サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
なんと、初の連続テレビ小説のサントラ紹介か!?
と思われた方、残念でした。
紹介する理由は・・・・、
今朝、職場で第1回が放送された時、いきなりBGMのイントロに反応してしまったのです。
まともに観ていないので、どこのどんなシーンだったかも覚えていませんが、
なんとバグパイプの名曲「スコットランド・ザ・ブレイヴ」が流れたのです。
僕は思わず「わ、コマンド戦略だ!!」と叫びそうになって、グッと言葉を飲み込みました。
そんなこと言っても、どうせ職場のみんなからは白い目で見られ、
このおっさん またわけの分からんこと言ってると思われるのがオチなのでやめました
ぐっすん(T ^ T)
連続テレビ小説初の外国人ヒロインということで、
シャーロット・ケイト・フォックスさんというアメリカで舞台中心に活動してる女優さんが主演していますが、
僕の興味はもっぱら、オープニングのBGMなのでした((笑)



ということで、「スコットランド・ザ・ブレイヴ」が効果的に使われた
映画「コマンド戦略」の過去記事をアップしておきます。



brigade






THE DEVIL'S BRIGADE
監督: アンドリュー・V・マクラグレン
音楽: アレックス・ノース
出演: ウィリアム・ホールデン、クリフ・ロバートソン、ヴィンセント・エドワーズ、マイケル・レニー、ダナ・アンドリュース、キャロル・オコナー、クロード・エイキンス
1967年 アメリカ映画




第二次世界大戦中、「悪魔旅団」と呼ばれた実在のコマンド部隊の活躍を描く戦争映画。
以前にもレビューを書いていますが、今回正真正銘のサントラが陽の目を見たので再度紹介します。
犯罪者や荒くれ者で構成されたアメリカ軍のならず者部隊とカナダ軍のエリート部隊との混成部隊の活躍を描いています。
部隊の結成からイタリア戦線でのドイツ軍山岳基地の攻略までが時にユーモアを交えながら描かれます。
ならず者部隊を訓練して精強な部隊に成長させていく様は、「特攻大作戦」等でも見られる戦争アクション映画の定石といえるでしょう。
まあ、ワンパターンと言えばそれまでですが(^_^;)
結構このくだりがまどろっこしいかったりするので、この手の戦争ものは前半がダレてしまう傾向があります。



音楽は、巨匠アレックス・ノース。
サントラ盤は、かつてルロイ・ホルムズ楽団の演奏によるスコア盤(再録音盤)がLPで存在していました。
しかしLPに収録された楽曲の半分は劇伴ではなく、劇中に酒場等で流れたソース・ミュージック系の曲が多く、
聴いていると戦争映画のサントラというより、ムーディーなイージーリスニング・ジャズ・アルバムを聴いているような錯覚を覚えました。
なんでこんなLPを出したのだろうと思っていたら、今回奇跡的にリリースされたオリジナル音源の完全盤サントラを聴いてよく分かりました。
オリジナルはミリタリー調のスコアがあるかと思えば、アルバム単独で聴くには結構キツいアンダースコアもたくさん入っていて、
公開当時、これをサントラとしてそのまま発売するにはセールス的に心配があったのではないでしょうか。
今回発売されたCDは、今月米INTRADAレーベルから限定2000枚で発売されたもので、音質も良くオルタネート・バージョンを含む全24曲入りの完全盤です。
有名なバグパイプによるマーチ「スコットランド・ザ・ブレイヴ」も、しっかり入っています。
メイン・タイトルを聴いてわかったのは、ルロイ・ホルムズ楽団の演奏がほぼオリジナルに忠実だったということ。
なお、メイン・タイトルのオルタネート・バージョンが結構カッコ良いです。
限定盤なので、戦争映画ファンは見つけたら即買いです。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



SHADOW OF THE WOLF
監督:ジャック・ドルフマン
音楽:モーリス・ジャール
出演:ルー・ダイアモンド・フィリップス、三船敏郎、ジェニファー・ティリー、ドナルド・サザーランド、ニコラス・キャンベル、ベルナール・ピエール・ドナデュー、ハリー・ヒル、シーナ・

ラーキン
1993年 カナダ/フランス映画



エスキモーを主人公としたヒューマン・ドラマ。
北極の地を舞台にしているので、風景がとても美しい。
ストーリーは、極寒の地北極で暮らすエスキモー(イヌイット族)の族長の息子が、
ある時、誤って白人男性を殺してしまい、保安官に追われる身になる・・・・というお話。
一応この映画、東京ファンタスティック映画祭で上映されたのですが、
劇場公開は見送られ、後にビデオが出ました。
なんと、この映画では三船敏郎がエスキモーの族長役で出ています。
まあ、カナダやフランスの人から見たら、
パーツ的には日本人もエスキモーもそんなに変わらないのかもしれませんが、
日本人にエスキモー役をさせるのは如何なものか・・・・。
この映画、ラスト近くになって合体シーンがあるのですが、
何故か動物のそれのように異様に時間が短いのが笑えます。
まあ、執拗に描写したらレイティングが上がっちゃうんでしょうが、
途中でカットすればいいものを、終わるまで一連の流れで描いているので、
あっという間に出ちゃって終わります。
(ルー・ダイヤモンド・フィリップスは、相当な○漏くんなのかもしれない (-_-;))
この映画、原作があるようで、原作の方はベストセラーになっているようです。


音楽は、モーリス・ジャール。
今聴くとフルオケのかなりオールド・スタイルなスコアですが、
おっさんにはこれがかなりツボ。
オープニングからかなりダイナミックなスコアに大作の風格すら感じます。
80年代以降のジャールは良くも悪くもシンセを結構積極的に導入していて、
本作でもスコアの中に何度も顔を出します。
全編を通じてドコドコと土俗的な民族音楽っぽいスコアなのですが、
こういうのって、最近あんまりお目にかかれないなあ。
テーマもしっかりしたのが付いてるし、やっぱりこういうのを聴くと安心する。
サントラは、CDがMilanレーベルから発売されていますが、アルバム1曲目から10分を超えるスコアが収録されているほか、他のスコアも軒並み5分を超える力作となっています。
演奏は、ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ。
米盤のラスト2曲は主題歌の英語バージョンとフランス語バージョン。
なんと、モーリス・ジャールが作曲しています。
歌っているのはNathalie Carsenという女性シンガー。
80年代風のポップスで、当時としてもちょっと古臭さは否めない作風ですが、
歌がいきなり唐突に終わるところなど、
あえてポップスの常識を覆す実験的な内容となっています(笑)
写真は、フランス盤ですが、フランス盤はフランス語の主題歌しか入っていないので、
ジャケ違いの米盤の方がお得です。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Shadow of the Wolf/アーティスト不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

Shadow of the Wolf [DVD] [Import]/Lou Diamond Phillips,Toshirô Mifune,Jennifer Tilly

¥価格不明
Amazon.co.jp

Shadow of the Wolf /シャドウ・オブ・ウルフ [Import] [DVD]/Lou Diamond Phillips,Jacques Dorfmann

¥価格不明
Amazon.co.jp

Shadow of the Wolf/Donald James

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



A PRAYER FOR THE DYING
監督:マイク・ホッジス
音楽:ビル・コンティ
出演:ミッキー・ローク、ボブ・ホスキンス、サミ・デイヴィス、アラン・ベイツ、アリソン・ドゥーディ、リーアム・ニーソン、クリストファー・フルフォード
1987年 イギリス映画


ジャック・ヒギンズの傑作ハードボイルドを「狙撃者」や「フラッシュ・ゴードン」のマイク・ホッジス監督が映画化した作品。
ストーリーは、IRAに所属する男が軍のトラックを狙った爆弾テロを仕掛けますが、誤ってスクールバスを爆破してしまい、テロから足を洗うことにします。
そして、海外へ脱出するためのパスポートを得るため、マフィアの依頼で殺人を請け負いますが、殺人現場を神父に目撃されてしまいます。
男は神父の口を封じるために、神父を殺すのではなく、神父に殺人を懺悔することで他言できないようにします。
しかし、悔い改めるよう諭す神父と接するうちに、神父とその娘との間に交流が芽生え、娘とは愛し合うようになります。
そんな中、殺人を神父に目撃されたことをマフィアが知ることになり、神父とその娘に魔の手が迫る・・・・というようなお話。
淡々とした語り口のハリウッド映画にはないテイストの地味な作品ですが、個人的にはキラいではありません。
良く言えば無駄をそぎ落としたタイトな演出で、口数は少ないですが、暗殺者の孤独と哀愁を上手く表現していると思います。
この映画、原作の熱狂的なファンが多いだけに、世間では大変評判が悪いのですが、
完成した作品を製作側が大幅な再編集、カット、スコアの差し替えを行ったということなので、
もともとはどんな作品だったのだろうと興味深々です。



音楽は、ビル・コンティ。
昨日に続いて、Quartetレーベルつながりです。
こちらも限定生産で1000枚しかプレスされませんが、
オフィシャルな形での初音源化を素直に喜びたいところです。
派手なブラスサウンドを期待すると裏切られますが、
哀愁のメロディが魅力のアイリッシュ調スコアとなっています。
ただ、ちょっとアイリッシュカラーが出すぎていて、
ちょっとコテコテな感じになっているのが残念。
メイン・タイトルに出てくる笛(リコーダーと言った方が正しいのでしょうが)、
これがまたおっさんは苦手。
何故か子供の頃からリコーダーとかオカリナの音ってすごく苦手なのです。
元々音色がキラいだったので、自分で吹くのも嫌で小中学校の頃全然練習しなかった。
おかげでドラマーなのに子供の頃の音楽の成績は極めて悪かったという事実。
ちょっと脱線しましたが、このスコア、全体を通して聴くとそんなに悪いわけではありません。
ジャケもなかなか素敵です。
実は、本作のスコアはもともとジョン・スコットがスコアをつけていたのに、
製作側にリジェクトされて、ビル・コンティのスコアに差し替えられたという経緯があります。
そう考えると、限られた時間の中で完成されたスコアであり立派な仕上がりだと思います。
なお、個人的にはオケにエレキギターをフィーチャーしたちょっぴりロックな味わいのあるジョン・スコットのクールなスコアも捨てがたいので、
ディレクターズカットみたいなものが残っていれば是非観てみたいと思います。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


A Prayer for the Dying/Harper

¥価格不明
Amazon.co.jp

A Prayer for the Dying/Brilliance Corp

¥1,669
Amazon.co.jp

Prayer For The Dying [Import anglais]/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:




今日はお休みをいただいたので、イレギュラーですが記事をアップします。
(といっても、過去記事をいじったインチキレビューですが・・・・。)
70年代マカロニ・ウェスタン・サントラの隠れた名作「ミスター・ノーボディ2」と「J&Sさすらいの逃亡者」の2作品がカップリングされたCDがQuartetレーベルから発売されました。
リマスターということで、全体の音圧が上がってギターの音がより前面に出たような音になっています。
どちらの作品も既に廃盤?ということで大変うれしい企画なのですが、
生産数がなんと500枚。
ちょっと少なすぎではないでしょうか。
どちらの作品もアコースティックギターと美メロが爽やかな晩期マカロニサントラの名盤だと勝手に思い込んでます。
なお、「ミスター・ノーボディ」の方は増曲はなく、「J&Sさすらいの逃亡者」の方はシングル・バージョンが追加された伊Digitmoviesレーベルのものと同内容です。
各作品の過去記事は以下のとおりです。






UN GENIO,DUE COMPARI,UN POLLO
監督:ダミアーノ・ダミアーニ
音楽:エンニオ・モリコーネ
主演:テレンス・ヒル、ミウ・ミウ、ロバート・シャールボワ、パトリック・マグハーン、クラウス・キンスキー
1975年イタリア/フランス/西ドイツ映画


70年代マカロニ・ウェスタン晩期の作品で、コミカルな演出でそこそこ面白いのに残念ながら本邦未公開に終わった幻の作品。
邦題はあの名作「ミスタ一・ノーボディ」の続編のようなタイトルが付けられていますが、
テレンス・ヒルのキャラが似ているだけで、実は全<関係の無い作品。
テレンス・ヒルの役名もジョー・サンクスって名前が付いてます。
マカロニ・ウェスタンのタイトルって、昔は国によって結構適当に付けられてたので、
ヨーロッパでは「風来坊」シリーズにあやかって、「Trinty」をタイトルの頭につけてた国もあります。
本国イタリアの原題は「天才、二人組、間抜け」というそうです。
「続・夕陽のガンマン(いい奴、悪い奴、醜い奴)」のパロディみたいですね。
ストーリーは、どろぼう3人組が、騎兵隊がインディアンから土地買収するために用意した資金30万ドルに目を付けて、
騎兵隊に化けてこれを盗もうとするお話です。
原題にある「天才」がテレンス・ヒルで、機転を利かせて騎兵隊を散々撹乱させたり、
パトリック・マグハーン扮する騎兵隊の少佐(まぬけ)をまんまと騙したり、大活躍をします。
2人組の片割れ、ミウ・ミウも「バルスーズ」とは対照的なキュートな女性を演じています。
ダミアーノ・ダミアーニ監督といえば、社会派監督というイメージがあるのですが、
本作ともう1本のマカロニ・ウェスタン「群盗荒野を裂く」はどちらもライトな作風なので意外です。
でも、さりげなくインディアン問題を取り上げてるのがこの監督らしいところかも。
今でもDVD売ってるかどうか分かりませんが、撮影したカメラによってフィルムのクオリティに落差があって、
急に画面が汚くなったり、既にフィルムがかなり痛んでいてB級、C級映画の香りがするところがとても残念です。
オープニング・シーンのカメラ・ワークがやけにセルジオ・レオーネぽいなと思ってたら、
どうやら撮影に本人さんも同行していたらし<、一部を監督してたらしいです。
どうりで、長回し撮影が執拗に出てくると思った(^^;)
クラウス・キンスキーが最初の方で、ほとんどゲスト出演のように出てきますが、
冷血漢っぽいこの怪優をテレンス・ヒルが散々コケにして遊ぶシーンには笑いました。
なお、本作はマカロニ・ウェスタンにしては豪勢にアメリカ・ロケを敢行していて、
ホンモノのモニュメント・バレーをバックにテレンス・ヒルやミウ・ミウが活躍するので、
ある意味感動モノです。


音楽は、イタリアの巨匠、エンニオ・モリコーネ。
本作は、映画自体は「ミスター・ノーボディ」とは大して関係無いながら、
音楽に関していえば本家の姉妹編ともいえるよく似た雰囲気を持った楽曲が並んでいます。
テーマ曲も、モロに「ノーボディ」を連想させる曲調でビックリします。
軽<て陽気な中にも、センチメンタルなフレーズを盛り込んだとても楽しいテーマです。
楽器の編成もよく似ています。
相変わらずムーグで子供のサンダルのような変な音を出しています。
リコーダーやアコギが出てくるところも「ノーボディ」にそっくりです。
本作でも、モリコーネの楽曲をグッと引き立てるエッダ・デル・オルソの珠玉のソプラノを聴くことができます。
劇伴も陽気で楽しい楽曲が多く、カントリー調のバイオリンとバロック楽器のファゴットが同居する等、
かなりキテレツな編成で演奏される曲もあります。
この辺の実験的精神旺盛なごった煮感覚はモリコーネならではのものではないでしょうか。
笑えるのは、「ノーボディ」では、ワグナーの「ワルキューレの騎行」をモチーフにした「ワイルド・パンチのテーマ」があったのに対して、
本作では、同じような曲調の曲にベートーベンの「エリーゼのために」を混ぜ込んだ曲があるところ。
このように、音楽は続編といってもいいぐらいよく似た雰囲気を持った不思議な作品です。
サントラは、日本盤がかつてSLCから世界初CD化と銘打って発売されてましたが、
残念ながらすぐに廃盤になってしまっています。再発されないかなあ






LA BANDA J&S: CRONACA CRIMINALE DEL FAR-WEST
監督: セルジオ・コルブッチ
音楽: エンニオ・モリコーネ
出演: トーマス・ミリアン、スーザン・ジョージ、テリー・サヴァラス、ロザンナ・ジャンニ、ラウラ・ベッティ
1972年 イタリア/スペイン/西ドイツ映画


70年代マカロニ・ウェスタンを象徴するような粋でコミカルな作品。
マカロニ版「俺たちに明日はない」みたいな感じの作品で、強烈な個性のお尋ね者トーマス・ミリアンとその追っかけの少女スーザン・ジョージの逃避行を描いた作品です。
この2人を追う保安官がテリー・サヴァラスという豪華なキャスティングになっています。
荒くれミリアンとスーザン・ジョージの掛け合いがすごくユーモラスに描かれます。
監督は「続・荒野の用心棒」のセルジオ・コルブッチ。
この人、こんなコミカルな作品も撮れるんだと感心、と思ったら
この後、テレンス・ヒル&バッド・スペンサーものを何本も撮ってました(^^;)
でも、この監督が男女の心の触れあいをこのような形で描いた作品は少ないのではないかと思います。
ラストは泣かせます。
70年代のマカロニって、往年の血生臭さが抜けた作品が多いのですが、
それはそれでまたいい味わいが出ているように思います。
「ミスター・ノーボディ」や「新・復讐の用心棒」等々、個人的に好きな作品が多いです(^o^)

音楽は、イタリアの大御所、エンニオ・モリコーネ。
これは隠れた名作ですが、残念ながらサントラCDは、フル・アルバムでは存在しないようで、本国イタリアでも、
未公開作品「VENETIAN LIES」、「Le Monachine」とのカップリングで6曲収録されたものしか出回っていないようです。
しかし、この6曲だけでも一聴の価値ある作品といえます。
日本盤では、キングから出たマカロニのコンピレーションに、本国でシングルカットされた2曲が収録されてます。
テーマ曲は、「夕陽のギャングたち」に似たリズムと雰囲気を持った粋な雰囲気の曲です。
少女スーザンのテーマも、ハーモニカをフィーチャーした美メロが素晴らしい、オケとバンドの組み合わせによる優しくゆったりとした曲です。
他のスコアもコミカルな味付けが施されており、マカロニ・ウェスタンらしからぬ味わいを持っています。
モリコーネお得意の子供が奇声を上げたようなコーラスもフィーチャーされていて、賑やかなスコアになっています。

ただお、このCDもAmazonでヒットしないということは、案外もう廃盤かもしれません(T_T)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



ちょっとこれは、今回のカップリング盤かどうかは分かりません。
かつてイギリスで出た「ノーボディ2」の単独盤かなあ。
情報が少ないので、判別不能です。
    ↓
Un Genio, Due Compari, Un Pollo/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp



ミスター・ノーボディ2 [DVD]/エスピーオー

¥5,184
Amazon.co.jp


これは、「J&Sさすらいの逃亡者」単独のダウンロード版のようです。
       ↓
La banda J. & S. cronaca criminale del far west/Creazioni Artistiche Musicali C.A.M. S.r.l.

¥価格不明
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



MAN FROM ATLANTIS
監督:リー・H・カッツィン他
音楽:フレッド・カーリン
出演:パトリック・ダフィー、ベリンダ・J・モンゴメリー、ヴィクター・ブオノ、アラン・ファッジ、アート・ランド、ディーン・サントロ、ローレンス・プレスマン、フィリップ・ベイカー・ホール
1977年 アメリカ映画


昔、NHKで放送されてた海洋SFドラマ。
ミニシリーズが4本と60分ものが13本製作されたようです。
海洋研究所の女性に助けられたアトランティス大陸最後の生き残りの青年を主人公にしたTVシリーズで、
マッドサイエンティストと戦ったり、宇宙船のようなでかい潜水艦の乗組員として活躍したりします。
海で生活していた人間なので、エラがあって、手には水かきをもっていて、イルカよりも早く泳ぐという設定でした。
パトリック・ダフィーの頭をかしげて不思議そうに相手を見るしぐさが印象的で、
これに池田秀一の吹き替えがすごくマッチしていて、僕の中では池田秀一といえば
シャアではなく、まずマークのイメージが浮かびます。
このシリーズで有名なのが、主人公が手を使わずに泳ぐ独特の泳法。
当時真似して泳ごうとして溺れかけたことがあります(^_^;)。
アトランティス最後の男が黄色い海パン履いてたというのも、今思えば変な話ですが・・・。
このシリーズ、もう一度吹き替えで最初から観てみたいものです。



音楽は、フレッド・カーリン。
さすが70年代、印象的なテーマ曲が素晴らしい。
この作品、サントラが無いのですが、どこかに音源残ってないかなあ。
オケというより大編成のバンド演奏のようなテーマ曲ですが、
トップシンバルをチャカチャカ刻むドラムがスリリングでカッコいい。
劇伴の印象はそんなにないのですが、この人らしく、
小品ながらメロディアスなスコアだったような気がします。
派手なスコアではないですが、チャーミングな曲があったり、
メロディアスで聴き所の多いスコアだったような・・・・。
本作のテーマ曲はカバー演奏がi-tunesで入手可能ですが、オケ色が強く、
オリジナルのような軽快な感じはありません。
サントラ出たら絶対買うのですが、どっかから発売されないかなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Man From Atlantis: Complete TV Movies Collectio.../作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

Man From Atlantis (Theme from the TV Series)/BSX Records

¥価格不明
Amazon.co.jp

Man From Atlantis: Complete Television Series [.../作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

アトランティスから来た男〈1〉よみがえる海底人間 (児童図書館・文学の部屋)/評論社

¥1,058
Amazon.co.jp

アトランティスから来た男〈2〉宇宙からの侵略 (児童図書館・文学の部屋)/評論社

¥1,058
Amazon.co.jp

未知の惑星生物 (1980年) (児童図書館・文学の部屋―アトランティスから来た男)/評論社

¥1,058
Amazon.co.jp

地球脱出 4 (児童図書館・文学の部屋 アトランティスから来た男 4)/評論社

¥1,058
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。