サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


・・・・今日は過去の記事に手を加えています。

THE AMITYVILLE HORROR
監督: スチュアート・ローゼンバーグ
音楽: ラロ・シフリン
出演: ジェームズ・ブローリン、マーゴット・キダー、ロッド・スタイガー、ドン・ストラウド、マーレイ・ハミルトン、マイケル・サックス、ヘレン・シェイヴァー、ジョン・ラーチ
1979年 アメリカ映画



後にシリーズ7作ぐらいまで製作された挙げ句、リメイクまでされちゃった超常現象ホラー。
アメリカで実際に起きた超常現象事件を元ネタにしたベストセラーが原作です。
ストーリーは、もうみなさんご存じだと思いますが、幸せな親子5人が引っ越してきた家は、
実はその昔、悪霊崇拝の男が建てた邪悪な家で、
悪霊に取り憑かれたその家のせいで様々な怪奇現象に襲われる・・・・というお話。
淡々とした演出で、あんまりクドいドラマになっていないのがいい。
こういうのをセミ・ドキュメンタリー風っていうのでしょうか。
「ポルターガイスト」のような豪快なSFXが無い分、恐怖を盛り上げる古典的な演出が光ります。
エグいシーンや、ベッドがガタンガタンいったり、皿が飛んだりはしませんが、
ハエが不気味な小道具になっていて、そこそこ恐怖を盛り上げます。
なにより、神父が完全に無力で、悪霊に全く立ち向かえないどころか
最後には廃人になってしまうというところが、悪霊のパワーの凄さを表していて怖さ倍増です。
若い頃のマーゴット・キダーが奥さん役で出ていてます。
一応ジェームズ・ブローリンとのベッドシーンがあって、
絡みの前に一瞬ちらっとお○ぱいが見えたような・・・・・いやいや気のせいかもしれません。



音楽は、ラロ・シフリン。
この映画が平凡な超常現象ものに終わらなかったのは、この人の力によるところが大きいでしょう。
テーマ・モチーフは、子供のコーラスがかわいいんだけど、その奥にそこはかとない恐怖が潜むような印象的なフレーズを持ってきています。
悪く言えば、「チューブラー・ベルズ」に始まるホラー・スコアの定石メロなのですが、
このモチーフはかなり耳に残ります。
劇伴も恐怖演出を盛り上げる的確なスコアが付けられていて、
後半の脱出シーン等では往年のアクション・スコアの臭いまでします。
凡庸なホラーも、ラロ・シフリンがスコアを書くと一級品になっちゃうお手本・・・と言うとちょっと言い過ぎか。
1979年アカデミー作曲賞ノミネートも納得の逸品。
確か昔TVでアカデミー賞授賞式の模様をやってて、指揮がヘンリー・マンシーニだったかなあ、
その年の作品のノミネートスコアだったかをメドレーで演奏するシーンがありました。
そこで初めてこの映画のスコアを聴いて、気に入ってしまいました。
早速LPを探したのですが、日本盤は無くて輸入盤を探したのですが、
なかなか見つけられなくて、そのうち買わずじまいになっていました。
CDの時代になってからは、ラロ・シフリンのレーベルAlephからCDが出たのでようやくそっちを購入しました。
しかし、・・・・ラロ・シフリンのAleph盤って再録だったりする場合があるのですが、この作品も残念ながら再録でした。
ラロ・シフリン自身がThe Czech National Symphony Orchestraを指揮しています。
LP音源もCD化して欲しいなあ。



・・・・と、ここまでが過去の記事
ラロ・シフリンの作品なども結構発掘しているQuartetレーベルから、なんと完全盤2枚組CDが限定1,000枚で発売になりました。
1枚目がモノラル音源のフルスコア。2枚目が不完全な形ではありますが発見されたステレオ音源+ボーナストラック。LPに入っていた、時代を感じさせるディスコ調(でも好き)のトラックもボーナスとして入っています。
個人的には、ステレオ音源をベースとして、無いやつをモノラルで収録してくれれば、わざわざ2枚組にする必要無かったのになあ、と思います。
同じようなトラックが収録された2枚組だと、財布に厳しい上にそもそもフルで2枚続けて聴かない。(聴く時間が取れないというのが正直なところですが・・・・)
とはいえ、オリジナル音源のフルスコアが聴けるということはほんとに有り難いことです。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Ost: the Amityville Horror/Lalo Schifrin

¥2,702
Amazon.co.jp



これはAlephから出たスコア盤
    ↓

Score/Lalo Schifrin

¥1,221
Amazon.co.jp

悪魔の棲む家 [DVD]/ジェームズ・ブローリン,マーゴット・キダー,ロッド・スタイガー

¥995
Amazon.co.jp

悪魔の棲む家 アルティメット・エディション (初回限定生産) [DVD]/ジェームズ・ブローリン,マーゴット・キダー,ロッド・スタイガー

¥4,179
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



THE GAME
監督:デヴィッド・フィンチャー
音楽:ハワード・ショア
出演:マイケル・ダグラス、ショーン・ペン、デボラ・カーラ・アンガー、ジェームズ・レブホーン、ピーター・ドゥナット、キャロル・ベイカー、アンナ・カタリーナ、アーミン・ミューラー=スタール、エリザベス・デネヒー
1987年 アメリカ映画


これもフィンチャー作品としては評価の別れる1本。
映画にすぐツッコミを入れたがる人、映画にリアリティを追及する人などは観ない方がいいかもしれません。
僕は、マカロニ映画で鍛えられてるから全くそのへんは気にならず、素直に「ゲーム」に騙されました。
15年ぶりに本編を再見したのですが、結末が分かっているのにそれなりに楽しめました。
荒唐無稽なストーリーといえばそれまでですが、うちの嫁などはすっかり騙されてしまって、
ラスト直前の衝撃シーンでは、「こんな結末になるんだったら見なきゃよかった。」などと
不平不満を漏らすなど、すっかり罠にはまっていました。
ストーリーは、他人への優しさなど微塵も持ち合わせていない投資家の男が、
48歳の誕生日に弟からCRSという会社が手掛ける体験型ゲームへの招待状を受け取ります。
男は半信半疑ながらこのゲームに参加することになりますが、
男のまわりでは次々とトラブルが起き始め、遂には身の危険すら感じるようになる・・・・というお話。
大女優キャロル・ベイカーが出ていたのは、今回初めて知りました。
ヒロイン役のデボラ・カーラ・アンガーって、「ペイバック」以降、全然見かけないなあと思ってたら、
僕が観ないタイプの作品でコンスタントにキャリアを積んでたようです。失礼しました。


音楽は、いつものハワード・ショア。
今回は、ピアノのリフレインなどが特徴的なチョイ重めのスコアを提供しています。
オープニングは、物悲しげなピアノがソロを取る小曲。
相変わらず、センスのいい曲を書かれますねえ、この人は。
ストーリーが進むにつれて、ピアノはジムノペティ風になり、さらには不穏な音階の音に変わっていきます。
これに、いつもの重厚なストリングスが被るという構成の重量級のスコアとなっています。
派手な曲はありませんが、陰鬱系ではないので、本編をご覧になった方なら聴けると思います(笑)
エンド・タイトルにはジェファーソン・エアプレインの”White Rabbit”が流れます。
これ、スコア盤サントラにしては珍しく、アルバムのラストにしっかり入っています。
今で言うところのオルタナティヴな香りがする曲ですが、実は結構お気に入りで、
ジェファーソン・エアプレインのアルバムでは、この曲が入ってるやつだけ持ってます。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

The Game/Howard Shore

¥2,846
Amazon.co.jp

ゲーム [DVD]/マイケル・ダグラス,ショーン・ペン

¥6,480
Amazon.co.jp

シュールリアリスティック・ピロー/ジェファーソン・エアプレイン

¥1,944
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



CATCH AND RELEASE
監督:スザンナ・グラント
音楽:BT、トミー・スティンソン
出演:ジェニファー・ガーナー、ティモシー・オリファント、サム・ジェーガー、ケヴィン・スミス、ジュリエット・ルイス、ジョシュア・フリーセン、フィオナ・ショウ、ティナ・リフォード、ジョージア・クレイグ
2006年 アメリカ映画


女流監督スザンナ・グラントのデビュー作。
本邦劇場未公開に終わった、ちょっぴりインディペンデントな香りすらする作品ですが、
これが意外に心に残る逸品なのです。
いつもの「サウンドトラック秘宝館」らしくないチョイスですが、
これは騙されたと思って大した期待もせずにご覧になることをお勧めします。
ストーリーは、婚約者を突然の事故で失った女性が、婚約者の友人たちと共同生活を始めます。
婚約者の身辺整理の過程で、彼には生前別の愛人がいて子供までいたことが分かり、
女性は深く傷つきますが、その一方で共同生活のメンバーの1人に惹かれていきます。
そんな中で、愛人とその子供が女性の前に現れる・・・・・というお話。
派手な演出はありませんが、丁寧な作風に好感が持てる良質な1本だと思います。
たまには、こういう「秘宝」も紹介しないとね。
100%、頭の中が「カス映画」のことしか無いと思われても困るので・・・。


音楽は、BTとトミー・スティンソン。
ハートフルコメディということで、とても聴きやすいトラックが並びます。
個人的に一押しの「モンスター」のサントラを思わせる瞬間もあります。
優しいピアノの調べがテーマモチーフの一つになっているようです。
テクノのイメージが強いBTですが、大きくフィーチャーされるアコースティックギターやスライドギターをはじめ、演奏は生楽器を中心に編成されていて、アコースティック色の濃いサントラになっています。
トミー・スティンソンって、ガンズ・アンド・ローゼズ、リプレイスメンツ、ソウル・アサイラムと渡り歩いたベーシスト、あのトミーのこと?
てことは、ギター弾いてんのはトミー?
その辺は資料が無くてよく分かりません。
テクノなビートは全く出てきませんので、テクノトラックを期待する人にはオススメできませんが、
ハートフルな本編と相まって、聴いていてとても癒されます。
「ブロークバック・マウンテン」や「モーターサイクル・ダイアリー」などが好きな方にはいいかもしれません。
爽やか系のアコースティック・ナンバーが中心ですが、時折、ピアノの切ない旋律が絡む曲があり、
個人的にはこの手のピアノ曲が好み。
デスメタルやハードなインダストリアルを聴いて荒んだ耳を癒すには、
最適な「箸休め」的サウンドトラックと言えるでしょう。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Catch & Release (Score)/Various Artists

¥4,120
Amazon.co.jp


こっちは、歌モノ企画盤
  ↓

Catch & Release/Various Artists

¥1,989
Amazon.co.jp



恋は突然に。 [DVD]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

¥3,990
Amazon.co.jp

Greatest Hits/Geffen Records

¥2,342
Amazon.co.jp

Appetite for Destruction/Geffen

¥1,642
Amazon.co.jp

Use Your Illusion 2/Geffen

¥1,292
Amazon.co.jp

Use Your Illusion 1/Geffen

¥1,292
Amazon.co.jp

ザ・シルバー・ライニング/ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

¥2,592
Amazon.co.jp

キャンディー・フロム・ア・ストレンジャー/ソニーレコード

¥2,592
Amazon.co.jp

Let Your Dim Light Shine/Sony

¥2,332
Amazon.co.jp

Grave Dancers Union/Sony

¥2,012
Amazon.co.jp

Don’t Tell a Soul (Exp)/Rhino / Rykodisc

¥2,471
Amazon.co.jp

All Shook Down (Exp)/Rhino / Rykodisc

¥2,471
Amazon.co.jp

Tim/Sire / London/Rhino

¥1,435
Amazon.co.jp

Original Album Series/Warner Bros UK

¥5,858
Amazon.co.jp

The Replacements: The Complete Studio Albums 19.../Rhino

¥7,810
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND
監督:スティーヴン・スピルバーグ
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:リチャード・ドレイファス、フランソワ・トリュフォー、テリー・ガー、メリンダ・ディロン、ボブ・バラバン、ケリー・ギャフィ、ランス・ヘンリクセン、ロバーツ・ブロッサム、カール・ウェザース
1977年 アメリカ映画


これ、今まで全く紹介したことなかった・・・。
さすがB級、C級サントラ専科の「サウンドトラック秘宝館」!・・て、自画自賛している場合ではありません。
定番外しにも程がありますね。お恥ずかしい限りです。
さて、この映画、あまりに有名なのでストーリーを紹介するまでもないでしょう。
横着して省略します
要は、”We are not alone. 宇宙にいるのは われわれだけではない。”という映画です。
子供の頃に初めて観たときは、さながらドキュメンタリーのような語り口に奇妙な感覚に襲われた記憶があります。
しかしマザーシップの登場シーンは巨大なシャンデリアが飛んでるみたいで神々しかったなあ。
この映画、劇場版と特別編とファイナル・カットと3種類存在するのかな?
なんだかややこしい。
特別編は観たことがあるなあ、劇場版のエンディングの続きがあるやつ。
劇場公開時、なんであの続きをカットしたんだろう。
エイリアンとか簡単に出しちゃうと、せっかくのドキュメンタリーっぽい雰囲気が壊れると判断されたんでしょうか。


音楽は、巨匠ジョン・ウィリアムズ。
当時のSFサントラとしては、「スター・ウォーズ」や「スーパーマン」に比べると、
かなり硬派な内容だったと思います。
当時はディスコ・ブームで、ジョン・ウィリアムズ作品も「スター・ウォーズ」やら「スーパーマン」は、テーマ曲をアレンジしたディスコ・バージョンが存在しました。
ところが、この映画、そんな硬派な内容なので、キャッチーなモチーフを持ったメイン・タイトルらしきものがありません。
一応それらしいのが、あの有名な異星人とコンタクトを取るときの5つのシンセサイザー音。
これをモチーフに、ミーコやジーン・ペイジがディスコ・バージョンを作りヒットしました。
サントラは、これまで通常盤とコレクターズ・エディションの2種類が出ていますが、
両方ともCD化されていますが、今では廃盤となっています。
僕は、CDの方はコレクターズ・エディションしか持っていないのですが、
未収録曲やバージョン違いが多すぎて、慣れ親しんだ通常盤LPとは全く別物という感じでした。
それが今回、なんとSACDとのハイブリッド仕様で通常盤CDが再発されることになりました。
さらに、当時シングルでリリースされていた「未知との遭遇」のテーマもボーナスで入っているらしい。





てことは、ジャズとディスコの中間のようなユルユル・バージョンのテーマが聴けるのか。
もしそうだとしたら、これは、欲しいなあ(違ってたらごめんなさい)。
1曲目から2曲目の展開がコレクターズ・エディションは通常盤と全く違うので、もどかしさを感じていたところでした。
早速、予約せねば。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Ost: Close Encounter of the Th/Audio Fidelity

¥3,904
Amazon.co.jp



これは、コレクターズ・エディション
    ↓

Close Encounters Of The Third Kind: The Collect.../Arista

¥2,041
Amazon.co.jp



未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray]/リチャード・ドレイファス,フランソワ・トリュフォー,テリー・ガー

¥2,571
Amazon.co.jp

未知との遭遇 ファイナル・カット版 (1枚組) [DVD]/リチャード・ドレイファス,フランソワ・トリュフォー,テリー・ガー

¥1,523
Amazon.co.jp

未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(3枚組み) [DVD]/リチャード・ドレイファス,フランソワ・トリュフォー,テリー・ガー

¥8,208
Amazon.co.jp

未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(2枚組) [Blu-ray]/リチャード・ドレイファス,テリー・ガー,ボブ・バラバン

¥9,800
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



PANIC ROOM
監督:デヴィッド・フィンチャー
音楽:ハワード・ショア
出演:ジョディ・フォスター、フォレスト・ウィテカー、ジャレッド・レトー、クリステン・スチュワート、ドワイト・ヨーカム、パトリック・ボーショー、イアン・ブキャナン、アン・マグナソン
2002年 アメリカ映画


デヴィッド・フィンチャー作品の中で一際異彩を放つ、小ぶりである意味実験的な作品。
観客の期待を敢えて裏切るかのような、シンプルな密室劇となっています。
最初観たときは、あれれ????という感じでしたが、よくよく見直してみると、
流れるようなカメラワークやジメッとした映像など、随所に感じられるフィンチャーらしさを楽しむこともできます。
B級テイスト溢れる極めて単純なお話なので、下手をするとカスが出来てしまうテーマを最後まで飽きさせることなく手に汗握る作品に仕上げる手腕は素晴らしい。
ストーリーは、離婚した母娘が暮らす高級住宅に3人組の強盗が乗り込んできます。母娘はとっさに完璧な防犯システム完備の部屋”パニックルーム”に逃げ込みます。しかし、強盗の目的はその防犯部屋の中にあった・・・・というお話。
フィンチャー作品にしては、ヒネリが無いので肩すかしを食らった人も多いようで、
駄作とか失敗作という評価もありますが、たまにはこういう作品も良いのでは?
もともと、ニコール・キッドマン主演で撮影されていたようですが、
怪我で途中降板してジョディ・フォスターにバトンタッチされたようです。


音楽は、ハワード・ショア。
「セブン」、「ゲーム」に続いてデヴィッド・フィンチャー作品を担当してます。
「セブン」やクローネンバーグ作品ほどダークで陰鬱な雰囲気はありませんが、
やはり普通のサスペンス・スコアに比べると異彩を放っているのは確かだなあ。
全体的にストリングスにドスが利いていて迫力満点です。
いつものように、メインとなるモチーフ的なものはありませんが、
このダークで迫力のあるストリングスはクセになる中毒性を持っているので不思議です。
所々で音がかなり小さくなるので、よく聴こえないと音量を上げていると、
そのうち次第に大きくなって、気が付くと大音量になっているので、
マンションなどでお聴きになる場合は注意が必要です(笑)
「羊たちの沈黙」のスコアにもどことなく似た雰囲気があるので、
ジョディ・フォスターの演技に違和感なく収まる感じです(笑)
サントラは、米Vareseから出ていますが、収録時間は30分とすっきりしています。
この手のサウンドは、30分ぐらいがちょうどいいのかも知れません。
このくらいの長さなら、アルバム通して一気に聴くことができるし、
特別な1曲を選んで聴くようなスコアでもないので。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


パニック・ルーム/サントラ

¥2,592
Amazon.co.jp

Panic Room/Howard Shore

¥2,440
Amazon.co.jp

パニック・ルーム [DVD]/ジョディ・フォスター,フォレスト・ウィテカー,ドワイト・ヨーカム

¥1,512
Amazon.co.jp

パニック・ルーム トリプル・デラックス・エディション (3枚組) [DVD]/ジョディ・フォスター,フォレスト・ウィテカー,ドワイト・ヨーカム

¥6,156
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。