サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



SOMEBODY KILLED HER HUSBAND
監督: ラモント・ジョンソン
音楽: アレックス・ノース
出演: ファラ・フォーセット=メジャース、ジェフ・ブリッジス、ジョン・ウッド、タミー・グライムズ、ローレンス・ギタード
1978年 アメリカ映画


TVシリーズ「チャーリーズ・エンジェル」で一世を風靡したファラ・フォーセット=メジャースの劇場映画主演第1作。
あのブロンドのクルクル巻き髪「ファラ・カット」も、アメリカでは流行ったそうです。
本作は、「シャレード」と邦題がついていますが、本家「シャレード」とは何のカンケイもありません。
華麗なタッチの洒落たラブ・ロマンスということで、とりあえず「シャレード」と付けてみたのでしょう。
オリジナル・タイトルは、「誰かが彼女の夫を殺しちゃった」(かなりありきたりなタイトルです。)
監督は、「リップスティック」や「ワン・オン・ワン」から、果てはB級SF「スペース・ハンター」まで手がけるラモント・ジョンソン。
ストーリーは、クリスマスを間近に控えたニューヨークを舞台に、デパートで出会った童話作家に心惹かれた若妻が、
作家とこっそりデートを重ねるうちに、ある日夫が何者かに殺されてしまいます。
2人に殺人の容疑がかかることを恐れて、若妻と作家は警察には通報せずに独自に犯人捜しを始める・・・・というお話。
ファラのニューヨーク・ファッションの華麗な着こなしなど、ファラの魅力を堪能するには映画かも知れませんが、
お話としてはかなり無理があります。
だいだい、殺された夫を冷蔵庫に隠してから、犯人捜し始めるなよなあ。
これ、死体遺棄じゃん。
アメリカでは、これ犯罪にならないのでしょうか。
まあ、でもオシャレな作品なので、細かい点を気にしなければそれなりに楽しめる1本です。



音楽は、何故か巨匠アレックス・ノース。
サントラは、LPしかリリースされておらず、しかもそのLPも日本でしかリリースされませんでした。
例のキング・レコードのセブン・シーズレーベルから出たやつで、当時は日本独自のリリース盤が結構ありました。
さすがに巨匠らしく、オーケストラによるクラシカルで格調高いスコアがベースになっています。
ピアノの流れるようなメロディも素晴らしく、風格を感じさせます。
しかし、何故か時折、コミカルな雰囲気が盛り込まれるので驚きます。
トムとジェリーみたいな劇伴が入ったり、ものすごいサイケなファズがかかったエレキギターが出てきたり、
案外、巨匠、スコアの中で遊んでるみたいです。
さらには、まるでヘンリー・マンシーニみたいな洒落たジャズ・チューンも入っていて、
これ、ホントに巨匠が書いたんだろうかと不思議な感じがします。
バラエティに富んだ内容で、生真面目なスコアにはなっていないので、
アルバム単独で鑑賞しても全く問題はありません。
最近の雰囲気重視のアンダースコア中心のサントラを聴いていると、
こういう70年代のマイナーなサントラが新鮮に聴こえてきます。

おっと、ニール・セダカが歌う主題歌「愛は華麗に(Love Keeps Getting stronger Everyday)」は
サントラLPには未収録です。
   ↓
$サウンドトラック秘宝館



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



本日の検索キーワード
Somebody Killed Her Husband


Somebody Killed Her Husband [VHS] [Import]/Farrah Fawcett,Jeff Bridges,John Wood

¥価格不明
Amazon.co.jp

Farrah Fawcett - 映画ポスター - 11 x 17/Punt Dog Posters

¥2,050
Amazon.co.jp

Cal Farrah Fawcett 2013/Meadwestvaco

¥1,244
Amazon.co.jp

Farrah Fawcett - 映画ポスター - 11 x 17/Punt Dog Posters

¥2,050
Amazon.co.jp

バービー人形 Barbie Collector Black Label Farrah Fawc.../Barbie

¥価格不明
Amazon.co.jp

Farrah Fawcett - 映画ポスター - 11 x 17/Punt Dog Posters

¥2,050
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



PROMETHEUS
監督: リドリー・スコット
音楽: マルク・ストライテンフェルト
出演: ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン、イドリス・エルバ、ガイ・ピアース、ローガン・マーシャル=グリーン、ショーン・ハリス、レイフ・スポール、イーモン・エリオット、ベネディクト・ウォン
2012年 アメリカ映画



「人類最大の謎、それは《人類の起源》」・・・・・なんて、とんでもない宣伝コピーを付けられたばっかりに、
多くのSFファンをがっかりさせてしまった気の毒なSFホラーの佳作。
個人的には、SFホラーとして観たのでそんなに不満はありませんでした。
400人収容のシネコンで観たので、リドリー・スコットの凝りに凝った壮大な映像も堪能できたし。
むしろ面白かったなあ。
これ、全然SF超大作じゃないので、リドリー・スコットが大作の合間に片手間で撮ったSFホラーだと思って観た方が楽しめます。
ストーリーは、一応、人類の起源を求めて未知の惑星へと旅立った宇宙船プロメテウス号の探査チームが、到着した惑星で驚愕の事実に遭遇する・・・・というお話。
「エイリアン」と同じ世界観を背景にしたSFなので、「エイリアン」に出てきたモノがいろいろ出てきます。
「エイリアン」につながる物語として観ることも出来ますが、いろんな設定が「エイリアン」とそっくり。
乱暴な言い方をすれば、登場人物と場所を変えて、「エイリアン」をリメイクしたような感じです。
ご丁寧に首がちぎれるアンドロイドも出てくるし、ラストのあのセリフも・・・・・まんま「エイリアン」じゃないか。
でも、世間でボロカスに言われるほどヒドイ映画ではないと思うけどなあ。
この映画、予備知識全く無しで観に行った方が高い評価を得られると思います。
できれば、監督も誰か知らずに観に行くと、鑑賞後の満足度も高いでしょう。
結構エグいシーンがあるので、小さなお子様やグチョグチョのホラーが苦手な人にはオススメできません。
ガイ・ピアース、どこに出てんだ、と思ってたら・・・・あれじゃあ、分からんわ。



音楽は、このところリドリー・スコットと組んでるマーク・ストライテンフェルトと、ハリー・グレッグソン・ウィリアムス。
ほとんどの曲をマーク・ストライテンフェルトが書いていて、ハリー・グレッグソン・ウィリアムスは数曲だけお手伝い。
でも、このお手伝いの数曲が結構いい仕事をしているのです。
マーク・ストライテンフェルトの曲って、割と線が細いイメージがあったので、
果たして壮大な(映画観るまではそう思い込んでた(^^;))SFのスコアが書けるのか、と心配してました。
・・・・が、それは余計な心配でした。
大して壮大なSFじゃなかったし、SFホラーのスコアとしては結構雰囲気が出てました。
オープニングで目を奪われる大自然の壮大な風景のバックに流れるトラック「Life」が素晴らしい。
映像と一緒に耳にしていなかったら、そこまでいいとは思わなかったんだろうけど、
この曲が一番印象に残ります。
でも、この曲、どうやらマーク・ストライテンフェルト曲じゃなくて、ハリー・グレッグソン・ウィリアムスの曲。
アディショナル・トラックが一番いいってのもなあ。ちょっと微妙(^^;)
インダストリアルなデジタルビートをまぶしたようなトラックが耳に残りますが、
ほとんどがアンダースコアに徹していて、ひたすらダークなスコアが続くので、映画を観てない人は聴いてもつまんないと思います。
映像があって初めて面白みが出るスコアです。
劇中、ジェリー・ゴールドスミス先生の有名な「エイリアン」のメロが登場しますが、
え~!?そんなところで使うの?というぐらいミスマッチな使われ方をしていてとても残念。
エンディングにショパン(雨だれの前奏曲 変ニ長調)使うくらいなら、エンド・クレジットにゴールドスミス使ってもよかったかなあ。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


本日の検索キーワード
Cinematic | Prometheus - Life (Harry Gregson-Williams)


Prometheus/Soundtrack

¥1,413
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



Lo straniero di silenzio
監督:ルイジ・ヴァンツィ
音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ
主演:トニー・アンソニー、ロイド・バチスタ、大前均、リタ・マウラ、ケンジ・オハラ、ヨシオ・ヌカノ、ウィリアム・コンロイ
1968年 イタリア映画

最新作の次はやはりイタリアものを紹介せずにはいられません。
真っ当なハリウッド映画ばっかりだと、やっぱりつまんない。
「盲目ガンマン」のトニー・アンソニーが、ルイジ・ヴァンツィ監督と組んだ「ストレンジャー」シリーズの第3弾。
このシリーズ、「暁の用心棒」のヒットに気をよくした2人が次々と世に送り出したシリーズで、全部で4作品あります。
意外と興行収入が良かったのか、アメリカではMGMの配給で公開されています。
でも、本邦で公開されたのは「暁の・・・」のみだったような・・・・・。
本作は、なんとストレンジャーが単身日本に乗りこんで、武家と野盗の争いに巻き込まれます。
よくもまあ、こんな設定の映画を考えついたものだと呆気にとられます。
ドイツではDVDが出ていて、音声は英語とドイツ語を選択できますが、字幕はありません。
しかし、日本人俳優が日本語でしゃべっているので、鑑賞する上で問題はありません。
しかも、東映の撮影所を使っているようで、町並みや日本人の衣装も違和感が無く、
洋画にしては殺陣もしっかりしていて見応えがあるので驚きます。
ストーリーは、アメリカ(カナダ?)の雪山で瀕死の日本人(インディオかと思った)から巻物(大きめの爆竹ぐらいの大きさしかない)を預かったストレンジャーが、
単身日本の大阪に乗り込み、コサカ・モトオリという男に巻物を渡すため人捜しを始めます。
言葉の通じない国でなんとかモトオリを探し出し、巻物と引き替えに手間賃2万ドルを受け取りますが、
町ではこのモトオリ率いる武家と野盗の一団が対立していて、ストレンジャーはこの争いに巻き込まれていく・・・・・みたいなお話。
このストレインジャー、受け取った2万ドル分の小判を巻き上げられてしまい、
仕返しに巻物を取り返して、これを半分にして武家と野盗に片方ずつ渡して、
もう片方が欲しければ金を出せと取り引きを始めます。
この巻物がなんでそこまで大事なのかさっぱり分からないまま、巻物を巡って攻防が繰り広げられます。
設定におかしなところが多々あって、敵同士だった武家と野盗の頭が実は親戚同士で、途中で突然仲直りして
武家の少女(唯一英語がしゃべれる)が、何故か野盗の頭と結納を始めたり、メチャクチャです。
それでも、ストレンジャーは武家の座敷に飾ってあった大口径の火縄銃を盗んで、
これをショットガンに見立ててぶっ放して次々と敵を倒していったり、
アクションに頑張ってます。
それから、野盗側に何故か西洋人が1人いて、何故かガトリング銃を持ってます。
訳がわかりませんが、B級テイスト満載で一応楽しく最後まで観ることが出来る作品です。
なお、野盗の頭を演じた大前均は、邦画の「殺人遊戯」や任侠ものに出ていたらしい。
邦画はほとんど分からないので、ピンと来なかったのですが、
どうやらTVシリーズ「猿の軍団」で猿の大統領役だったということが判明。
やっと、「あ~、あれに出てたのか」と納得。
でも、エイプマスクかぶってるから顔分かんないじゃねえか。


音楽は、ステルヴィオ・チプリアーニ。
モリコーネ&ニコライが確立したマカロニ節の美味しいとこ取りのような
まさにマカロニ・ウェスタンの王道を行くようなスコアです。
マカロニ・スコアに必要な(^^;)楽器は一通り全部出てきます。
エッダと思われる美声のソプラノも出てくるし、下品な男性コーラス、オカリナやジューズハープやベンベンギター等々
マカロニに必要なマテリアルを一通り全部使ったようなスコアです。
テーマは、どことなく和風なメロが郷愁を感じさせる印象的な曲です。
このテーマメロは劇中何度もモチーフとして出てきます。
子供の頃にやっていた昔の時代劇にもこんな雰囲気の曲があったような気にさせる
不思議な感触のメロです。
主人公が活躍するアクションシーンのスコアでは、ジャズっぽいグルーヴを持ったベースが唸る
躍動感溢れる曲を聴くことができます。
ただ、武家や野盗が登場するシーンでは、「ドコドコ」いう太鼓だけの土俗的なスコアが流れ、
あまりヒネリがありません。
途中、和を表現しようとしたのか、三味線とも琵琶ともつかない下品な音の弦楽器が出てきますが、
日本のイメージとはかけ離れた曲になっています。
サントラは、僕の調査不足なだけかも知れませんが、
残念ながら発売された形跡がありません。
キワモノ的な作品ですが、案外スコアはいいので(失礼m(_ _)m)、
どっかのマカロニ・レーベルが発売してくれないかなあと、密かに期待しています。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



本日の検索キーワード
Lo Straniero Di Silenzio


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


※ みなさん、ご心配をおかけして申し訳ありません。
  まだ肋骨のあたりが痛むので、一度横になると起き上がる時に、
 「いててて・・・」と言わずにはいられない痛みが走るので、
  ベッドに横になるのはちょっとした勇気がいります。
  それでも、久しぶりなので今夜は頑張ってアップします。


USED CARS
監督:ロバート・ゼメキス
音楽:パトリック・ウィリアムズ
出演:カート・ラッセル、ジャック・ウォーデン、ゲリット・グレアム、フランク・マクレー、デボラ・ハーモン、ジョセフ・P・フラハティ、ディック・ミラー、マーク・マクルーア
1980年 アメリカ映画


ロバート・ゼメキスの監督第2作にして、ハチャメチャなスラップスティック・コメディの迷作。
ロバート・ゼメキスも今ではすっかりビッグ・ネームになってしまったので、もうこんな映画二度と撮ることはないでしょう。
いい意味でメチャクチャな映画です。
製作総指揮は、なんとスティーヴン・スピルバーグ。
2軒の中古車販売店同士のセールス合戦が段々エスカレートしていくという様を描いた作品です。
若き日のカート・ラッセルがあの手この手でセールスを繰り広げる若手社員を演じています。
性格の違う兄弟社長の2役を演じたジャック・ウォーデンの演技も楽しい。
何より、次第にエスカレートしていく販売合戦が面白い。
半裸のお姉さんを車の上で躍らせてみたり、アメフトの試合中継の途中で電波ジャックして勝手に車のCM流してみたり、クライマックスでは250台の車の大行進(大暴走?)シーンまであります。
この過熱する販売合戦の中で、米ペントハウス誌のペット、シェリル・リクソンのお〇ぱいポロリシーンなんてうれしいオマケがついてます。
高校生の頃、この映画のパンフだけ古本屋で入手したのですが、
このポロリシーンもしっかりスチールが掲載されていて、
子供心に「こ、この映画、み、観たい(;´Д`)ハアハア」と思ったものです。
シェリル・リクソン
    ↓
$サウンドトラック秘宝館



音楽は、パトリック・ウィリアムズ。
TVムービーの仕事が圧倒的に多い人で、ジャズ、フュージョン系のライトな感覚のスコアを書かせるとかなり上手い。
もともとビッグ・バンド系ジャズの曲を書いたり、ポップスのアルバムでオーケストラ・アレンジをやったりする人なので、フュージョン・タイプの曲はお手のものなのでしょう。
これまでに手がけたTVムービーは100本を超えるとか(劇場用映画は65本以上だそうです)。
本作のスコアもフュージョン感覚が溢れる陽気なスコアに仕上がっています。
タイトルトラックとなる「ユーズド・カー・マーチ」も、マーチなんだけど、
ジャズっぽいフィーリングがミックスされたスインギンな(こんな言い方あるんだっけ?(~_~;))曲になっています。
このモチーフを使ったC&W調の主題歌もあって、Bobby Bareというおっさんが歌ってます。
劇伴の中には、ローズをフィーチャーした、スタッフのナンバーに激似のインストがあったり思わずニンマリ。
ねちっこいリズムがあまりにスタッフっぽいので、まさかスティーヴ・ガッドが叩いてるんじゃないかと
クレジットを確認してみると、パーカッションパートのメンバーの中にピーター・アースキンの名前が・・・・。
ああ、じゃあこれってピーターが叩いてるのかもなあ、と思わず納得。
つい先ごろ、米LA-LA-LANDレーベルから、遂に2000枚限定でサントラが発売されましたが、
今回のCD化にあたっては、なんとアーネスト・ゴールドによるボツスコアもフルで入ってます。
それにしても、この映画にアーネスト・ゴールドのスコアは真面目すぎるだろ~という感じで、
ボツも当然かと思ったのですが、聴いてみると意外にアーネスト・ゴールドのスコアもなかなか頑張っていて驚きです。
「栄光への脱出」や「戦争のはらわた」のイメージが強すぎて、クソ真面目なスコア(失礼)しか書かない人かと思ってましたが、劇伴の中には結構イケそうなトラックもありました。
ただ、エンド・クレジットはさすがにこの人らしい「真面目」な風合いを持った曲になっていて、これは本編には合わないなあと納得。
このCD、76分たっぷり収録されていて大満足です。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





本日の検索キーワード
used cars - high prices





Used Cars [DVD] [Import]/Kurt Russell,Jack Warden,Gerrit Graham

¥価格不明
Amazon.co.jp

ユーズド・カー [VHS]/カート・ラッセル,ジャック・ウォーデン,ゲリット・グラハム

¥15,572
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


※ 今日は過去記事を再編集。
  というのも、昨日、調子に乗ってマウンテンバイクで街乗りしてるときに
  下りの坂道に予想外の段差が出来てて転倒してケガしてしまったのです。
  ロードバイク乗るときは、ヘルかぶってグローブして乗るんですが・・・。
  落ちた拍子に顔面をハンドルで強打してしまい、
  脳しんとうを起こしたのか、コケた時の記憶が曖昧に・・・
 念のため、脳外科でCT撮ってもらったり、
  結構バタバタしました。
  頭は一応大丈夫だったのですが、まだ昨日の記憶が怪しい感じ。
  レビューでもトンチンカンなこと書きそうなので、
  今日は過去記事いじって終わりにします。
  それにしても、体中が痛い・・・。
  多分骨折はないと思うのですが、寝返り打つのも苦しい状態。
  てことで、今日は過去記事ですいませんm(_ _)m 


IL BIANCO, IL GIALLO, IL NERO
監督: セルジオ・コルブッチ
音楽: グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
出演: ジュリアーノ・ジェンマ、トーマス・ミリアン、イーライ・ウォラック、マヌエル・ド・ブラ、ジャック・ベルティエ、ロマノ・プッポ、ナッツァレーノ・ザンペルラ、エディ・ビアゲッティ、フランク・ニュイエン
1974年 イタリア映画


残酷節からコメディ路線へ転向した70年代マカロニ・ウェスタンの珍品。
なんとトーマス・ミリアンが日本人役(男なのにサクラという名前)という恐るべきキワモノ・ウェスタン・コメディ。
タイトルも、「黒い奴、黄色い奴、そして白い奴」だって。
「続・夕陽のガンマン」のパロディじゃん。
セルジオ・コルブッチ監督もさすがにこの頃になると、コメディ路線が増えたように思います。
本作は劇場未公開ですが、主演の3人は超豪華。
ジェンマとミリアンにウォーラックの夢の競演なのに未公開とは・・・・。
中盤、ダラダラとした展開になるからかもしれませんが、
後半の酒場を襲撃するあたりからは、結構面白くなるんだけどなあ。
ストーリーは、日本の将軍からアメリカ大統領に献上される予定の子馬が乗った列車が、
インディアンの格好をした強盗団?(もしかしたらほんとにインディアンという設定なのかも)に襲撃され、
子馬は奪われ、強盗団から子馬と引き替えに身代金を要求されます。
子馬を奪還すべく、ドジな保安官、子馬の世話役で列車に同乗していた日本人が動きだし、
これに身代金の横取りしようと企む無法者が絡み、3人の珍道中が始まる・・・・というお話です。
藁葺き屋根のような髪型に白塗りの化粧のトーマス・ミリアンがすごい。

こんな顔(でも演技の途中で化粧がとれてる)
     ↓
$サウンドトラック秘宝館


着てるものも、サムライに憧れる日本人とは言い難いお化けのような扮装。
さらに、サクラが仕える将軍様の甲冑もスノコ板をつなぎ合わせたようなガラクタみたいな出来。
もっとすごいのは、将軍様が献上する子馬までちょんまげを結ってること。
で、こいつらがしゃべってる言葉がまたおかしい。
これ日本語じゃないだろ~、一体何語だ?
トーマス・ミリアンは日本語とも英語ともつかない言葉をモニョモニョ言ってるし、
将軍様は日本語みたいなのをしゃべってるけど、
いい加減に勢いでしゃべってるから意味が全然分からない。
「わたし、侍だ」とか「何しよるんだ」とか「さよなら」ぐらいしか理解できん。
しかも、最近入手したイタリア版DVDの音声は、英語音声では少しは日本語っぽいこと
言ってるのに、イタリア語音声ではどう聴いても中国語。
かなりいい加減です。
このDVDなんですが、音声は英語とイタリア語を選択できるのに、
字幕はイタリア語しかないというシロモノ。
せっかくの字幕も何が書いてあるのかさっぱり分かりません。
まあ、イタリアのDVDだから仕方ないか。
  これ
  ↓
$サウンドトラック秘宝館








音楽は、パチモン映画ではお馴染みのグイド&マウリッツィオ・デ・アジェリス兄弟。
この兄弟は、クールなアクションものよりも、
陽気なコメディ路線の映画の方がいい仕事をするように思います。
彼らの書く曲自体脳天気な南国風のものが多いせいかもしれません。
主題歌は、バンジョーやハーモニカ、男声のスキャット?が軽妙かつライトな印象を与えるキャッチーなチューン。
ウェスタンの主題歌としてはそこそこ頑張っています。
往年の残酷節の面影は微塵もありませんが、70年代マカロニ・ウェスタンの一つの流れであるコメディ路線を象徴するような作風です。
これを歌ってるのは、Dilly Dillyってグループになってるけど、
オリバー・オニオンズみたいにアンジェリス兄弟の変名グループじゃないのかなあ。
劇伴も基本的にこの主題歌のモチーフを活用したアレンジ・スコアが大半を占めています。
この兄弟、メロはちゃんとしているので、モチーフがいいと劇伴もいいという相乗効果が生まれます。
全編に渡って陽気なスコアが多いので、60年代マカロニを愛する人たちには
カスに聴こえるかもしれませんが、
本作は成功した例だといえます。
この兄弟、逆にヒドイのはとことんヒドイもんなあ。
サントラは、残念ながら(と思ってるのは僕だけかも知れませんが)イタリア本国とドイツでシングル盤が発売されたのみ。
でも、結構当時は人気があったのか、イタリアのRCA音源のサントラオムニバスLPに
収録されたことがあります。
これ、イタリアのDigitmoviesとかGDMがそのうちフルで音源化してくれないかなあと秘かに期待してます。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。