サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


BITE THE BULLET
監督: リチャード・ブルックス
音楽: アレックス・ノース
出演: ジーン・ハックマン、キャンディス・バーゲン、ジェームズ・コバーン、ベン・ジョンソン、ジャン=マイケル・ヴィンセント、サリー・カークランド、イアン・バネン
1975年 アメリカ映画

リチャード・ブルックス監督が撮ったちょっと風変わりなウェスタン。
数100キロに及ぶ大陸横断「馬の耐久レース」に参加する人々のドラマを描いた作品で、
いろんな人間模様が描かれていて、そのせいか上映時間が2時間を超えてしまっています。
ブルックス監督にしては、骨太すぎずむしろライトな感じの映画なのでそんなに力まずに観ることができます。
過酷なレースを続ける中で生まれるライバル同士の連帯感やクライマックスでのエピソード等、
思わずジーンとなっちゃうシーンもあり、観ていて飽きさせません。
まあ、僕の中ではジーン・ハックマンにジェームズ・コバーンが出ていて面白くないはずがないという感じです。
この2人が出ていれば、それで十分という感じになってしまいます。
原題は、レース中に虫歯が痛むインディアンに弾丸の薬莢を噛ませて痛みを和らげるシーンがあるのですが、
そこからきているようです。
関係ないけど、Deep PurpleのIan Gillanも自分のバンドでBite The Bulletって曲やってたなあ。




音楽は、アレックス・ノース。
この人のスコアって案外と持っていないのですが、「コマンド戦略」や「スパルタカス」等といったお気に入りの作品があって侮れません。
本作も僕のお気に入りの1つ。
設定が設定だけに、無骨なウェスタンスコアとは一線を画しますが、
コミカルな中にも迫力を持った聴き応えのあるスコアを提供しています。
アレックス・ノースといえば、硬派なイメージが先行しますが、この作品では
この人にしては結構肩の力を抜いたにぎやかなスコアを聴くことができます。
さらに、メキシカン風味のソースミュージックも書いていて、
興味深い内容となっています。
1975年アカデミー作曲賞ノミネートも納得のスコアです。
(ちなみに、この年の作曲賞は「ジョーズ」でした。この年は他のノミネート作品も強豪揃いでした。)
この映画、公開時には残念ながらサントラは発売されませんでした。
その昔、アメリカで限定盤LP(プロモ盤?)が出たようで、学生の頃それを見つけたのですが、
高価だったので買いそびれてしまい長らく手に入らない状態が続いてました。
CDの時代になっても長らくサントラは発売されず、
1999年にベルギーのPrometheusレーベルから限定2500枚でようやくCDが発売されました。
この、レーベル、当時はいろんな未発表サントラ出してがんばってました。
しかし、それも今では廃盤。名盤なのになあ・・・。
ちょっとコミカルで躍動的な素晴らしいウェスタン・スコアなので、再発してもらいたいものです。



※ 実はちょっと前からYoutube動画を貼り付けるのをやめています。
  別に僕がYoutubeにアップした動画ではないのですが、
  やはり著作権上の問題もあるでしょうから
  直に貼り付けるのは控えようかと思います。
  そのかわり、毎回検索キーワードを書いておきますので、
  興味のある方はこれをコピペしてYoutubeで検索してみてください。
  
※ 今日のYoutubeキーワード

 OSCARS 1975 - BEST SCORE
   (2:10くらいから本作のスコアが出てきます。)

 Gillan - Bite The Bullet (Live)  
  (ギターがバーニー・トーメじゃなくてヤニック・ガーズなのがちょっと残念)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Bite the Bullet [DVD] [Import]/Gene Hackman,Candice Bergen,James Coburn

¥820
Amazon.co.jp

Quick & The Dead & Bite the Bullet [DVD] [Import]/Gene Hackman,Candice Bergen,Sharon Stone

¥1,226
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


VON RYAN'S EXPRESS
監督: マーク・ロブソン
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: フランク・シナトラ、トレヴァー・ハワード、ブラッド・デクスター、ジェームズ・ブローリン、ラファエラ・カラ、ジョン・レイトン、アドルフォ・チェリ、エドワード・マルヘア、ウォルフガング・プライス
1965年 アメリカ映画


原点回帰シリーズ第2弾。
いろいろまともな(笑)作品を探してみると、案外今まで紹介していなかったものが結構出てきてびっくり。
これも紹介したことなかったんだ~(^_^;)
テレビでも結構やってたから、知ってる人も多いと思いますが、タイトルそのまんまの「脱走」モノです。
この映画のミソは、同じ脱走モノでも、列車で逃げるというところでしょうか。
ストーリーは、イタリアからドイツへ移送されることになった米軍捕虜が、連合軍が間近まで迫ってきているのに、
ドイツ本国へ連れて行かれてはたまらないということで、輸送途中に列車を奪ってスイス越えを目指す・・・・というお話。
キャストは、フランク・シナトラや名優トレヴァー・ハワード等が出ていますが、演技的にはどうなんでしょう。
ちょっと微妙です。
でも、この映画は、迫力ある列車による脱走シーンが見せ場になっているので
ドラマは大して問題じゃないかも。
特に、列車を戦闘機が襲撃するシーンの迫力がすごい。
メッサーシュミットに似せたプロペラ機から、なんとロケット弾が発射されます。
時代考証的には多分おかしくないと思いますが、戦闘機がロケット弾を発射する場面は
他の戦争映画では観ることができない珍しいシーンです。
この映画で使われた列車は、60年代後半まで実際にイタリアで走っていた列車だそうで、
鉄道マニアの人も楽しめるかも。



音楽は、ジェリー・ゴールドスミス。
スコアは、戦争映画ということもあって、ミリタリー調のスネアが小気味よい軽快なマーチ調のものが印象に残ります。
でも軽快すぎて、たまにミッキーマウスかトムとジェリーか、と思わせるようなユーモラスな展開もあります。
アクションスコアは、「危険な道」や「モリツリ 南太平洋陽動作戦」を思わせる、
あの手の作品の延長線上にあるようなスコアを聴くことができます。
さすが巨匠の仕事だけあって、軽妙なテーマのモチーフをアレンジで重厚なアクション・スコアに作り替えたり、
一つのモチーフでいろんな表情を見せていきます。
サントラ盤は、公開時には発売されず、日本ではカバー演奏のシングルが発売されたようです。

 これ
 ↓
$サウンドトラック秘宝館


CDの時代になってから、ドイツのTSUNAMIレーベルから「電撃フリント」シリーズとのカップリングで
本作のサントラが組曲(19分の長尺版)という形で初めて収録されました。
その後、Varese SarabandeのCD Clubシリーズから出たゴールドスミス6枚組BOXに、ようやく本作から8曲(20分弱)が収録されることとなりました。

$サウンドトラック秘宝館

でも、このBOXセットも限定1500枚だったから、今ではプレミアが・・・・。
もう少し増曲してフルアルバムで出ないかなあ、これ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Von Ryan’s Express / Our Man Flint / In Like Flint/Jerry Goldsmith

¥2,109
Amazon.co.jp

脱走特急[スタジオ・クラシック・シリーズ] [DVD]/フランク・シナトラ,トレヴァー・ハワード,ブラッド・デクスター

¥2,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

$サウンドトラック秘宝館


L'ALDILA
監督: ルチオ・フルチ
音楽: ファビオ・フリッツィ
出演: カトリオーナ・マッコール、デヴィッド・ウォーベック、サラ・ケラー、ヴェロニカ・ラザール、アンソニー・フリーズ、ジョヴァンニ・デ・ナヴァ、アル・クライヴァー
1980年 イタリア映画



マカロニ・ゾンビ・ムービーの帝王、ルチオ・フルチ監督が手がけた未公開ホラーの珍作。
例によって、「地獄の門が開かれた~!」という設定なので、自分の中では同じく御大が手がけた「地獄の門」とほとんど区別がつかなくなってます。
同じ時期に作られたうえに、悪いことに主演もカトリオーナ・マッコールで同じだし、音楽もファビオ・フリッツィの同じようなスコアだし(実際、同じ曲が一部使われていたようです)、これで区別せえという方がおかしいかも。
ま、フルチ監督のゾンビ映画なので、どれも同じだと最初から自分に言い聞かせて観ると腹も立たないでしょう。
ストーリーは、説明するまでもないのですが、一応解説すると・・・・・なんでも古いホテルの地下に「地獄への門」が隠されていて、
それが何かの拍子に開いちゃって、おっさんが顔に酸かけられて顔が溶けて死んだり、盲目の女性が盲導犬に喉噛み切られたり、
クモに顔食われる奴が出たり、お下げ髪の少女が顔面をショットガンで打ち抜かれて顔にでっかい穴が開いたり、そりゃもうメチャクチャになる・・・というお話。
ジャンネッット・デ・ロッシの鬼メイクが壮絶で、吹っ飛ばされた少女の顔や地下室の腐乱死体とか、手抜きは一切なしで、
観ていて腐臭が漂ってきそうです。
いろんな惨劇が繰り広げられるのですが、これが全部「地獄の門」が開いたせいだ、という説明になってる。
ラストのカオスな終わり方がよく言えばシュール、悪く言えば意味不明。
まあ、地獄の門が開いちゃうとこんなひどいことになるんですよ、みなさん、という警鐘を込めた作品です(ウソ)。



音楽は、フルチ監督作品の常連、ファビオ・フリッツィ。
ゴブリンの連中とも接点があり、過去にはサントラを共作したことも。
この人自身、イタリアン・プログレッシヴの臭いがプンプンするので、
かつてはその筋の仕事もしてきたのではないかと思われます。
テーマ曲は、「地獄の門」のようなモロ「サンゲリア」調ではなくオリジナルな曲。
シンセ(メロトロンかなあ、もしかして)でお坊さんのお経のようなコーラスの音を作っているのですが、
この音って、当時オカルティックでかなり気色の悪い音に聴こえてたので
おどろおどろしい本編にいい効果を出していたと思います。
でも、ちょっと哀愁のあるメロが付いているのは意外。
フレットレス・ベースが結構カッコ良く使われています。
このテーマ曲は、リズムが水戸黄門だけどなかなかお勧め。
サントラは、LPに始まって、CDの時代にも何度かカップリングという形でメディア化されてきています。
「ラットマン」とカップリングになったものもあれば、日本のSPOのDVD買ったら抽選でもらえるなんてのもありました。
それぞれ、現在では入手が難しいと思われますが、つい最近になって本作単独でCDが発売されました。
伊BEATレーベルからの発売で、LPジャケットのイラストに近いジャケになっていて、
オリジナルの雰囲気が出ていてなかなかよろしい。
20曲ぐらい入ってそうなので、マカロニ・ホラー好きな人にはお勧めの1枚。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


E Tu Vivrai Nel Terrore Laldila/Frizzi Fabio

¥2,544
Amazon.co.jp

E tu vivrai nel terrore - L’aldilà [VHS] [Import]/Catriona MacColl,David Warbeck,Cinzia Monreale

¥価格不明
Amazon.co.jp

ビヨンド -デジタル・リマスター版- [DVD]/カトリオーナ・マッコール,デヴィッド・ウォーベック,サラ・ケラー

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



JOHN CARPENTER'S THE WARD
監督: ジョン・カーペンター
音楽: マーク・キリアン
出演: アンバー・ハード、メイミー・ガマー、ダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、リンジー・フォンセカ アイリス、ミカ・ブーレム
2010年 アメリカ映画



カーペンター監督、10年振りの新作。
9月に劇場公開されてたんですね。見逃した・・・・(+o+)
DVDが出るのを待ちます。
内容は、精神病院の監禁病棟を舞台にしたサスペンス・ホラーということで、
前作「ゴースト・オブ・マーズ」ほど(僕の好きな意味で)メチャクチャではないと思わますが、
久々の監督作品なのでかなり期待してしまいます。
ストーリーは、火災現場に居合わせた女性が放火犯人の容疑をかけられ逮捕され、
(何故か留置場や刑務所ではなく)精神病院の監禁病棟に収容され、そこで体験する恐怖を描く・・・・・というお話だそうです。
「ゴースト・・・」のような首チョンパ映画ではないと思いますが、
特殊メイクにはグレッグ・ニコテロの名前があったり、R15+指定だったりするところから、ちょっぴり期待してます。
でも、上映時間が短いなあ。89分って・・・・。



音楽は、「ツォツィ」等と担当したマーク・キリアン。
オルゴールの音色といかにもな感じの女性のハスキーなスキャット?をフィーチャーしたモチーフは、オカルティックなホラーの王道を行く路線。
劇伴に真っ当なストリングも入っていて、あれれ?普段のカーペンター作品とは違うぞ、という感じ。
サスペンス描写部分の劇伴は、さすがまともな作曲家によるものだけあって、
カーペンターならシンセでやっちゃうところ、
本格的なストリングスが入っていてしっかりしたスコアを聴かせます。
ただ、曲の途中でそこかしこに「ドカ~ン!!」と来るショッキングな音が入りますが、これはおっさんには心臓に悪い。
過去にもカーペンターの「パラダイム」のサントラで1発やられて、とっても驚いた経験があります(~_~;)
今回は、あちこちに入っていてかなり疲れます。
こんなスコアですが、個人的には、不器用ながらもカーペンターがせっせと自分で作ったいびつなスコアの方に愛着が沸くのは何故でしょう。
本格的な音楽教育を受けたことが無いと思しきカーペンターが作った「手作りスコア」を期待する向きには(僕を含めて)不満の残る内容かも知れません。
ソツなくまとまり過ぎているスコアなので、カーペンター作品という雰囲気があまり感じられないのがちょっと残念です。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

Ward/Soundtrack

¥1,475
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

foul play

FOUL PLAY
監督:コリン・ヒギンズ
音楽:チャールズ・フォックス
主演:ゴールディ・ホーン、チェビー・チェイス、ダドリー・ムーア、バージェス・メレディス、レイチェル・口パーツ、ブライアン・デネヒー
1978年アメリカ映画



今夜は過去記事をいじってます。

法王暗殺計画に巻き込まれる図書館のお姉さんとズッコケ刑事の活躍を描いたサスペンス・コメディの傑作。
「9時から5時まで」等、たったの3本の映画を撮って他界してしまった超寡作な監督コリン・ヒギンズの代表作です。
この人、「大陸横断超特急」の脚本を手がけていたことでも知られています。
「結末はどんどん人にしやべって下さい!」なんて、公開時のコピーが良かった。
「大陸‥・」でもそうだったのですが、この監督、サスペンス描写の中にヒッチコックヘのオマージュが随所に感じられて楽しさも倍増です。
キャストは、ゴールディ・ホーンを始めとして今考えると結構豪華な布陣になっています。
ゴールディ・ホーンのキュートな魅力が全開の作品ですが、彼女、昔からあんまり年取らないような気がしますが、
「永遠に美しく」を地でいってんじやないかと思ったりします(^^;)―体今何歳なんだろ。





音楽は、チャールズ・フォックス。
70年代のアクション映画を中心に音楽を手がけている人で、「パニック・イン・スタジアム」、「笑う警官/マシンガン・パニック」、「アウトロー・ブルース」等いろいろあるのですが、
音源化された作品は少ないのが残念です。
本作は、バリー・マニロウが歌う「愛に生きる二人」(アカデミー歌曲賞ノミネート)と「コパカバーナ」が有名で、どちらもサントラに収録されています。
スコアの方も、バラエティに富んでいてどれも覚えやすいメロディのものばかりで、聴いててすぐに映像が思い浮かびます。
ファール・プレイ・ディスコなんて、ノリノリのファンキー・チューンもあります。
(ディスコと言うには、まだちょっとこなれていない感じもしますが、それがまた味わいがあっていい感じです。)
明るいメロディの曲を中心に構成されたゴキゲンなサントラですが、
今までに一度もCD化されていません。
中学生の頃、大阪の阪急32番街に行った時、確か「Daiga」とかいうレコード屋で、
東芝から出てた1800円の廉価盤を見つけて迷わず買ったのを思い出します。
バリー・マニロウの歌とスコアのバランスも良く、なかなかの名盤なのですが、何故か未CD化です。




・・・と、ここまでが過去の記事。
今日TSUTAYAに行ったら、最近充実しつつある「おっさん向け70年代傑作コーナー(笑)」に
この映画のDVDが出ててびっくり。
このところ、「パニック・イン・スタジアム」とか「突破口」とかのDVDが並んでたので注目していたのですが、こんな作品までレンタルできるようになるとは。
こういう作品、若い人にもどんどん観て欲しいものです。

さらに、サントラCDですが、2009年にIntrada Special Collectionシリーズから2000枚限定発売されています。
増曲なしのLPと同内容ですが、奇跡的にレーベルでもまだ入手可能です。






ランキング参加中です


みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

 ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ

にほんブログ村



ファール・プレイ [DVD]/ゴールディ・ホーン,チェヴィー・チェイス,バージェス・メレディス
¥1,500
Amazon.co.jp

Essential Barry Manilow/Barry Manilow
¥1,310
Amazon.co.jp


Ultimate Manilow/Barry Manilow
¥982
Amazon.co.jp


2:00 Am Paradise Cafe/Barry Manilow
¥572
Amazon.co.jp


ザ・グレイテスト・ソングス・オブ・ザ・フィフティーズ/バリー・マニロウ
¥2,548
Amazon.co.jp


グレイテスト・ヒッツ/バリー・マニロウ
¥2,548
Amazon.co.jp


Greatest Love Songs of All Time/Barry Manilow
¥1,064
Amazon.co.jp


ヒア・カムズ・ザ・ナイト/バリー・マニロウ
¥1,835
Amazon.co.jp


ヒア・アット・ザ・メイフラワー/バリー・マニロウ
¥2,520
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。