サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:




KINGSMAN: THE SECRET SERVICE
監督:マシュー・ヴォーン
音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージソン
出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、サミュエル・L・ジャクソン、ソフィー・クックソン、マーク・ハミル
2014年 イギリス映画


「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督によるマーク・ミラーの同名コミックの映画化。
英国製スパイ映画、特にマイケル・ケインのハリー・パーマー物へのオマージュが感じられるブラックジョーク満載のバイオレンス・スパイ・アクション。
バイオレンス描写はデフォルメしてはありますが、かなり過激なのでR15+指定を受けています。
キャストが素晴らしく、マイケル・ケインとマーク・ストロング、お気に入りの2人が出てるので、
これだけでテンション上がります。
スマートな立ち振る舞いのハリー・パーマー風英国スパイにコリン・ファース。
さらに、大学教授役でマーク・ハミル。
ここでの役はちょっと情けないおっさんなので、オリバー・リードには見えません(笑)
逆に、若手はあんまり知らない人たち。
ストーリーは、表向きは高級紳士服の仕立て屋を営む国際スパイ組織が、大富豪のクレイジーな陰謀に立ち向かうというお話。
セリフ回しや立ち振る舞いに、皮肉満載なところなど、いかにもイギリス製という匂いをプンプンさせる、
ハリウッド映画とは異なる空気が素晴らしい作品です。
両足の義足に剣を仕込んで暴れまわる敵側の女の子、
もしかして「東京残酷警察」に出てきた両手両足が日本刀の犬女が元ネタか?




音楽は、僕のお気に入りヘンリー・ジャックマンとマシュー・マージソン。
今回もおっさん世代にも十分楽しめる素敵なスコアでした。
まずスパイ映画ときて、ジョン・バリーを意識した昔の007風のスコアに胸が熱くなりました。
メロもしっかりしていて、ちゃんと善悪2つのモチーフがあって、
打ち込みばっかりじゃなくてちゃんと本格的なオケが入っていて・・・という感じで楽しめます。
基本的にヘンリー・ジャックマンの作品にはハズレがないなあ。
スコアもかなりのクオリティで楽しめるのですが、マシュー・ヴォーン作品は既成曲の使い方にも注目です。
いつも、素敵な発想でいろんな曲を絶妙のタイミングで入れてくるので、毎回かなりツボにハマるのですが、
今回もすごい。
まず。オープニングに流れるのが、なんとDire StraitsのMoney For Nothing。
いきなりこれかよ、という感じでMTV世代のおっさんは大盛り上がり。
これを皮切りにいろんな既成曲を素敵なセンスでちりばめていくのですが、
主なものを紹介してみると・・・

例の南部の教会のシーンで流れるのが、サザン・ロックのバンドLynyrd SkynyrdのFree Bird。
壮絶なわりに不思議と残忍な感じがしない大殺陣シーンではありますが、
南部の人々が殺し合うシーンにこの曲使うブラックなセンスはすごい。 
曲後半の盛り上がる展開に合わせて、大勢が乱闘するシーンは実に爽快。大笑い。
世界中で殺し合いが始まっちゃうシーンのバックに流れるのが、KC & The Sunshine BandのGive It Up。
大殺戮のバックがディスコかい(笑)これまたブラック。
さらに、クライマックス近くで大勢のHeadが威勢よくBombしていく様をスローで流すのですが、
このバックにエルガーの威風堂々!
「スキャナーズ」の有名シーンのつるべ打ちなのですが、
花火の炸裂のようにカラフルにデフォルメしてあるので、これも残酷に見えません。笑えます。
そして、主人公がどっかの国の王女様を助けたご褒美に楽しんじゃうシーンには、
Bryan FerryのSlave To Love・・・。
やっぱり、この監督すごいわ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Kingsman: The Secret Service/Henry Jackman

¥3,130
Amazon.co.jp

Brothers in Arms/Dire Straits

¥1,292
Amazon.co.jp

Free Bird: the Collection/Lynyrd Skynyrd

¥913
Amazon.co.jp

KINGSMAN / キングスマン ブルーレイ プレミアム・エディション(初回限定版) [Bl.../コリン・ファース,マイケル・ケイン,タロン・エガートン

¥7,344
Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 KINGSMAN / キングスマン ブルーレイ プレミアム・.../コリン・ファース,マイケル・ケイン,タロン・エガートン

¥7,992
Amazon.co.jp

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]/コリン・ファース,マイケル・ケイン,タロン・エガートン

¥4,104
Amazon.co.jp

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [Blu-ray]/コリン・ファース,マイケル・ケイン,タロン・エガートン

¥5,122
Amazon.co.jp

Slave to Love: Best of the Ballads/Bryan Ferry

¥2,813
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



FRATELLO DELLO SPAZIO
監督:マリオ・ガリアッツォ
音楽:フランコ・カンパニーノ
出演:マーティン・バルサム、アゴスティーナ・ベリ、シルヴィア・トルトーサ、ウィリアム・バーガー
1986年 イタリア映画


バンド活動も落ち着き、年賀状もやっと完成したので、久々のアップです。
久々すぎて、ストレス溜まったので今夜はパチモンです。
最新作やメジャー作を期待した方、ごめんなさい。


邦題からご察しのとおり、本家「E.T.」とは何の関係もない安上がりなSF作品。
共通点といえば、出てくるエイリアンの顔が似ている(パクッただけ)ぐらいか。
監督は、ロイ・ギャレットなんてそれらしい名前になっていますが、
ホントは「食人族VS首刈族」のマリオ・ガリアッツォ。
キャストは、有名どころとしてマーティン・バルサム、アゴスティーナ・ベリの2人が出てますが、
その他はマカロニ・ウェスタンでよく見かけたウィリアム・バーガー氏などが脇を固めるなど、
パチモン臭がプンプンの作品です。
ストーリーは、ヒロインが盲目の女性というだけで、後は「E.T.」の設定をそっくりいただいちゃってる感じです。
エイリアンをヒロインたちがかくまって、それを軍が追いかける、みたいなお話です。
エイリアンからもらったサングラスで目が見えるようになったり、もうベタベタな設定に開いた口が塞がりません。
特殊効果も最悪です。
エイリアンの風貌たるや、フルフェイスのヘルメット被ったただの子供。
最後の方でやっと顔が出ますが、モロです。モロパクってます。
オープニング・クレジットのバックなんか宇宙空間の静止画です。
こんな何の取り柄もないカス映画ですが、
このクオリティで松竹富士配給で劇場公開されてしまっています。
当時、これを劇場でご覧になった方はさぞやはらわたが煮えくり返ったことでしょう。
でも、Amazonなどで検索するとVHSビデオが中古で5000円近くします。
僕は幸運にもリサイクルショップで500円でゲットしてホクホクです。
(そうです、私は変態です。)
しかし、こいつら何の目的で地球にやってきたのか、最後まで分からず終わるというところが、
シュールといえばシュールか。



音楽は、「狂戦士サングラール」でお馴染み(なわけないか)フランコ・カンパニーノ。
マリオ・ガリアッツォ監督作品を何本も担当しているので、この監督との相性はいいのかも。
最初に言っておきます。こんな映画ですから、サントラなど出ていません。
それでもレビューする私は、そうです、変態です。
スコアは、全体を通してストリングス中心のメロドラマ風。
軍が出てくるので、ミリタリー調のスコアもありますが添え物程度。
例によって、マカロニ映画特有の無国籍南国風味のトロピカルチューンも入ってます。
クライマックスでは、それなりにストリングスが盛り上げるので一応高揚感はありますが、
それでもハリウッド作品と比べるとやけにショボい。
まあ、本編が本編な上にスコアもカスということで、負の相乗効果で余計カスに仕上がっています。
これをモリコーネあたりが担当していたら、スコアだけでも救われたかもしれませんが、
まあしょうがないか。
でも、Kronosレーベルなんかがポンとサントラ出しちゃったりすると買うかもなあ。
いわゆる捨て金になっちゃうかもしれませんが、変態だからいいのです。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


帰ってきたE.T. [VHS]/松竹

¥4,800
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



STAR WARS:THE FORCE AWAKENS
監督:J・J・エイブラムス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキス、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、ピーター・メイヒュー、マーク・ハミル、マックス・フォン・シドー
2015年 アメリカ映画


最近、あんまり劇場で映画を観ることがなかったのですが、
これは早々と劇場で観てきました。
しかし、田舎なので・・・・・・公開直後なのにスカスカな劇場に苦笑い。
でも、その分ゆったりと鑑賞することができました。
ストーリーは、まだ観てない方のために触れないようにしておきます。
公開1作目「エピソードⅣ」からのファンのおっさん、おばさんへのサービスもあったりで、
思わずニンマリしてしまうシーンもチラホラ。
思ってた以上に面白かったというのが正直な感想。
J・J・エイブラムスって、遂に「スター・トレック」と「スター・ウォーズ」というSFの金字塔を2つとも監督しちゃいましたね。
やっぱり、こいつバカだ(褒め言葉 笑)。最高。



音楽は、いつものジョン・ウィリアムズ。
まさか、マイケル・ジアッキーノがやるんじゃないだろうなあと心配してましたが、
その辺は大丈夫のようでした。
今回は、ロサンゼルス録音ということで、演奏はこれまでのロンドン交響楽団ではなく、
LAフィルやスタジオ・ミュージシャンで構成されているようです。
指揮は、ジョン・ウィリアムズ本人とウィリアム・ロスが担当したという情報もあり、
一方で何曲かはグスターボ・デュダメルが指揮したという噂も・・・ほんとかなあ。
音的には、メイン・タイトル冒頭の「ジャ~ン!!」はさすがにちょっと音が薄い。
でも、メインのメロを鳴らすトランペット群は「エピソード1~3」のメロウなトーンからは一転、
キレのあるサウンドになっていました。
劇場で映像と共に聴いた印象はかなり良いです。
ブラスがかなりいい感じで鳴り響きます。
新しいモチーフとしては、主人公の少女レンのモチーフが今までとは一風変わった
どことなく牧歌的な雰囲気を持った曲です。
敵キャラ、カイロ・レンのモチーフは、怒涛の迫力があるけどメロディとしてはあんまり印象に残らない。
お楽しみのエンド・クレジットは、やさしいフレーズで終わるという意外な展開。
こんな感じで、70分超えのスコアがCD1枚に収録されています。
本編を観た後で聴くとまた良さが分かる正統派スコアです。
(しかし、これも先で完全盤とかいって2枚組が出るんだろうか・・・・。)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)/V.A.

¥2,916
Amazon.co.jp

Ost: Star Wars/John Williams

¥1,859
Amazon.co.jp

Star Wars/John Williams

¥9,971
Amazon.co.jp

ベスト・オブ・スター・ウォーズ~ミュージック・アンソロジー~/ジョン・ウィリアムズ

¥2,057
Amazon.co.jp

スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望/ジョン・ウィリアムズ(指揮者)

¥2,700
Amazon.co.jp

Star Wars V: The Empire Strikes Back/John Williams

¥2,123
Amazon.co.jp

Star Wars & Other Galactic Funk/Meco

¥2,110
Amazon.co.jp

Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith/John Williams

¥1,857
Amazon.co.jp

Star Wars VI: Return of the Jedi/John Williams

¥2,123
Amazon.co.jp

スター・ウォーズ エピソード I/ファントム・メナス/ジョン・ウィリアムズ(指揮者)

¥1,944
Amazon.co.jp

Star Wars Episode II: Attack of the Clones/John Williams

¥1,591
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


・・・・週末、更新をさぼったので、平日にイレギュラーですが過去記事に追加します。


HANNIE CAULDER
監督: バート・ケネディ
音楽: ケン・ソーン
出演: ラクエル・ウェルチ、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・カルプ、ジャック・イーラム、ストローザー・マーティン、クリストファー・リー、ダイアナ・ドース、スティーヴン・ボイド
1971年 イギリス映画

タイトルから、またマカロニ病が再発か?と思われたかもしれませんが、
残念ながらイタリアものではありません。
やけにマカロニっぽかったり、血のりが結構多かったりしますが、
これは珍しや、英国製のユーロ・ウェスタン。
どうりで音楽がケン・ソーンなわけだ。
昔は、この映画アメリカ製西部劇だとばっかり思ってました。
監督:バート・ケネディに騙された。
ストーリーは・・・・行きずりの3人の悪党に旦那を殺され、自らも暴行され、家も焼かれた女性が、
賞金稼ぎのおっさんに出会ってガンさばきを学んで、憎き悪党に怒りの弾丸を撃ち込んで復讐を果たすまでを描いた作品です。
なんか、「キル・ビル」の元ネタのような映画だなあ。
悪党役のアーネスト・ボーグナインとストローザー・マーティンがいかにも悪党顔ではまり役。
脇を固める布陣もロバート・カルプやクリストファー・リーと曲者揃い。
後半で女ガンマンに加勢する牧師はなんとスティーヴン・ボイド。
ありゃりゃ、「ミクロの決死圏」つながりで助っ人になったか。



音楽は、ケン・ソーン。
イギリスの作曲家なので西部劇はおそらくこれ1作のみではないかと思われます。
でも初めてのウェスタンにしては、いい感じにウェスタンの雰囲気が出ているスコアです。
バーンスタインとも違うテイストで、
なんとなく「弾丸を噛め」やドミニク・フロンティアの西部劇スコアに似ていると感じるのは僕だけでしょうか。
テーマ曲は躍動的な活劇ウェスタンという感じの明快なモチーフを持った堂々としたスコアです。
劇伴もウェスタンスコアから大きく逸脱するような曲はなく、うまくまとめているようです。
劇中、まるでラブ・ロマンスのようなシーンがありますが、このバックに流れる美メロのスコアもなかなかのものでした。
サントラは、公開時(日本は劇場未公開)には発売されず、
例のベルギーPrometheusレーベルから、「Film Music Of Ken Thorne Vo.1」として限定発売されました。
プレス数は不明ですが、Promo盤扱いだったように思います。
同じくケン・ソーンがスコアを担当した「ノートルダムの鐘つき男/報われぬ愛の物語」とのカップリング仕様で、
本作からは15曲が収録されていました。
(ちなみに「Vol,2」は「マーフィーの戦い」でした。)
Promo盤なので、当然のことながらさっさと入手困難になってしまいました。




・・・・と、ここまでが過去記事。
なんと、今日たまたまAmazonのサイトをみてたら、
ダウンロードで本作のサントラが出ているのを発見!
何ということでしょう。
今ではディスクが入手困難な状況なので、ダウンロード版でもこれは嬉しい。
たまにこういう掘り出し物があるので、最近はダウンロードも侮れないのです。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Hannie Caulder-the Film Music of Ken Thorne, Vo.../Red Bitch Music

¥価格不明
Amazon.co.jp





女ガンマン / 皆殺しのメロディ [DVD]/ラクエル・ウェルチ,アーネスト・ボーグナイン

¥3,990
Amazon.co.jp

Hannie Caulder [Blu-ray] [Import]/出演者不明

¥2,458
Amazon.co.jp

Hannie Caulder [DVD] [Import]/Raquel Welch,Robert Culp,Ernest Borgnine

¥2,048
Amazon.co.jp

ウェルチ グレープ100(800g)【ウェルチ(Welch´s)】[グレープ ジュース]

¥375
楽天

ウェルチ オレンジ100(800g)【ウェルチ(Welch´s)】[オレンジ ジュース]

¥375
楽天

カルピス Welch’s グレープ100 800gペット 8本入〔ウェルチ 【楽ギフ_のし】〕

¥2,730
楽天

カルピス Welch’s グレープ100 180g瓶 30本入〔ウェルチ 【楽ギフ_のし】〕

¥2,961
楽天

【ケース販売】ウェルチ アップル100 800g*8本

¥2,600
楽天

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:




・・・・今日は過去記事をいじってます。

SUGAR COLT
監督: フランコ・ジラルディ
音楽: ルイス・エンリケス・バカロフ
出演: ハント・パワーズ、ジュリアン・ラファティ、ソルダード・ミランダ、ジェームズ・パーカー、ジャンヌ・オーク
1966年 イタリア/スペイン映画  



これは、マカロニ・ウェスタンの中でもかなり風変わりな部類に入る作品です。
まず主人公の設定が変。
元アメリカ合衆国政府の密偵(つまり、今風に言うと諜報部員)で、
今は女性向けに射撃スクールを開校している伊達男ということになっています。
身なりも小綺麗にして、高そうな服着てる。
何ヶ月も風呂入ってないようなジャンゴとはえらい違いです。
ストーリーは、主人公シュガー・コルトの元へ、北軍兵士100人の失踪事件の調査依頼が舞い込んできます。
コルトは失踪現場に近い街に医者に化けて潜入を図り、調査を始める・・・・・というようなお話です。
これじゃあ、ぜんぜんマカロニ・ウェスタンじゃないじゃん、という感じです。
でも、違和感感じながらも観てるうちに段々慣れてきて、そこそこ面白くなってくるから不思議です。
主人公のシュガー・コルトは、さながら007=ジェームズ・ボンドというところか。
阿片とかヘンテコな薬草を混ぜて酒場の暖炉に投げ込んで、酒場の客をヘロヘロにさせたり、
小道具を使うところなどやはりスパイっぽい。
マカロニ・ウェスタンの変わり種ですが、まったくのオリジナルな発想ではなく、
ちゃんと影響を受けたメジャーな作品があるところなど、
いかにもパチモン王国製のウェスタンですね。



音楽は、ルイス・エンリケス・バカロフ。
マカロニ・ウェスタンではお馴染みの人ですが、本作は当時から結構人気があったのか、
イタリア、アメリカ、日本でそれぞれCD化されています。
本作のスコアには、大きく分けて2つのモチーフがあって、
1つが進軍ラッパをフィーチャーしたカッコいいマカロニ・チューン。
もう1つは主人公が変装した医者のとぼけた雰囲気を醸し出す
ほんわかしたムードの牧歌的で呑気な曲。
こんなポヤ~っとした曲をモチーフに持ってこられると、
思わず「ミスター・ノーボディ」を連想してしまいます。
カッコいいマカロニ・チューンと呑気なユルユル・チューンが同居する摩訶不思議なスコアです。
そして、クライマックスではこれまたラッパをフィーチャーした
マカロニの定番「決闘」チューン。
リズム的には、印籠を出す時の「水戸黄門」になっているのが面白い。
サントラCDは、GDM盤とキングレコード盤では収録時間が違ってます。
GDM盤の方が10分くらい長い。
各曲の長さもまちまちなので、バージョン違いの曲が入ってたりするかもしれません。
どちらも廃盤だと思うので、今となってはちょっと入手は難しいかもしれません。


・・・と、ここまでが過去記事。
CDは長らく入手困難でしたが、今回、ランブリング・レコードから出たサウンドトラック名作選35の1枚としてCDが発売されました。
DSDマスタリング仕様で、過去に日本で出ていたCDとはバージョン違い。
イタリアのGDMレーベルから出ていた盤が原盤のようです。
ジャケは、どうやらシングル盤のデザインを使ってます。
日本盤ジャケのイラストも往年のチラシ風で良かったのですが、
これもなかなか渋くてかっこいい。
2000円+税というリーズナブルな価格設定も良心的。



ランキング参加中です
よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

必殺の用心棒 【DSDリマスタリング】/Luis Bacalov

¥2,160
Amazon.co.jp



必殺の用心棒 [DVD]/ハント・パワーズ,ソレダート・ミランダ,ジュリアン・ラファティ

¥3,990
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。