サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

sp




SUPERGIRL

監督: ヤノット・シュワルツ
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: ヘレン・スレイター、フェイ・ダナウェイ、ピーター・オトゥール、ブレンダ・ヴァッカロ、ミア・ファロー、サイモン・ウォード、マーク・マクルーア
1984年 アメリカ映画



※ 今夜は過去記事再利用です・・・。

「スーパーマン」の従妹というヘンテコな設定で製作された番外編。
「ジョーズ2」のヤノット・シュワルツ監督が手がけたなんともチープなSF作品ですが、配役がものすごく贅沢です。
もともとは豪華な作品にするつもりだったのが、
誤ってこんな作品に仕上がってしまったのでしょう(^_^;)
当時、主演のヘレン・スレイターが可愛かったので、パンフまで買ってしまいました。
(やれやれ・・・)
残念ながら興行的に大失敗だったようで、続編は作られませんでした。
でも、本家「スーパーマン」の「4」よりはこっちの方が面白かったですが・・。
フェイ・ダナウェイとブレンダ・バッカロという、
明らかに意地悪そうなおばさんが悪役という配役が分かりやすくて良かったなあ(笑)。




音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
本家=ジョン・ウィリアムズ、亜流作品=ジェリー・ゴールドスミスという構図は、
「インディ・ジョーンズ」と「キング・ソロモンの秘宝」などの関係に似てます。
本作もそんなB級SFなのですが、さすが巨匠ゴールドスミス、
手抜きのないスコアにノックアウトされます。
まず、オープニングのタイトル・ロールのバックで流れるメイン・タイトルの素晴らしかったこと。
予備知識なしで劇場に観に行ったのですが、
イントロのカッコよさにやられちゃって、
作曲者のクレジットが出るまで目を皿のようにして見ていました。
で、そこではじめて巨匠のスコアであることが分かって納得。
映画を見終わった後、その足でサントラを探しに行きましたが、公開当時は日本盤は発売されず、半年近くしてようやく輸入盤を発見しました。
メイン・タイトルは「スーパーマン」をなんとなく意識しつつも、ゴールドスミス流の解釈で素晴らしいテーマを書いています。
この曲は、昔テレビの「驚きものの木20世紀」という番組でも流れていたそうです。
他の曲も素晴らしく、本編と切り離して単独で聴いても十分価値ある作品であると思います。

SFヒーローもの特有の高揚感あふれる「燃え」スコアになっています。
これはオススメです。


サントラCDは、米Vareseから発売されていましたが、
1993年に大幅に増曲された23曲入り70分強のエクステンデッド盤CDが発売されています。


 これ
 ↓



sp2





なお、2000年には待望の国内盤CDが発売されましたが、ジャケがひどすぎます。

 これ

 ↓


sp3






え~い、やめい!という感じですよね。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

スーパーガール [DVD]/ヘレン・スレイター,フェイ・ダナウェイ,ピーター・オトゥール

¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


CASTLE KEEP
監督: シドニー・ポラック
音楽: ミシェル・ルグラン
出演: バート・ランカスター、ピーター・フォーク、ジャン=ピエール・オーモン、アストレッド・ヒーレン、パトリック・オニール、スコット・ウィルソン、ブルース・ダーン
1969年 アメリカ映画




シドニー・ポラック監督による戦争映画としては、恐らく唯一の作品。
ストーリーは、バルジの戦い直前の頃、ドイツ軍の反攻に遭い敗走する米軍の小隊がベルギーの古城にたどり着きます。
そこは、伯爵夫妻が住んでいて、城内には伯爵がコレクションした数多くの美術品が所蔵されていました。
城を駐留拠点にするのはマズいと反論する部下を押し切って、小隊長は城を拠点とするのですが・・・・というようなお話です。
戦争映画ファンの目から見ると、なんとも言えない変テコな映画。
幻想的な戦争映画とでも言えばいいでしょうか。
結局は戦争の虚しさ、愚かしさを表現したかったのでしょうが、途中で挿入されるエピソードがことごとく変。
ピーター・フォーク軍曹は、街のパン屋さんにパンを買いに行ったままそこへ居座り、
しまいには一緒になってパンを売ったりするし、
フォルクスワーゲンを池に沈めて、また浮かんできたのを観て大喜びする米兵はいるし、
古城の伯爵は、美術品を守るために自分の妻をバート・ランカスター隊長に抱かせようとするし、
なんなんだ、これは、という感じです。
伯爵の妻とバート・ランカスターが森の中で白馬に乗るシーンに至っては、
戦争映画であることを忘れてしまいます。
アメリカ映画ですが、「サムライ」のアンリ・ドカエが撮影しているせいか、フランス映画を観ているような錯覚を覚える瞬間があります。
自暴自棄?になったバート・ランカスターが、ラストでドイツ軍が侵攻してくる中、
古城の美術品コレクションを対空機関銃をぶっ放して全部粉々にしちゃうシーンが印象的。
ユーゴスラビア・ロケなので、ドイツ軍戦車としてソ連軍のT-34が出てきます。


音楽は、フランスのミシェル・ルグラン。
サントラ盤はこれまで発売されたことはありません。
唯一、仏Unversalから発売された、ミシェル・ルグラン4枚組に2曲が収録されたのみ。
これも、そろそろどこかから発売されないかなあ、と秘かに期待してます。
ミシェル・ルグランの戦争映画と言えば、これと「大侵略」ぐらいなので・・・。
2本がカップリングになったのでもいいなあ。
「大侵略」の方は、スコア全部かき集めてもアルバム1枚分にはならないと思うので・・・・。
この映画、本編も戦争映画らしからぬ映像なら、スコアも戦争映画と思えない雰囲気を持っています。
まあ、ミシェル・ルグランにスコアを依頼するのですから、それも当然か。
ストリングスとコーラス主体のメイン・タイトルは、流麗だけど悲劇的なメロを持った感傷的な曲。
メロはなんとなくマイケル・J・ルイスの「メデューサ・タッチ」に似てます。
途中でなんと男女のコーラスによるオシャレな「ダバダバ」調になるのはビックリ。
おいおい、これ戦争映画だぞ~、という感じ。
「華麗なる賭け」で聴かれたフルートの流れるようなフレーズや、
チェンバロも出てきます。
中には無機質な現代音楽調のスコアもありますが、
全体的に美しいスコアに包まれたヘンテコな戦争映画スコアです。
スコアだけ聴いたら、絶対戦争映画だとは分からないでしょう。


ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




Cinema De Michel Legrand/Michel Legrand

¥4,379
Amazon.co.jp

大反撃 [DVD]/バート・ランカスター,ピーター・フォーク,ブルース・ダーン

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



rambo


>★過去記事リミックスです。


FIRST BLOOD
監督:テッド・コッチェフ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
主演:シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、ブライアン・デネヒー、ジャック・スターレット、
デヴィッド・カルーソー、ビル・マッキーニー、マイケル・タルボット
1982年アメリカ映画



アメリカの片田舎の町に立ち寄ったベトナム帰還兵(元グリーン・ベレー)が、保安官たちに因縁を付けられ、
保安官事務所へ連れて行かれて痛めつけられ、ついにはプチ切れて逆襲に転じるというお話。
まあ普通何もしてない市民をボコボコにしようとする保安官の方が理不尽で悪いでしょ、という感じ。
それだけに、社会から差別的な目で見られるベトナム帰還兵の悲哀が強調されていました。
スタローンが逃げ込む森がベトナム戦でのジャングルとオーバーラップして描かれてたような記憶があります。
一人森に逃げ込み、追っ手と戦うためのトラップを仕掛けていきます。
この辺のジャングル戦法の描き方がスリリングでした。
ラストではプチ切れたランボーをなだめるため、元上司の大佐が出てきて説得しますが、
しまいにはランボーが泣いちやうという展開は、僕にはちょっとクエスチョンでした。
泣かなくてもいいだろって感じでした。
でもその辺の感覚は地獄のベトナム戦を戦い抜いた兵士でないと分からない部分なのかもしれません。




音楽は、ジェリー・ゴールドスミス。
テーマ・メロを奏でるトランペットとアコギの音色が郷愁を誘うオープニング・タイトルが秀逸です。
劇伴で注目なのは、ピアノの低音域を生かした追跡シーンの音楽。
ピアノの低音域の鍵盤でベースラインを演奏し、そこヘオケが被さる骨太なスコアでとても迫力があります。
劇場で本編を観ていて、このスコアがものすごく印象に残りました。
さらにアルバム全体を通してゴールドスミス流アクション・スコアの見本市のようなところがあり、
力強いブラス,セクションとパーカッション群の勢いがスゴイです。
アルバムの冒頭は牧歌的な雰囲気さえ感じさせますが、曲が進むに従って徐々にアクション度を増していきます。
当時はまだ隠し味的な使い方でしたが、シンセサイザーも導入しておりオケのバックで時折顔を出します。
アルバム・ラストに収録されているダン・ヒルが歌う主題歌「lt's A Long Road」もゴールドスミスのペンによるものです。
サントラ盤は長らくCD化されませんでしたが、10年くらい前に米lntradaレーベルからボーナス・トラック1曲入りのCDが発売されました。(その後、米VareseレーベルからもCDが出たようです)



・・・・・そして昨日、米Intradaレーベルから2枚組完全盤CDが発売されました。
先々週の「パットン大戦車軍団」2枚組に引き続き、限定なしのうれしい1枚分プライスです。
今回初めて知ったのですが、迫力ある演奏はナショナル・フィルだったんですね。
オリジナル音源をシーン順に並べたCD1とかつてのLPバージョンをリマスターしたCD2。
それぞれちょっとずつボーナス・トラックが収録されていて、2枚で87分のボリュームです。
でも、CD1の1曲目”Pop Orchestra Version”はやめてほしかったなあ。
かなりカッコ悪い。
今回のIntrada2枚組シリーズ第2弾、
前回「パットン」と来たから、個人的には将軍つながりで「マッカーサー」2枚組完全盤を秘かに期待したのですが・・・・。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


First Blood: Original Motion Picture Soundtrack (1982 Film)



¥1,647

Amazon.co.jp






※ ここに紹介してあるのは、Intrada盤2枚組盤ではありません。

First Blood: Original Motion Picture Soundtrack.../Jerry Goldsmith

¥1,544
Amazon.co.jp

First Blood/Jerry Goldsmith

¥2,104
Amazon.co.jp

ランボー [DVD]/シルベスター・スタローン,リチャード・クレンナ

¥3,129
Amazon.co.jp

ランボー [Blu-ray]/シルヴェスター・スタローン,リチャード・クレンナ,ブライアン・デネヒー

¥4,935
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館




DEATH GAME

監督: ピーター・S・トレイナー
音楽: ジミー・ハスケル
出演: ソンドラ・ロック、コリーン・キャンプ、シーモア・カッセル、ベス・ブリッケル
1977年 アメリカ映画


10代の頃、深夜のロードショーでやってたのをたまたま観て、
ちょっとしたトラウマになった作品。
奥さんの留守中に、通りすがりの2人の若い女性を家に入れてしまったばかりに
とんでもない恐怖体験をするスケベなおっさんのお話です。
前半エロで後半異常なサスペンスに緊張しっぱなしになる映画です。
おっさんが悪女に捕まって手足しばられて、エライ目に遭うというのはよくあるパターンですが、当時はなかなか新鮮に思いました。
最初は、3人で楽しんだりしますが、
いつまで経っても家に居座る2人の行動がだんだん常軌を逸してきます。
おっさんが縛り上げられて、殴られて、即席裁判みたいなことで有罪にされて、
処刑ゲームが始まる展開はコワイ。
いきなりやってくる衝撃のラストもインパクト大です。
悪魔メイクのソンドラ・ロックが妙に似合ってて可笑しかったなあ。



音楽は、ジミー・ハスケル。
サントラは、日本でシングル盤(キング・レコード)が発売されたのみ。
(残念ながらシングル盤の画像がありませんが、上のパンフ画像と同じデザインでした。)
どっから音源持ってきたのか分かりませんが、
当時のキングレコード(Seven Seasレーベル)ものにはこういうのが結構ありました。
「ジャガー№1」とか「シャレード’78」とか。
主題歌は、「Good Old Dad」という曲。
主演の2人が歌っているのかと思ってたら、クレジットではRon Hicklin Singersとなってました。
陽気でオールド・スタイルなミュージカル調のポップス。
いかにもジミー・ハスケルが作りそうな感じの曲です。
エンド・クレジットは、しっとりと歌い上げるマイナー調のバラード、
「We're Home」という曲。
衝撃のラストにマッチした、なんとも言えないやるせなさの残る曲です。
Maxine Weldonという女性シンガーが歌ってます。
主題歌がなかなかいいので、これ、案外CD化されたら買う人いるかも。



ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村







メイク・アップ/レイジング・キャット(2 in 1) [DVD]/ソンドラ・ロック,コリーン・キャンプ,シーモア・カッセル

¥5,040
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

cell




THE CELL


監督: ターセム
音楽: ハワード・ショア
出演: ジェニファー・ロペス,ヴィンス・ヴォーン,ヴィンセント・ドノフリオ,マリアンヌ・ジャン=バプティスト,ジェイク・ウェバー,ディラン・ベイカー,パトリック・ボーショー,ジェリー・ベッカー 
2000年 アメリカ映画




ミュージック・ビデオ界の気鋭ターセムが初めてメガホンを取ったサイコ・スリラー。
ジェニファー・ロベスの初主演作品です。
昏睡状態に陥った連続殺人鬼の潜在意識の中に入り込み,
拉致されたままの被害者の行方を探ろうとする心理学者の姿を描いたSFみたいな作品。
女性が溺死するところを見て快楽を覚える変態殺人鬼が出てきます。
この殺人鬼が女性を閉じこめるのに使うのが,ガラス張りの独房=セルというわけです。
映像が独創的で,殺人鬼の脳内を描いたアートな精神世界と殺人鬼の変態嗜好を描いた現実世界が相まってシュールな映像を作り上げていました。
衣裳デザイナーに日本の石岡瑛子が参加しており,ハリウッド作品に和風でオリエンタルな雰囲気をプラスしています。




音楽はデヴィッド・クローネンバーグ作品や「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでお馴染みのハワード・ショア。
いつも斬新な手法でリスナーを驚かせる才人ですが,今回はモロッコの民族楽器ジャジューカを効果的に使用しています。
フリー・ジャズのオーネット・コールマンが好んだことでも知られる変な音のする楽器です。
劇中,「パプパピパポパポ~」という音をさせているパイプ楽器です。
これに土俗的なパーカッションや装飾音が入ります。
これにダークなトーンのオケが重なりますが,メロディらしいものはありません。
一連のクローネンバーグ作品に比べると,いつもの悲しげなメロディが無いので,無機質で表情の少ない音楽になっています。
しかし,これがかえって,精神世界を描いた映像と良くマッチしていたように思います。
ラストにUKインディアンのテクノアーティスト。タルヴィン・シンがミックスしたラジオ・エディット曲が収録されています。
これが結構カッコいいテクノ・チューンになっています。
タルヴィン・シンは,自らのソロ・ワークでもジャジューカをフィーチャーしたアルバムを作っています。




ランキング参加中です
みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^)
よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪

  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


ザ・セル オリジナル・サウンドトラック/サントラ

¥2,520
Amazon.co.jp

ザ・セル デラックス版〈特別プレミアム版〉 [DVD]/ジェニファー・ロペス,ヴィンス・ヴォーン,ヴィンセント・ドノフリオ

¥4,935
Amazon.co.jp

HA!/タルヴィン・シン

¥2,548
Amazon.co.jp

Ok/Talvin Singh

¥1,287
Amazon.co.jp

タルヴィン・シン presents アノーカ FUTURE SOUND OF INDIA/オムニバス

¥2,548
Amazon.co.jp

ヴィラ Vira/タルヴィン・シン

¥2,625
Amazon.co.jp

リミックス・アルバム/タルヴィン・シン

¥2,548
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。