サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館




いきなりブログ再開2発目が過去記事ですみません





DIAMOND MERCENARIES
監督: ヴァル・ゲスト
音楽: ジョルジュ・ガルヴァランツ
出演: ピーター・フォンダ、テリー・サヴァラス、クリストファー・リー、モード・アダムス、O・J・シンプソン、ヒュー・オブライアン、ヴィクター・メレニー
1975年 アメリカ/イギリス映画

てっきりもうこのブログで紹介したものだとばかり思っていた70年代B級アクション。
ほとんどB級アクションやB級エロ、B級SFしか印象にない英国のB級監督ヴァル・ゲストが70年代最後に撮ったと思しき入魂の1作です。
このキャスト、70年代B級アクション好きのみなさんには堪らない配役でしょう。
ピーター・フォンダとテリー・サヴァラスだもんなあ。
舞台が南アフリカで、大量のダイヤを巡って悪いやつらがドンパチやらかすなんていう
B級アクションの王道路線を行く内容になっています。
この映画、ラストが複数存在するようで、僕は「ドカ~ン!!」で終わるパターンを観たような気がします。
(何十年も昔に観たきりなので、うる覚えですみません)
オリジナルタイトルは、「DIAMOND MERCENARIES」の方だと思うんですが、
アメリカでは「KILLER FORCE」なんてパチモンなタイトルが付けられて公開されたようで、
米盤サントラLPには「KILLER FORCE」と書かれた盤が存在します。
(英盤は米盤と同じジャケで、タイトルは「DIAMOND MERCENARIES」でした。)



音楽は、フランスのジョルジュ・ガルバランツ。
テーマ曲は、NHK-FMで流れたことがあるので当時を知る人にはお馴染みの1曲。
ノリノリのアクション・スコアなのですが、ど派手なのに核となるメロがあんまり無いという
カラオケのようなちょっと不思議な曲。
でもカッコいいから構わないのです。
劇伴の中には、ポール・モーリアかリチャード・クレイダーマンかと思わせる
メロドラマな大袈裟で恥ずかしい曲も入っていたりします。
しかもこの曲のメロがモチーフの1つになっていて、何回もアルバムの中で顔を出しちゃいます。
その他も4つ打ちのディスコチックな女性コーラスモノがあったり、総じて劇伴奏はどれもリズムがあって聴きやすい。
ブラスの「ジャ~ン!」っていうキメのフレーズは、ちょっと昭和の刑事ドラマ風だったりもしますが、
それを差し引いても、70年代アクション・スコアとしてはなかなか素敵な出来映えの作品です。
RCの「ジャジャジャジャ」で育った今の若い人たちには、古臭くてカッコ悪くて、
とても聴けたものではないサントラかも知れませんが、
おじさんたちはこういうのがいいんだよなあ。
サントラLPのオリジナルは米Pyeレーベルから発売さていて
イラスト・ジャケなのですが、この作品、フォノグラムから出ていた日本盤
はピーター・フォンダとテリー・サヴァラスのアップをあしらった迫力の写真ジャケになってました。

   これ
   ↓
$サウンドトラック秘宝館


個人的には70年代なサントラという意味では、日本盤の方がお気に入り。
このサントラ、今だにCDになっていなのが不思議でなりません。



・・・・・とここまでが過去記事。
今月、遂にフランスのMusic BoxレーベルからCDが発売されました。
でも、なんと限定500枚。
少なすぎるだろ~。
LPと同内容で30分に満たないスコアなので、
同じくガルヴァランツがスコアを担当した「大爆発」(1967年)がカップリングされています。
音は・・・・、所々でちょっと音がヨレるような部分があって、
もともとがそうなのか、マスターが傷んでいたのか、それともアナログ起こしなのか、
その辺はわかりませんが、なんとなく違和感を感じる瞬間があります。
それにしても、限定500枚は少ないなあ。










ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Killer Force [VHS] [Import]/Telly Savalas,Peter Fonda,Hugh O’Brian

¥649
Amazon.co.jp

Killer Force [DVD]/出演者不明

¥649
Amazon.co.jp



本作のサントラが無いので、Amazonで入手可能な他のジョルジョ・ガルバランツものをご紹介
Musiques De Films/Georges Garvarentz

¥1,325
Amazon.co.jp

Ost/Georges Garvarentz

¥1,915
Amazon.co.jp

Musiques De Films/Georges Garvarentz

¥1,630
Amazon.co.jp

Marco Polo/Georges Garvarentz

¥2,726
Amazon.co.jp



これにもガルバランツが作曲した歌(シャンソン)が入っているらしい(^^;)
美輪明宏全曲集/美輪明宏

¥3,000
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
仕事が忙しくて3月からしばらくブログをお休みしてましたが、
全くブログ書かないと、どうもいろんな面で調子が悪いのです。
何をやってもどことなく物足りない。
ということで、またちょっとずつですが、更新していこうと思いますので、
気長にお付き合いのほど、よろしくお願いします。
(内容はかなりシンプルになると思います スミマセン





$サウンドトラック秘宝館




THE SHOOTIST
監督: ドン・シーゲル
音楽: エルマー・バーンスタイン
出演: ジョン・ウェイン、ジェームズ・スチュワート、ローレン・バコール、ロン・ハワード、 シェリー・ノース、ジョン・キャラダイン、ヒュー・オブライアン、ビル・マッキーニー、リチャード・ブーン、スキャットマン・クローザース
1976年 アメリカ映画



「サウンドトラック秘宝館」復活第1弾は、ジョン・ウェインの遺作。
確かオープニングが過去の主演作品の名場面で構成されてたような記憶が・・・。
遺作にして名作。
音楽は、エルマー・バーンスタイン。
ジョン・ウェインのウェスタン・スコアといえば、僕の中ではこの人のイメージが強いなあ。
このサントラ、もう出ないものと思ってましたが、先月、米La-La-Landレーベルからまさかのリリース。
限定2000枚でしたが、このリリースはうれしかった。
子供のころ、「夜のスクリーン・ミュージック」で映画から直録りのメイン・タイトルを聴いて以来、
大好きなスコアでした。
映画からダイレクトに音録ってるので、ナレーションや銃撃音がそのまんま入ってて、
それが長らく頭の中に焼き付いて、自分の頭の中ではS.E.もスコアの一部と化してました。
今回、クリアな音でしかもちゃんとステレオ収録でメイン・タイトルを聴くことが出来たのですが、
子供のころの刷り込みのせいで、「バキューン、バキューン」が入ってないスコアを最初に聴いた時はなんだか違和感を感じてしまいました。
それにしても、やはりオリジナルは素晴らしい。
以前、CDで出ていた再録音盤はオリジナルに比べると何となくもたついた感じがあって
もどかしい思いがしていただけに、正真正銘のサウンドトラックのリリースは大満足です。
でも、収録時間が約25分と短いので、「エルダー兄弟」のLP音源とのカップリング仕様となっています。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Shootist/the Sons of../Original Soundtrack

¥3,000
Amazon.co.jp

The Shootist [DVD] [Import]/John Wayne,Lauren Bacall,Ron Howard

¥価格不明
Amazon.co.jp

ラスト・シューティスト [DVD]/ジョン・ウェイン,ローレン・バコール,ジェームズ・スチュワート

¥4,935
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。