サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


IL CONSIGLIORI
監督: アルベルト・デ・マルチーノ
音楽: リズ・オルトラーニ
出演: マーティン・バルサム、トーマス・ミリアン、フランシスコ・ラバル、ペルラ・クリスタル、レイ・K・ゴーマン、ダグマー・ラッサンダー、カルロ・タンベルラーニ
1973年 イタリア映画


マフィアの壮絶な抗争を描いた作品ですが、「続」とついているくせにブロンソンの「シンジケート」とは何の関係もない1本。
てことは、一応これもパチモンに分類されるのかなあ。
でも、トーマス・ミリアンやフランシスコ・ラバルも出てるので、パチモンの中では良質な作品であることは間違いないけど。
「シンジケート」と同じところといえば、どちらもマーティン・バルサムが出てるってとこぐらいか。
音楽は、名匠リズ・オルトラーニ。
タイトル曲は骨太なブラスにジャズっぽいアレンジのマカロニ・ポリス・アクション風のトラック。
こういうの、フランコ・ミカリッツィもチプリアーニも同じような系統の曲書くよなあ。
アルバムの全体的な印象は、モリコーネの作風に代表されるイタリア映画音楽の伝統的なスタイルのスコアが続くという感じ。
この手のイージーリスニングっぽい聞き分けのいいスコアが、70年代当時のパチモン・マフィアものの間では流行ったのかも。
マフィアの抗争劇なのに、スコアはひたすら甘美な世界を描いています。
Franco De Geminiのハーモニカがまた哀愁を帯びた感じでいいんだよなあ。
オルガンが出るくる曲なんか、ソフトコアポ○ノのスコアと言われても信じてしまいそうです。
スリリングなアクションスコアは全くありません。
全編を通じて非常に聴きやすい耳にやさしいサントラです。
いい意味で映像と切り離しても鑑賞に堪えうる作品です。
(イタリアのパチモンって、こういうのが異常に多い。)
CDは2年くらい前にドイツのプライベートレーベルっぽいところから発売されたことがありますが、
今も入手できるのかはわかりません。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Il Consigliori/Original Soundtrack

¥2,683
Amazon.co.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


SOL MADRID
監督: ブライアン・G・ハットン
音楽: ラロ・シフリン
出演: デヴィッド・マッカラム、テリー・サヴァラス、ステラ・スティーヴンス、リカルド・モンタルバン、リップ・トーン、ポール・ルーカス、マイケル・アンサラ
1968年 アメリカ映画


名匠ブライアン・G・ハットン監督が描く麻薬Gメンもの。
なんとも物騒な邦題がつけられてます。
この映画、ビデオも見かけたことなかったし、DVDも出てないし、こんな豪華なキャストなのにいまだに観たことがありません。
音楽は、ラロ・シフリン。
やっぱりこの頃のシフリンはどれを聴いてもいいなあ。
スコアは、バリエーション豊かなシフリン・ワールドが展開するかなり美味しい内容の1枚。
南国風あり、サイケなロックあり、スリリングなジャズあり、メキシカンなギターチューンあり、
まったく退屈させる要素がありません。
最近、年を取ったせいか、昔と音の趣向が変わってきたように思います。
若い頃は、シフリンといえば、「燃えよドラゴン」みたいなアクの強いアクション・スコアでないとダメという意識があって、
シンシナティ・キッドの劇伴みたいなのは、ショボくて聴けないという感じだったのですが、
最近はストライク・ゾーンが広がったというか、いろんなタイプの音楽に許容範囲が広がったように感じます。
本作も、若い頃なら、テーマ曲はカッコよく始まったのに曲の後半で失速するからダメとか、
劇伴もショボいと思ってしまったかも知れませんが、
この年で聴くと、なかなか味わいがあって、いいんだよなあ。
確かにスリリングなアクション・チューンはほとんど入っていませんが、いいアルバムです。
LP音源(28分)、オリジナル音源のコンプリートスコア(60分)ともに、
米FSMから出たシフリン5枚組CD「Lalo schifrin Film Scores Vol.1」にフルで収録されています。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




The Cincinnati Kid: Lalo Schifrin Film Scores, .../ラロ・シフリン

¥9,870
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


L' URLO DEI GIGANTI
監督:レオン・クリモフスキー
音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ
出演:ジャック・パランス、ジョン・グラマック、アンドレア・ボシック、ジュゼッペ・アドバッティ、ミルコ・エリス、カルロス・エストラーダ
1969年 イタリア映画

今夜は久々にパチモンをご紹介。
60年代晩期のマカロニ・コンバットの逸品(うそ)。
一番の見どころは、主演がジャック・パランスってとこ。
ストーリーはいつものとおりで、第二次世界大戦を舞台に、連合軍の極秘作戦を成功に導くため、敵陣深く潜入して陽動作戦を繰り広げる少人数のおとり部隊の裏方仕事を描いてます。
コマンド部隊ものは、予算無いけどどうしても戦争映画作りたいと駄々をこねる映画人にうってつけのテーマです。
少人数の隠密部隊なので、大規模な戦闘シーンもエキストラも要らないし、戦車や戦闘機といった大物も必要ないし、
とりあえずマシンガンと手榴弾持たせといたら絵になるというお手軽さ。
往年のマカロニ・コンバットはこの手がわんさか製作されました。
ただ、本作はなぜか戦車が大量に出てきたり(米軍のM-48パットンをそのままドイツ軍戦車として使ってますが)、
軍用列車みたいなのも出てきます。
噴飯ものの邦題がつけられているわりに、マカロニ・コンバットにしてはお金がかかていそうな不思議な映画です。
監督は、ヘンリー・マンキーウィッツこと「無宿のプロガンマン」のレオン・クリモフスキー。


音楽は、まさかのアルマンド・トロヴァヨーリ。
マカロニ・パチモン作品ではよくあることですが、本編がカスなのにスコアは一級品。
このアンバランスさがイタリア映画の良いところ。
本作も日本劇場未公開、レンタルビデオでかろうじて日本に出回ったような代物なのに、
本国イタリアではサントラが発売されていました。
LPしか発売されておらず未CD化ですが、音源が残っていればそのうち何かの形でCD化されることでしょう。
ミリタリー調のスネアドラムにマカロニ・ウェスタンのようなメロが被さる手法は、
他のマカロニ・コンバットと同様、壮大な感じにしたいんだけどオケの編成がしょぼくて小ぢんまりまとまっちゃってるという感じです。
モリコーネ風の混成コーラスのようなものまで入ってくるので、イ・カントリ・モデルニが参加してるかも知れません。
なお、LPは78年発売となっており、もしかして映画が再評価されてアルバム化されたとか・・・まさかね。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


地獄のプラトーン [VHS]/出演者不明

¥3,568
Amazon.co.jp

悪魔の毒々プラトーン [DVD]/キャロリン・ビーチャンプ,ショーン・ボーエン,マイケル・ライダー

¥3,990
Amazon.co.jp

地獄からの生還 プラトーン・リーダー【字幕版】/マイケル・ダディコフ

¥価格不明
Amazon.co.jp

ロスト・プラトーン [VHS]/ウィリアム・ナイト,デヴィッド・バリー

¥15,572
Amazon.co.jp

アソールト・プラトーン [VHS]/ロバート・マリウス

¥13,020
Amazon.co.jp

勝手にプラトーン [VHS]/フェリス・アンドレアシ,マッシモ・ボルディ

¥14,700
Amazon.co.jp

プラトーン・オブ・ザ・デッド [DVD]/アリアナ・アルブライト,アマンダ・バウンズ,ジョン・バウカー

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


THE LORDS OF SALEM
監督:ロブ・ゾンビ
音楽:ジョン5、グリフィン・ボイス
主演:シェリ・ムーン・ゾンビ、ケン・フォリー、ジュディ・ギーソン、メグ・フォスター、ブルース・デーヴィソン、ジェフ・ダニエル・フィリップス、ディー・ウォーレス、パトリシア・クイン
2012年 アメリカ映画

ロブ・ゾンビ監督のホラー最新作。
「マーダー・ライド・ショー」に始まり「ハロウィン2」まで、
もともとミュージシャンなのに、映画監督としての力量も相当なもので、
斬新なホラーをガンガン製作してきた人です。
本作は今秋日本公開とのことですが、一足先に海外版のDVDで鑑賞。
感想は・・・・、ネタバレになるといけないので詳しくは書きませんが、
これは観客を選ぶ作品だと思います。
街のDJのお姉さんが、ラジオ局に届けられた悪魔の呪文が録音されたレコードをオンエアしてしまったために、
現代に魔女を蘇らせてしまうというよくあるお話なのですが、
オーソドックスなオカルトと思いきや、後半はサイケデリックでサタニックなイメージの洪水に・・・。
あれれ?という唐突なエンディングも評価が別れるだろうなあ。
ウェイン・トスのゴア描写も、他のゾンビ作品に比べるとかなり控えめです。
ただし、僕が観たのはPAL版だったので96分。
アメリカ公開版は101分なので、もっと違った展開があるのかも知れません。



音楽は、ジョン5とグリフィン・ボイス。
ジョン5といえば、マリリン・マンソンやロブ・ゾンビのバンドのギタリストとして知られる人物。
インダストリアル系って元々はキーボードが主体でギターなんて楽器はあり得ない存在だったのに
今ではすっかり定着しちゃってます。
個人的には昔のイメージがあるのでインダストリアルなフレージングのギターソロなどは今だに新鮮に聴こえてしまいます。
そのせいもあってジョン5のギターっていつ聴いてもカッコいい。
早弾きとトリッキーなフレーズが同居しつつ、早弾きギタリストにありがちなクラシカルな匂いがしないところがさらにいい。
サントラは、劇中ダイアローグとスコア、そして劇中使用の既成曲の組み合わせ。
僕は既成曲を寄せ集めたサントラはあまり好きではないのですが、ロブ・ゾンビ作品は
ロック・ファンには嬉しいツボを押さえたセレクトでいつも楽しませてくれます。
今回は、Velvet Underground、Rush、Rick Jamesの曲が収録されているほか、
ジョン5とロブ・ゾンビが架空のブラック・メタル・バンドLeviathan the Fleeing Serpent名義で1曲披露してます。
Velvet Undergroundは2曲使われていて、特にAll Tomorrow's Partiesの使われ方が印象的。
やっぱり、ロブ・ゾンビはロックの使い方が素敵だなあ。
スコアは、ダークかつインダストリアルな重低音を効かせたトラックと
シンプルながら美メロを持ったギター・チューンやピアノ曲が入っていて、
全体的にスコアとしては地味ですが、本編を観た後で聴くとすんなり入ってきます。
特に悪魔の呪文は、良くも悪くも強烈に印象に残ります。
単調な4つ打ちの原始的なリズムに不気味なストリングス系の音が被る
呪術的なスコア。
同じフレーズの繰り返しでとてもシンプルなんだけど、かなり不気味な曲です。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Lords of Salem/Soundtrack

¥1,379
Amazon.co.jp

Lords of Salem [DVD] [Import]/出演者不明

¥3,255
Amazon.co.jp

Velvet Underground & Nico/The Velvet Underground

¥605
Amazon.co.jp



God Told Me to/John 5

¥1,681
Amazon.co.jp

Vertigo/John 5

¥1,888
Amazon.co.jp

Devil Knows My Name/John 5

¥1,319
Amazon.co.jp

Art of Malice/John 5

¥1,483
Amazon.co.jp

Requiem/John 5

¥2,443
Amazon.co.jp

Remixploitation/John 5

¥1,952
Amazon.co.jp

Songs for Sanity/John 5

¥1,830
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実は数日前から仕事で東京に来てます
今日はフリーになったので都内を散策中
で 何故か来てしまいました
元すみや渋谷店があったところ
渋谷クロスタワー(旧東邦生命ビル)
今はこんな感じになってました
もう店が無いって分かってんのにね•••
ぐっすん(T_T)

写真が横向きでごめんなさい
ケータイからアップしてるので
使い方がよく分かりません(^^;;

$サウンドトラック秘宝館


$サウンドトラック秘宝館


にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。