サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


Squadra antifurto
監督:ブルーノ・コルブッチ
音楽:グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
主演:トーマス・ミリアン、ロバート・ウェッバー、リリ・カラチ、マッシモ・ヴァーニ、バンボロ、トニー・ウッチ、ジュゼッペ・パンビエリ
1977年 イタリア映画

えっへっへっ。
ワル乗りして、刑事ニコ・シリーズの第2弾も紹介しちゃいます。
なんかこの週末はパチモン一色になってしまってすみません。(*^_^*)
このシリーズ、前にも書きましたが、1作目以外は確か全部本邦未公開だったと思います。
本作も確か日本ではビデオも出なかったんだよなあ。
まあ、いわゆるパチモン・マカロニ・ポリスムービーの1本で、
独特のユーモア(あんまし笑えないけど)と申し訳程度の社会派メッセージが入ってる
金太郎飴的シリーズです。
だから、ストーリーはあってないようなもので、大して問題ではありません。
トーマス・ミリアン演じるヒッピー刑事ニコが出てくればそれでいいのです。


音楽は、やっぱりグイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス兄弟。
メイン・タイトルは、ポルカをベースにしたコミカルな無国籍風トラック。
例によって陽気な曲なので、ワクワク感はありますが、映像とはほとんど合ってないような気がします。
主題歌は、エンド・クレジットに流れる「E Nun Ce Vojo Sta」。
歌っているのはダミ声のAlberto Griso。
ゆったりとしたリズムの、これカンツォーネになるのかな、熱唱型のポップスです。
ポリス・アクションなので、アンジェリス兄弟、結構頑張ってます。
とはいうものの、ジャズファンクとプログレとイージーリスニングを足して3で割ったような
追っかけシーンの珍妙なスコアはこの兄弟ならではの味わい。
エレキギターのエフェクトがワウギターじゃなくて、常にユーロ・プログレ風なのが可笑しい。
コミカルだけどゆったりした展開のシーンなのに、
ロシア民謡風とジャズを足してような性急なビート感のあるスコアをくっつけちゃう神経も素晴らしい。
とぼけたシーンのスコア(ほとんどエレキギターとベースだけだったりする)は、なぜか香港映画を彷彿とさせます。
こんなスコアですが、これまた公開当時は本国でシングル盤が発売されたのみ。
1作目同様、未だに単独のサントラCDは発売されていません。
どうしても主題歌が聴きたい人は(そんな人いないか)、「TOMAS MILIAN: THE TOUGH BANDIT, THE ROUGH COP, AND THE FILTHY RAT IN INTALIAN CINEMA」(トーマス・ミリアン主演作品集)に、本作から主題歌とそのインストバージョンが収録されています。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Squadra antifurto ( italian import )/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


SQUADRA ANTISCIPPO
監督: ブルーノ・コルブッチ
音楽: グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
出演: トーマス・ミリアン、ジャック・パランス、グイード・マンナリ、マリア・ロザリア・オマジオ、トニ・ウッチ、アルベルト・ロンゴーニ、ラフ・ルカ
1976年 イタリア映画


Kazzpさんのリクエストにより(リクエストしてないか)、
昨日紹介した「刑事ニコ・ジラルディ」シリーズの記念すべき第1作を紹介します。
ブルーノ・コルブッチが監督しています。
セルピコの風貌をあからさまにパクッたトーマス・ミリアンがオートバイにまたがって
ひったくり集団を追います。
(この映画、実際に観るまではてっきりトーマス・ミリアンがひったくり犯だと思ってた)
案外マカロニ映画に常連として登場するジャック・パランスが悪役として登場。
彼が出演しているおかげで多少作品がまともに見えます。
そのおかげでしょうか、本邦でも第一フィルムの配給で劇場公開されています。



音楽は、パチモンといえばこの人たち、グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス兄弟。
冒頭のトラックは、この兄弟のプログレ節が炸裂する2拍3連のインスト・ロック。
ユーロロック調なのですが、後半サックスが入ってきたりするので、
クロスオーバー臭がしてみたり、訳がわかりません。
劇伴も9割がこのメイン・タイトルのバリエーションで構成されているという
この兄弟のスコアでは良くあるパターン。
これでもかと繰り返される同じモチーフのおかげで、
本編鑑賞後は、良くも悪くもメイン・タイトルのメロディーがばっちり頭に刷り込まれてしまっています。
ゴールドスミスなどの巨匠も一つのテーマをいろんな形にアレンジして劇伴を構成するという手法を取ることがありますが、、
兄弟の仕事は匠の技とは明らかに違うと思います(笑)。
おそらくサクッとスコア書いちゃうんだろうなあ、この兄弟。
そんな同じようなスコアの繰り返しが災いしてか、
公開当時はサントラは発売されず、未だに単独のサントラCDも発売されていません。
唯一、「TOMAS MILIAN: THE TOUGH BANDIT, THE ROUGH COP, AND THE FILTHY RAT IN INTALIAN CINEMA」と題された
文字通りトーマス・ミリアン主演作品集(CD+Book)に、本作の主題曲が収録されています。
でも、伊GDMからスコア完全盤CDなんか出たら買っちゃうんだろうなあ。
本当はこういうバカなサントラ買うのやめたら、最近のハリウッド作品にも手を伸ばせるのですが、やめられないんだよなあ、マカロニカス集め。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Tomas Milian (Book & CD)/Cinedelic

¥2,862
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


Delitto al ristorante cinese
監督:ブルーノ・コルブッチ
音楽:デット・マリアーノ
主演:トーマス・ミリアン、エンゾ・カナヴァーレ、ジャコモ・フーリア、オリンピア・ディ・ナード、マッシモ・ヴァニー
1981年 イタリア映画


メジャーな作品を紹介した後は、必ずパチモン病が再発するのが僕の悪いクセ。
今夜はトーマス・ミリアンのマカロニ・アクション・シリーズを紹介します。
1976年の「暴走ひったくり750」から始まるトーマス・ミリアンの「刑事ニコ・ジラルディ」シリーズ。
本国イタリアでは10作を超える作品が作られた人気シリーズ(ほんとかなあ)。
でも、日本で劇場公開されたのは1作目「暴走ひったくり750」のみです。
刑事ものなのですが、トーマス・ミリアンのヒッピー然とした風貌は、
明らかに「セルピコ」のパクリ。
(たぶん)8作目となる本作では、中国を舞台に刑事ニコ・ジラルディが大活躍(実はたいして活躍してない)。
さらに、中国ということで、あの「荒野の珍道中」でミリアンが演じた「おかっぱにちょんまげ」という超怪しい中国人キャラが再登場。
ミリアンがヒッピー刑事と謎の中国人の1人2役に挑戦しています。


音楽は、「マッドライダー」や「炎の戦士ストライカー」といった、いかにもパチモン臭のするマカロニ・アクションを手掛けたデット・マリアーノ。
中国を舞台にしているので、YМОの「ファイヤークラッカー」みたいな中華メロがメインタイトルの途中で出てきます。
マカロニ・サントラといえば、基本的にテーマ・メロとわずかな劇伴といったなけなしのネタを
アレンジでカバーしてスコア全体が構成されていますが、本作はちょっと違います。
劇伴のバリエーションはそこそこあって、ジャズ・フュージョン系のスリリングなスコアがあったり、
緊張感あるサスペンスフルな展開の曲があったり、意外にこのおっさん引出しが広いなあと感心したりして。
でも、パチモンにしては・・・というレベルです。
サントラは、本国公開当時は発売されず、2007年に伊GDMレーベルから、
シリーズ9作目?「Delitto sull'autostrada」とのカップリングでCDが発売されました。
蔵出し音源なので、各トラックには曲目はついていません。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Delitto Al Resorante/Gdm

¥3,886
Amazon.co.jp




Tomas Milian Superstar - Delitto al ristorante .../Cecchi Gori Music

¥価格不明
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


・・・今夜は過去記事をいじります。珍しく平日更新。

「ヘルボーイ」のギレルモ・デル・トロ監督が撮った、まさかのロボットVS怪獣映画。
予告編で観る限り、極めてお子様で漫画チックなテーマを、
大真面目に撮ってるようで、相当力の入ったSF作品のようです。
正直、カッコいい。
ロボットアニメには昔から全く興味が無いのですが、これは早く観たいなあ。

音楽は、ラミン・ジャワディ。
僕の苦手なジャジャジャジャRC系軍団の中では、わりと好きな作曲家の1人。
「アイアンマン」もこの人が手掛けた「1」が一番好き。
本作は、ギレルモ・デル・トロ監督の日本のロボットアニメと特撮怪獣映画へのオマージュたっぷりの作品ということもあってか、
最近のこの手の映画にしては、しっかり輪郭のあるメロが出てきて、なかなかいい感じ。
最近のSFアクション映画には定番のテクノ、デジロック調のアレンジもこれだけしっかりしたメロがついていれば
聴いてて心地よい。
インダストリアルな風合いの曲もあって、メカニカルなロボットのイメージにマッチしてそうです。
ノイジーなギターが入ったトラックもあり、この人らしいロックなテイストも顔を出します。
サスペンス描写も、シャープなストリングスがキリリとした印象を与えます。
1曲目にタイトルトラックを持ってくるあたりも、いい意味でオールドスタイルな感じで得点高し。
全25曲、まだ発売前なのでサンプルしか聴いていませんが、これは久々のヒットかも。
7月15日発売だそうです。



・・・・・とここまでが過去記事。
ついに観てきました。
しかも3D+吹き替えが嫌いな僕は、2D+字幕で観たのですが、客席はなんと僕1人。
途中で、席変わってみたり、完全貸切状態で大画面を満喫してきました。
この映画、「バトルシップ」くらい、いい意味でバカな映画でした。
パイルダーオンするし、ロケットパンチやっちゃうし、
マジンガーZ世代には大ウケでしょう。
これは絶対劇場で観るべき作品です。
鑑賞後は何にも残りませんが、スカッとするためにはこれぐらいやりすぎの映画がいいでしょう。
この映画は間違いなくストレス解消になります。
スコアも最近の映画の中では、かなりカッコいい。
おっさんの僕が聴いても素晴らしいと思った新作は正直久々。
オープニング間もなくジプシーデンジャーの出撃シーンで流れるロックで劇的なトラックにはやられました。
最近のSFやアクションは、派手だけどメロが希薄なものがほとんどなので、
本作は余計にヒロイックなスコアに感じます。
久々に新作で「燃え」ました。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


主役ロボ ジプシー・デンジャー 
$サウンドトラック秘宝館


これ、本編には出てこなかったけど・・・・。
カットされたのかなあ。日本のロボ。
    ↓
$サウンドトラック秘宝館





Pacific Rim Soundtrack from Warner Bros. Pictur.../Ramin Djawadi

¥1,675
Amazon.co.jp

パシフィック・リム 3種セット 大人買い限定品フィギュア/NECA

¥価格不明
Amazon.co.jp

パシフィック・リム/ 7インチ アクションフィギュア シリーズ1: 3種セット/ネカ

¥8,700
Amazon.co.jp

パシフィック リム ジプシー デンジャー/NECA

¥価格不明
Amazon.co.jp

パシフィック リム クリムゾン タイフーン/NECA

¥価格不明
Amazon.co.jp

パシフィック リム カイジュー ナイフヘッド/NECA

¥価格不明
Amazon.co.jp

パシフィック・リム/ ジプシー・デンジャー スタチュー/サイドショウ

¥72,500
Amazon.co.jp

パシフィック・リム/DX 7インチ アクションフィギュア/クリムゾン・タイフーン イェーガー/NECA

¥価格不明
Amazon.co.jp

Pacific Rim (パシフィック・リム) 怪獣ナイフヘッド アクションフィギュア/Pacific Rim(パシフィック・リム)

¥価格不明
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



CAHILL: UNITED STATES MARSHAL
監督:アンドリュー・V・マクラグレン
音楽:エルマー・バーンスタイン
出演:ジョン・ウェイン、ゲイリー・グライムズ、ネヴィル・ブランド、ジョージ・ケネディ、マリー・ウィンザー、クレイ・オブライエン
1973年 アメリカ映画




70年代ウェインのウェスタン(なんかラップみたいになっちゃった)
監督は「ワイルド・ギース」のアンドリュー・V・マクラグレン。
良くも悪くも大味なウェスタンで、ジョン・ウェインが華麗なガンさばきで
あっという間に大勢の悪党を一網打尽にしたりします。
ストーリーは、書かなくても大体わかると思いますので、あえて詳しくは書きませんが、
保安官と息子が悪党をやっつける映画です。
名脇役ジョージ・ケネディが悪党のボス役で出てきますが、
根っからの悪党に見えないところが可笑しい。


音楽は、西部劇といえばエルマー・バーンスタイン。
スコアの方もいつもながらのバーンスタイン節で、
特に目新しい感じはないのですが、ウェスタンの王道を行くスコアで、
安心して聴くことができます。
メイン・タイトルなんかも、基本的な曲の流れは、派手に始まって途中から
牧歌的で穏やかなフレーズに変わって、最後にテーマ・メロに戻るみたいな
「荒野の7人」系のパターン。
劇伴もバーンスタインが好きな人なら間違いなくハマるパターンです。
サントラは長らく発売されず、一度バーンスタインによる再録コンピが出たのですが、
一番聴きたかったメイン・タイトルが入っていないという痒いところに手が届かないシロモノで、
長らくサントラの発売を熱望してました。
そうしたところ、今年になって米Intradaから遂にサントラCDが発売されました。
43分収録でステレオ録音というのがうれしい。
こういう昔のウェスタン・スコアって、ワンパターンなんだけどなんかホッとするんだよなあ。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



ビッグケーヒル [DVD]/ジョン・ウェイン,ゲイリー・グライムス

¥1,575
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。