サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:



3:10 TO YUMA
監督:ジェームズ・マンゴールド
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ローガン・ラーマン、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ、ヴィネッサ・ショウ、アラン・テュディック、グレッチェン・モル、ダラス・ロバーツ
2007年 アメリカ映画

ラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルの競演による50年代ウェスタン「決断の3時10分」のリメイク。
オリジナルはまともに観たことがないのですが、2007年にこれだけベタで男臭いウェスタンを製作するとは
大したものです。
ツッコミどころは満載なのですが、あえてそんな野暮なことは言わずにご覧になることをお勧めします。
クライマックスの展開に、「そんなことなるわけないだろ」と冷めた見方をすると一気に面白くなくなりますのでご注意を。
愚直で誇り高い西部の男を描いた男泣きの渋い1本です。
ストーリーは、かつての北軍の狙撃手として活躍したものの、戦争で片足を負傷して体が不自由になってしまった男が、小さな牧場を妻子とともに細々と暮らしています。しかし、借金がかさんで家計は火の車に。ある時、街に出ると大悪党のボスが捕まって護送されるところに遭遇、手下がボスの奪還を狙う中、男は報酬を目当てに危険な護送を買って出ることになる・・・・というお話。
ラッセル・クロウが悪役なのですが、それも後半の(強引な(^_^;))展開で「あ~なるほど」となんとなく頷けてしまいます。
しかし、ピーター・フォンダの使い方がヒドイなあ。
最初、誰か分からなかったじゃん、もっといい役させてよ。


音楽は、マルコ・ベルトラミ。
確かこの映画、アカデミー作曲賞の候補になったと記憶しているのですが・・・。
スコアは、乾いたトーンのマカロニ・ウェスタンという趣のおっさん好みの作風。
最初は、大人しいスコアが続くのですが、後半に進むに従ってだんだんノリのある楽曲が増えてきます。
そして、クライマックスの駅でのガンファイト・シーンになだれ込みます。
この時の劇伴がスゴい。めっちゃカッコいい。
前半、抑制していた分、余計に激しく聴こえます。
このクライマックスのスコア、これは「燃え」る。
マカロニチックなトランペットも熱い。
こんな躍動感溢れるスコアが入ってたなんて、最近まで知りませんでした。
マルコ・ベルトラミって、作品によって当たり外れがあるので
なかなか手を出しにくいのですが、これは当たりです。
サントラは、もともと47分収録のCDが出ていたのですが、
今年の4月に、米La-La-Landレーベルから7曲増曲した1時間弱の限定盤が発売されています。
なお、フランキー・レインが主題歌を歌うオリジナル版(音楽:ジョージ・ダニング)のサントラはi-Tunesでダウンロードできます。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Ost: 3:10 to Yuma/Marco Beltrami

¥3,705
Amazon.co.jp

3時10分、決断のとき [DVD]/ラッセル・クロウ,クリスチャン・ベイル,ピーターフォンダ

¥3,990
Amazon.co.jp

3時10分、決断のとき [Blu-ray]/ラッセル・クロウ,クリスチャン・ベイル,ピーター・フォンダ

¥2,037
Amazon.co.jp

決断の3時10分 [DVD]/グレン・フォード,ヴァン・ヘフリン,フェリシア・ファー

¥1,512
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:



EXODUS
監督:オットー・プレミンジャー
音楽:アーネスト・ゴールド
出演:ポール・ニューマン、エヴァ・マリー・セイント、ラルフ・リチャードソン、リー・J・コッブ、ピーター・ローフォード、サル・ミネオ、ジョン・デレク、ヒュー・グリフィス
1960年 アメリカ映画

普段は、喜々としてカスを紹介するのに、ごくたまに発作的にとんでもない名作をアップすることがあります。
今夜はそんな気分で、「栄光への脱出」をチョイス。
しかし、正直にカミングアウトすると、困ったことに僕はこの映画を観たことが無い。
上映時間212分という長尺に怖気づいて、なかなか観ることが出来ないのです。
ほとんどの名作は子供の頃にテレビで観ているのですが、
この映画だけはテレビで観る機会がありませんでした。
だから、ストーリーもよく分かりません。
ユダヤ人によるイスラエル建国までの苦闘を描いた作品だということだけは知っているのですが、
どうもこの映画、感覚的に観たいという衝動が起こらない。
なんでかなあ。
どっかで放送されれば観るかもしれませんが、DVD借りてまで観ようとは思わないなあ。


音楽は、巨匠アーネスト・ゴールド。
巨匠一世一代の傑作スコアといわれているようですが、サントラ裏街道派の僕としては「戦争のはらわた」がベスト。
でも、壮大なテーマ曲はすごく有名で、イージーリスニングでもいろんな楽団がカバーしてます。
パット・ブーンが歌うボーカル・バージョンなんてのもあります。
キャッチーなメロのテーマ曲は超有名なのですが、
劇伴はというと、アラビアのロレンスを思わせるアラビックなフレーズが出てきたり、
テーマモチーフがいろんな形で出てきたり、往年の映画音楽の王道を行く内容でおっさんにはとても心地よい。
ちなみにこの映画のサントラ、音質が劣悪なのでも有名で、
作品のクオリティが高いだけに大変残念なことになってます。
CD化にあたって、BUDDHAレーベルがステレオリマスターを試みていますが、
低音を中心に音圧が不自然に上がっただけで、余計に耳障りで聴きづらくなってました。
これなら、Milanレーベルが出したモノラル盤のCDの方が聴きやすい。
ただ、Milan盤はジャケが今一つ。
ポール・ニューマンの顔と、港で人々が歓声を上げてる?有名なカットとのコラージュ。
どちらも一長一短という感じです。
なお、2009年にはTadlowレーベルから、ニック・レイン指揮City Of Prague Philharmonic Orchestraの演奏による再録音2枚組が発売されています。
オリジナル音源にこだわらない人には、こちらの方が聴きやすくていいかも。


・・・なんか中身の薄いレビューになってしまって、すみません。
やっぱり、名作は苦手だ(^_^;)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Ost: Exodus/Ernest Gold

¥2,114
Amazon.co.jp

Exodus (Score)/Various Artists

¥1,216
Amazon.co.jp

Ernest Gold / Vinyl record [Vinyl-LP]/Exodus

¥1
Amazon.co.jp


栄光への脱出 [DVD]/ポール・ニューマン,エヴァ・マリー・セイント,ラルフ・リチャードソン

¥1,944
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



今日は、またまた「新幹線大爆破」くんつながりで、過去記事をいじります。



MAD MAX
監督:ジョージ・ミラー
音楽:ブライアン・メイ
主演:メル・ギブソン、スティーヴ・ビズレイ、ヒューキース・バーン、ジョアンヌ・サミュエル、ティム・バーンズ
1979年 オーストラリア映画


メル・ギブソンつながりで、彼の出世作を紹介します。
彼はもともとニューヨークの生まれですが、家族とともに10代の頃にオーストラリアに移住し育ったことから、オーストラリアの映国界でデビューしたようです。
近未来のオーストラリアを舞台に、凶悪な暴走族集団と警察がし烈な戦いを繰り広げる中、
妻子を殺された警官マックスが改造パト「インターセプター」を駆使して復讐を果たすというお話。
カーアクションのスピード感がすごい作品です。       
実際に車やバイクをぶちこわしてるので、CGには無い迫力があります。
あまりの過激なアクションのため、撮影中にオートバイに乗ったスタントマンが事故死しています。
なんと、その様子が本編でそのまま使用されています。
転倒して道路を横滑りしてるところに、後続のバイクが滑ってきて後頭部に激突するのですから、
どう見ても首の骨が折れてます。
このマッドマックス、実はビデオ版の英語音声は吹き替えだそうです。
メル・ギブソンはアメリカ生まれなのに、成長期をオーストラリアで過ごしたため、
オーストラリア訛りがひどくて、アメリカ公開に際しては吹き替えされてしまったようです(^^;)
タイトな革ジャンにプロテクターのついた警察のコスチュームがすごくカッコよかったのを覚えています。


音楽は、オーストラリアの作曲家ブライアン・メイ。
イギリスのロック・バンド「クイーン」のギタリストとは同名異人です。
たまに勘違いする人がいて、「ロック・ミュージシャンなのに本格的なスコアを書く」なんて評価してますが、
別人なので正統派スコアが書けて当たり前なのです(^^;)。
この人は意図してそうしているのかは定かではありませんが、バーナード・ハーマンばりの実験的な作風のスコアを書く人のイメージがあって、
本作でもその奇抜なオケの編成は特質に値します。
木管楽器を極力廃して、金管とパーカッション中心の特殊な編成で迫力あるスコアを書いています。
予算的な問題からオケの人数はお世辞にも多いとは言えませんが、
ハリウッド作品にはあまり無い、野性的で独創性溢れるスコアを完成させています。
サントラはCDが発売されており、たぶん現在も入手可能かと思われます。
CDは、ボーナストラック1曲が追加収録されています。
明確なメロはありませんが、「ダイ・ハード」や「マトリックス」あたりを彷彿とさせる、
短いフレーズの積み重ねでメロディを構成していて、一度聴いたら忘れません。
なお、日本公開時にエンド・タイトルとして「串田アキラ」が歌う主題歌が流れたそうです。
日本人が作曲した歌ですが、なかなかカッコよくて僕もシングル盤を買っちやいました。
歌詞はすべて英語で、イントロのドラムの入り方が「通好み」でした。
(このイントロ、実際に叩いてみると結構難しいです。)



・・・・・と、ここまでが過去記事。
先日、「新幹線大爆破」くんが本作のDVDをくれたので、久々に本編を鑑賞。
ブルーレイ版は鮮明な画像なんでしょうが、さすが廉価版と思しきDVD、画質はかなり粗い。
(「新幹線大爆破」くん、ごめん。)
でも、そこがまた低予算アクションっぽくて良かったりします。
まあ、普段僕が観ているマカロニアクションのDVDなんか、これよりずっとヒドいもんなあ。
そう思えば十分我慢できる範囲。
単純なストーリーや心理描写をビジュアル化したわざとらしい演出などはご愛嬌ですが、
さすが改造バイクやインターセプターの疾走シーンの迫力はスゴい。
エキストラの暴走族は、ホンモノを使ったとか。
どうりで・・・演技にしてはあまりにリアルだと思った(笑)。
スコアも本編を重ね合わせてみると、やっぱりいい。
ハリウッドスコアとは違う「いびつ」で「安い」音ですが、
映像にはぴったしだなあ。
エンド・クレジットも、オリジナルはサックスのソロをフィーチャー。
なんだか物悲しいメロで、昔の民放放送の終了の音楽みたいで、
どこか郷愁を誘うスコアです。
これが日本公開版では串田アキラの歌にすり替わっていたというのですが、
最近、この日本語主題歌って実はイメージソングでは?と思い始めた次第。
串田アキラの歌も好きだけど、本編の流れから言えば絶対オリジナルの方がいいじゃないか。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Mad Max: Original Motion Picture Soundtrack/Varese Sarabande

¥2,328
Amazon.co.jp

マッドマックス(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

¥2,571
Amazon.co.jp

マッドマックス(字幕版)/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

マッドマックス(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [DVD]/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

¥1,543
Amazon.co.jp

1/24 ムービーメカシリーズSP10 MAD MAX2 インターセプター スーパーディテール/青島文化教材社

¥4,104
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



LUCY

監督:リュック・ベッソン
音楽:エリック・セラ
出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド、アナリー・ティプトン、ジュリアン・リンド=タット、ピルー・アスベック
2014年 フランス映画

リュック・ベッソン監督が90分を切る内容でサクッと描いたSFアクション。
後半の荒唐無稽な展開に唖然とする一方で、B級テイストという点では歓迎したい作品。
ストーリーは、あんまりお行儀のよさそうでない若い女性が、新種のドラックの闇取引に巻き込まれ、
無理やり運び屋をさせられます。
その過程で体内に大量のドラッグを吸収してしまいますが、それが脳を活性化させてしまい、
人間の潜在能力が解き放たれ、女性は超人と化していく・・・・というお話。
かなり強引な解釈による潜在能力のお話ですが、最後はああなってしまうのか、
という独創的なビジュアルには唖然とします。
何も考えずにスカッとしたいときにはいいかもしれません。
ベッソン作品、相変わらず暴力シーンは容赦なく、女性や子供にはオススメできません。
ちなみにマフィアのボスを演じたチェ・ミンシクがなかなかいい味を出していました。
普段、韓国の映画はあまり観ないのですが、
このおっさんは、「オールド・ボーイ」や「悪魔を見た」での怪演が素晴らしかったので覚えています。
韓国の俳優って、イ・ビョンホンみたいなのより、
こういうめちゃくちゃアクの強いおっさん系の方が存在感あっていいなあ。


音楽は、いつものエリック・セラ。
セラ節ともいえる「グレート・ブルー」に代表される定番のフレーズも出てきますが、
アドレナリン放出系のハードなテクノも入っていて、今風に音が進化しています。
オープニングは抑制の効いたクールなテクノトラックがかっこいい。
劇伴は不気味なアンダースコアなども多く、全体的にメロは希薄です。
劇中で流れるインスト・ロックはかなりカッコいい。
エリック・セラ、やるじゃんと思ったら、これはChristal Methodの曲でした。
コミカルなジャズ系チューンも入っていて、ちょっとしたお遊びもあります。
本作の目玉は、クライマックスの劇的なスコア。
これは圧巻です。
エリック・セラって、痒いところに手が届きそうで届かない感じのスコアが多いのですが、
今回はかなりいい。
スコアの他に、ブラーのデーモン・アルバーンが歌う主題歌もGood。
個人的にブラーびいきなので、この起用は高評価。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Lucy/Original Soundtrack

¥2,714
Amazon.co.jp

LUCY/ルーシー [Blu-ray]/スカーレット・ヨハンソン,モーガン・フリーマン,チェ・ミンシク

¥2,037
Amazon.co.jp

LUCY/ルーシー [DVD]/スカーレット・ヨハンソン,モーガン・フリーマン,チェ・ミンシク

¥1,543
Amazon.co.jp

Everyday Robots/Damon Albarn

¥2,575
Amazon.co.jp

Dr Dee/Damon Albarn

¥2,784
Amazon.co.jp

マリ・ミュージック/デーモン・アルバーン&マリ・ミュージシャンズ

¥2,621
Amazon.co.jp

Journey to the West (Dig)/Damon Albarn

¥2,549
Amazon.co.jp

The Magic Whip/Blur

¥2,575
Amazon.co.jp

Blur/Blur

¥1,489
Amazon.co.jp

The Best of Blur/Blur

¥2,319
Amazon.co.jp

Parklife/Blur

¥1,489
Amazon.co.jp

Leisure/Blur

¥1,276
Amazon.co.jp

Great Escape/Blur

¥1,276
Amazon.co.jp

Modern Life Is Rubbish/Blur

¥1,276
Amazon.co.jp

Think Tank/Blur

¥3,326
Amazon.co.jp

13/Blur

¥1,276
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館

僕の友人「新幹線大爆破」くんが、
 「この映画のレビューを何年も前からお願いしてるのに一向に取り上げてくれない。
  早く紹介してくれ」
というので、過去記事を探してみたら、ちゃんと6年前にレビューしてました。
「新幹線大爆破」くん、僕はちゃんと約束を守ってるよ(笑)。
ということで、再アップします。


Mr.BASEBALL
監督:フレッド・スケピシ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
主演:トム・セレック、高倉健、高梨亜矢、デニス・ヘイスバート、塩谷俊、アート・ラルフー
1992年 アメリカ映画

口ひげがゲイと紙一重なトム・セレックが大リーガー役を演じ、フレッド・スケピシ監督が軽いタッチで撮ったプロ野球コメディ。
日本ロケを敢行、日本人のキャストもたくさん出ているので、
アメリカ人がよく描いてしまう「誤った日本のイメージ」になっていないことに好感が持てます。
トム・セレックって、大リーガーの中にほんとにいそうな感じなので、この役にばっちりハマッてました。
くたびれが出始めた大リーガー(トム・セレック)が、日本の中日ドラゴンズにトレードされて来日します。
中日ドラゴンズには鬼監督(高倉健)がいて、ことある毎に2人は衝突します。
そんな大リーガーを唯―理解し、支えてくれる献身的な日本人女性(高梨亜矢)がいて、
大リーガーはこの女性といつしか愛し合うようになるのですが、
なんとこの女性は実は鬼監督の娘だった!‥‥・という風にお話が展開していきます。
スタジアムに中日ファンを実際にエキストラとして集めた試合シーンが、臨場感たっぷりに描かれています。
トム・セレックがカルチャー・ギャップに困惑するシーンも、ベ夕だけど面白い。
立て膝をついて、そうめんをつゆもつけずに「チュルチュル」すするところが結構笑えた。
高倉健が演じる鬼監督とトム・セレックとの喧嘩腰のやりとりも楽しめました。
野球にはほとんど興味が無い僕でも楽しめた作品なので、野球ファン、特に中日ファンの人はもっと楽しめる映画なのではないでしょうか。


音楽は、ジェリー・ゴールドスミス。
90年代のゴールドスミスは、ドラマ系の作品に小品を提供することが多く、
「燃え」系スコア好きには不作の時代と言われていますが、
本作はそんな中で奇抜な作風が飛び抜けた珍作と言えるでしょう。
後に日本のお茶の間野球番組では超有名になった、シンセによる野球ファンファーレから始まるフュージョン・トラックを始め、
琴や尺ハ等の和製楽器をあしらった日本をイメージしたコミカルなスコアの数々を聴<ことができます。
この時期の御大が手掛けた他作は、「ドラマ重視」の全編リリカルな作品が多い中、
このスコアだけは、どうも突然変異で出来ちやったような感じがしてなりません。
コメディなので本来はじけてるのが当たり前なのですが、
このはじけ具合は「どうしちやったの?先生」というほどです。
とはいうものの、いつものリリカルな曲もちゃんと入っているのでご安心を。
どのようにしてこのスコアが生まれたのかは分かりませんが、
作曲家ゴールドスミスを研究する上で、学術的価値はかなり高いと思われます(^^;)
ついでに、あのYOUがボーカルをしていたフェアチャイルドの「シャボン玉ブギ」まで入っていますが、
アメリカ盤にもこの曲が入っているのには驚きました。
現在は廃盤となって久しいCDですが、Book Off等でたたき売りされていたら、迷わず買いましょう。


・・・とここまでが過去記事。
久しぶりにサントラ聴いてみると、1曲目のベースが思いのほかブリブリのスラップ・ベース(つまりチョッパー)なのを再発見。
おお、これはカッコいいぞ。誰が弾いてんだろと思ったのですが、残念ながら奏者はノークレジット。
スコア全体を聴き返してみると、コミカル過剰な感はあるものの、
聴きやすくて上質な劇伴の数々であることを再認識させられます。
やっぱり、巨匠の仕事はさすがだなあ。
僕の中では「不作の時代」という位置付けのこの時期の巨匠の作品、
他の作品も改めて聴き直してみようかなあと思った次第。
新たな発見があるかも。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Mr. Baseball/Original Soundtrack

¥2,708
Amazon.co.jp

ミスター・ベースボール [DVD]/トム・セレック,高倉健,高梨亜矢

¥1,944
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。