サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


CROSSED SWORDS
監督:リチャード・フライシャー
音楽:モーリス・ジャール
出演:オリヴァー・リード、ラクエル・ウェルチ、マーク・レスター、ジョージ・C・スコット、チャールトン・ヘストン、デヴィッド・ヘミングス、アーネスト・ボーグナイン、シビル・ダニング、ハリー・アンドリュース
1977年 イギリス/アメリカ映画


アメリカの作家マーク・トウェインの有名な児童文学の確か3度目となる映画化作品。
10歳くらいの王子役を当時20歳前のマーク・レスターが演じてしまっていますが、
細かいところを気にしなければそこそこ楽しめた・・・・ような気がしてます。
(というのも、実はこの映画、中学生の頃テレビで観て以来、観たことないのです。)
ストーリーは、16世紀のイングランドを舞台に、若き日のエドワード6世?を主人公にした物語で、
簡単に言うと、王子と王子にそっくりな貧しい少年が出会って、好奇心からお互いに服を交換して、
相手の生活を体験しようとすることから始まる冒険譚・・・というお話になっています。
監督はリチャード・フライシャーだし、キャストも70年代スターが大挙出演しているし、
主人公をマーク・レスターが無理して演じていることを除けば、
かなり贅沢な作品になっている・・・という記憶があるんだけどなあ。
今度、久しぶりに観てみよう。
本作のタイトルに関しては、どうやら「乞食」という表現がよろしくないようで、
その後に製作されたリメイクなどは、「新・王子と少年」なんてタイトルになってます。
「王子と乞食」の方が語呂がよくて好きなんですが・・・・。
なお、上のキャストの中にお○ぱい星人が2人含まれています。




音楽は、巨匠モーリス・ジャール。
70年代のジャールは不振な時期があったようですが、
本作のスコアはテレビで観た瞬間に「これはいい!」と気に入ってしまいました。
ちょうど当時は、テレビで放映された映画のテーマ曲をラジカセに録るクセがあって
この映画も何も知らずにオープニングを録音したらテーマが良くて、
「ラッキー!」と思って次の日レコード屋にサントラが無いか探しに行った記憶があります。
でも、レコード屋のカタログを観ても本作のサントラは記載がありません。
当時は、情報源といったら、レコード屋に置いてある会社毎のカタログぐらいで、
サントラは出てないのかなあと半ば諦めていたところ、
高校生になってSUMIYAの存在を知り通販カタログを入手したら、
その中に米盤LPを発見、嬉々としてオーダーしたという懐かしい記憶があります。
メイン・タイトルは、ジャールの作品の中ではダイナミックな作風の中にも軽快な雰囲気があって聴きやすい曲。、
彼独特の個性的なアクは薄め。
劇伴も、中世コスプレ・ムービーに相応しい堂々たるスコアが並んでいます。
それもそのはず、演奏はナショナル・フィルでした。
LPジャケのデザインも結構お気に入り。
CDは、米FSMから増曲無しのリマスターものが発売されていますが、
何故かCDはいまだに持っていません。
そのうち買おう買おうと思ってもう何年も過ぎてしまいました。
まだ廃盤になってないよなあ。



みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Crossed Swords - O.S.T./Film Score Monthly

¥3,128
Amazon.co.jp

王子と乞食 [DVD]/IVC,Ltd.(VC)(D)

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


JCVD
監督: マブルク・エル・メクリ
音楽: ガスト・ワルツィング
出演: ジャン・クロード・ヴァン・ダム、フランソワ・ダミアン、ジヌディーヌ・スアレム、カリム・ベルカドラ、ジャン=フランソワ・ウォルフ、アンヌ・パウリスヴィック
2008年 ベルギー/ルクセンブルク/フランス映画

※ 今日は過去記事を修正しています。


90年代にはアクション・スターとして活躍したジャン・クロード・ヴァン・ダムが自らを演じる一風変わったコメディっぽいドラマ。
今ではすっかり落ち目になってしまった自身をありのままに演じるというかなり自虐的でユニークな内容。
かつてはB級(失礼)アクション・スターとして、「サイボーグ」、「ユニバーサル・ソルジャー」、「タイム・コップ」、「サドン・デス」等々、90年代には数々のアクション映画に主演してきた彼ですが、今ではすっかり出演作品が減ってしまっています。
落ちぶれた自分をネタにするなんて、かなり勇気がいるのではないかと思いますが、ここまで開き直って演じることが出来るっていうのも案外素敵な事かも知れません。
ストーリーは、40代後半になってアクションのキレもなくなってうまく立ち回れなくなったヴァン・ダムが、私生活では娘の親権争いや金銭トラブルで踏んだり蹴ったりの状態の中、
ハリウッドに嫌気がさして故郷のベルギーに凱旋すると、立ち寄った郵便局で強盗団の襲撃に遭遇しますが、地元の住民は売れなくなったヴァン・ダムが遂に金に困って銀行強盗を働いたと誤解して・・・・というお話です。
銀行強盗に脅されて警察との交渉役にさせられたため、すっかり銀行強盗の主犯と勘違いされたまま話が進展してしまいます。
コメディっぽいですが、爆笑するような作品ではなく、劇中、自分が出演する予定だった作品をスティーヴン・セガールに取られたとか、自身の出演作品の名前がポロポロでてきたり、彼のファンなら思わずニンマリしてしまうネタが随所に盛り込まれているという感じです。
オリジナル・タイトルも、そのものズバリ「JCVD」だって。
ヴァン・ダムのファンには、大ウケの愛すべき1本だと思います。
余談ですが、ヴァン・ダムって、てっきりフランス人だとばかり思ってましたが、
実はベルギー人だったんですね。
そういえば、先日、「エクスペンダブルズ2」で久々に劇場で彼の姿を見ることができました。



音楽は、ガスト・ワルツィング。
この人、もともとルクセンブルクのジャズトランペッターだそうで、本作では70年代ポリス・アクションを彷彿とさせるジャズ・スコアで、テーマなどはいかにもなビッグ・バンド風で結構「燃え」ます。
この手のジャズ・スコアって最近めっきり減っていましたが、久々に70年代を彷彿とさせるスコアに出会えて感動ものです。
劇伴も、ジャズをベースにしたスリリングなスコアが多く、渋くてカッコいい。
ガスト・ワルツィング自身の演奏と思われるトランペット・ソロの曲もあったり、
マイナー作品ですがなかなか聴きごたえのある作品です。
この映画の監督、製作当初はガスト・ワルツィングのことをよく知らず、この人がスコア担当となったことをあんまり快く思ってなかったようですが、
もともと監督自身がジャズファンだったこともあって、この人の経歴を知って見方が180度変わったようです。
その結果生まれたのがこのスコアだということ。
サントラ盤は、無名の新人作曲家のスコアを中心に精力的に発売ししている
Movie Score Mediaというレーベルから発売されています。
アメリカではi-tunesでも購入可能です。
ジャケに写ってるヴァン・ダムのくたびれた顔、いい味出してるよなあ。


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Jcvd/Gast Waltzing

¥1,619
Amazon.co.jp

JCVD (Original Motion Pict.../作者不明

¥1,500
iTunes
※モバイル非対応

その男 ヴァン・ダム [DVD]/角川映画

¥1,890
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRE
監督:アラン・シャバ
音楽:フィリップ・シャニー
出演:モニカ・ベルッチ、クリスチャン・クラヴィエ、ジェラール・ドパルデュー、ジャメル・ドゥブーズ、クロード・リッシュ、ジェラール・ダルモン、アラン・シャバ、マチュー・カソヴィッツ、ルイ・レテリエ
2002年 フランス映画


最近あんまりメジャーな作品を紹介しないのですが、またまた今日も変化球、フランス産コメディです。
年末バタバタでなかなか更新できない中で、
やっと更新したと思ったら、こんなもんだったりするのもどうかと思いますが・・・(笑)
フランスの人気漫画「アステリックスとオベリックス」をベースにしたコメディ作品で、
どうやらシリーズものの映画のようです。
その中で、今日紹介するのは、古代エジプト?を舞台にシーザーとクレオパトラとその周りの人々が繰り広げるドタバタコメディという仕様になっています。
結構メチャクチャな設定のくせに面白い。
フランス産のコメディって、個人的には大好き。
ストーリーは、クレオパトラがシーザーとの賭けで3ヶ月以内に砂漠に宮殿を建設してみせると宣言してしまいます。
無謀な建設計画を託され、困り果てた建築家は、助っ人を頼んでなんとか建設に向けて奮闘する・・・というお話。
クレオパトラにモニカ・ベルッチという配役はベストマッチ。
ハマリ過ぎて笑ってしまいました。
その他もフランスの名優を贅沢に使っていて、コメディのくせに豪華です。
この映画、フランスではかなりヒットしたそうです(ほんとかなあ)。
監督のアラン・シャバは、役者としても活躍していて「彼女たちの関係」(1994)などに出演。
本作にも出演しているようです。


音楽は、フィリップ・シャニー。
この人も、もともとは役者のようです。
しかし、役者にしては意外に(失礼)堂々としたスコアを書いています。
演奏は、ロンドン交響楽団。
本格的なフルオケスコアなので、特にアクション・スコアの迫力はコメディとは思えない迫力(ちょっと言い過ぎ?)。
コメディだと普通アラビックなメロもデフォルメされることが多いのですが、
案外まともにアレンジされています。
アラビアということで、なんとなくモーリス・ジャールを意識したような(ほんとかよ)テーマモチーフも、
スコア全編にわたってフィーチャーされていて本格的。
中にはちょっとした音のお遊びも用意されていて、
「Kung Fu」なんて曲は、なんとなくラロ・シフリンをイメージさせるジャズっぽい曲です。
サントラは、仏盤と米盤(英盤?)で内容がかなり違っています。
米盤は、1曲目に18分の組曲が入って全13曲入り。
一方の仏盤は組曲が無くて、スコアに加えてEric Mouquet featuring Beverly Jo Scott(Banglesの「Walk Like An Egyptian」のカバー!)、Snoop Dog & Jamel Debbouze、James Brownの歌ものが入った全21曲入り。
なお、米盤の方はジャケの上に演奏は「The !3th District Massive Melones Orchestra」と書いてあったり、
米盤のサンプルを聴くと、スコアもなんとなくシンセっぽい感じがしたり・・・。
米盤の方は持っていないのでなんともいえませんが、
もしかして、仏盤とはまったく演奏者が違っているのかも知れません。
日本のi-Tunes Storeでは米盤の方をダウンロードすることができます。
フランスのi-Tunes Storeでは、21曲入りの方をダウンロードすることができますが、
フランスのアカウントが必要です(ToT)。



みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Mission Cleopatre : Asterix & Obelix/Universal

¥1,848
Amazon.co.jp

ミッション クレオパトラ [DVD]/ギャガ

¥2,940
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



HELLRAISER III: HELL ON EARTH
監督:アンソニー・ヒコックス
音楽:ランディ・ミラー
出演:テリー・ファレル、ダグ・ブラッドレイ、ポーラ・マーシャル、ケヴィン・バーンハート、ローレンス・モートフ、ケン・カーペンター
1992年 アメリカ映画


クライヴ・バーカー原作の魔道士ものオカルト・ホラー・シリーズ第3作。
これって、劇場未公開のオリジナル・ビデオだったんだ。
知らなかった。
全然つまんない「4」以降が劇場公開されたのに、これがオリジナル・ビデオとは・・・。
ストーリーは、クラブのオーナーが買ってきた彫刻が、実は魔道士が封印された彫刻で、
怪我したオーナーの血が彫刻についてしまい、その血で魔道士が現代に蘇る・・・みたいな良くあるお話。
個人的には、このシリーズ、「2」が最高傑作で、鑑賞に堪えうるのは「3」までだと思ってます。
「4」以降はほんとつまんない。「スキャナーズ」がシリーズ化して散々なことになったのと一緒です。
まあ、本作もお世辞にも良くできた作品だとは思えませんが、
一気に失速する「4」よりはまだオリジナルの雰囲気を多少でも残した1本といえるのではないかと思います。
とはいえ、魔道士の新キャラはCDが頭に刺さったのやら、片目がカメラのレンズになってるやつやら、
思わず噴飯ものの連中が新たに加わっています。
古風な魔道士に現代的なアレンジを加えたかったのかもしれませんが、キャラとしての魅力は全然ありません。
この新キャラのせいで、おどろおどろしいオカルト・ホラーがモンスター・ホラーになってしまいました。
今回の目玉は、ダグ・ブラッドレイ扮するピンヘッドが素顔を出して、
ピンヘッド誕生秘話が語られることぐらいでしょうか。
このシリーズ、回を重ねること第9作(2011)まで製作されていて、
中には宇宙船の中を舞台にしたものまであります。
最新作では、ピンヘッドもダグ・ブラッドレイじゃありません。
もういい加減、やめたら?と思いたくなっちゃいます。



音楽は、前2作のクリストファー・ヤングからランディ・ミラーにバトンタッチ。
基本的には、クリストファー・ヤング作曲のモチーフを生かした作りになっているので、
シリーズのスコアとして違和感はありません。
もともと、ヤングのテーマ曲がお気に入りだったので、この選択は正解。
演奏は、なんとMosfilm State Orchestraと記載が・・・。
指揮者がSergei Scripkeとなっているので、ロシアで録音したのでしょうか。
この方が安上がりだったのかなあ。
肝心のスコアの方は、冒頭から激しいアクション・ホラー調のスコアが登場。
安くあげたにしては、かなり頑張っています。
クリストファー・ヤングの名スコアには及びませんが、そんなに悪くないスコアです。
アクション度が高いので、怖くて聴けない音ではありません。
ランディ・ミラーって、TVムービーや続編もののスコアを書かされることが多いような気がしますが
(「ダークマン2」とか)、案外ちゃんとしたスコアを書くんだなあと感心(失礼)。
サントラは、米GNPレーベルからCDが出ていましたが、現在では廃盤になっているかもしれません。
本編よりもスコアの方が出来がいいという、うちのブログではよくあるパターンです。
なお、本作はスコア盤の他に、ハードロック系のバンドの曲を集めた歌モノ企画盤があります。


これ

$サウンドトラック秘宝館


モーターヘッド、トライアンフ、KMFDM、スープドラゴンズ(このバンドだけ趣向が違うかも)などの曲が収録されています。


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村






Hellraiser III: Hell On Earth - Original Motion.../Randy Miller

¥1,192
Amazon.co.jp

Hellraiser 3: Hell on Earth/Various Artists

¥936
Amazon.co.jp

ヘルレイザー3 [DVD]/テリー・ファレル,ダグ・ブラッドリー

¥3,990
Amazon.co.jp

ヘルレイザー3(Blu-ray Disc)/テリー・ファレル,ダグ・ブラッドリー

¥5,040
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



COOGAN'S BLUFF
監督:ドン・シーゲル
音楽:ラロ・シフリン
出演:クリント・イーストウッド、リー・J・コッブ、スーザン・クラーク、ドン・ストラウド、ベティ・フィールド、ティシャ・スターリング
1968年 アメリカ映画


クリント・イーストウッドが田舎の保安官補を演じる刑事アクション。
ドン・シーゲルとイーストウッドが初めて組んだ作品で、「ダーティ・ハリー」から遡ること3年前の作品となります。
ストーリーは、凶悪犯の護送のため、アリゾナの田舎からニューヨークにやってきた保安官補が、
護送の途中で犯人の仲間たちの待ち伏せに遭い、犯人を取り逃がしてしまいます。
犯人逃走の責任を取らされ、警察をクビになった保安官補は仲間の協力を得ながら犯人を追い詰める・・・・というお話。
お世辞にも第一級アクションとはいえない出来映えですが、B級活劇として割り切って観れば結構面白い作品です。
この後に「ダーティ・ハリー」が誕生する布石となった作品だと思えば、より感慨深く観ることができます。
アクションシーンは、さすがに今観るとちょっとキレがなくユルい気もしますが、
そこは今から40年以上前の作品なので、我慢して観ることにしましょう。
この主人公の設定は、後にTVシリーズ「警部マクロード」に引き継がれることになります。




音楽は、ラロ・シフリン。
メイン・タイトルは、ちょっぴりマカロニっぽい雰囲気を漂わせる西部劇調のスコア。
演奏は単に録音が古いせいなのかどうかわかりませんが、かなり軽いタッチです。
あまり奏者の人数も多くなさそうな雰囲気。
(でも、インナーのクレジットを見ると結構な人数が参加しているようです。)
ウェスタン調からジャズ風のものまで、シフリン節炸裂という感じです。
特に、スリリングなスコアでのスネアドラムのブラシワークがメチャクチャ渋くてかっこいい。
ドラム(パーカッション)には、シェリー・マンやラリー・バンカーなどが参加しているようです。
どうりでかっこいいはずだ。
その他の参加ミュージシャンも豪華で、ローリンド・アルメイダ、トミー・テデスコ、マイク・ラングなどなど。
サントラは、これまでTempleというレーベルから出たブートのモノラル音源LPが存在する程度でしたが、
つい先日発売されたラロ・シフリンの「My Life In Music」に2曲が収録され、
さらに先週、米Intradaから遂にまともなサントラCDが発売されました。
全32曲入り56分収録のフルスコア(なのかな?)盤です。
発掘音源にしては、そこまで各曲がぶつ切りになっておらず、
普通にサントラとして楽しめます。
音質も少々軽めなところを除いてはまずまずの出来映え。
ちゃんとステレオになってるところが何より素晴らしい。
この間の「荒野のストレンジャー」といい、本作といい、うれしい発売が続いています。
この調子で、イーストウッドの他の未音源化作品もCD化してほしいものです。


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




マンハッタン無宿 [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,500
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。