サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



SARTANA NON PERDONA
監督:アルフォンソ・バルカザール
音楽:フランチェスコ・デ・マージ
出 演:ジョージ・マーティン、ジャック・イーラム、ギルバート・ローランド
1969年 イタリア/スペイン映画

ハリウッドの最新作の次は本邦未公開マカロニ・ウェスタンのご紹介。
この落差・・・・どうなんでしょうね。
ま、いいか。
マカロニ晩期の「サルタナ」もの。
といっても、本家ジャンニ・ガルコのサルタナシリーズとは何の関係もない
「サルタナ」のパチモンと言えるでしょう。
マカロニ自体がパチモンなのに、さらにそのパチモンが存在するなんて、
イタリア映画恐るべし。
これ、海外でもDVDは出て無いようだし、本編は観たことがありません。
ストーリーは、かつて恋人をならず者に殺されたガンマンが復讐に帰ってくる・・・みたいな、何のヒネリもないお話のようです。
サルタナってキャラも継承してるわけじゃないみたいだし、主人公の名前だけじゃん。
全然シリーズと関係ないようです。
皆殺しオルガンも出てこないみたいだし。



音楽は、フランチェスコ・デ・マージ。
Maybe Somewhere,Maybe Somebody~♪てな調子で主題歌が始まるのですが、
どうも焦点の定まらないメロに歯がゆさを覚えます。
かなり取っつきにくいメロディ展開です。
これ、何回も聴かないとメロを覚えれません。
デ・マージにしては、パッとしない曲です。
歌ってるのもラオールじゃないし。Franco Morselliって誰だ?
このパッとしないメロが劇伴でモチーフとして使われる訳ですから
スコア全体があんまり締まりのないものになってしまっています。
ベベベベベンっていうエレキギターが出てくるので、一応マカロニ色は出てますが、
マカロニ・ウェスタン独特のギラギラした感じはありません。
中には、女性の絶叫を挿入したジャーロの劇伴みたいな曲もあります。
(曲の途中で、突然、「ギャー!!」って叫ぶからおじさんビックリ)
疾走感のある曲もほとんど無いので、サントラ単独で楽しむのはちょっとキツイかもなあ。
(かろうじて、13曲目はカッコいいなあ。)
でも、DVD出てないから映像を観ることも出来んなあ。
劇伴でハーモニカが時々フィーチャーされますが、演奏しているのはフランコ・デ・ジェミニという人だとさ。
こんなスコアですが、伊BEATレーベルから発売された限定盤CDには26曲も収録されてます。
でも、モノラル音源・・・・さすが、パチモンの国のCD。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



本日の検索キーワード
SARTANA NON PERDONA (1968) Regia Alfonso Balcazar - Titoli di Testa
(あれれ??、映像と一緒に観るとそこそこカッコいいぞ)

Sartana Non Perdona/Francesco De Masi

¥2,239
Amazon.co.jp



これは、本家と亜流を詰め込んだDVD2枚組
Sartana Saga: Spaghettie Western Bible 2 [DVD] .../Gianni Garko,Daniela Giordano,Ivano Staccioli

¥1,658
Amazon.co.jp


本家の4作目
サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼 [DVD]/ジャンニ・ガルコ

¥5,040
Amazon.co.jp

これは亜流「サルタナ」
Sartana in the Valley of the Vultures [DVD] [Im.../William Berger,Wayde Preston,Aldo Berti

¥5,040
Amazon.co.jp



おっと。これは「サンタナ」
Guitar Heaven: the Greatest Guitar Classics of All/Santana

¥1,296
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



THE AMAZING SPIDER-MAN
監督: マーク・ウェブ
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、デニス・リアリー、キャンベル・スコット、イルファン・カーン、 マーティン・シーン、サリー・フィールド
2012年 アメリカ映画



久々に地元に帰ったので、妻と映画でも観に行こうという話しになり、
妻の一言で個人的には全く観る気がしなかったこの映画に決定。
先行上映の3D吹き替え版で鑑賞しました。
(後で吹き替え版にしたことを後悔することになるのですが・・・・)
この映画、もともとサム・ライミ版の3部作があるのに、なんで今さらまたリブートする必要があるんだろ、
と思って全く関心が無かったので、結構ブルーな気持ちで鑑賞開始。
(後で聞いた話では、この映画の企画、もともと4作目を作ろうとして途中でサム・ライミが降板したことから、仕切り直しになったとか)
でも、観ているうちに「あれれ?面白いぞ」ということになり、
最後までしっかり堪能しました。
ま、パチモン喜んで観るぐらいの僕のことですから、
目の肥えた映画マニアのみなさんからしたら駄作だって言われるかも。
ストーリーは、前半はサム・ライミ版と大筋は同じ(もちろん違う部分もあります)、
おじさんがチンピラに撃たれて死ぬところまで一緒です。
そのせいか、スパイダーマンのスーツ着るまでが結構かったるかったのも事実。
スパイダーマンスーツ着て飛び回るようになってからは、なかなか好調で、
妻は「面白かった」と大満足でした。
3Dもだいぶ進歩したんじゃないかなという印象。
メガネかけたときの画面の暗さもあまり気にならなくなったし、
スパイダーマンがビル街を縦横無尽に飛び回るシーンは一見の価値有り。
やはりこれは劇場で観るべき作品でしょう。
ピーターのおじさん、おばさんがマーティン・シーンとサリー・フィールドだったのは
70年代洋画ファンとしてはちょっと嬉しかったりしました。
あと、今回はヒロインがかわいかった。



音楽は、ベテラン、ジェームズ・ホーナー。
ダニー・エルフマンのテーマ曲のイメージが強い中でどんなスコアを持ってくるのか
興味津々でしたが、これがベテランの風格を感じさせる好スコアでビックリ。
正直、あそこまでオーソドックスなスコアで攻めされるとおじさんとしては大変気持ちいい。
ホーナーお得意の自作の使い回しやアクションシーンでの定番メロディもほとんど顔を出さず、
テーマモチーフもしっかりあって、非常に聴き応えのあるスコアでした。
ダニー・エルフマンのスコアにちょっぴり似せたと思しきフレーズも出てくるという
小技も効いています。
サントラは、ソニー・クラシカルから7/3発売ということなので、
盤自体は未聴ですが、曲のタイトルを観るに、しっかりエンド・タイトルも収録されているようで、かなり期待できそうです。
アクション・シーンで「ジャジャジャジャ」になりかけそうなところは、
恐らく製作側の要望なんじゃないかと思われますが、
昨今の金太郎飴型アクション・スコアに成り下がらないのは、
さすがベテランという感じです。
この間の「バトルシップ」に引き続き、お気に入り盤になりそうです。
なお、今回日本語吹き替え版にして大失敗だったのは、
エンド・タイトルで日本語の歌モノが流れること。
なんかリンキン・パークのパチモンみたいなバンドの曲が流れて一気に興ざめ。
ああいうのやめて欲しいなあ。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



本日の検索キーワード
The Amazing Spider-Man Soundtrack "Main Title - Young Peter" By James Horner


Amazing Spider-Man/Soundtrack

¥1,075
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



IL CINICO,L'INFAME,IL VIOLENTO
監督:ウンベルト・レンツィ
音楽:フランコ・ミカリッツィ
主演:マウリッツィオ・メルリ、ジョン・サクソン、トーマス・ミリアン、レンゾ・パーマー、ガブリエラ・レポリ、クラウディオ・ウンダリ
1977年 イタリア映画



イタリア映画つながりで、今日は久々のパチモン・マカロニ・コップものをご紹介します。
しかも本邦劇場未公開。
日本ではレンタルビデオも出たことがないらしく、邦題がありません。
それにしても、マウリッツィオ・メルリ、ジョン・サクソン、トーマス・ミリアンと3大スター(?)の豪華共演なのに
本邦未公開とは一体どういうことでしょうか。
まあ、たぶん単純に内容がつまんなかったからでしょう(笑)
しかし、パチモンB級マカロニ・アクションはつまんないのが大前提。
面白かったらパチモンじゃなくなるでしょ。
これだけのキャスト揃えてつまらん映画撮ろうと思ったら、その方が難しいと思うのですが、
さすがイタリアの職人監督ウンベルト・レンツィ。
日本での劇場公開に耐えられないシロモノを上手に作ったのでしょう。
これ、観てみたいなあ。



音楽は、フランコ・ミカリッツィ。
チープでギラギラなアナログ・シンセの音色が、イタリアン・プログレっぽくていい感じ。
ミカリッツィのポリスものって、一聴した時には「おおっ!カッコいいじゃん」と感心させられるのですが、
なにせ金太郎飴的な似たようなスコアが多く、諸作を聴くうちだんだんワンパターンなのに気がつきます。
その一方で、ブラスのフレーズがベタな70年代和製ポリス・アクションTVシリーズみたいな感じで、思わず親近感を覚えます。
1曲目から、いかにもなジャズ・ファンク調の予定調和なアクション・チューンが登場して安心します。
マカロニ・ポリス・アクションはこうでなきゃ、というお手本のような曲です。
続く劇伴も、ピアノの低音と太いブラスがかぶる「ジャジャン」「(ジャジャジャジャ」でないところがミソ)のリフがうなるサスペンス・チューンを始め、クラビとチープなシンセが軽やかなサンバ・チューンなど、
決してバリエーション豊富とは言えませんが、いつものミカリッツィ節が炸裂します。
サントラは、かつて伊COMETAレーベルから14曲入りLPが出ていて、
その後同じレーベルから限定盤でCDが発売されました。
この2つの盤は劇場公開タイトルではなく、「Violence!」というド派手なタイトルが付けられていました。
 これ
  ↓
$サウンドトラック秘宝館


2011年になって、18曲に増曲したCDが伊Beatレーベルから限定1000枚で発売されました。
こっちの方は、各トラックにタイトルが付いておらず、蔵出し音源なのかもしれません。
LPとは音源が違っている可能性があります。
でも、かつて2万円超えのバカプレミアが付けられたLPは持ってないし、
比べようがありませんが、おそらくBeat盤の方はかなり音がいいので、
マスターがどっかから出てきたのでしょう。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




本日の検索キーワード
Franco Micalizzi - Big fight


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



LA CAGE AUX FOLLES 3: THE WEDDING
監督: ジョルジュ・ロートネル
音楽: エンニオ・モリコーネ
出演: ウーゴ・トニャッツィ、ミシェル・セロー、ステファーヌ・オードラン、アントネッラ・インテルレンギ
1986年 イタリア映画



中年ゲイ・カップルが巻き起こす珍騒動を描いたシリーズ第3作目。
3作目ともなると、若干のネタ切れ感は否めませんが、
この手の映画はむしろ予定調和なコテコテなものの方が安心して観ることが出来ると思います。
毎回、レナート(男役)とアルバン(女役)のゲイカップルを中心にお話が進んでいきます。
今回は、アルバンのおばさんが莫大な遺産を残して亡くなってしまいますが、
アルバンに遺産相続させる条件として1年半(だったかな?)以内に子供を作ること、
それが出来なければ、遺産は他の親族に渡ってしまうということから、
ゲイ・クラブの経営が思わしくないレナートはこのお金が欲しくて、
アルバンを「男」に仕立てて嘘の結婚をさせようとする・・・・・・みたいなお話。
毎回、原因は様々ですが、アルバンがいじけて家を飛び出す・・・というのがいつものパターンのようです。




音楽は、イタリアの巨匠エンニオ・モリコーネ。
シリーズ3作目ともなると、モリコーネのペンによる「Now it's up to me」なる主題歌までついています。
これがまた「Tilda」なる女性ボーカルが英語の歌詞で歌う、なんだか「ラ・ブーム」の主題歌を女性が歌ったみたいな曲で、
驚かされます。
「Tilda」の歌は、もう1曲「Ask Me」という曲が収録されています。
劇伴も基本的にしっとりとした曲調のものが多く、CDの裏ジャケに写るミツバチ姿のミシェル・セローの勇姿(笑)とのギャップが凄まじい。
ほのぼのとした曲ばかりで、コテコテのラブ・ロマンスのスコアみたいな仕上がりになっているのですが、
これがモリコーネ流のユーモアだとしたら、個人的にはかなり笑えます。
ほんと、時に牧歌的ですらあるしっとりとした曲調の劇伴の数々に、
ゲイ・カップルの映画ということを忘れてしまいそうになります。
サントラは、2度CD化されていて、2008年に伊Digitmoviesレーベルから出た長尺盤がオススメ。
20曲入り53分の収録です。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



本日の検索キーワード
LA CAGES AUX FOLLES 3 - TILDA REJWAN - MUSIC: ENNIO MORRICONE
la cage aux folles - Tilda Rejwan - Ennio Morricone - Ask Me


La Cage Aux Folles 3: Wedding [VHS] [Import]/Michel Serrault,Ugo Tognazzi,Antonella Interlenghi

¥1,658
Amazon.co.jp

Mr.レディ Mr.マダム [DVD]/ウーゴ・トニャッツィ,ミシェル・セロー

¥4,179
Amazon.co.jp

Mr.レディ Mr.マダム [DVD]/ウーゴ・トニャッツィ,ミシェル・セロー

¥999
Amazon.co.jp

Mr.レディ Mr.マダムII [DVD]/ウーゴ・トニャッツィ,ミシェル・セロー

¥999
Amazon.co.jp

ジャーナリストボーイズ 世界一のゲイタウン 新宿二丁目の歩き方編

¥2,323
楽天

[CD]MARVIN GAYE マーヴィン・ゲイ/WHAT’S GOING ON+2【輸入盤】

¥842
楽天

『薔薇族』の人びと

¥2,100
楽天

【中古】男性向一般同人誌 ≪ローゼンメイデン≫ 薔薇族 VOL.2【after0608】【10...

¥50
楽天

やらないか! 『薔薇族』編集長による極私的ゲイ文化史論 (単行本・ムック) / 伊藤文学/著

¥1,890
楽天

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


BATTLESHIP
監督: ピーター・バーグ
音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー
出演: テイラー・キッチュ、アレキサンダー・スカルスガルド、リアーナ、ブルックリン・デッカー、浅野忠信、リーアム・ニーソン
2012年 アメリカ映画


元ネタはハスブロ社の戦艦・潜水艦ボードゲームというB級アクション大作。
久々に新作で愛すべきバカ映画に出会いました。
ストーリーは、ハワイ沖で日米合同演習中に、突如エイリアンのスペースシップが海上に出現して、
周りにバリヤを張ってしまいます。近くにいた米駆逐鑑2隻と日本の護衛艦1隻だけがその中に
取り残され、艦隊は完全に閉め出し状態。
エイリアンが様々な未知の武器を駆使して地上に攻撃を仕掛ける中、
この3隻でエイリアンのスペースシップとどう戦うのか・・・・・みたいなお話。
アクションシーンの迫力は相当なもの。
海洋版「世界侵略:ロサンゼルス決戦」といった趣の作品です。
(こっちの方が変なヒューマニズムが入ってない分、素直に楽しめます。)
是非、大きなスクリーンでご覧になることをオススメします。
この映画のことを、ツッコミどころ満載などと批評する人がいますが、
元ネタがボードゲームなんだから、細部がどうのとかいうツッコミは不要でしょう。
あまのじゃくな見方は止めて、B級アクションをスカッと楽しみましょう。
万策尽きて絶対絶命になった時、最後の切り札として登場する最終兵器が素晴らしすぎる。
B級アクション好きなおっさんには完全にツボだと思います。
最終兵器登場シーンのBGMもAC/DCで最高!!
日本から浅野忠信が出演していて、結構頑張ってます。




音楽は、「トランスフォーマー」シリーズのスティーヴ・ジャブロンスキー。
この人も、基本的にはジャジャジャジャ一派なのですが、その中ではかなりマシな部類に入ります(失礼)。
ジャジャジャジャの人たちは、メロがしゃんとしないのが常なのですが、
この人は短いながらも割とメロを押し出す方だと思います。
最近のアクションスコアの中では、結構「燃え」度も高い。
戦争ものの側面もあるので、ミリタリー調のスネアも出てきて、おっさんニンマリ。
ノイズ系シンセのインダストリアルな使い方もかなりこなれてきてます。
(ちょっとNINのマネっぽいのが玉にキズですが・・・)
最近のスコアなので、音圧はかなりのもの。
ipodの圧縮音源をイヤホンで聴くと音が割れてしまいます。
Rage Against The Machineのギタリスト、トム・モレロが参加していて、
1曲作曲して演奏しています。(たった1分半しかないのが残念(T_T))
この曲だけリック・ルービンがプロデュースしてます。
全編にフィーチャーされてるのかと思ったら違ってた。
でも、所々、ギターがちらっと出てくる曲があるので、それも弾いてるかも。
ただ、トム・モレロというとスクラッチをギターでやっちゃったり、
トリッキーなギターワークがウリのギタリストなのに、ここでは結構普通な演奏でガッカリ。
ロック・ファンとしては、「インセプション」のジョニー・マーぐらい、ガッカリです。
とはいえ、最近のアクション・スコアではかなりのオススメ盤です。
本編同様、頭を空っぽにして聴くことをオススメします。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


本日の検索キーワード
Battleship - Suite - Steve Jablonsky

Battleship/Soundtrack

¥1,491
Amazon.co.jp

Rage Against the Machine/Rage Against the Machine

¥744
Amazon.co.jp

Battle of Los Angeles/Rage Against the Machine

¥744
Amazon.co.jp

Evil Empire/Rage Against the Machine

¥744
Amazon.co.jp

Live at the Grand Olympic Auditorium/Rage Against the Machine

¥744
Amazon.co.jp

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン [DVD]/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

¥2,940
Amazon.co.jp

ライヴ&レア/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

¥2,345
Amazon.co.jp

ザ・バトル・オブ・メキシコ・シティ [DVD]/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

¥2,940
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。