂胆が見え見えな1本でもあります。
ストーリーは、イケメンの青年と結婚したヒロインが、ハネムーンを終えて夫の屋敷にやってくると、
夫の旧友から、夫のかつての恋人が夫に捨てられたことを悲観して自殺したと告げられます。
夫が彼女を連れて、恋人の家に行ってみますが、そこはもう廃墟になっていました。
そこへ、彼女の殺害をほのめかす電話がかかり、行く先々で彼女のまわりで不可思議なことが起こり始める・・・というお話。
実は本編の記憶があんまり無くて、市販のDVDはエロいシーンをだいぶカットしているという情報もあるようですが、真偽の程は不明です(^_^;)。
あんまり女性にヤキモチを焼かせるようなことすると大変なことになる・・・・という意味においてもコワ~いお話。
アイダ・ガリというのは、マカロニ・ウェスタンや一連のパチモン映画ではお馴染みのイブリン・スチュワートのことです。
確か、ジョージ・ヒルトンはマカロニ・ウェスタンのときとあんまり変わらない風貌で出てくるんだよなあ。
監督は、マカロニ・ウェスタン「皆殺し無頼」のロモロ・グェッリエリ。




音楽は、「皆殺し無頼」でもロモロ・グェッリエリ監督と組んだノラ・オルランディ。
本編は怪奇と幻想のイタリアン・ホラーといいつつ、サスペンスとしてはイマイチな出来だったのですが、
スコアに関してはなかなかの出来栄え。
女性のスキャットをフィーチャーしたテーマ曲をはじめ、はっきり言ってジャジーでオシャレです。
ジャズをベースにしたクールなトラックが多く、本編が無くても十分鑑賞に堪えうる内容です。
テーマモチーフをいろんなスタイルの音楽で奏でるというオールドスタイルなサントラなので、
おっさんには安心して聴けます。
オルガンが結構入っていて、オルガンジャズ好きの僕としてはかなり好印象なサントラです。
この度、QuartetレーベルからCDが発売されたのですが、これが素晴らしい内容。
もともとこのサントラ、LPはモノラルだったように思うのですが、このCDは全曲ステレオになっています。
かつて、スウェーデンでも24曲入りのCDが出たことがあるのですが、この時は12曲だけステレオで
残りはモノラルだったようです。
今回はさらにオリジナル・セッション・テープからの収録なので音質が良い。
ボーナストラックも豊富で、全30曲60分収録です。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




デボラの甘い肉体 [DVD]/ポニーキャニオン

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



NO ESCAPE
監督:ジョン・エリック・ドゥードル
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
出演:オーウェン・ウィルソン、レイク・ベル、ピアース・ブロスナン、スターリング・ジェリンズ、クレア・ギア、サハジャック・ブーンタナキット
2015年 アメリカ映画


全然期待せずにDVDで観たのですが、意外に(失礼)面白かったサバイバル・アクション。
ストーリーは、水道整備事業の仕事で東南アジアの某国に入国した家族がクーデターに巻き込まれ、
外国人を次々と処刑していく暴徒からから逃れるため必死の逃走劇を繰り広げる・・・というお話。
既視感ありありの題材なのですが、不思議と何故か面白く観れてしまった。
特に家族順番にビルからビルと飛び移るシーンの仕掛けには、
高所恐怖症のおっさんは思わずのけぞってしまいました。(劇場で観なくてよかった 笑)
暴徒たちの表情がザ・レイドの悪党ばりにものすごく凶悪なので、ハラハラドキドキ感も倍増です。
「常に敵の10歩先を行こう」という夫の行動力で、命からがら暴徒の追撃をかわしていきます。
絶体絶命のところで助けが来る、というベタな展開なので、小難しいことは抜きで気楽に観ることをおすすめします。
クーデターが背景にありますが、ポリティカルな側面は皆無なので、その手の作品を期待すると失敗します。
暴徒からの追撃から逃れるには、国境を越えるしかないという選択肢に行きつきますが、
国境の先の国が「あの国」というのがなんとも皮肉な感じがします。
幼い女の子を抱えた夫婦に、ピアース・ブロスナンが絡みます。
彼の役どころにも注目です 笑。


音楽は、マルコ・ベルトラミとバック・サンダースのコンビ。
東南アジアの某国という設定なので、スコアには東南アジア系の民族楽器がフィーチャーされています。
そのため、いつものマルコ・ベルトラミのスコアとは一風変わったスコアになっています。
オリエンタルな味付けが施されたスコアが多く、冒頭のトラックからバリ風のゴングをスパイスに効かせてみたり、全体的に異国情緒漂うスコアになっています。
アンビエント風なスコアにオリエンタルな風合いを持たせている曲もあり、ヒーリング系の雰囲気もあります。
スリリングな描写のシーンには、いつものアクション・スコアの他に、ガムランそのまんまのスコアもあり、
ワールド・ミュージックも大好物なおっさんとしてはかなり楽しめました。
エンド・タイトルでは、My Morning Jacketのボーカリスト、ジム・ジェームズが歌う”Take Care of You”という曲が流れます。
My morning Jacketって、かなりドリーミーでサイケな音を出すバンドなんだよなあ、全然関係ないけど。
ギターがどことなくドアーズやテレビジョンあたりを彷彿とさせるオルタナティヴなフレーズを奏でます。
サントラは、ダウンロードがメインのようですが、CDも限定で発売されているようです。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




No Escape/Marco Beltrami

¥2,360
Amazon.co.jp

クーデター ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]/オーエン・ウイルソン,ピアス・ブロスナン,レイク・ベル

¥4,309
Amazon.co.jp




Regions of Light & Sound of God/Jim James

¥1,780
Amazon.co.jp

Circuital/My Morning Jacket

¥1,738
Amazon.co.jp

Z/My Morning Jacket

¥1,653
Amazon.co.jp

Waterfall/My Morning Jacket

¥1,491
Amazon.co.jp

It Still Moves/My Morning Jacket

¥1,614
Amazon.co.jp

Evil Urges/My Morning Jacket

¥1,780
Amazon.co.jp

マイ・モニ/マイ・モーニング・ジャケット

¥1,512
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




TURBO KID
監督:フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
音楽:ル・マトス
出演:マンロー・チェンバーズ、ロランス・ルブーフ、エドウィン・ライト、アーロン・ジェフリー、マイケル・アイアンサイド
2015年 カナダ映画


カナダ産低予算SFバイオレンス・アクションの珍品。
荒廃した近未来を舞台としたアクション、つまりディストピア物なのですが、
さながらチャリンコ版「マッド・マックス」といった感じの微笑ましい作品です。
本作は、ホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」のコンペティションに応募したショート・フィルムに肉付けし長編化した内容になっています。
ストーリーは、核戦争の勃発により荒廃してしまった1997年(笑)の世界を舞台に、
ガソリンも無くチャリンコを唯一の交通手段として利用する人々が、貴重な水資源を求めて争いを繰り返します。その中でBMXを乗り回して1人気ままに暮らすキッドは、ある日、不思議な少女と出会いますが、少女が悪党一味に連れ去られたことから、途中で見つけたターボライダースーツと武器を手に、単身悪党の巣窟へ乗り込んでいく・・・・というお話。
この映画、必要以上にグロい特殊メイクとトホホなストーリー、低予算丸出しなところが潔くて好き。
タイトル文字や、SFXをモロ80年代風にしてあるところも、おっさんには懐かしくてたまらない。 
 このロゴ(笑)
   ↓




ターボキッドの最大の武器、ターボグローブ?からビームが出るシーンのSFXといったら、
80年代を通り越して70年代の特撮ヒーロー物のエフェクト並みで大笑い。
格調高い映画を好まれる方にはオススメは出来ませんが、
うちのブログの読者の皆さんならきっと楽しんでいただけることでしょう。
ヒロイン(?)アップルを演じたロランス・ルブーフは、「レーサー/光と影」では、同じ自転車でもロードレーサーに乗って疾走する女子アスリートを演じてます。
知らないキャストが多い中で、マイケル・アイアンサイドが悪党の首領役で貫録の演技(笑)を見せます。




音楽は、テクノ・ユニット、ル・マトス(Le Matos)。
Jean-Philippe BernierとJean-Nicolas Leupiの2人によるユニットです。
この映画を知ったきっかけは、このユニットの音楽に興味を持ったためと言っても過言ではありません。
このスコア、全編に渡って80年代のピコピコシンセが活躍していて素晴らしい。
アクション・シーンには、4つ打ちのディスコ・ビートに乗せてフラッシュ・ダンスみたいなチープなシンセが縦横無尽に鳴りまくる。これだけでワクワクしてしまいます。
この映画のサントラは、ちょっと変則的な内容になっていて、CD2枚組なのです。
1枚目が”Chronicles Of The Wastland”という全10曲のレギュラー・アルバム風の作品。
2枚目が39曲入りの本作のサントラという形になっています。
1枚目の楽曲をベースにスコアを作ったという感じの作風で、
サントラの方はアンダースコア系のものもあるし1曲1曲がぶつ切りなので、
普通に楽しむには曲としてまとまっている1枚目の方をどうぞ、という意味なのかなあ。
1枚目には、歌モノが1曲入っていてLucy taylorという女性が歌っています。
それにしても、この懐かしいシンセサウンドは70年代後半から80年代初頭がリアルタイムのおっさんには大変うれしい。
やっぱり、こういうアナログシンセ系の音ってギラギラしてなくて好きだなあ。
ちなみに、1000枚限定で180グラムLP2枚組というのもあるようです。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Chronicles of the Wasteland/Imports

¥2,858
Amazon.co.jp

Turbo Kid [12 inch Analog]/Death Waltz

¥5,095
Amazon.co.jp

ターボキッド [Blu-ray]/キングレコード

¥5,184
Amazon.co.jp

ターボキッド [DVD]/キングレコード

¥4,104
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



・・・今晩も過去記事ですみません(^_^;)


THE BEASTMASTER
監督: ドン・コスカレリ
音楽: リー・ホルドリッジ
出演: マーク・シンガー、タニア・ロバーツ、リップ・トーン、ジョン・エイモス、ロッド・ルーミス、ベン・ハマー、ビリー・ジャコビー
1982年 アメリカ/イタリア映画


「ファンタズム」のドン・コスカレリ監督が撮ったヒロイック・ファンタジー。
同じ年に「コナンザ・グレート」が公開されているところをみると、
イタリア映画界が「コナン」のパチモンを作るためにドン・コスカレリ監督を招いてサックリとこしらえた、ユルいソード・アクションという見方もできます。
ストーリーは、動物と交信することができるヒーローが、父の仇である悪の司祭を倒すため、動物やお姉ちゃんと一緒に旅をする・・・というお話。
動物連れてるところなんか、桃太郎みたいだなあ。
「ジョーイ」や「V」シリーズでお馴染みの、
実はマッチョなマーク・シンガーが活躍します。
タニヤ・ロバーツが、ここでは黒髪で頑張ってます。
邦題に「7つの大冒険」なんて書いてありますが、7つも冒険なんかあったかなあ。
あんましカンケイないかも。
パチモンだと思って期待せずに観ると、やけにすっきりまとまっているので
すごく得した気分になります。
なかなかのヒロイック・ファンタジーです。



音楽は、リー・ホールドリッジ。
基本的にラブ・テーマとか優しいメロディを書く人というイメージがあるのですが、
ヒロイック・ファンタジーということで、ここではそれに相応しい雄大なテーマを提供しています。
恐らく彼のフィルモグラフィーの中でも最もパワフルな作品だと思われます。
「燃え」系のスコアを演奏するのは、ローマ放送交響楽団。
サンタ・チェチェリア・アカデミー管弦楽団のメンバーも参加しています。
本作のスコアは、このヒロイックなテーマ曲に尽きます。
この映画の公開当時、AMラジオでCMをやってましたが、
オリジナルのスコアを使っていて、「お~、これカッコいいなあ」と思ったものです。
CDは、イタリアのCAMレーベルから単独で発売されています。
LPよりも1曲多い13曲入りです。
「The Battle On The Pyramid」という曲が増えてます。
ジャケデザインは、セブン・シーズから出た日本盤LPが一番カッコよかったなあ。

     これ↓

$サウンドトラック秘宝館









・・・と、ここまでが過去記事。
あれから、Quartetレーベルから2枚組CDが限定で発売されましたが、間もなく完売しています。
しかし、これはジャケがひどかった。
これでは買う気がしなかったなあ。
   ↓


そして今回、Dragon's Domain Recordsというレーベルから、限定1000枚で2枚組が再度発売されました。
あの素敵な日本盤ジャケも復活です。
このイラスト、生賴範義氏によるものです。さすがだ。
内容は、Quartet盤とほとんど同じですが、2枚目のラストに組曲が入っているようです。
1枚目がこれまでのLP音源。1枚目の途中からフィルム音源が収録されています。
今回はジャケも素晴らしいので、また早いうちに無くなるかも。





ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村







ミラクル・マスター Kaan Principe Guerriero (The Beatsmas.../Lee Holdridge

¥1,709
Amazon.co.jp

Beastmaster [VHS] [Import]/Marc Singer,Tanya Roberts,Rip Torn

¥874
Amazon.co.jp

The Beastmaster [VHS] [Import]/Marc Singer,Tanya Roberts,Rip Torn

¥3,498
Amazon.co.jp

The Beastmaster [DVD] [Import]/Marc Singer,Tanya Roberts,Rip Torn

¥3,498
Amazon.co.jp

これは、Quartet盤です。
   ↓

Ost: the Beastmaster/Lee Holdridge

¥3,991
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。