サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


MIDWAY
監督: ジャック・スマイト
音楽: ジョン・ウィリアムズ
出演: チャールトン・ヘストン、ヘンリー・フォンダ、三船敏郎、ジェームズ・コバーン、クリフ・ロバートソン、ハル・ホルブルック、グレン・フォード、ロバート・ワグナー、ロバート・ウェッバー、クリストファー・ジョージ、ケヴィン・ドブソン、エドワード・アルバート、ダブニー・コールマン、エリック・エストラーダ、ジェームズ繁田、トム・セレック、ノリユキ・パット・モリタ、ロバート・ミッチャム
1976年 アメリカ映画

※ 本年最後の記事は過去記事再々アップです。

第2次世界大戦下の「ミッドウェイ海戦」をオールスター・キャストで描く戦争巨編です。
とはいうものの、戦争当時の記録フィルムを上手に織り交ぜたり、戦闘シーンは案外手抜きをしています。
また、本編の前半はまるでメロドラマのような作りで、かなり中だるみしてしまいます。
しかも、そのメロドラマたるや、米軍パイロットと在米日本人女性との恋だなんてクサい展開に唖然とします。
同じ太平洋戦争ものの「トラ!トラ!トラ!」と比べると、その差は歴然で見劣りがします。
その昔、月曜ロードショーで3時間近い長尺バージョンを放映したのを観たはずなのですが、
ほとんど記憶に無いのが残念でなりません。
このバージョンは未だにDVDになっていないと思われます。
カットされたシーンの中には海戦シーンもあるようですが、
メロドラマの部分のボリュームがアップしてたら興ざめだなあ。
メロドラマよりも、ちょっとしか出番の無かったジェームズ・コバーンのシーン増やして欲しかったなあと思います。
せっかく比較的史実に忠実に描いているんだから、あのダラダラしたメロドラマは不要です。



音楽は、巨匠ジョン・ウィリアムズ
有名な「ミッドウェイ・マーチ」は、風格のあるゆったりとしたマーチで、
巨大な空母をイメージさせる堂々としたものです。
チープでトホホな本編を音楽が救っているという感じです。
ただし、公開当時はサントラはシングル盤のみで、このマーチと「悲劇の空母ヨークタウン」の2曲しか聴くことができませんでした。
「悲劇の空母ヨークタウン」の方は、「スター・ウォーズ」のファンファーレ系スコアに似たメロがでてきたりして、なかなか興味深い。
この2曲はMCAから発売されたCD「ジョン・ウィリアムス・フィルム・ワークス」に収録されています。
その後、1999年にリック・ウェントワース指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラのカバー演奏によるスコア盤が発売されました。
オリジナルに比べると、どうしてもリズムがもたつくところはありますが、
一番聞きたかったメイン・タイトルもしっかり収録されており、まずまずの出来映えでした。
これも、そろそろどこかのレーベルからオリジナル・サウンドトラック完全盤が出ないかなあと秘かに期待しています。
まさかの「トブルク戦線」のCDが出ちゃう時代です。
何が起きても不思議じゃないもんなあ。



・・・・と思っていたら、遂に今年、米Vareseレーベルから限定3000枚ながら正規盤のサントラが発売されました。
オリジナルで聴きたかったメイン・タイトルもしっかり収録されています。
音源もちゃんとステレオ音源で一安心。
曲のエンディングのキメに向けて徐々に盛り上げていくスリリングな展開は何度聴いても素晴らしい。
「スター・ウォーズ」のような瞬発力のある明快なメロは持っていませんが、
この曲は「タワーリング・インフェルノ」のメイン・タイトルと並んで好きな1曲です。
今回のオリジナル・サウンドトラック盤を聴いて気がついたのですが、
劇伴の中に「タワーリング・インフェルノ」や「1941」を彷彿とさせるフレーズがあって、
聴いてて思わずニンマリしてしまいました。
劇伴の最後の2曲、エンド・クレジットともう1曲が何故かモノラル音源になっています。
(メイン・タイトルでなくて良かった(^^♪)
エンド・クレジットなどはなんだか投げやりな演奏だったし、本編でもフェードアウトされているのであまりよい扱いを受けていないような気もします。
まるでやっつけ仕事で録音したかのような雑な印象をうけます。
なんでかなあ。
アルバムの最後には、例のシングル盤になった2曲がしっかり収録されています。
収録時間37分弱はちょっと短めですが、聴きごたえは十分の1枚です。



ということで、今年は手抜きと週末限定の記事で「寡作な1年」となってしまいました。
おそらく来年も同じような調子になりそうですが、
細々とやっていこうと思いますのでよろしくお願いします。

それでは みなさん よいお年を





ランキング参加中です
よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Midway: Original Motion Picture Score (1998 Re-.../John Williams

¥1,498
Amazon.co.jp

ミッドウェイ 特別版 【ベスト・ライブラリー 1500円:第4弾】 [DVD]/ヘンリー・フォンダ,ハル・ホルブルック,チャールトン・ヘストン

¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


METTI, UNA SERA A CENA
監督:ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジャン・ルイ・トランティニャン、フロリンダ・ボルカン、リノ・カポリッツィオ、トニー・ムサンテ、アニー・ジラルド、
1968年 イタリア映画

イタリア映画ですが、残念ながらパチモンではありません。
このところ、紹介する作品がちょっとずつパチモン系、イタリア系に近づいていってるような気がしますが、
あまり気にしないでください。
今日紹介するのは、一応まともなドラマです(^_^;)。
ただ、本邦劇場未公開な上にDVDも出ていないので、未だに観たことがないので、
本編についてはあまり詳しくは書けません。
ストーリーは、5人の男女が絡むお話で、夫と妻とそれぞれの愛人と・・・みたいな感じのドラマのようです。
僕が苦手なタイプの作品。
多分、観ても途中で寝るだろうなあ。
監督は、「スキャンダル・愛の罠」を撮った人。
(この映画も、なんだかドロドロして変な映画だったなあ。)
youtubeの動画を観た限りでは、劇中5人でテーブルを囲むシーンがあるので、
ここから邦題を持ってきたのだろうと思われます。
日本では本編よりもサントラの方が有名な作品です。



音楽は、巨匠エンニオ・モリコーネ。
この映画、サントラに関してはあまりに有名な作品で、
ソフトロック系のカバー・バージョンまであったりします。
(sandpipers、Roy Budd、Gloria等が素敵なカバーを残してます。)
渋谷系がこぞって飛びついたのも納得の1枚です。
アルバム全曲どれをとっても捨て曲は一切なしです。
テーマ曲は、軽いボサノバのリズムに乗ってエッダの美しいスキャットが冴えわたる名曲。
他の曲もそれぞれが独立した曲として聴くことができる高いクオリティを持っています。
ボサノバ、ソフトロック調、イージー・リスニング調、バラエティに富んだ内容が楽しいアルバムです。
中にはいつものモリコーネ節にバート・バカラックっぽいフレーズを練り込んだような曲まであって面白い。
ただ、1曲だけ奇妙なテイストの劇伴があります。
民族音楽調のおどろおどろしい曲で、モリコーネの前衛的な側面が炸裂した1曲といえるでしょう。
個人的にはこういうのがあった方が面白い。
このサントラ、渋谷系のみなさんのお陰か、日本でも結構人気が高いようで、
かつてSLCから9曲入りのものが発売されていましたが、
2年前だっけ?オルタネート・バージョンやフィルム・バージョンを追加した20曲入り長尺高音質盤まで発売されています。



今日の検索キーワード
○本編の動画
  1969 Metti, Una Sera A Cena Giuseppe Patroni Griffi
○素敵なカバー・バージョン
  The Sandpipers - Hurry to me
  Roy Budd - Hurry to me
  Metti una sera a cena.avi

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

ある夕食のテーブル METTI UNA SERA A CENA/サントラ

¥2,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

$サウンドトラック秘宝館


MISSING IN ACTION 2: THE BEGINNING
監督: ランス・フール
音楽: ブライアン・メイ
出演: チャック・ノリス、スーン=テック・オー、スティーヴン・ウィリアムズ、ベネット・オータ、コジー・コスタ、ジョー・マイケル・テリー、ジョン・ウェスリー
1985年 アメリカ映画


マカロニ・パチモン病が再発する前にワンクッションをということで、今夜はアメリカ製B級パチモン・アクションをご紹介。
これも、大きくとらえるとパチモン「ランボー」といえるでしょう。
チャック・ノリス先生の「地獄のヒーロー」シリーズ2作目。
ストーリーは、前作で大活躍したブラドック大佐が、ベトナム戦争中には実は自分もヘリを撃墜されて、
捕虜収容所送りになってそこから脱出したんだよ~という内容です。
一説によると、実は「2」方が先に製作されたけど、出来のよかった2作目を「地獄のヒーロー」として先に公開したという噂も・・。
「2」なのに、ブラドック大佐たちの過去にさかのぼって物語が描かれていて、
その上、「1」よりショボい作りに何となく違和感を覚えたのですが、
そういうことなら納得です。
チャック・ノリス先生が捕らわれの身になり、強制労働や拷問に耐え忍んで、
最後に空手アクションで相見える相手が収容所長役の(よりによって)スーン=テック・オー!というのがツボでした。
スーン=テック・オーと言えば、「ファイナル・カウントダウン」の「この女を殺す!」でおなじみの人。
製作は、80年代にこの手のアメリカ製パチモン・アクションやB級ホラーをガンガン量産したキャノン・フィルム(メナハム・ゴーランとヨーラン・グローバスの2人)です。
学生の頃、地雷踏むの分かってて、あえてキャノン・フィルムの映画に挑戦して、何度も自爆したのを思い出します。




音楽は、「マッド・マックス」のスコアで知られるブライアン・メイ。
あのクイーンのギタリスト、ブライアン・メイとは同名異人です。
昔は同一人物だとして紹介していた雑誌もありましたが、大嘘です。
この人は、オーストラリアの作曲家です。
スコアは、戦争アクションらしくスリリングでスピード感のある劇伴が中心です。
「マッド・マックス」の1作目でもそうでしたが、メインとなるモチーフが掴みづらいのがこの人の難点で、
本作もメインのテーマ・モチーフとなるメロが弱くて、あんまり印象に残らない。
アンダースコアに徹しているような感じなので、戦争アクションにありがちな劇的にヒロイックな展開を期待するとガッカリします。
でも、時折「マッド・マックス2」を彷彿とさせるスコアが入ったりするので、個人的には結構楽しめました。
サントラは、その昔、「地獄のヒーロー」シリーズのサントラを1枚にまとめたものが発売されて、
本作からも何曲か収録されましたが、その後米Intradaから1500枚限定で全22曲のフルスコア盤が発売されました。
ビデオでこの映画を観た時は、画質の悪いモノラル音源のレンタルビデオだったせいか、
スコアがかなりショボかった印象があるのですが、
こうしてまともな形でステレオ音源で聴いてみると、
安いオケながら結構しっかりした音を出しているなあと思います。
Intrada盤は何ヶ月か前に在庫僅かということだったので、
レーベルでは既に完売かも知れません。
お世辞にも名スコアとは言えませんが、チャック・ノリス先生のファンは持っていて損はないと思います。




今日の検索キーワード
Missing in Action 2-The Beginning- opening scene english,german HD


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Missing in Action 2 [VHS] [Import]/Chuck Norris,Soon-Tek Oh,Steven Williams

¥1,227
Amazon.co.jp

Missing in Action/Missing in Action 2: the Begi.../Chuck Norris,M. Emmet Walsh,Soon-Tek Oh

¥1,227
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー2 [VHS]/チャック・ノリス

¥14,585
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


IN THE ARMY NOW
監督: ダニエル・ペトリJr
音楽: ロバート・フォーク
出演: ポーリー・ショア、ロリ・ペティ、イーサイ・モラレス、アンディ・ディック、デヴィッド・アラン・グリア、リン・ウィットフィールド、アート・ラフルー、ファビアナ・ウーデニオ
1994年 アメリカ映画



「原始のマン」に出てたコメディアンのポー­リー・ショアが頭を丸刈りにしてギャグを連発するハイテンション・コメディ。
監督は、「トイ・ソルジャー」のダニエル・ペトリJr。
ストーリーは、お調子者の兄ちゃんが勤めていた店をクビになってしまったことから、
楽してお金がもらえる新しい職探しを始めます。
見つけてきたのが、年間2週間兵役に就いただけで給料がもらえるという陸軍予備兵。
ところが入隊してみると陸軍では鬼のしごきが待っていました。
何とか訓練をしのいだのもつかの間、今度は前線に招集されて・・・・みたいなお話。
いかにも90年代に流行った感じのコメディです。
主人公が所属する落ちこぼれチームには、女ランボーがいたり、個性溢れるキャラがいろいろといるところなんか、
まるで「ポリス・アカデミー」だなあ(^_^;)。
本作は、日本では劇場未公開、ビデオスルーの作品となります。
衛星放送だったかで放映された時は、「ドタバタ部隊/砂漠の大作戦」というタイトルに改変されていました。



音楽は、ロバート・フォーク。
この人は、サントラがあまり発売されない、されても既に廃盤になっているというものが多く、
サントラに恵まれない人ですが、
「ポリス・アカデミー」に代表されるように、キャッチーなメロとマーチ調のリズムの明るい「燃え」系スコアが上手い人です。
ダニエル・ペトリJr監督とは、「トイ・ソルジャー」に引き続いてのコンビとなります。
「トイ・ソルジャー」も傑作スコアだったのですが、本作も結構「燃える」好スコアです。
演奏は、シンフォニア・オブ・ロンドンが担当。
メイン・タイトルのメロは「インディ・ジョーンズ」をパロッたような感じで面白い。
劇伴も、コメディらしからぬフルオケの堂々としたミリタリー・アクション調のスコアがあって聴き応えがあります。
特にアルバムのラストを飾る「Last Chance」という曲は、堂々の8分に及ぶアクション・スコアで「燃え」ます。
サントラCDは、米Intradaから発売されていましたが、既に廃盤になっています。
これ、限定でいいから再発して欲しいなあ。
ついでに、未CD化の「ポリス・アカデミー」も出して欲しいなあ。






ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

In the Army Now/Various Artists

¥2,132
Amazon.co.jp

In the Army Now [VHS] [Import]/出演者不明

¥820
Amazon.co.jp

In the Army Now [DVD] [Import]/出演者不明

¥820
Amazon.co.jp

”イン・ザ・アーミー~こちら最前線,異常あり~【字幕版】” [VHS]/ポーリー・ショア

¥16,800
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにゃろ、何が「この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。」だ。負けずに再アップ!




$サウンドトラック秘宝館


THE FRUIT IS RIPE
監督: ジギ・ゲッツ
音楽: ゲルハルト・ハインツ
出演: ベティ・フェルゲス、クラウス・リヒト、オリヴィア・パスカル、ワルター・クラウス
1977年 西ドイツ映画


そろそろ、またパチモン病が疼いてきたのですが、
ちょっと今夜は変化球で、西ドイツ映画です。
これ、パチモン「エマニエル」の系統になるのかなあ。
一言で言えば、青春ソフト・コア。
ストーリーは、パトリシアという好奇心いっぱいの若い娘さんが、
両親に嘘ついてギリシャ旅行に出て、そこで理想の男を求めて○○○な旅を続ける・・・・みたいなどうでもいい話。
この頃、日本で公開された西ドイツ映画って、成人向けのかなり過激なのもが多かったらしいです。
主演のベティ・フェルゲスお姉さんは、この映画の他に2、3本しか出演作が無いようです。


音楽は、ゲルハルト・ハインツ。
あまり日本では馴染みのない人ですが、
シルヴィア・クリステル主演の「卒業試験」のスコアを担当したのがこの人だそうです。
どうもこの人、その手の映画ばっかり手がけてきたようで、
他にも「新・女子学生(秘)レポート 初めての経験」、「地下***実験室/秘密***会 」、「誘惑の珊瑚礁」等々
堂々たるものです。
この映画も一応青春映画の体裁を取ったソフト・コアものということになりますが、
ソフト・コアものには「いいスコア」が多いという定説通り、本作もライトなタッチのとても心地よいサウンドが満載です。
ドイツ映画のサントラなので、ちょっと垢抜けてないんじゃないかと思われるかもしれませんが、
そのようなことは全くなく、良質なイージーリスニング調(ちょっとロック・・・・というよりディスコ寄り)のスコアを楽しむことができます。
ギリシャが舞台なので、民族楽器ブズーキを使うなど本格的な一面も見せます。
主題歌を含めた全曲をゲルハルト・ハインツ自身が担当しています。
主題歌は男性ボーカルがフィーチャーされていますが、クレジットが無いので誰が歌っているのか分かりません。
この主題歌もいいメロが付けられていて、英米のポップスと比べても全く違和感がありません。
サントラは、CD化されたことはないようです。
日本ではビクターからLPが発売されていました。

これは、珍しや、香港盤LPのジャケ
   ↓

$サウンドトラック秘宝館

この映画、香港公開タイトルは「蜜桃成熟時」というんだそうです。


本日の検索キーワード
蜜桃成熟時 主題曲 - Be a Rover


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


パトリシアの夏 [DVD]/ベティ・フェルゲス,クラウス・リヒト,オリヴィア・パスカル

¥3,990
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。