サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



POLIZOTTO SPRINT
監督: ステルヴィオ・マッシ
音楽: ステルヴィオ・チプリアーニ
出演: マウリツィオ・メルリ、オラツィオ・オルランド、ジャンカルロ・スブラジア、リリー・カラーチ、アンジェロ・インファンティ
1976年 イタリア映画


パチモン王国、イタリアが70年代に量産したカー・アクションものの1本。
どうせ、「フレンチ・コネクション」のカー・チェイスシーンが評判になったもんだから、
ここぞとばかりイタリアで量産したものの1つだろうと思われます。
ただ、ストーリー的にはちょっぴりヒネリはあるようで、
ローマ市警の警官が強盗団とカーチェイスの末、同僚を死なせてしまいます。
自暴自棄になりかけ警官に、昔はレーサーだったという上司(すごい強引な展開だ)が怒濤のドライビングテクニックを教えて
強盗団にリベンジを図る・・・というそんだけのお話。
監督は「ダーティ・チェイサー/凶悪犯死の大逃走500キロ」のステルヴィオ・マッシ。
(って言っても誰も知らねえか)
主演は、「ハチェット無頼」の熊男、マウリッツィオ・メルリ。
(これも知らないよね)
都合良く展開する凡庸な演出も何のその。
日本公開にあたっては、まともな映画っぽいチラシが製作され、
カッコいいカーアクション映画の体裁を整えています。

 こんな感じ

$サウンドトラック秘宝館


なんたって邦題が「フェラーリの鷹」だもんなあ。
当時はそろそろスーパーカー・ブームが到来する頃だったような記憶が・・・。
その時期にこのタイトルはほとんど詐欺です。
当時のいわゆるスーパーカーは全然出てきません。
フェラーリはフェラーリなんだけど、ちょっと型が古いんでしょうか、
あんまりカッコよくない。
車のことあんまり詳しくないのでよく分かりませんが、
クラシック・カーみたいに見えてしまいます。
でも、今見ると渋いオールド・カーのオンパレードで
案外評判になったりして。



音楽はステルヴィオ・チプリアーニ。
公開当時、サントラはシングル盤しか発売されませんでした。
イタリアで出たシングル盤には「Speed Machine」と「Crazy Town」という曲が収録されています。
テーマ曲は、「プ~ニュ~♪」っていうどこまでもアナログなシンセの音が微笑ましい。
シャッフルのビートが心地よい明るいフュージョン系サウンドに仕上がっています。
ブラスの使い方もなかなかいい感じ。
他の劇伴もレアグルーヴな雰囲気のカッコいいスコアが入ってたような、なんとなくそんな覚えがあります。
この映画、フルアルバムでは未だにサントラが発売されていません。
現在入手可能なのは、「ATTORI A MANO ARMATA 」というタイトルのCDと64ページに及ぶブックレットが合体したコンピレーション盤。
この中に「Speed Machine」が収録されています。
これもフルスコアでCDになれば是非欲しいのですが、
イタリアのGDMとかシングル盤の発売元CAMとか頑張って出してくれないかなあ。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村





Attori a Mano Armata (W/Book)/Various Artists

¥2,273
Amazon.co.jp

Attori a Mano Armata/Various Artists

¥1,129
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


※ 今夜も過去記事いじって、ごめんなさい。

THE BIG BUS
監督: ジェームズ・フローリー
音楽: デヴィッド・シャイア
出演: ジョセフ・ボローニャ、ストッカード・チャニング、ネッド・ビーティ、ルネ・オーベルジョノワ、スチュアート・マーゴリン、ジョン・ベック、リン・レッドグレーヴ、サリー・ケラーマン、ホセ・ファーラー、ラリー・ハグマン
1976年 アメリカ映画


70年代パニック映画そのものをパロッた痛快おバカ・コメディ映画。
監督のジェームズ・フローリーって人はあんまりよく知らないのですが、TV界を中心に活動していた人だそうです。
主役の若い2人は無名ですが、脇を固める配役がいかにもパニック映画にありがちな感じの名優で固めています。
全長50メートル、重量75トン、タイヤが32本ついた超巨大原子力バスがニューヨークからデンバーまで向かう途中で、
妨害に遭い様々なトラブルに見舞われるというお話がベースになっています。
その中にいろんなパニック映画のパロディや、くだらないギャグが満載されています。
昔、TVでよく放映されていたので知っている人も多いと思います。
バスの設定自体がほんとバカバカしい(^^;)
定員が180人で、中にサロンやボーリング場、プールまであって、さながら動くレジャー・センターという感じです。
後部にアポロ宇宙船をくっつけたような原子力バスのデザインも大笑い。
バカなギャグも満載で、酒場の乱闘シーンでは割れたビール瓶じゃなくて牛乳パックで決闘するし、
崖っぷちで落ちそうになったバスのバランスを取るために、積載物のジュースを全部後ろへ流して、うしろの乗客が溺れそうになったりするし、
暴走するバスの風圧でガソリンスタンドが吹き飛ばされたりするし、寒いギャグのアホらしい描写がいろいろ出てきます。
こんなバカ映画なのでDVDにはなっていないようなのですが、「大陸横断超特急」がDVD化されたことだし、
是非これもDVD化して欲しいものです。


音楽は、意外にもデヴィッド・シャイア。
この人、わりと真面目な映画ばかり担当する人だとばっかり思っていたら、こんな映画まで担当していました。
メイン・タイトルはこれから起きる大惨事(^^;)を予見させるような不穏な始まり方をして、
いかにもなパニック映画調のテーマが始まります。
この辺の作り方はほんとに上手い。
ゴージャスなストリングスがヘンリー・マンシーニや70年代TVムービーっぽい匂いをプンプンさせます。
劇伴も、パニック映画に仕えそうなわざとらしい大袈裟なトラックが多く、スコアを聴いていても思わずニンマリしてしまいます。
暴走シーンの劇伴などは、ほんと定番中の定番という感じでストリングスとブラスでてんやわんやする雰囲気を上手に表現しています。
なお、サントラ盤については、LPは確か発売されていなかったような気がします。
8年前に突如として海外でCDがリリースされましたが、音はあんまり良くないしどうもこれはブート(海賊盤)のようです。
正規にはCDもリリースされたことがないようです。
でも、これCD化してほしいなあ。




・・・と思ってたら、遂に米FSMからサントラCDが発売されました。
限定2000枚ですが、作品の知名度からすれば「よくぞ出してくれました」という感じです。
「フライング・ハイ」の原点みたいなおバカなコメディなのに、大まじめなスコアを書いてます。
これはなかなかいい。
でも、ジャケがなあ。
輸入版DVDのジャケと同じものを使ってます。

  これ
   ↓
$サウンドトラック秘宝館


海賊盤の方がいかにもあの頃のコメディって感じのイラストで良かったんだけどなあ。
あれ、使えなかったのかなあ。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



Big Bus [VHS] [Import]/Joseph Bologna,Stockard Channing,John Beck

¥1,746
Amazon.co.jp

The Big Bus [DVD] [Import]/Joseph Bologna,Stockard Channing,John Beck

¥1,746
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



LINK
監督: リチャード・フランクリン
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: エリザベス・シュー、テレンス・スタンプ、スティーヴン・パイナー、リチャード・ガーネット、デヴィッド・オハラ、ケヴィン・ロイド、ジョー・ベルチャー
1986年 イギリス/アメリカ映画



高度な知能を持ったチンパンジーが研究者に反逆を始めるというユニーク(というか風変わり)なサスペンス。
高い知能に凶暴性を備えたチンパンジー「リンク」を演じたお猿さんの演技(?)が素晴らしい。
葉巻プカプカふかして誇らしげにしたり、エリザベス・シューがお風呂入ろうとするところをジーッと視姦したりするエロ猿ぶりもスゴい。
ちなみにエリザベス・シューのハダカが観れるので、ファンの方は必見です。
(別に意識しているわけではないのですが、最近お○ぱいネタばっかりだなあ)
知性が高い動物だけに単なる動物パニック映画に終わっていないところがいい。
あの手この手を使って研究者を追いつめます。
オーストラリア出身で、一時は「ヒッチコックの再来」とまで言われたリチャード・フランクリン監督。
「サイコ2」や「F/X2イリュージョンの逆襲」などの「おおっ」と思わせる作品もあるのですが、
ブレイクしないまま鳴かず飛ばずになってしまった残念な監督です。
この映画も世間の評判は今ひとつでDVDも出ていないのですが、
僕は結構気に入ってます。



音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
「未来警察」などと同じような音使いのシンセが幅を利かせる
80年代後期のゴールドスミス・サウンドを象徴するシンセ風味満点のスコアです。
決してカッコいい音色ではなく、ロックな僕から言わせると、
むしろ不器用でイモっぽいシンセなのですが、
ここまで徹底していると、いつしか「味わい深さ」に思えてくるので不思議です。
シモンズ・ドラムの「デュ~ン」というノスタルジックな音が懐かしい。
全体的にサスペンスフルな中にもユニークな味付けが施されたスコアで、
1曲目の冒頭から突拍子もない音が飛び出します。
このサントラは、曲のタイトルに全て「Link」が付いているところがユニーク。
かつて米VareseレーベルからCDが出ていましたが、さっさと廃盤になってしまい、しばらくゴールドスミスものの中では高額取引アイテムの1つとして君臨していました。
それが本日、米Intradaレーベルから2000枚限定でCD化されました。
内容は、Varese盤と全く同じらしいのですが、マスターがもう無いという話なので、これでも十分嬉しい再発です。
瞬殺は免れたようですが、これも早めに無くなってしまうのではないかと思います。
ファンの方は是非この機会にどうぞ。

Intradaレーベル


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


CLIVE BARKER'S BOOK OF BLOOD
監督: ジョン・ハリソン
音楽: ガイ・ファーレイ
出演: ジョナス・アームストロング、ソフィー・ウォード、ポール・ブレア、クライヴ・ラッセル、ロマーナ・アバクロンビー、サイモン・バムフォード、ジェームズ・ワトソン
2009年 イギリス/アメリカ映画


「血の本」シリーズで一躍有名になったホラー作家、クライヴ・バーカーの短編を映画化した作品。
原作は、全6巻になる「血の本」シリーズの最終エピソード「皮膚に刻まれた物語/血で綴られた本」。
「クリープショー」で音楽を担当していたジョン・ハリソンが監督をしています。
原作者のクライヴ・バーカー自身も製作に携わっていることから、
原作の雰囲気をぶちこわすことなくソツなく仕上がっています。
さすがにイギリス映画らしく、幻想的な怪奇譚という雰囲気を持った湿っぽさ満点のオカルト作品です。
あんまり期待せずに観たのですが、これがなかなか良かった。
ゴアシーンは過剰になりすぎずポイントだけ押さえて、全体の雰囲気を重視した作風に好感が持てます。
ストーリーは、体中キズだらけの若者がコワモテのおっさんに拉致されます。
拉致したおっさんは、ある依頼人に頼まれてこの若者の「皮膚」を剥がして持っていくという仕事を請け負っています。
若者のキズは、よく見ると実は肉体に直接刻まれた無数の文字で、
死を覚悟した若者は、殺される前にと、刻まれた文字にまつわる恐るべき事実を淡々と語り出す・・・・というお話。
ラスト間近の驚愕の展開にゾッとします。
超自然現象を研究する女性教授役で、「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」のソフィー・ウォードが出ています。
若者はこの女性教授の心霊実験に関わることになるのですが、この実験が段々と異様な展開をみせます。



音楽は、ほとんどが本邦未公開作かTVムービーのガイ・ファーレイ。
イギリス映画を手がけてることが多いようなので、この人、イギリス人かもしれません。
全体的に雰囲気重視の作風で、いかにもオカルト映画的な「エクソシスト」なメロを持った曲はありません。
どんよりした英国の曇り空のような陰鬱なストリングスをバックに、
ストレンジなメロのピアノと弦楽器がそこはかとない不安感を醸し出します。
メインとなるモチーフは、悲しげなストリングスによるメロが使われています。
本編を観ているときはほとんど気にも留めなかったのですが、
不思議なことにアルバムとして聴くとこのメロが意外と印象に残るモチーフだと気づきます。
サントラは、本編自体が知名度が低いこともあって、米La-La-Landレーベルから1500枚限定という形で発売されています。
作曲家自身あんまり知られた人でもないし、スコアも地味なのでお好きな人はどうぞという感じなのでしょう。
でも、本編を観た人ならこのサントラは楽しめるんじゃないかなあ。
このスコア、不思議と劇伴を含めて頭の中に自然と刷り込まれてるもんなあ。
なんだか、知らない間に頭の中に書き込まれてしまってるって感じでちょっとブキミ。
決して派手ではありませんが、オーソドックスかつ丁寧な仕事っぽいスコアなので好感が持てます。
CDのジャケも、なかなか雰囲気があってよろしいです。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村



クライヴ・バーカー 血の本 [DVD]/ジョナス・アームストロング

¥5,040
Amazon.co.jp

ミッドナイト・ミートトレイン 真夜中の人肉列車 血の本(1) (血の本) (集英社文庫)/クライヴ・バーカー

¥570
Amazon.co.jp

ジャクリーン・エス with 腐肉の晩餐 血の本(2) (血の本) (集英社文庫)/クライヴ・バーカー

¥880
Amazon.co.jp

セルロイドの息子 血の本(3) (血の本) (集英社文庫―血の本)/クライヴ・バーカー

¥980
Amazon.co.jp

ゴースト・モーテル 血の本(4) (血の本) (集英社文庫―血の本)/クライヴ・バーカー

¥840
Amazon.co.jp

マドンナ 血の本(5) (血の本) (集英社文庫―血の本)/クライヴ・バーカー

¥880
Amazon.co.jp

ラストショウ 血の本(6) (血の本) (集英社文庫―血の本)/クライヴ・バーカー

¥820
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館

SHEENA
監督: ジョン・ギラーミン
音楽: リチャード・ハートレイ
出演: タニア・ロバーツ、テッド・ワス、ドノヴァン・スコット、トレヴァー・トーマス、エリザベス・オブ・トロ、フランス・ゾブダ、クリフトン・ジョーンズ、マイケル・シャノン
1984年 アメリカ映画



「ミラクル・マスター 7つの大冒険」でジャングル・コスチュームにお○ぱいをご披露したタニヤ・ロバーツが、同じような格好して今度は主役をやってしまった女版ターザン映画。
「ミラクル・マスター」と違う点は、今度は金髪にしてることと、全裸でシャワーを浴びちゃうサービス・ショットがある点。
主人公のシーナっていうのはアメリカでは有名な女ターザンのマンガだそうで、
今でいうところのアメリカン・コミックの映画化作品ということになるのでしょう。
まあ、女版ターザンと言えばストーリーなんて書かなくてもすぐ分かっちゃうと思いますが、
女ターザンが仲良しの動物たちと、部族紛争で荒れるアフリカの大地で活躍するっていう程度のお話。
テレビ・ムービーでもいいんじゃないかと思います。
これ「タワーリング・インフェルノ」のジョン・ギラーミン監督が撮った作品だとは信じがたい内容ですが、
巨匠が暇つぶしに撮った作品として観れば腹も立ちません。
この作品は、同年のラジー賞作品賞、監督賞、主演女優賞、脚本賞、音楽賞の5部門で見事ノミネートされています。
巨匠ジョン・ギラーミン監督は、本作の後「キング・コング2」を撮ってまたコケて、とうとう劇場用作品からは離れていってしまったのでした。



音楽は、リチャード・ハートレイ
英国の作曲家で、有名な作品というと・・・・「ロッキー・ホラー・ショー」とか「ジェラシー」とか、それくらいかなあ。
メイン・タイトルは、ゆったりとしたリズムの優雅な感じの曲で、
エレキ・ギターにメインのメロを演奏させていて、ちょっとエンニオ・モリコーネな雰囲気があります。
でもイントロやバックにチープな「ジョワ~ん」なんて音のシンセを被せていて、せっかくのモリコーネ風味が台無しです。
劇伴もしょぼいシンセがストリングスな音色を使って大胆に導入されていて、安っぽさが満点です。
こんなラジー賞ノミネートなサントラですが、意外に人気があって(実は僕も嫌いではない)
2004年に米Vareseレーベルから、CD Clubリリースとして限定1,000枚でサントラCDがリリースされています。
しかもこのサントラとっくに売り切れてるもんなあ。
CDはオリジナル・ジャケとは違っていて、シマウマに乗るシーナがアップで描かれています。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村








シーナ [DVD]/ドノバン・スコット,タニヤ・ロバーツ,テッド・ワス

¥1,480
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。