サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館

※ 今夜は過去記事の再編集です。

HEAVEN CAN WAIT

監督: ウォーレン・ビーティ、バック・ヘンリー 
音楽: デイヴ・グルーシン 
出演: ウォーレン・ビーティ、ジュリー・クリスティ、ジェームズ・メイソン、ジャック・ウォーデン、チャールズ・グローディン、ダイアン・キャノン 
1978年 アメリカ映画






1948年の「幽霊紐育を歩く」をウォーレン・ビーティがリメイクした心温まる傑作ドラマ。
オープニングから間もなくプロ・フットボール選手が自転車に乗ってトンネルに入って見えなくなったなあと思ったら、突然ガシャーンという音。
選手は即死して天に召されるのですが、これが天使のミスによるもので、
困った天国では彼の魂を死んだばかり実業家の体に宿して地上に送り返すというストーリー。

その昔、友人に勧められてビデオで初めて観たのですが、
当時のCIC系のビデオによくあるソフト・フォーカスがかかったような画質が本編のほのぼのした感じにマッチしていました。
本作はその後もウィル・スミスか誰かが主演して2度目のリメイクが作られたと記憶してます。
とにかく、ほんわかしたハートウォーミングな作品で、とても癒されます。




音楽は、ジャズ・フュージョン界のデイヴ・グルーシン。
本作の重要なファクターの一つに主人公が吹くへったくそなソプラノ・サックスがあるのですが、
スコアでもソプラノ・サックスがフィーチャーされており、とても効果を上げています。
テーマ曲は、ディキシー・ランドっぽいペーソス溢れる暖かい雰囲気の曲。
「ズン・チャン、ズン・チャン」というバスドラムとチューバで刻むリズムが妙に微笑ましく感じます。
劇伴もジャズっぽいものから、遊園地風のものや、スタジアムのBGM風なものまで多彩です。
その中で、サブ・テーマ的な扱いを受けているスロー・チューンがまたいい感じです。
デイヴ・グルーシンって、こういう優しいメロディ書かせると上手いですね。
残念ながら、サントラ盤は公開当時発売されず、唯一、デイヴ・グルーシンの自作自演集「シネマジック」というアルバムで
テーマ曲が聴けるのみでした。
ところが、その後ブートレッグですが、サントラが発売されているのを見つけ、
反則とは思いながら迷わず買ってしまいました。
70年代の作品なので予想はしてたのですが、ステレオ収録はテーマ曲のみ。
それ以外はモノラル音源になっていて音質はちょっと悪い。
それでも印象的な、サブ・テーマとも言えるスローな曲が聴けるのはこのアルバムだけなので、
なんとか鑑賞に堪えうるものと思います。
同じくグルーシンが音楽を担当した「ミラグロ」とのカップリングで、本作は6曲しか入っていませんが、それでもこれは拾いモノでした。
こういう音聴くとほんと癒されます。

限定盤でいいので、もうそろそろどっかのレーベルが出さないかなあ・・・・・。



と、ここまでが過去記事。
とうとう念願の正規盤CDが発売されました。
米Kritzerlandレーベルから、限定1000枚(少なすぎ)での発売です。
思ったとおり、数日でレーベル完売してしまいました。
僕はなんとか確保したのですが、根強いファンの多い作品なので、
もっと出してもらいたいものです。
追加プレスしても絶対売れると思うんだけどなあ。
今回の正規盤、未使用曲やオルタネート・ヴァージョンも含めて
本作から16曲、同じくグルーシンがスコアを担当した「月を追いかけて」から16曲が収録されています。
まずは、ステレオ音源なのがうれしい。ちょっと音質がこもり気味ですが、
楽曲がいいのでそんなことは気になりません。
基本的にはメイン・タイトルのフレーズのバリエーションで構成されているスコアで、
所々でグルーシン独特の甘いストリングスが入ってきます。
甘々のメロディからメイン・タイトルにつなぐエンド・タイトルも素晴らしい。
このメイン・タイトルのドラム・パターンですが、
以前出てたグルーシンの自演集「シネマジック」に収録されていたバージョンは、
途中で唐突にバスドラムが「ドカッ!!」と入るところがあって、
一発録りでミスしたものをそのまま商品化したのか、
それとももともとの楽譜がそうなってたのか、
しかし、あんなところでバスドラを一発だけ踏むのは何かおかしいよなあ、
とずっと疑問に思ってました。
それも今回オリジナルを聴いて納得。
バスドラムのパターンが途中でふつうの4つ打ちからちょっとクセのあるフレーズに変わってて、
たまたまそのうちの一音に力が入って大きな音になってただけだということがわかりました。
長年の疑問が「スッキリ」解消しました。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Cinemagic/Dave Grusin

¥1,311
Amazon.co.jp

天国から来たチャンピオン [DVD]/ウォーレン・ビーティ,ジュリー・クリスティ,ジェームズ・メイスン

¥2,625
Amazon.co.jp

天国から来たチャンピオン [DVD]/ウォーレン・ビーティ,ジュリー・クリスティ,ジェームズ・メイスン

¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


SINISTER
監督: スコット・デリクソン
音楽: クリストファー・ヤング
出演: イーサン・ホーク、ジュリエット・ライランス、フレッド・ダルトン・トンプソン、ジェームズ・ランソン、クレア・フォーリー、マイケル・ホール・ダダリオ、ヴィンセント・ドノフリオ
2012年 アメリカ映画


予備知識なしに観た久々の拾い物ホラー。
これ、結構怖い。
サイコサスペンス風からスーパーナチュラル風へ徐々に移行していく展開もいい。
クライマックスではありがちな展開になっちゃうけど、それでもなかなかの出来なのでは。
基本的にオカルトが好きなおっさんとしては、この手のホラーは大歓迎。
「インシディアス」を始めとして、最近オカルトものが結構多いのでうれしい。
ただ、個人的には背筋が凍るようなタイプのホラーが好きなので、劇中4回くらい「ドキッ!!」とさせられた「脅かし」のシーンは余計かも。
ストーリーは、かつて猟奇殺人事件をテーマにしたベストセラーを出したノンフィクション作家が、
スランプから抜け出そうと、家族に黙って実際に惨劇が起きた訳あり物件に引っ越してきたことをきっかけに、
作家は想像を絶する恐怖に襲われる・・・・というお話。
作家イーサン・ホークが惨劇の館で見つける8ミリフィルムのざらついた映像と、一家4人の首吊りシーンがトラウマ必至の怖さです。
映像、スコアともに不気味な映画なので、大人でもかなり怖さを楽しめると思います。
残された謎の8ミリフィルムを巡っての謎解きの要素もあり、ラストまで一気に見せてくれます。


音楽は、クリストファー・ヤング。
本作では、かなり実験的なスコアに挑戦しています。
ノイズや不気味な声といったエクスペリメントでインダストリアルなトラックが目白押しです。
メロなんてものは皆無で、ひたすら不気味なノイズや陰鬱なストリングスが挿入されています。
ヤングのこんなスコアって、あんまり聴いたことがない。
NINのトレント・レズナーばりの無機質なスコアです。
ブライアン・タイラーでいえば、ちょうど「BUG」のようなスコア。
こういう実験的なスコアは大歓迎。
(でも、このスコア夜中に1人で聴くにはちょっと怖すぎかも)
サントラは、まるでメタル・バンドのアルバムのようなジャケが秀逸。
スコアは、劇中使用されたものや再構成されたものや、リミックスなどが混在していて
実際のオリジナル・スコアではないものも含まれています。
劇中、サイキックTVみたいなスコアがあるなあ、と思っていたら、
ヤングのスコアだけではなく、その筋のアーティストの曲がスコアに交じって使われていました。
劇中、一番リズミカルな1曲(エンディングの冒頭などで流れた)は、僕の大好きなBoards Of Canadaの"Gyroscope"。
これが劇中流れた時は、鳥肌が立ちました。
その他にも、Accurst、Aghast Manor、Sunn O))) & Boris等といったエクスペリメンタル系というか陰鬱なアンビエント系といった感じのアーティストの曲が使われていました。
まあ、どれもどんよりした曲ばかりなので、どこで使われたのかはさっぱり分かりません。
しかし、よくもまあこんな音ばかり集めたなあと感心。
不気味な8ミリフィルムと相まって、スゴい効果を出してました。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Sinister/Christopher Young

¥1,864
Amazon.co.jp

フッテージ [Blu-ray]/イーサン・ホーク,ヴィンセント・ドノフリオ,ジュリエット・ライランス

¥4,935
Amazon.co.jp

フッテージ [DVD]/イーサン・ホーク,ヴィンセント・ドノフリオ,ジュリエット・ライランス

¥3,990
Amazon.co.jp

TOMORROW’S HARVEST [輸入盤CD / 豪華デジパック仕様] (WARPCD257)/BOARDS OF CANADA

¥1,553
Amazon.co.jp

In A Beautiful Place Out In The Country [輸入アナログ.../Boards Of Canada

¥1,535
Amazon.co.jp

Twoism [輸入アナログ盤 / 1LP / DLコード付 / ステッカー封入] (WARP.../Boards Of Canada

¥2,423
Amazon.co.jp

Trans Canada Highway [輸入アナログ盤 / 12インチ / DLコード付 .../Boards Of Canada

¥1,535
Amazon.co.jp

The Campfire Headphase (WARPCD123)/Boards of Canada

¥1,553
Amazon.co.jp

Geogaddi (WARPCD101)/Boards of Canada

¥1,553
Amazon.co.jp

Music Has The Right To Children [帯解説・国内盤] 期間限定廉.../BOARDS OF CANADA

¥1,800
Amazon.co.jp

Black One/Sunn O)))

¥1,449
Amazon.co.jp

Grimm Robe Demos/Sunn O)))

¥1,449
Amazon.co.jp

Monoliths & Dimensions/Sunn O)))

¥1,449
Amazon.co.jp

White 2/Sunn O)))

¥1,449
Amazon.co.jp

Flight of the Behemoth/Sunn O)))

¥1,449
Amazon.co.jp

White 1/Sunn O)))

¥1,449
Amazon.co.jp

ザ・グリムローブ・デモス(紙ジャケット仕様)/Sunn O)))

¥3,360
Amazon.co.jp

フライト・オブ・ザ・ビヒモス(紙ジャケット仕様)/Sunn O)))

¥3,360
Amazon.co.jp

Altar/Sunn O)))&Boris

¥2,940
Amazon.co.jp

Fragments of a Nightmare/Accurst

¥1,138
Amazon.co.jp

Gaslights/Aghast Manor

¥2,142
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


CAMORRA
監督: パスクァーレ・スクイティエリ
音楽: マヌエル・デ・シーカ
出演: ファビオ・テスティ、ジーン・セバーグ、レイモン・ペルグラン、シャルル・ヴァネル
1973年 イタリア映画




今夜は、中途半端にまともなパチモン・マカロニ・クライム・アクションをご紹介。
パスクァーレ・スクイティエリ監督が、自分で脚本も書いてメガホンも取ってます。
70年代マカロニ・アクションのスター(ホントかよ)、ファビオ・テスティが主演した暗黒街もので、
若いチンピラがナポリの犯罪組織の中でのし上がっていくという、よくあるお話。
ジーン・セバーグなんて出てるし、中途半端にまともなので、それが余計に冗長に感じて、
本来のパチモンらしさ(そんなもんあるのか)があまり感じられないのが残念。
ストーリーは、刑期を終えてシャバに出てきたチンピラの青年が、暗黒街のボスに拾われて下働きをするうち、
どんどん頭角を表して組織の幹部へとのし上がっていくが・・・・というお話。
Amazonで検索すると、送料込みで中古DVDがほぼワンコインで買えてしまうので、お昼のランチ1回我慢したらお釣りがきます。
しかも、レンタルと違って返却する必要なし。
生涯あなたの手元に置いておくことができます。
所有する喜びを充足してくれる素敵な1本です。ワハハハ。



音楽は「デモンズ’95」のマヌエル・デ・シーカ。
テーマ曲?は、「デンドンデデンデエ~」とかいうヘンテコな男性スキャットがキモいんだけど、
バックはいかしたジャズ・チューンという珍妙なバランスの1曲。
劇伴もジャジーな雰囲気の中にも、どこかヘンテコな感じがしてなりません。
中でもゴリラが敵を威嚇する時に発するような
「オッホッ、ホッホッホッ」という男性の声が入ったスコアには笑った。
スコアのバックでずっとこれの繰り返しだもんなあ。
これがスリリングなはずのシーンに流れるもんだから映像が台無しです。
その一方で、生ギターのアルペジオが美しいスコアがあったり、
お風呂場エコーの効いたエレキ・ギターがマカロニ・ウェスタンを彷彿とさせる曲があったり、
オシャレなラウンジ・ミュージック風なのがあったり、
カッコ悪いんだかジャジーで渋いんだかよくわからないスコアです。
サントラは、LPが出ていて、CD化にあたっては、「悲しみの青春」(1971)とのカップリング仕様のものが発売されましたが、
今から20年も前の話なので、今では入手困難と思われます。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




中古あったけど、4000円から7000円くらいのプレミアがついてます。

Il Giardino Dei Finzi Contini / Camorra/RCA

¥4,252
Amazon.co.jp

殺しのギャンブル [DVD]/ファビオ・テスティ,ジーン・セバーグ,レイモン・ペルグラン

¥525
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



THE SWEENEY
監督:ニック・ラヴ
音楽:ローン・バルフェ
出演:レイ・ウィンストン、ベン・ドリュー、ヘイリー・アトウェル、ダミアン・ルイス、スティーヴン・マッキントッシュ、ポール・アンダーソン、アラン・フォード
2012年 イギリス映画

英国で70年代に放送されていたTVシリーズ「ロンドン特捜隊スウィーニー」のリメイク。
最初、往年のTVシリーズのリメイクだと分からず、マイナーな英国製B級アクションだと思ってDVDを観始めました。
主人公の名前などは踏襲されているようですが、キャラの雰囲気はだいぶ違ってるんじゃないかな。
主役はでっぷり太っててふてぶてしいツラ構えのレイ・ウィンストン。
銃器使用の凶悪犯専門の特捜チームのボスという設定で、やることは手加減なしで結構メチャクチャです。
武装強盗と市街戦やらかすわ、現場はメチャクチャにするわ、チーム内で不倫はするわ、
強盗現場からくすねた金塊を情報屋への謝礼に使ったりと、何でもありなので、
内務調査室からは常に目を付けられてます。
このおっさんが手段を選ばぬ捜査手法で宝石強盗団を追う中で、捜査の失敗から自ら窮地に追い込まれていく・・・・みたいなお話。
全編にわたってブルーがかった映像なので、ストイックでハードな印象を受けます。
英国製アクションって、ハリウッド映画とはまた違った風合いがあっていいですね~。
お行儀良くストーリーがきっちり整理されているハリウッド映画に比べて、
多少いびつなところもありますが、それくらいがB級アクションとしては面白い。
スウィーニーのリメイクだと思って観るよりも、先入観なしに別モノとしてご覧になる方がいいかもしれません。
特に「ロンドン特捜隊」のファンだった人には違和感あるかも。
でも、腹が出た上に性格も悪いおやじが、チームの一員であるきれいな人妻と出来ちゃったりするかなあ。なんか無理があるぞ。



音楽は、ローン・バルフェ。
なんかいきなりRCな音作りに、「おいおい、英国映画よ、お前もか」と思ったら、
モロ、ハンス・ジマー一派でした。
「インセプション」や「ダークナイト」シリーズなどで編集やら何やら手がけているようです。
まあ、コードがそのままメロになっちゃってるお手軽さは、RCそのもの。
しかも、モチーフが「ジェイソン・ボーン」シリーズにそっくり。
劇中、このモチーフがメインとなっていて、オリジナルTVシリーズのスコアは出てきません。
サントラCDの後半に、オリジナルのテーマ曲のテクノバージョンが収録されていますが、
エンド・クレジットで流れたかどうかは分かりません。
少なくとも本編では流れなかったなあ。
個人的にはオリジナルのレアグルーヴィーなスコアをモチーフに使って欲しかったなあ。
劇伴にテクノ風の味付けもあり、今のアクション・サントラの王道スコアという感じ。
でも決して悪いわけではありません。
英国アクションなので、僕の中での評価はどうしても甘くなります。
また、「インセプション」つながりなのか、ジョニー・マーが印象的なギターを弾いています。
ただし、印象的ですがテクニック的には大したことやってない。
実にもったいないギタリストの使い方。
せっかくマーに弾かせるなら、もっとマーらしいフレーズ弾かせたらいいのに。
「インセプション」のときと大して変わらない。
あんまり映像の邪魔をするような音は使えないということなのでしょうが、
せっかく個性溢れるミュージシャンを起用しているのですから、
もうちょっと遊びがあってもいいのでは。
その点、トッド・ラングレン翁は、「私服刑事アンダーカバー」のスコアで
いかにもトッドなギターソロをちゃっかり弾いてました。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


ロンドン・ヒート [DVD]/レイ・ウィンストン,ベン・ドリュー,ヘイリー・アトウェル

¥3,990
Amazon.co.jp

Messenger/Johnny Marr

¥1,657
Amazon.co.jp

BOOMSLANG (CCCD)/ジョニー・マー+ザ・ヒーラーズ

¥2,548
Amazon.co.jp

Upstarts [Analog]/Johnny Marr

¥1,451
Amazon.co.jp

Electronic: Special Edition/Electronic

¥4,666
Amazon.co.jp

Complete/The Smiths

¥9,125
Amazon.co.jp

New Town Velocity [Analog]/Johnny Marr

¥725
Amazon.co.jp

Banging on/JOHNNY MARR + THE HEALERS

¥685
Amazon.co.jp

ジス・チャーミング・マン/ザ・スミス

¥2,039
Amazon.co.jp

ラウダー・ザン・ボム/スミス

¥1,835
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


COSMOPOLIS
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
音楽:ハワード・ショア
出演:ロバート・パティンソン、ジュリエット・ビノシュ、サラ・ガドン、マチュー・アマルリック、ジェイ・バルシェル、ケヴィン・デュランド、ケイナーン、エミリー・ハンプシャー、サマンサ・モートン、ポール・ジアマッティ
2012年 フランス/カナダ映画


このところ、クローネンバーグ作品をうっかり2作品もスルーしてしまってました。
遅ればせながら「コズモポリス」をDVDで鑑賞。
ドン・デリーロの同名小説を映像化した作品なのですが、ドン・デリーロの作品って読んだことがないので
原作がどんな感じなのかさっぱり分かりません。
(最近、忙しくて全然小説読む機会がないなあ・・・・)
原作との比較が出来ないのですが、いかにもクローネンバーグらしい作品にように思います。
ハイテク装備が施されたリムジンをオフィス代わりにする金融業界の寵児が、一夜にして転落するまでを畳み掛けるような会話劇で描いています。
ほとんどがハイテクリムジンの中で話が進んでいきます。
たまに外に出るのですが、基本的にリムジンの中で1対1で会話するのが大半なので、演劇を見ているようです。
しかも、セリフが多くたまに難解な表現もあったりで、1回目観たときは何の事かわからずスルーしてしまう部分もありました。
ゴロンと横になって観ていると途中で眠くなるので、座って本格的にご覧になることをオススメします。
個人的には、クローネンバーグといえば初期のグニョグニョ、ヌメヌメした内臓感覚のSFやホラーが大好きだったので、最近の傾向はちょっと寂しい気もしますが、
題材はSFから離れてもクローネンバーグらしさは相変わらずなので、これからも新作が出れば観ていきたいなと思ってます。
決して万人受けする内容ではありませんが、コアなファンには受け入れられるハズ。


音楽は、いつものハワード・ショア。
それにしても、いつもながらこの人の実験的精神には感服します。
今回は、カナダのオルタナ系ロックバンドMetricをフィーチャー。
共作もしてます。
このバンド、80年代ニューウェーヴの香りがプンプンしておっさん好みの音をしています。
ショアがスコアを担当した「トワイライト・サーガ」の2作目?(このシリーズ観たことがないのでスコアもノーマーク)でもMetricが主題歌を担当してたので、そのつながりか。
ボーカルの紅一点、エミリー・ヘインズのボーカルがまたいい。
エンド・クレジットにはこのバンドの曲が流れますが、ちょっと暗めのSaint Etienneといった趣。
演奏もこのバンドがほとんど担当しているのでしょう。
そのせいでオープニングタイトルなどは、あれ?これハワード・ショア?って不思議な感覚に陥ります。
いつもの陰鬱なストリングスは出てきません。
ミニマルなテクノを聴いているようです。
劇中はスコアの音量が低く抑えてあったため、
あまりスコアの印象が残りませんが、
サントラを聴くとMetric色が強く反映されていることがよくわかります。
CDジャケをご覧になってもわかるとおり、ショアとMetricの両方が大きくクレジットされています。
エレクトリックなギターが出てきて「クラッシュ」を思い起こさせる部分もあります。
サントラには、スコアの他にK'naanというラッパーの曲が1曲入っています。
劇中でも流れるのですが、「なんとか、なんとか、メカー。」と繰り返すフレーズが嫌でたまりません。(おっさんはラップがほんと苦手。)
この1曲さえなければ、おっさんとしては超オススメの1枚。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Cosmopolis/Various Artists

¥1,760
Amazon.co.jp

コズモポリス スチールケース仕様 【4,000個 初回数量限定生産】 [Blu-ray]/ロバート・パティンソン,ジュリエット・ビノシュ,サラ・ガドン

¥6,090
Amazon.co.jp

コズモポリス [DVD]/ロバート・パティンソン,ジュリエット・ビノシュ,サラ・ガドン

¥3,990
Amazon.co.jp

Synthetica/Metric

¥1,449
Amazon.co.jp

Fantasies (Dig)/Metric

¥1,449
Amazon.co.jp

Grow Up & Blow Away (Dig)/Metric

¥1,449
Amazon.co.jp

Old World Underground-Where Are You Now/Metric

¥1,553
Amazon.co.jp

リブ・イット・アウト/メトリック

¥2,300
Amazon.co.jp

トルバドゥール~チャンピオン・アルバム/ケイナーン

¥1,980
Amazon.co.jp

K’Naan, Black Eyed Peas, Rihanna, Lena, Lady Ga.../Dome 54 (2010)

¥1
Amazon.co.jp

Dusty Foot Philosopher (W/Dvd) (Dlx)/K’Naan

¥1,345
Amazon.co.jp

Dusty Foot on the Road/K’Naan

¥1,345
Amazon.co.jp

ウェイヴィン・フラッグ コカ・コーラ・セレブレイション・ミックス~世界に一つの旗 with AI/ケイナーン

¥1,000
Amazon.co.jp

Country God Or the Girl/K’Naan

¥1,444
Amazon.co.jp

The Dusty Foot Philosopher/K’naan

¥2,005
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。