サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


MAD CITY
監督: コスタ=ガヴラス
音楽: トーマス・ニューマン
出演: ダスティン・ホフマン、ジョン・トラヴォルタ、アラン・アルダ、ミア・カーシュナー、テッド・レヴィン、ロバート・プロスキー、ブライス・ダナー
1997年 アメリカ映画

「Z」、「戒厳令」のコスタ=ガヴラス監督による社会派ドラマ。
前作「ミュージック・ボックス」からなんと9年が経っています。
この監督の作品は社会派ドラマが多く、重厚なものが多いのですが、
本作は前半がどちらかと言うとコミカルな要素が混じっています。
でも、後半は一気にシリアスな展開に発展して、ラストは・・・・う~ん、という終わり方をします。
ネタバレになるので、多くは書きませんが、この監督の作品ですから、
ハッピーエンドでは終わりません。
ストーリーは、博物館の警備員を突然解雇された男が館長に掛け合いにやってきますが、
全く相手にされないので、威嚇のつもりで発砲します。
ところが、弾は誤って同僚の警備員に当たってしまい、成り行きで子供を人質にして籠城する事態に発展します。
たまたま現場に居合わせたテレビ局の記者がこれをスクープとして報道しますが、報道はどんどんエスカレートして・・・・・・・というお話。
ガヴラス監督、この映画では単にメディア批判をしているのかな?
ちょっとその辺が分かりづらい気もしますが、最後まで飽きることなく観ることが出来る作品です。
地味な内容なので、ダスティン・ホフマンとジョン・トラヴォルタというビッグ・ネーム2人の組み合わせでなくてもよかったような気がします。
なお、博物館長役で出てたブライス・ダナーは、グウィネス・パルトローのお母さんだそうです。




音楽は、トーマス・ニューマン。
僕、この人のスコアはどれもお気に入り。
この人の特徴は、少ない音数で奥行きある音の空間を見事に演出するところ。
ロックの世界で言えば、ちょうどイギリスのThe Blue Nileに似たアプローチをする人だなあと思います。
The Blue Nileも音数がすごく少ないバンドで、シンセとギターとボーカルの3人だけで、
無音部分まで音楽の一部として計算され尽くしたような曲を作ります。
音楽を演奏するというより、音を紡ぐというような感じ。
トーマス・ニューマンにも同じニオイを感じます。
本作では、パーカッシヴな奏法のエレキギターをフィーチャーしたマカロニ・ウェスタンみたなオープニングトラックを始め、
ハワイアン・ギター、サブマリン・フルート、タブラといった、民族楽器を含む様々な楽器を駆使して、クールでドライな音を提供しています。
全体に音数が少ないので、至ってシンプルなパーカッションの音が俄然際立って聞こえたり、
料理で言えば、素材の味を生かしたナチュラルな感覚の劇伴が耳に気持ちいい。
アンビエントな香りもするので、お部屋のBGMに流し放しにしてもいいかも。
やっぱり、この人のスコアにはハズレがないなあ。
(といっても、あくまで個人の好みの問題ですので・・・・(^_^;))
なお、もともとはフィリップ・サルドがスコアを担当することになっていたのか、
仏Universalレーベルから出たコスタ・ガブラスもののコンピレーションに
フィリップ・サルドが本作のために書いた曲が4曲収録されており、
このうち「Jenny's Garden」と「Guys Like Me」が本編でも使用されています。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Mad City/Thomas Newman

¥1,438
Amazon.co.jp


マッド・シティ [DVD]/ジョン・トラボルタ,ダスティン・ホフマン,アラン・アルダ

¥3,570
Amazon.co.jp

Music Box/Philippe Sarde

¥1,341
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



UNKNOWN
監督: ジャウマ・コレット=セラ
音楽: ジョン・オットマン、アレクサンダー・ラッド
出演: リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー、ジャニュアリー・ジョーンズ、エイダン・クイン、ブルーノ・ガンツ、フランク・ランジェラ、セバスチャン・コッホ、オリヴィエ・シュニーデル、スタイプ・エルツェッグ
2011年 アメリカ/ドイツ映画

「蝋人形の館」、「エスター」のジャウマ・コレット=セラ監督が描くサスペンス・アクション。
ちょっと前にDVDが出たので、はじめて鑑賞。
ヨーロッパを舞台にしたリーアム・ニーソンのサスペンス・アクションとくれば、「96時間」を思い出してしまうのですが、
あそこまで派手なアクションはありません。
「96時間」ばりのド派手なアクションを期待すると肩すかしを食らうかもしれません。
この映画は、むしろ謎解き半分、アクション半分といった趣の作品です。
ストーリーは、ドイツで開催される学会に夫婦で出席するため、飛行機を降りた学者夫婦が
タクシーでホテルへ向かう途中、空港で荷物のカバンを1個忘れたままホテルに着いてしまいます。
ホテルで荷物が1個足りないと気づいた夫マーティンは妻をホテルに残して、そのままタクシーに乗り込んで荷物を探しに空港へ向かいますが、
途中で事故に遭い、記憶を失ってしまいます。
病院で目を覚ました夫は、学会に出席する予定だったことを思い出し、妻のもとへ向かいますが、
妻は彼を知らない人だと言い、そこには見ず知らずのマーティンと名乗る別の男がいた・・・・・というお話。
前半は、記憶を失い他人が自分とすり替わってしまった状況に混乱する主人公が
危険な目に遭いながら真相に迫っていく様が描かれ、
後半は、真相が分かった主人公が繰り広げるアクションが描かれているという、
一粒で二度美味しい?内容になっています。
記憶喪失ものといえば、もう散々使い古された感はありますが、
この映画はネタバレの部分も含めてそこそこ面白かった。
(といっても、B級ファンの僕が言うことですからかなり甘い評価だと思ってください。)
「ベルリン天使の詩」のブルーノ・ガンツが元東ドイツ秘密警察だったじいさんの役でいいところを持っていった感じがあります。
マーティンの同僚教授役で「ドラキュラ」のフランク・ランジェラも映画の後半で出てきます。
フランク・ランジェラって、70年代は「ドラキュラ」やってたんだよなあ。
昔はこんな感じ。

$サウンドトラック秘宝館






$サウンドトラック秘宝館




音楽は、ジョン・オットマン。
この監督とは3本目のコンビ(「蝋人形の館」、「エスター」と本作)となるのかな。
それに、アレクサンダー・ラッドが共作しています。
この人の書くスコアは、そつの無いアンダースコアが多く、
キレイに映像にはまりすぎていて自己主張が無いので、映画を見終わっても印象に残りません。
サントラを改めて聴き直してみて、「あ、こんなメロディだったんだ」と驚いたりします。
本作も、オープニングから透明感のあるサスペンス・スコアのお手本のような優等生的なスコアが
つけられていて、悪くないんだけどアクが無いので、この曲が「アンノウン」のテーマなんだと覚えるまでには何回もリピートしなければなりません。
ピアノがフィーチャーされて、そのバックにストリングス、さらにアクセントでアンビエントなテクノ音がチラホラするサウンドは
最近のサスペンスものでは王道と言えるかもしれません。
劇伴も「ジャジャジャジャ」が無い分、好感が持てますが、それでも無味乾燥なイメージは否めず、
硬質で冷たく乾いたイメージの劇伴が展開します。
アンダースコアとしては、とても安定感のある作りをしているので、映像を邪魔することは決してありません。
下手に映像をぶち壊しにするスコアに比べたらずっとマシなんだと思いますが、
オヤジ世代にはあまりには薄味すぎるスコアなので物足りません。
でも、こんなタイプのスコアが最近のスコアの主流になってきてるんだろうなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Unknown/Soundtrack

¥1,522
Amazon.co.jp

アンノウン ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]/リーアム・ニーソン,ダイアン・クルーガー,ジャニュアリー・ジョーンズ

¥3,980
Amazon.co.jp

アンノウン [DVD]/リーアム・ニーソン,ダイアン・クルーガー,ジャニュアリー・ジョーンズ

¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

garcia







BRING ME THE HEAD OF ALFREDO GARCIA
監督:サム・ペキンパー
音楽:ジェリー・フィールディング
主演:ウォーレン・オーツ、 イゼラ・ヴェガ、ギグ・ヤング、ロバート・ウェッバー、クリス・クリストファーソン
1974年 アメリカ映画


長ったらしいオリジナル・タイトルのとおり、大地主によって賞金をかけられたガルシアの首を巡って男たちが熱い戦いを繰り広げるという映画。
ハリウッドに見切りをつけたペキンパー監督がメキシコに題材を求めて作った諸作のうちでも傑作に値する映画です。
まさに、加齢臭と汗の混じったような臭っせえニオイをまき散らす中年オヤジ丸出しのウォーレン・オーツが意外にもカッコいい。
個人的には一世一代の名演と言っても過言ではありません。
砂ぼこりにまみれたトウモロコシくさくて汗くさくてうっとおしい映画ですが、男の哀愁、怒りが思う存分描かれており、痛いほど伝わってきます。
強烈なバイオレンス描写で観る者を圧倒しますが、男なら絶対観て損はない映画です。
うちのブログでいうところの、いわゆる「キ○タマで観る映画」なので、女性には決して支持されない映画でしょう。



音楽は「ワイルド・バンチ」をはじめ、ペキンパー監督とのコンビが多い故ジェリー・フィールディング。
公開当時、サントラは発売されませんでしたが、2004年に米INTRADAレーベルから突然CDがリリースされました。
かなり古い映画なのですが、音質も意外と良好で驚かされます。
同じくペキンパー監督作品「キラー・エリート」とのカップリングになっています。
メキシカン・タッチなギターが全編にフィーチャーされていて、「ワイルド・バンチ」などと重複する雰囲気があります。
ときにマカロニ・ウェスタンを彷彿とさせるギター・チューンもあったりします。
しかしメイン・タイトルのブラスがなぜかものすごくショボい。
低予算、少人数編成のオケだったのでしょうか。
音に厚みがないのが残念です。
しかし、それを差し引いても傑作といえる出来映え。
明確なメロなんてものは存在しない、ひたすら無骨なアンダースコアなのですが、
何故かこの人のスコアには味がある。
アルバムが出るたびに、気がつけば買ってしまっています。
ついつい我が家のフィールディング・コレクションが増えてしまいます。
一度ハマるとやみつきになる不思議な魅力のあるコンポーザーです。
それだけにまだ若くして亡くなったのが非常に残念です。




・・・・とここまでが、過去記事(一部修正あり)。

Intrada盤もしばらく廃盤になってしまっていたのですが、
今年になってQuartetレーベルから1000枚限定で再発されました。


$サウンドトラック秘宝館

ジャケはIntrada盤より、こっちの方がいい感じ。
しかも8曲約30分が追加収録され、本作単独で1枚のCDになっています。
今回の目玉は、メキシコ録音とされるThe Hacienda Suiteという12分に及ぶモノラルトラック。
メキシコ・フレーバーたっぷりの歌モノです。
多分、これメキシコのスタンダードなんだろうなあ。
フィールディングがアレンジを担当してるんだと思います。
聴いてると、無性にタコスやらトルティージャが食べたくなります。
今回のリリースにより「キラー・エリート」と本作、それぞれが単独でサントラリリースされた形になりました。
相変わらず70年代の発掘音源とは思えないマトモな音質にびっくりです。
(一部モノラルの曲もありますが、我慢できる程度)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





本日の検索キーワード
Bring it to Me (Bring Me the Head of Alfredo Garcia) - Jerry Fielding




ガルシアの首 [DVD]/ウォーレン・オーツ,イセラ・ベガ,ロバート・ウェバー

¥4,179
Amazon.co.jp

ガルシアの首 コレクターズ・エディション (完全初回限定生産) [DVD]/ウォーレン・オーツ,イセラ・ベガ,ロバート・ウェバー

¥4,935
Amazon.co.jp

タコス【チポトレマヨ&チキン】

¥819
楽天

コーン・トルティーヤ(とうもろこしのタコスの皮)5枚入り

¥630
楽天

【送料無料】タコス販売No.1!TVで話題の超人気メキシコ料理店の本格タコスお試しセット。 福...

¥2,604
楽天

おうちで手巻きタコスパーティーセット! 福岡県産タコス【あす楽対応_九州】【あす楽対応_中国】

¥2,835
楽天

タコス・チリ・ケイジャンスパイスミックス【詰替え用お得パック】 香辛料/ハーブ調味料/タコチリ...

¥425
楽天

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


THE ARTIST
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
音楽:ルドヴィック・ブールス
出演:ジャン・デュジャルダン、ジョージ・ヴァレンティン、ベレニス・ベジョ、ペピー・ミラー、ジョン・グッドマン、アル・ジマー、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル
2011年 フランス映画



パチモンの次は新作です。
例によって未見なので、本編については詳しく書けません(~_~;)
アカデミー賞とっちゃったみたいなので、最初はアートなおフレンチ映画かなと思ってたのですが、
あのフレンチ・スパイ・コメディ「OSS117」シリーズのミシェル・アザナヴィシウス監督とジャン・デュジャルダンのコンビによる作品と聞いてビックリ。
途端に興味津々になっちゃいました。
今の時代にサイレントなんて、よくもまあ思いついたものだと思いますが、
世間の評価もそこそこ良いようです。
ストーリーは、サイレント映画時代からトーキー映画の時代へと変わっていく過渡期のハリウッドを舞台に、
スター男優と女優の卵を中心に描かれる人間模様?・・・・のようなお話ではないかと想像します。
今現在、劇場で上映されていますが、僕としてはどうしても「バトルシップ」や「ジョン・カーター」の方に触手が伸びてしまうので、本編を観るのはDVDになってからになりそうです。
(ほんとは、サイレント映画を劇場で観る機会なんてまずないので、
この映画こそ劇場で観て意義があるのだと思いますが・・・・)



音楽は、「OSS117」シリーズでゴキゲンなスパイ・アクション・スコアを提供したルドヴィック・ブルース。
フランス映画ですが、本作のスコアはめでたくアカデミー作曲賞を受賞しています。
作曲賞はこのところハリウッド以外の作曲家が受賞することが多かったのですが、
傾向としてアコースティックだったり、明らかにハリウッド系のスコアとは雰囲気が違っていたりしたので、
本作もてっきり奇をてらったようなスコアだと思っていました。
しかし、それは偏見でした。
「The Brussels Philharmonic」と「The Orchestra of Flanders」をフィーチャーしたフルオケのゴージャスなスコアに驚きです。
古き良き時代の映画に相応しいノスタルジックなフルオケ・スコアが満載です。
サイレント映画なので、ほとんどバックにスコアが鳴りっぱなしなのではないかと思われます。
ちょっと残念なのは、ドラマ系スコアなので怒涛の「燃え」スコアが無いのが惜しい。
サスペンスフルな展開を見せるスコアもあるにはあるのですが、全体的に優雅で流麗なスコアが多く、時々「トムとジェリー」みたいなコミカルな部分も顔を見せる今どき珍しいオーソドックスなスコアになっています。
こういうスコアって、最近とんと聴かなくなったなあ。
若干オケの音がお行儀良すぎるのが気になりますが、最近のスコアの中ではかなりおっさん好みな内容になっています。
最近、ハリウッド系の作曲家は薄味なスコアが多い中、サイレントがテーマという特殊性があるとはいえ、
こういう素敵なスコアがフランスからポンと登場したりすることに微妙な思いがします。
サントラは、通常盤の他にレコーディング・セッション等が収録されたオマケDVDがついた特別盤もあります。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



本日の検索キーワード
The Artist main theme - George Valentin ( Ludovic Bource )


Artist/Soundtrack

¥1,098
Amazon.co.jp

Artist: Soundtrack: Special Edition/Soundtrack

¥2,286
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



WILD BEASTS - BELVE FEROCI
監督: フランコ・E・プロスペリ
音楽: ダニエル・パトゥッキ
出演: ジョン・アルドリッチ、ロレーヌ・ド・セル、ウーゴ・ボローニャ、ルイーザ・ロイド、ジョン・ステイシー、エンツォ・ペッツ、モニカ・ニッケル
1983年 イタリア映画


今日は、久々のパチモン・マカロニ作品です。
イタリア版「アニマル大戦争」といった趣の80年代製作のパチモン・パニック虚編(^_^;)です。
監督はなんと「世界残酷物語」 のフランコ・E・プロスペリ。
自分で原案、脚本、監督の3役をこなしています。
ストーリーは、至って単純、動物園の電気系統の故障で園内の檻が全部開いちゃって、
そこから猛獣が逃げ出して、次々と人間を襲う・・・・というお話。
結構、残酷でエグい描写があるので、お子様向けではありません。
お○ぱいも出てくるし。
女性が象に顔を踏みつぶされたり、カップルがネズミの大群に食い散らかされたり、
警備員がライオンの群れに食われたり、
子供が観たらトラウマになるんじゃないかと思われるシーンがちょこちょこと出てきます。
それなのに、公開当時はファミリー向け映画として公開されたという噂が・・・・。
まさかとは思いますが、本当なら大変なことですね。
ラストも無理矢理終わらせたような感がありありです。
収拾がつかなくなって、よりによって救いようのないエンディングくっつけて終わり。
さすがB級マカロニ・ムービー。
愛すべきカス映画です。



音楽は、「近未来戦争/オメガ帝国の崩壊」(誰も知らんか)のダニエル・パトゥッキ。
オープニングは、アメリカの都会を安直にイメージしたフュージョンが流れます。
サックスをフィーチャーしてそれらしくはしていますが、
やはり偽物臭さは隠せません。
イタリア製のインチキ・フュージョンといった感じ。
ドラムは打ち込みだし、安物感満点です。
シンセとリズムボックスを使ったいかにもイタリアン・ホラーなモワ~ンとした劇伴も登場します。
きれいめなピアノの旋律に併せておっさんが犬にかみ殺されるなんてカオスなシーンもあります。
チーターが自動車とチェイスするシーンには、8ビートの疾走感溢れる?ロックまで流れます。
サントラは、イタリアのCAMレーベルからLPが発売されたきりです。
このLP、6曲入りで収録時間が25分しかありません。
しかも、そのうち5曲が歌モノで、インストは「Wild Beasts」と題されたタイトル・トラックだけです。
歌モノは、 Josette Martial が歌う「Remember Tomorrow」(トホホなタイトル)をはじめ、
Douglas Meakinが4曲も歌っているなど、本編のどこで使われたのか、さっぱり分からない曲が続きます。
こんなサントラ、まずCDにならないでしょう。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


今日の検索キーワード
Wild Beasts - Belve Feroci (1984)

猛獣大脱走 [VHS]/ジョン・アルドリッチ

¥14,595
Amazon.co.jp

猛獣大脱走 …映画パンフレット 【中古】afb

¥800
楽天

■LEG AVENUE(レッグアベニュー)LA83651【猛獣使い】【ポイント10倍SALE】...

¥6,615
楽天

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。