サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


JOE KIDD
監督:ジョン・スタージェス
音楽:ラロ・シフリン
出演:クリント・イーストウッド、ロバート・デュヴァル、ジョン・サクソン、ドン・ストラウド、ステラ・ガルシア、ジェームズ・ウェインライト
1972年 アメリカ映画


昨日に続いてラロ・シフリンがらみの1本。
クリント・イーストウッドが名匠ジョン・スタージェスと監督と組んだウェスタン。
シンプルなストーリーで、意外とコンパクトにまとまった作品です。
ストーリーは、西部の町シノーラを舞台に、土地の所有を巡って対立するメキシコ人武装グループと大地主たちに流れ者のジョー・キッドがからむという内容で、メキシコ人グループを捕えるため、大地主にジョー・キッドが道案内として雇われますが、
メキシコ人のボスを捕えるためなら手段を選ばぬ大地主の横暴に、ジョー・キッドは大地主との対決を決意する・・・・みたいなお話。
ちょっと荒唐無稽というか、ありゃりゃ?と思えるシーンが後半に何か所か出てきますが、
大味なマルパソカンパニー作品なので大目に見てやりましょう。
この映画、銃には結構凝っていて、「殺しが静かにやってくる」でも登場したモーゼルが出てきます。
しかも、本作ではモーゼルのマガジンハウスに弾倉を装着するシーンや、ストック付きで撃つシーンが出てきます。
ストック付けてカービンのようにして撃つモーゼルは一見おもちゃのように見えるので、
バタバタと相手が倒れるのには何となく違和感を覚えますが、
この拳銃、自動式で口径の割に威力が高いので、こんなシーンもありかなと思います。
さらには、メキシコ人狩りに使うライフルの組み立てシーンや、
狙撃シーンなどは当時の映画としてはかなりのリアリティがありました。
時折ハッとするような景色を映し出す撮影担当は、イーストウッド作品の常連、ブルース・サーティス。
「荒野のストレンジャー」もこの人が撮っているので、どことなく似たような雰囲気が出ています。




音楽は、ラロ・シフリン。
70年代シフリンはやはり一番脂が乗り切っている時期なので、何を聴いてもハズレがない。
本作もスコア単独として聴くと、かなりの力作。
ところが、シフリンのウェスタンというと、意外にも本作と「マスター・ガンファイター」の2本くらい。
アクション映画やスパイ映画のスコアのエッセンスをウェスタンに持ち込んでるので、
「マスター・ガンファイター」の時にも感じたのですが、実はあまり画面に合ってない。
たまにスコアだけ浮いちゃってる時がある。
でも、サントラ単独で聴く分には素晴らしい出来という不思議な作品。
オープニングは、哀愁を帯びたテーマでちょっぴりマカロニ風。
トミー・テデスコ?のギターがモロそんな感じ。
劇伴の中には、シフリン節ともいえる他の作品をイメージさせるフレーズや楽器が登場。
「ダーティ・ハリー」や「戦略大作戦」、「燃えよドラゴン」の劇伴を彷彿とさせるフレーズ
ちょこちょこと出てきて、ファンとしてはうれしい作りになっています。
70年代シフリンの定番アクションスコアも出てくるので、この頃のシフリンが好きな人はさらに楽しめるはず。
サントラは、公開当時には発売されず、つい最近になって米Intradaレーベルから例のSpecial Collectionシリーズの1枚として発売されました。
本編未使用曲も含めて、18曲43分の収録です。
ステレオ音源で音質も良好です。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Joe Kidd/Original Soundtrack

¥3,640
Amazon.co.jp

シノーラ 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]/クリント・イーストウッド,ロバート・デュバル,ジョン・サクソン

¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


(未)NUNZIO
監督:ポール・ウィリアムズ
音楽:ラロ・シフリン
主演:デヴィッド・プロヴァル、ジェームズ・アンドロニカ、モーガンナ・キング、ジョー・スピネル、マリア・スミス、ヴィンセント・ルッソ
1978年 アメリカ映画

今日は未公開映画をご紹介。
未見なので内容はほとんどわからないのですが、音楽がラロ・シフリンなので・・・・。
キャストも馴染みのない人がほとんどで、よく知ってるのは「マニアック」(オリジナル版)の殺人鬼ジョー・スピネルぐらい。
ストーリーは、下町のNunzioという平凡なお兄さんの日常を描いたアットホームな作品のような・・・気がします。
おそらく淡々と平凡な一日を描いていたら退屈なので、ストーリーに起伏はあるのでしょうが、
最後にはみんなのヒーローになるようなことをしでかしてハッピーエンドになるのではないかと・・・・。
サントラLPが出ているのですが、曲のクレジットを観ると、どうやらクライマックスでは誰かを救出に向かうようです。
LPのジャケがまた何の映画かさっぱりわからないような変なイラストになっています。
男同士が取っ組み合いをしているのか、抱き合って泣いているのか、さっぱり分かりません。
レスリングの映画かと思ってしまいます。


音楽は、ラロ・シフリン。
地味なサントラ・ジャケと未公開作品というハンデがあるのですが、
LPに針を落とすと、ジャケからは想像も出来ないグルーヴィーな音が飛び出します。
1曲目は軽快なディスコ・ブギー、Theme From Nunzio。
これがめちゃくちゃカッコいい。
タイトなリズムをカッティングするチャカポコ・ギターがまたいい味を出しています。
レアグルーヴ好きな人の中に、このサントラのことを知っている人がいたので、
レアグルーヴ・ファンの間でも名前の知れたサントラなのではないかと想像します。
続くMain Titleもスリリングなバッキングにほのぼのとしたモチーフが乗っかる面白い曲。本編ではオープニングで使用されたようです。
劇伴もしっとりとしたピアノ曲があったり、明るくさわやかな印象の曲があったり、
アクション映画風のサスペンス・チューンがあったり、バリエーションも豊富で聴き所の多いアルバムです。
何曲かのスコアでフィーチャーされるピアノはMichael Langが演奏しています。
サントラはLPしか発売されておらず、CDではHip-Oレーベルから出たシフリンのコンピレーション盤に「Love Theme」が収録されているのみです。
どうせなら1曲目を収録してくれればいいのに、と思ってしまいます。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Nunzio/Lalo Schifrin

¥価格不明
Amazon.co.jp

Reel Lalo Schifrin/Lalo Schifrin

¥1,654
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


※最近、ちょっと忙しくて・・・・今夜は過去記事に追記してます。
 手抜きですみません。
 

COMBAT!
監督: ボリス・セイガル、ロバート・アルトマン、バート・ケネディ、ジョン・ペイサー、バーナード・マケヴィティ、テッド・ポスト、マイケル・キャフィー、ジョーグ・フェナディ、リチャード・ベネディクト、ヴィク・モロー、リチャード・ドナー、バイロン・ポール、トム・グライス、ハーマン・ホフマン、ジェームズ・コーマック、サットン・ローリー、ポール・スタンレー
音楽: レナード・ローゼンマン
出演: ヴィク・モロー、リック・ジェイソン、ジャック・ホーガン、ピエール・ジャベール、ディック・ピーボディ、スティーヴン・ロジャース、コンラン・カーター、トム・ローウェル、シェッキー・グリーン、ウィリアム・ブライアント
ゲストスター: テリー・サヴァラス、トム・スケリット、ハリー・ランダース、チャールズ・ブロンソン、フリッツ・ウィーヴァー、サル・ミネオ、ジェームズ・カーン、ジェームズ・コバーン、ニック・アダムス、ボー・ブリッジス、ロバート・デュヴァル、リカルド・モンタルバン、デニス・ホッパー
1962年~1967年 アメリカ映画


60年代戦争TVドラマシリーズの傑作。
第二次世界大戦のノルマンディー上陸以降のヨーロッパ戦線を舞台に、アメリカ軍の小隊の活躍を描いたドラマです。
アメリカABC製作のドラマで、1962年から1967年までの5年間に渡って放映された、5シーズン、152話の長寿番組でした。
史上最大の作戦の影響か、全編白黒で撮影された作品です。
(第5シーズンの24話分だけカラー版)
監督陣をみるに、この蒼々たるメンバーに驚きます。
単なる戦争アクションではなく、人間ドラマとしても非情に優れた作品でした。
今観ても十分鑑賞に堪える深みのあるTVシリーズでした。
何年か前にNHK-BSでも放映されていました。
僕が初めてこのドラマを知ったのは、まだ小学校5年生の時、
ゴールデン洋画劇場で、「丘を血に染めて(前・後編)」というエピソードが放映された時でした。
母が若い頃、熱中して観ていたということで、当時母と弟と3人で一緒に観ました。
これがとても面白かったのを覚えています。
その後、中学生の頃、毎週木曜日の深夜に山陰放送というローカル局で放映が始まって、
寝る前にこっそり父が持っていた14型の白黒テレビで観た記憶があります。
もともとテレビが白黒だったので、白黒映像のコンバットは好都合でした。
とにかくエピソードが多く、第1話を観ることができたのはつい数年前のことです。
シリーズの最初の方は、ブラドッグというなにかとおしゃべりな兵隊が出てきますが、
いつの間にかいなくなってしまいます。
TVシリーズに時代考証の話をするのも何ですが、サンダースが被っているヘルメットの迷彩カバーは海兵隊のもので、
本来ヨーロッパ戦線の陸軍ではあのようなヘルメットは存在しません。
たぶん、サンダースを他の兵士より目立たせるためだったのだろうと思います。
サンダースだけマシンガン持ってるし・・・・(^^;)


音楽は、レナード・ローゼンマン。
有名なテーマ曲は、「コンバット・マーチ」として野球の応援に使われたり、
結構日本でも馴染みのある曲です。
TVの主題曲なので、演奏時間が短いのが玉にきずで、長尺バージョンで是非聴いてみたい曲です。
第5シーズンまであるので、何回かテーマ曲のアレンジが替わっています。
個人的には、「丘を血に染めて」の頃の第4シーズンのテーマ曲が一番こなれている感じでしっくりきます。
(第5シーズンのテーマ曲はどんな感じだったか、あんまし覚えてない。)
劇伴は、この人独特の節回しのスコアが多く、後の「ロボコップ2」にも通じるスコアがあったりして、
この人30年経っても作風はほとんど変わってないのかなあと思ったりします。
サントラ盤は残念ながら発売されなかったみたいです。
今からでも遅くないので、どっかから音源を発掘してきてCD化してほしいなあ。
TV局の倉庫探したら案外簡単に見つかったりして。
「白バイ野郎ジョン&パンチ」みたいに、シーズン毎に出してもらうのもいいですね。
もっとも、劇伴はテーマ曲ほどカッコ良くないので、あんまり聴いてて楽しくないかも知れません。
劇伴の中にテーマモチーフがあんまり出てこないので、サントラとして聴くと面白みに欠けるかもなあ。



・・・とここまでが過去の記事。
コンバットのサントラなんて出ないんだろうなと半分あきらめていたところ、
Film Music Societyの会員限定というケチな販売方法で売られていた
レナード・ローゼンマン作品集の中に、本作の第1シーズンのスコアが収録されているが判明。
 
  これ
  ↓
$サウンドトラック秘宝館




でも、CDは欲しいけど、会員になる気もないし、やっぱり諦めるしかないかと思っていたところ、
何故か最近になって一般向けにもリリースされることになったようで、遂にゲット。
これはうれしい買い物でした。
でも、1枚$29.98はちと高い。
このCDには、「コンバット」のファーストシーズン12曲19分の他に、
「Body Wars」(1988)←アトラクションのBGM?
「鳩が死ぬ時」(1990)
「(未)Sybil(1976)
「(未)ALEXANDER THE GREAT」(1964)
が収録されています。どれも馴染みのない作品ばかりです。
さて、肝心のコンバットの方は、モノラルというのがちょっと残念ですが、
真ん中から音が出るということを除けばまずまずの音質。
有名なメイン・タイトルは、「ボカ~ン!!ボカ~ン!!」の爆発音が無いので
ちょっと間が抜けた印象を受けます。
爆発音もひっくるめて音楽として認識してたことを実感。
ファーストシーズンのメイン・タイトルは磨かれる前の原石のような音をしています。
他のシーズンのメイン・タイトルも是非聴いてみたい。
(特に第4シーズン)
劇伴は、そんなに面白くないだろうと想像していたのですが、意外に聴けるのでびっくり。
「コンバット」単独でCD出ないかなあ。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



COMBAT! DVD-BOX COMMAND3

¥38,000
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE22 [DVD]

¥3,990
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE35 [DVD]

¥3,990
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE23 [DVD]

¥3,990
Amazon.co.jp

Combat: The Complete Series (32pc) (Full B&W) [DVD] [Import]

¥22,310
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE24 [DVD]

¥2,800
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE36 [DVD]

¥3,589
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE9 [DVD]

¥2,799
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE7 [DVD]

¥2,394
Amazon.co.jp

COMBAT!〈カラー版〉9 [DVD]

¥7,200
Amazon.co.jp

COMBAT! BATTLE10 [DVD]

¥3,990
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


JACK REACHER
監督:クリストファー・マッカリー
音楽:ジョー・クレイマー
出演:トム・クルーズ、ロバート・デュヴァル、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、ヴェルナー・ヘルツォーク、ジェイ・コートニー、ジョセフ・シコラ
2012年 アメリカ映画



本日ご紹介するのは、「アウトロー」。
といっても、1976年のクリント・イーストウッド作品ではありません。
未見の新作。
現在、劇場公開中なのですが、このところバタバタと忙しいのでまだ観てません。
他にもしたいことあるので、映画にばかり小遣いをつぎ込む訳にもいかないし・・・・悩ましいところです。
ちょっと脱線しましたが、今日の作品はトム・クルーズ主演のアクション映画で、
リー・チャイルドのベストセラー小説を映画化したもののようです。
(原作・・・ベストセラーらしいけど、知らない(-_-)/~~~ )
元軍人のジャック・リーチャーを主人公としたクライム・アクションだそうで、
今回は無差別殺人事件の裏に隠された真相を暴く・・・みたいなお話のようです。
監督は、ブライアン・シンガー監督作品「ユージュアル・サスペクツ」、「ワルキューレ」などの脚本を手がけた
クリストファー・マッカリー。
本作でも脚本を書いています。
主演のトム・クルーズは製作にも携わっていて、原作がシリーズものであることを考えると、
映画の方もシリーズ化される可能性はあると思われます。
なお、「アギーレ神の怒り」のヴェルナー・ヘルツォーク監督が出演しているらしく、
ちょっと観てみたい気がしてます。



音楽は、クリストファー・マッカリー監督とは「誘拐犯」に続いてのコンビとなるジョー・クレイマー。
本邦未公開作品やTVムービーの仕事が多く、「最低☆絶笑ムービー」、「ゾンビ・ナース」なんてのも担当してます。
要は「誘拐犯」以外、知らない作品ばかり・・・ということになります。
本作は、ダークなストリングスが全体を支配するアンダースコア系の作品で、
決して楽しい内容ではありませんが、クライム・アクションなら仕方ないところでしょう。
ただ、本作の場合、なんとなくですが、オールド・スタイルなアクション・スコアの匂いを感じさせる部分があり、
ストリングスの使い方になんとなくロン・グッドウィンっぽいものを感じたりします。
また、ダークなトーンのブラスの使い方はハンス・ジマーの「ダークナイト」っぽいものが垣間見えます。
最後までダークなままでスコアが終了してしまうので、おっさんには物足りなさを感じさせる内容ではありますが、
メインとなるメロは「ジャッ、ジャジャジャジャ、ジャッジャッ」の変則RC系ながら、
マイケル・ジアッキーノの「クローバーフィールド」を彷彿とさせる部分があったりで、そこそこ楽しめます。
アンダースコア系なので、過度な期待は禁物ですが、本編を観た後なら、いい意味で印象が違ってくるかもしれません。
なお、サントラは過去作の限定盤シリーズでお馴染みの米La-La-LandレーベルからCDが発売されています。

CDとダウンロード版でボーナストラックが違っていて、CD盤はアンダースコア1曲、ダウンロード版は「組曲」が1曲収録されてます。
CDのボーナストラックより、ダウンロード版の「組曲」の方が聴きやすいかも。


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Jack Reacher/Joe Kraemer

¥1,653
Amazon.co.jp




ダウンロード版のボーナストラック

Suite from Jack Reacher (Digital Bonus Track)/Paramount Music!

¥価格不明
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



FLIGHT OF THE INTRUDER
監督:ジョン・ミリアス
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
出演:ブラッド・ジョンソン、ダニー・グローヴァー、ウィレム・デフォー、ロザンナ・アークエット、トム・サイズモア、J・ケネス・キャンベル、
ダン・フロレク
1990年 アメリカ映画


ベトナム戦争を舞台に、全天候型の対地攻撃を主任務とする攻撃機A-6イントルーダーを主役にした
珍しい戦争映画。
ストーリーは、70年代初頭のベトナム戦争を舞台に、対地攻撃中に相棒を失ったパイロットが、
新しい相棒とともに作戦外の単独行動で敵地を攻撃したことから任務を外されてしまいますが、
彼らの上官が乗った機が敵の攻撃で敵地の真っ只中に不時着したことを知り、再び出撃する・・・・という、戦争映画ではよくあるパターンのお話。
イントルーダーなんて地味な攻撃機を主役にもってきてるもんだから、
戦闘シーンの大半は、夜間攻撃。
あまりよく見えない中で、戦闘が繰り広げられます。
今よりだいぶ稚拙なCGやミニチュアを駆使してイントルーダーの飛行シーンを撮ってるので、
夜間の方が製作側としてはアラが隠せて都合がよかったかも。
90年代にこんな戦争映画を撮れた(撮ってしまった)のは、ジョン・ミリアスを置いて他にいないでしょう。
基本的に戦争映画は、「スポーツ」として観てしまう僕としては大いに支持したいおバカ監督の一人。
過剰なヒューマニズムや過剰な反戦メッセージが込められちゃった映画は観る気がしない。
反戦へのメッセージはそこそこで、最後にはアメリカ万歳!で締めくくる、ほんとバカです。
でもそこが好き。
作り物なんだから、単純にスカッと「アクション」として観たいところ。
そういう意味でこの監督の作品は、痒いところに手が届く、僕にとってはいい意味で時代錯誤な作品が多い。
本作もそんな1編で、ミリアス監督作品がこれ以降発表されないところをみると、世間の評価は低かったのかもしれないなあ。
でも僕はお構いなし。
好きな作品です。






音楽は、ジョン・ミリアス作品といえば、故ベイジル・ポールドゥリス。
本編が「男気」な映画なら、スコアも「男気」系。
この人は、「コナン・ザ・グレート」、「スターシップ・トゥルーパーズ」、「ロボコップ」等々、
いわゆる「キ○タマ」系のスコアを書かせたら大変上手い作曲家です。
冷静に聴くとクサいメロも強引に力技でカッコよく聴かせてしまう手腕はさすが。
本作も、本編にふさわしいミリタリー・スコアが提供されていて、本編をグッと盛り上げます。
本作の目玉はなんといっても、エンド・タイトル。
劇中にも何度かメロが顔を出しますが、エンド・クレジットのところで、
一気に燃え上がるアクション・スコアが登場します。
これをレンタルビデオで初めて聴いたときは、正直何度もその部分だけビデオをリピートしてしまいました。
ミリタリーマーチ調の勇壮な曲で、「若き勇者たち」のエンド・タイトルをさらにカッコよくした感じ。
いい曲なので、かつて発売されていたブートレッグでは、この曲が1曲目に収録されていたほどです。
サントラは、公開時にはオフィシャルでは発売されず、ブートが2種類発売されただけでした。
僕は、「愛と殺意の海域」と「アイアン・イーグル」がカップリングされたものを持っていましたが、
肝心のエンド・タイトルの冒頭に「ブチッ!!」という大きなノイズが入るのが許せませんでした。
そして、先月、遂にIntrada Special Collectionから正規盤が発売されました。
ブートが14曲のところ、正規盤は20曲入り。
音質も上々で、当然、例の「ブチッ!!」もありません。
このスコアはオススメです。


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




イントルーダー -怒りの翼- [DVD]/ダニー・グローヴァー,ウィレム・デフォー,ブラッド・ジョンソン

¥1,500
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。