サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



GOTT MIT UNS
監督:ジュリアーノ・モンタルド
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:リチャード・ジョンソン、フランコ・ネロ、ラリー・オーブレイ、ヘルムート・シュナイダー、マイケル・グッドリフ
1969年 ドイツ/イタリア映画

劇場未公開でテレビで放映されただけの作品。
ビデオも発売されてないんじゃないかと思いますが、知ってる方いらっしゃったら教えて下さい。
観たことが無いので、詳しいことは分かりませんが、
第二次世界大戦中、戦争がイヤでドイツ軍から脱走した兵士が捕まって銃殺刑に処せられるまでを描いた作品のようです。
これだけでも、かなり重い作品という印象が強いです。
単純明快な勧善懲悪型戦争アクションとは様子が違うようです。
監督は、「死刑台のメロディ」や「盗みのプロ部隊」のジュリアーノ・モンタルド。
本作も死刑を扱っているので、「死刑台のメロディ」の戦争版という感触もあるのかな。
監督がしっかりしているので、この映画はパチモン・マカロニ・戦争映画とは一線を画します。
真っ当で真面目な作品だと思われます。
主演は、「ラスト・コンサート」や「サンゲリア」といった節操もなく様々なジャンルに挑戦する(^_^;)リチャード・ジョンソンに、マカロニ・スターのフランコ・ネロ。
オリジナル・タイトルは、ドイツ語で「神は我らと共に」という意味。
プロイセン王家ホーエンツォレルン家に伝わる標語だそうで、
第2次世界大戦中、ドイツ国防軍のベルトのバックルにこの言葉が書かれていたようです。


音楽は、大御所エンニオ・モリコーネ。
モリコーネの戦争映画は、あんまりコテコテのミリタリー調は期待しない方がいいようです。
本作もそんな1枚です。
テーマ曲は、いかにもモリコーネな定番甘メロサウンド。
戦争ものとは思えない美しさです。
メロを奏でる楽器には、なんだかぶっ壊れて音程が外れたピアノのような鍵盤楽器が使用されています。
バックはクラシックギターの上品なアルペジオ。「ディア・ハンター」を想起します。
危うげな音階の旋律が美メロをさらに引き立てています。
劇伴は、「Lontano」と題されたメインテーマをモチーフにしたヴァリエーションを始め、
いつものストリングス中心のサスペンスチューンや
アバンギャルドな現代音楽風のスコアが入っています。
お馴染みのエッダのスキャットもフィーチャーされており、いつもの巨匠の定番サウンドを楽しむことができます。

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Score/Gott Mit Uns

¥1,403
Amazon.co.jp

Who Saw Him / God With Us - O.S.T./Ennio Morricone

¥2,279
Amazon.co.jp

Gott Mit Uns- O.S.T. [12 inch Analog]/Ennio Morricone

¥1,841
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

agire





AGUIRRE, DER ZORN GOTTES
監督: ヴェルナー・ヘルツォーク 
音楽: ポポル・ヴー
出演: クラウス・キンスキー、ヘレナ・ロホ、ルイ・グエッラ、セシリア・リベーラ
1972年 西ドイツ映画

※ 過去記事いじりです。

16世紀のアマゾンを舞台に、エル・ドラド(黄金郷)を求めて行軍するスペイン艦隊の分遣隊の姿を描いています。
分遣隊の副隊長アギーレが困難を極める行軍の中で次第に常軌を逸するようになり・・・・最期には部隊が全滅してしまうという救いようのないストーリー(^^;)
ドイツの鬼才ヘルツォーク監督と怪優クラウス・キンスキーという黄金タッグ(^^;)が生んだ隠れた傑作。
後に製作されたコッポラの「地獄の黙示録」に酷似したシチュエーションが多く,コッポラが手本にしたのではないかと囁かれた作品です。
全体的に緩い展開の作品なので,途中で何度か眠くなりますが,冒頭の岩山での行軍シーンはかなり幻想的で,このシーンだけでも劇場で見ることをオススメしたい作品です。
僕は本作を県民会館の特別上映で観たのですが,映写技師さんがフィルムの順番を間違えて上映してしまい,死んだはずのキャラがまた出てきたり,話がものすごく飛躍したり,余計難解な映画になってしまいました(^^;)
途中でミスに気が付いた主催者側がまた始めから上映し直したので,最終的に90分弱の映画を観終わるのに150分近くかかってしまったのを覚えています。




音楽はドイツのプログレッシブ・ロック・バンド,ポポル・ヴー。
ヘルツォーク監督とのコラボが多いバンドで,同監督の「フィッツカラルド」,「ノスフェラトゥ」等も手がけています。
キーボードのフローリアン・フリッケを中心に結成されたバンドで,初期は幻想的なシンセサウンドを聴かせていましたが,
そのうちアコースティック楽器や民族楽器を多用するようになり,今でいうヒーリング・ミュージックみたいになっていきました。
本サントラから映画に使用された曲はA面のみ,B面は彼らの過去の作品の別バージョンだったり未発表曲だったり,変則的な内容になっています。
出色なのはA面1曲目「神秘な涙」。
この曲は,本編では断崖絶壁の山道を延々と行軍するオープニング・シーンに使用されました。
メロトロン風のシンセに,時折くぐもった音色のヴァイオリンのような音が絡むという極めて幻想的な曲です。
同じパターンが延々と続くこの曲は映像との相性が素晴らしく,音を聞けばすぐに霧の中を行軍する分遣隊の映像が頭に浮かんできます。
他の劇伴はパンフルートや民族楽器風の弦楽器を使ったアコースティックなサウンドが収録されており,結構和みます。
でも最期には救いようのないダークで陰鬱なシンセ・サウンドが待っています。
一時流行ったトータス等の「音響系」に近い手触りがあります。
ポポル・ヴーが手がけたサウンドトラックの中でも傑作の部類に入る一品と言えるでしょう。


・・・そして来年1月には、ヘルツォーク&ポポル・ブーコンビのBOXセットが発売されます。
本作と「ガラスの心」、「ノスフェラトゥ」、「フィッツカラルド」、「コブラ・ヴェルディ」の5作品。
写真を見ると、それぞれの作品は紙ジャケ仕様になっているように見えます。
96ページのブックレットが付属しています。

 これ
  ↓

$サウンドトラック秘宝館




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


アギーレ・神の怒り [DVD]/クラウス・キンスキー,ヘレナ・ロホ,ルイ・ゲッラ

¥4,935
Amazon.co.jp

アギーレ(神の怒り)/ポポル・ブー

¥2,300
Amazon.co.jp

アギーレ/神の怒り(紙ジャケット仕様)/ポポル・ヴー

¥2,940
Amazon.co.jp

Werner Herzog Soundtracks/Popol Vuh

¥5,701
Amazon.co.jp

Best of/Popol Vuh

¥1,051
Amazon.co.jp

Hosianna Mantra/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

ファラオの庭にて(紙ジャケット仕様)/ポポル・ヴー

¥2,940
Amazon.co.jp

Affenstunde (Dig)/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

一人の狩人と七人の狩人(紙ジャケット仕様)/ポポル・ヴー

¥2,940
Amazon.co.jp

Yoga/Popol Vuh

¥1,841
Amazon.co.jp

最期の日、最期の夜(紙ジャケット仕様)/ポポル・ヴー

¥2,940
Amazon.co.jp

Sei Still Wisse Ich Bin (Reis)/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Seligpreisung/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Das Hohelied Salomons (Dig)/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Spirit of Peace/Popol Vuh

¥2,060
Amazon.co.jp

For You & Me/Popol Vuh

¥1,051
Amazon.co.jp

City Raga/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Tantric Songs/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Bruder Des Schattens/Popol Vuh

¥2,060
Amazon.co.jp

70’s Progressive (Reis) (Dig)/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Agape Agape: Love Song (Dig)/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Shepherd’s Symphony/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Letzte Tage Letzte/Popol Vuh

¥2,060
Amazon.co.jp

Sing for Song Drives Away the Wolves/Popol Vuh

¥1,051
Amazon.co.jp

Coeur De Verre (Dig)/Popol Vuh

¥1,490
Amazon.co.jp

Herz Aus Glas/Popol Vuh

¥1,841
Amazon.co.jp

Future Sound Experience/Popol Vuh

¥2,806
Amazon.co.jp

Das Hohelied Salomos/Popol Vuh

¥1,754
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



TRON: LEGACY
監督: ジョセフ・コシンスキー
音楽: ダフト・パンク
出演: ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット、ブルース・ボックスライトナー、ヤヤ・ダコスタ
2010年 アメリカ映画

世界初の本格デジタルSFということが話題となった「トロン」の28年振りの続編。
今回は、デジタル業界の旗手エンコム社のCEOになったジェフ・ブリッジスがある日突然姿を消してしまいます。
20年後、その息子が父が失踪したデジタル世界へと入り込んで父を捜し、デジタル世界を支配する悪と戦う・・・・みたいなお話。
基本的には前作の設定を若干変えて再構築したような内容。
さすがに前作から30年近く経っているので、圧倒的なビジュアルはすごい。
オマケに今回は3Dになってるし(サイバーワールドを強調するためか、現実世界は2Dになってました。)
音響もかなり音圧がすごく、映画というよりアトラクションを観てるような感覚になりました。
前作のジェフ・ブリッジスとブルース・ボックスライトナーが再登場、
ゲーセンも出るわ、トロンや例のオートバイまで出てきて、前作をリアルタイムで観たおじさん世代としては大喜び。
ただ、せっかくゲーセンのジュークボックスからJourney流すんだったら、「Separate Ways」じゃなくて、「Only Solution」だろ、という感じでした。
まあ、「Only Solution」は全然ヒットしなかったら仕方ないか。
主人公を助けるクーリオ役のデジタルおねえちゃん、個人的にはあんまり好みではないですが、
人間じゃない役という意味では雰囲気出てたなあ。


音楽は、フレンチ・ハウス界の雄、ダフトパンクが担当。
PV観た時点で、これはなかなか良さそう・・・と思ってましたが、
実際に映画を観て大正解。
映像との相性が抜群、むしろ映像がスコアに助けられた部分もあるような気さえします。
以前から、デジタルな中にもアナログへのこだわりを感じさせるこのユニットには注目していましたが、
サントラの仕事をさせても素晴らしい。
ぶっといアナログシンセを意識したようなベース音が最高に気持ちいい。
ジョルジョ・モロダーの「E=MC2」を彷彿とさせる音まで出てきて、おっさんはほんと嬉しい。
スコアの前半は、大規模なオケを被せた曲が中心です。
ダークな雰囲気もあって、ちょうど「ダークナイト」や「インセプション」を思わせるような雰囲気もあり、
ダフトパンクmeetsハンス・ジマーという感じだなあとおもってたら、
ギャビン・グリーナウェイ等のRC組がちゃっかり参加してました。
アクション・シーンでちょっぴり「ジャジャジャジャ」が入るには苦笑い。
クラブのシーンや後半になるといつものダフトパンク色が前面に出てきます。
特にラストのエンドクレジット曲が最高。
この曲は彼らの他のオリジナル・アルバムの曲と比較しても遜色ないのではないかと思います。
ただ、一応サントラなので全編ダンス・チューンという訳にはならず、ダフトパンクのファンの間では賛否両論のようです。
オリジナル・アルバムに比べると面白くないと思う人がいるようですが、
サントラとロックの両方で育った僕は、このアルバムも違和感なく素直に楽しめて幸せです。
むしろ得した気分。
ユニットの1人、Thomas Bangalterは単独で既にサントラの仕事を経験済みなので、
今後もサントラをガンガン手がけてほしいなあ。
そういえば、この2人、劇中、クラブのシーンで何の違和感もなくDJブースにいました(^_^;)


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Tron Legacy/Various Artists

¥1,227
Amazon.co.jp

Human After All/Daft Punk

¥1,048
Amazon.co.jp

Homework/Daft Punk

¥1,048
Amazon.co.jp

Discovery/Daft Punk

¥996
Amazon.co.jp

MUSIQUE VOL.1 1993-2005-special edition-(DVD付)/ダフト・パンク

¥3,200
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



SANTA'S SLAY
監督: デヴィッド・スタインマン
製作: ブレット・ラトナー
音楽: ヘニング・ローナー
出演: ビル・ゴールドバーグ、ダグラス・スミス、エミリー・デ・レイヴィン、ロバート・カルプ、デイヴ・トーマス、ソウル・ルビネック、ジェームズ・カーン、ジミー・ハーマン
2005年 アメリカ映画

イヴの夜なのに、うちの嫁と子供は暖かい家でクリスマス・ケーキを食べて、
単身赴任のお父さんは、寒々とした社宅の中で、自分で買ったショートケーキを1人淋しく食べてます。
クソ~(T"T)、なんだかムカムカしてきたので・・・
今日は邪悪なサンタクロース映画を紹介して八つ当たりです。
最近、まともな映画ばかり紹介してストレスもたまってきたし、
久々のカスモン映画です。


サンタさんの夢を台無しにするおバカ・ホラー・コメディです。
この映画のタイトル、「サンタクロース」ではありません、「サタンクロース」です。
クリスマスの夜に楽しくパーティを開いている家に、突然サンタが煙突から乱入して一家を皆殺しにする・・・・そんなとんでもないホラー・コメディです。
主演のサタンクロースに、アメリカのプロレスWCWの元ヘビー級チャンピオン、ビル・ゴールドバーグが扮して大暴れ。
でんぐり返りやキックやパンチで、罪もない市民をなぎ倒していきます。
この映画では、サンタクロースは元々大量殺人鬼で、
クリスマスを「虐殺の日」として、散々人を殺しまくってたのが、
天使との戦いに負けて、1000年間、この日にはみんなにプレゼントを配るというペナルティを課せられている、という設定がまずバカバカしい。
こんなアホな映画なのですが、なんとジェームズ・カーンが出てきます。
しかもオープニングでさっさと殺されてしまうという贅沢三昧な使い方。
アホ映画なのにブレット・ラトナーが製作していて、案外最後まで飽きずに観れます。


kazzpさんにオススメの、こんなシーンもあります。
  ↓
$サウンドトラック秘宝館


但し、うちの近所では、この映画はスーパーの300円ワゴンセールでたたき売りされています。
思い切り邪悪なDVDジャケが素敵です。
よい子のみんなは観ちゃダメだよ~。




音楽は、ヘニング・ローナー(誰?それ)
と思ってたら、「リング2」でハンス・ジマーと共作してた。
てことは、こいつ、RC一味か。
オープニングは「Joy To The World」が流れます。
一家惨殺?シーンには、「ホーム・アローン」のスコアが流れちゃいます。(カバー演奏ってことで流してもいいもんなのかなあ)
メイン・タイトル扱いは、これまたクリスマス・ソングのスタンダード「Christmas Baby Please Come Home」。
個人的にはかつてU2がカバーしたバージョンが好きだなあ。
まあ、本編がバカな内容なので、サントラなんて出てません。
ところが、スコアもたいしたことないだろうと思いきや、
「Carol of the Bells」などのクリスマスの定番ミュージックをモチーフにしたアクション・スコアなど案外と聴き所も多く、
意外に面白いスコアになっています。
あんまり知られていない人ですが、そこそこ楽しめるスコアなので、
クリスマス・シーズンに合わせて、DVDとセットでサントラ出したら売れる・・・・・わけないか(^_^;)

ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村






サタンクロース [DVD]/ビル・ゴールドバーグ,ダグラス・スミス,ミリー・デ・レイヴィン

¥3,990
Amazon.co.jp

レディースサンタ・ショート305/作者不明

¥9,800
Amazon.co.jp

パニエ内臓スカートのクリスマスサンタさんセット/コスプレ/コスチューム/作者不明

¥9,800
Amazon.co.jp

【Xmas・コスプレ・衣装・コスチューム・パーティー】プリティーサンタ/作者不明

¥9,800
Amazon.co.jp

3622*レッグウォーマー付可愛いクリスマスサンタさんコスプレ/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

(マリリン) ベロアとボアのワンピースサンタコスチューム/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

レディースサンタ・ロング204 LONG204/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

3616*グローブ&ガーター付クリスマスサンタさんコスプレ(鈴ブラ)/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

『フランケンシュタインの怪獣 サンダ』ソフビキット/X-PLUS

¥2,851
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



casino2






※ 今夜は過去記事いじりです。

CASINO ROYALE
監督: ジョン・ヒューストン、ケン・ヒューズ、ロバート・パリッシュ、 ジョセフ・マクグラス、ヴァル・ゲスト
音楽: バート・バカラック
出演: ピーター・セラーズ、デヴィッド・ニーヴン、デボラ・カー、ウィリアム・ホールデン、ウディ・アレン、ウルスラ・アンドレス、オーソン・ウェルズ、ジャン=ポール・ベルモンド、ジャクリーン・ビセット
1967年 イギリス映画



みなさんはご存じだと思いますが、ダニエル・クレイグがハードなボンドを演じた「007カジノ・ロワイヤル」は、
決してこの映画を基にリメイクしたものではありません。
同じ原作を元ネタにつかっていますが、一連の007シリーズの中には数えない、いわゆる番外編です。
ジョン・ヒューストン他4名の監督が集まって作ったパロディ作品。
でもピーター・セラーズが出たわりにあんまり笑えなかったなあ。
スパイが秘密組織の手によってあちこちで抹殺されていく中で、すでにリタイヤしていた元祖ジェームズ・ボンドに秘密組織壊滅の指令が下るというストーリー。
あんまり、ストーリーは気にせず気楽に見た方が楽しめるかもしれません。
結構いい加減なストーリーのわりにキャストはものすごく豪華です。




音楽はシリーズ常連のジョン・バリーじゃなくてバート・バカラック。
この辺からも、本作の鬼っ子ぶりが分かります。
ライトなコメディ・タッチが音楽にも現れています。
ジョン・バリーの重厚なアクション・スコアとは180度違ったイージー・リスニング(^_^;)に仕上がっています。
当然、有名なあのテーマは全く顔を出しませんが、その代わりとってもオシャレなバカラック・サウンドが堪能できます。
ある意味アルバム単独でも十分楽しめる内容になっています。
ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス、ダスティ・スプリングフィールドがフィーチャーされています。
特に主題歌「The Look Of Love」は、ホントおしゃれな名曲です。
映画知らなくてもこの曲知ってる人は結構いるでしょう。
このライトな感覚が、かつての「渋谷系」のみなさんにも大受けしたようです。
そういえば、何年か前のミュージック・マガジンに今は亡き「渋谷系」の定義について書かれてました。
その中で「渋谷系」とは、
○ 本で調べてから買ったりしない 
○ アーティストの歴史を辿ったりしない
○ ジャケ買いしない
○ とりあえず店頭バイヤーズ・ガイドやフリーペーパーを見て買う
○ 無難なコンピを買うことが多い
というような記事の一節がありました。
そういう買い方が決して悪いとは思いませんが、
当時の渋谷系以降、
自分の音楽に対する価値観に自信を持って聴く人が減っていったのは確かですね。
今の若者は好きなアーティストのアルバム全部揃えるなんてこと、あんまりしないんだろうなあ。
とりあえず、ダウンロードで1曲だけ、しかもケータイに入れてたりする。
おじさんはとてもそんなこと出来ないなあ。
でも、「渋谷系」のおかげで60年代の隠れた名サントラが奇跡のCD化を遂げ、
僕たち40前のおっさんリスナーがこの恩恵にあずかったのも確かです。
てことは、「渋谷系、ありがと~(^^)/」てことになるのかな(^o^)


CDは、過去2回、米Vareseレーベルから出ていましたが・・・・
この度、米Kritzerlandレーベルから、今年最後の発売予定ということで、
本作のサントラが出ることになったようです
(但し、今注文しても発送は来年1月になるみたいです。)
以前CD化した時には、デジタル変換の際にピッチが狂ってしまったのをそのまま商品化してたようで、
今回のCD化にあたっては、それが直してあるとのことです。
さらに映画使用版(オリジナル・ミックスってことか?)も収録してあって、全部で30曲も入っています。
例によって、1000枚限定です。
このレーベルからは、今回「ジンギス・カン」も同時発売されるようです。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




この2枚は、Kritzerland盤ではありません。ご注意ください。

オリジナル・サウンドトラック「007/カジノ・ロワイヤル」/サントラ

¥1,890
Amazon.co.jp

Casino Royale/Burt Bacharach

¥3,051
Amazon.co.jp

007 カジノロワイヤル [DVD]/ピーター・セラーズ,デイビット・ニーブン,ウディ・アレン

¥2,625
Amazon.co.jp

カジノロワイヤル+ネバーセイ・ネバーアゲイン(初回生産限定) [DVD]/ピーター・セラーズ,デイビット・ニーブン,ウディ・アレン

¥1,490
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。