サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


遂に、「地獄の7人」まで発売されてしまいました。
これまで比較的音質のいいブートが出回っていたので、
「瞬殺」とまではいかなかったようです。
まだ、メーカー品切れにはなってませんが、
人気盤なので、Sold Outは時間の問題かと・・・・・限定3000枚。
今回は、レイ・ケネディが歌う「男汁」系主題歌まで入ってるところが白眉かな。

レイ・ケネディといえば、AOR界では有名だけど、
あろうことか、1984年にマイケル・シェンカー・グループの臨時ボーカルとして来日して
ハードロック・ファンからひんしゅくを買ったことでも有名なおっさん。
ね、ねじりハチマキにクネクネダンス・・・・。

脱線しましたが、以下は当ブログの過去記事をそのまま引用。
(手抜きですみません)






UNCOMMON VALOR

監督: テッド・コッチェフ
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: ジーン・ハックマン、ロバート・スタック、フレッド・ウォード、レブ・ブラウン、ランドール・“テックス”・コッブ、パトリック・スウェイジ
1983年 アメリカ映画




ベトナム戦争で行方不明となった息子を救出するため、ベトナムに向かう退役軍人の父とかつての息子の戦友たちの活躍を描いた作品。
Missing In Action(MIA)ものの元祖的作品といえるでしょう。
監督は「ランボー」のテッド・コッチェフですが、多分にタカ派、ジョン・ミリアスの色が濃厚に出ている戦争アクションです。
当時のアクション映画としては、バトル・シーンの迫力がかなり凄かったと記憶しています。
特に橋が爆破されるシーン、立て続けに爆発する様が迫力満点でした。
しかし、この映画快調にとばしていく割にラストがものすごくあっけない終わり方をします。
最後の最後で手を抜いたって感じです。
惜しいなあ、あの終わり方はないよなあ。




音楽は、若き日のジェームズ・ホーナー。
厳密に言えば戦争映画ではないのですが、ミリタリー調のスコアがとてもカッコいい。
全体を通してスネアドラムが多用されており、いやが上にも高揚しちゃいます(^_^;)
ベトナムものにありがちなオリエンタルなスコアも入っています。
初期のジェームズ・ホーナーといえば、自作の使い回しが有名ですが、
本作ではその傾向は薄いような気がします。
とはいえ、盛り上がってくると「銀河伝説クルール」、「スター・トレック2」あたりにソックリなフレーズが出てきます。
実は、良く聴くと後の「エイリアン2」の原形とも思えるフレーズも出てきたります(^_^;)
サントラ盤は公開当時未発売に終わりました。
後に「ウルフェン」のスコアとカップリングされたブートが出回りました。
このブートはかなり音がいいので、鑑賞には全く問題ありません。
見つけたら即買いでしょう。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




地獄の7人 [DVD]/ジーン・ハックマン,ロバート・スタック,フレッド・ウォード

¥4,935
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


UN DOLLARO FRA I DENTI
監督: ヴァンス・ルイス
音楽: ベネデット・ギリア
出演: トニー・アンソニー、フランク・ウォルフ、ジア・サンドリ、ラフ・バルダサーレ、アルド・ベルティ、エンリコ・カポレオーニ、アルトゥーロ・コルソ
1966年 イタリア映画


「盲目ガンマン」に出てたトニー・アンソニーを主演に迎えたマカロニ・ウェスタン。
不思議なテイストを持つマカロニで、北軍の金貨を巡る主人公と悪党の戦いをとってもこぢんまりした小宇宙の中で描いてます。
結局この映画の舞台って、貧しい村と強盗団のアジトの2カ所だけ。
非常に限られた空間の中で、金貨の取り合いをやってます。
主人公の時々見せる情けない顔や、悪党のアジトにのこのこついて行って簡単に捕まったりする展開から、
こいつあんまり頭良くないんじゃないかとさえ思ってしまいます。
でも、案外とこの作品好きな人いるみたいです。
妙に淡々としているところが、魅力といえば魅力かなあ。
ストーリーは、賞金稼ぎの主人公が賞金のかかった強盗団を発見、捕まえて賞金を頂こうと考えます。
強盗団の方はというと、北軍からメキシコ軍に輸送される金貨を狙って、
メキシコ軍の部隊を皆殺しにしてまんまとメキシコ軍に変装します。
で、主人公は、なぜか北軍の将校に化けて、強盗団の前に現れ、
分け前をよこせば北軍との橋渡しをしてやると申し出ます。
そして、北軍からまんまと金貨を受け取り、強盗団に渡しますが、
強盗団は金貨さえ手に入ったら、主人公を消そうとします(当然といえば当然の対応か)。
そこから、主人公と強盗団の金貨の奪い合いが始まる・・・・というお話。
でも、よく考えたらそんな回りくどいことしなくても、
金貨を持った強盗団をどっかで待ち伏せして一網打尽にしたら簡単じゃないかと思ってしまいます。
まあ、そういうツッコミどころ満載なところがマカロニらしさなのかも。
ツッコミどころといえば、強盗団に誘拐されるメキシコ人女性のブラウスの下から
どう見ても60年代のブラが透けて見えてた。
あの時代はコルセットじゃなかったのかなあ。



音楽は、ベネデット・ギリア。
この人、案外と印象的なメロを書く人で、本作でもいかにもマカロニな特徴を持ったテーマを提供しています。
曲の作りは、モリコーネの「さすらいの口笛」をお手本にしているのは明かです。
ただ、メインフレーズを弾くギターの音がペナペネで薄っぺらいため、かなり安っぽい音に仕上がっています。
でも、それが逆に今聴くと得も言えぬヘタウマ感になっていて、ネオアコ系マカロニ・サウンドと形容することも出来るでしょう。
カス・スコアと紙一重のところで、微妙なバランスを保っているところが素晴らしい。
モチーフはメイン・テーマ以外には2つくらいしかなく、劇中でもしょっちゅうテーマメロが顔を出すので、
テーマだけはイヤでも頭に焼き付きます。
面白いスコアとしては、劇伴の中で、エコーをたっぷり利かせたペナペナ・エレキ3本だけで録音した曲があります。
サントラCDは、イタリアで「続・荒野の1ドル銀貨」とカップリングされたものが発売されています。
本作からは9曲が収録されていますが、残念ながらモノラル録音です。
日本では、1995年にキング・レコードから本作単独の15曲入りサントラCDが発売されましたが、
もう廃盤になってることでしょう。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村







続・さすらいの一匹狼 他 Adios Gringo / Un Dollaro Tra I De.../Benedetto Ghiglia

¥2,713
Amazon.co.jp

暁の用心棒 スペシャル・エディション [DVD]/トニー・アンソニー,フランク・ウォルフ,ジア・サンドリ

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



THE EXPENDABLES
監督: シルヴェスター・スタローン
音楽: ブライアン・タイラー
出演: シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ランディ・クートゥア、スティーヴ・オースティン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー
2010年 アメリカ映画


「ランボー最後の戦場」で好き放題やっちゃったスタローンが、
今度はとんでもないアクション映画を撮っちゃったようです。
まだ未見なのでなんとも言えませんが、
B級テイスト満載の問答無用の配役で、
よくもまあこれだけ集めたなあと感心させられます。
主要なアクションスターがほとんど出てる。
ブルース・ウィリスに、カリフォルニア州知事まで出てます。
ストーリーは、命知らずの屈強な傭兵軍団が、悪の軍事独裁政権をぶっ倒すために立ち上がる・・・・みたいなお話。
まあこの手の映画は、基本的にプロットはどうでもいいでしょう。
ムキムキのアクションスターの生身のガチンコバトルを楽しめばそれで十分じゃないでしょうか。
これだけ徹底していれば、ラジー賞なんてクソ食らえでしょう。
まさに男汁満載、これこそ今年一番の「キ○タマで観る」映画でしょう。
・・・・・あ、まだ出てないやつらがいたぞ。
ヴァン・ダムはどうした?セガールおやじは?
そして、チャック・ノリス先生は?
そうだ、カメオ出演でジミー・ウォング先生も出せ!
次回作には是非このメンツを出してもらいたいなあ。



音楽は、ジャジャジャジャ君、ブライアン・タイラー。
多分、機材さえあれば僕でも似たようなスコア書けるんじゃないかな・・・といつもそんな気がします。
毎回同じような「ジャジャジャジャ」とド派手な音響によるスコアでゲップが出そうになります。
派手なクセに中身が無いスコアでお馴染みの売れっ子です。
今回も期待を裏切らない(笑)出来映えです。
相変わらず、ストリングス音がジャジャジャジャ言ってる・・・・。
ど派手なのも定番なら、メロが無いのもいつも通り。
聴いてる時は、「うおおお燃える」と錯覚するのですが、
聴き終わると何も残りません。
頭に残るのは、「ジャンジャンジャン、ジャンジャンジャジャン」っていうカッコ悪いリズムパターンだけ。
本編が面白そうなだけに、非常に残念です。
アクション映画にはもうメロは必要ないのかなあ。
いっつもカラオケスコアみたいなもんばっかり作るけど、
メロディが書けない訳じゃないだろうに。
やっぱりアホな製作陣から求められるから、そういうの作っちゃうのかなあ。
CG全盛の時代で、古式ゆかしいスコアはもう映像に合わないってことなのかなあ。
どれ聴いても、全部同じだもんなあ。
これはもはやスコアではなく、アクションを盛り立てるただの効果音にしか聞こえません。
アクション映画サントラ不毛の時代です。
毎回裏切られるので、最近ではブライアン・タイラーのスコアは、
知人に買わせて(彼は何故かこの手のスコアが好き)
それを聴かせてもらうというパターンが続いてます。
自分じゃ絶対買わない。
買っても1回聴いたら二度と聴かないのが分かってるから。
CDはイギリス盤が出ていますが、
アメリカではダウンロード・オンリーか?。
こういうスコアこそ、オヤジ世代にはダウンロードで十分です。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村








Ost: Expendables, the/Brian Tayler

¥1,685
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館



POLTERGEIST II: THE OTHER SIDE
監督: ブライアン・ギブソン
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: クレイグ・T・ネルソン、ジョベス・ウィリアムズ、ヘザー・オルーク、オリヴァー・ロビンス、ゼルダ・ルビンスタイン、ウィル・サンプソン、ジュリアン・ベック、ジェラルディン・フィッツジェラルド
1986年 アメリカ映画



大ヒットした超自然現象ホラーの第2弾。
家と引き替えに悪霊を退散させた一家が、今回はおばあさんの家に引っ越します。
ところが、悪霊たちはキャロル・アンの命を狙って、おばあさんの家にまでやってきて、
様々な霊現象を引き起こします。
そこへ霊媒師のおばさんと霊能者のインディアンが助けにやってくる・・・というようなお話です。
このシリーズ、スタッフ、キャストが次々と謎の死を遂げたことで有名です。
「ポルターガストの呪い」と言われています。
ドミニク・ダンが1作目公開後に、ウィル・サンプソン、ジュリアン・ベックが本作撮影後に、キャロル・アン役のヘザー・オルークが「3」撮影後に、
そして本作の監督ブライアン・ギブソンも2004年に急死・・・・。
関係者が4人も・・・・。怖ええ~・・・(ToT)
今回は、前作を越えるSFXをと頑張ったようで、クリーチャー・デザインにH.R.ギーガーを呼んだり、
かなり頑張ってます。
口からゲロっとクリーチャーをはき出しちゃうアイデアは、
絶対スクリーミング・マッド・ジョージだよなあ。
ネチャネチャした透明な煮凝りみたいな物体がベロンと出るのも、
このおっさんらしいなあ。
でも、頑張った割にクライマックスの異次元での死闘?は、
リチャード・エドランドによるSFXが今となってはかなりショボく見えて残念。
全然迫力が無い。
これ、「ゴールデン・チャイルド」なんかも同じようなことが言えるんだよなあ。
当時はそこそこ迫力のある映像だと思ってたんだけど・・・・。



音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
前作に引き続いてスコアを担当しています。
「キャロル・アンのテーマ」も引き続き登場します。
このテーマを使った力強いオケのバリエーションがなかなか素晴らしい。
80年代後期なので、巨匠はシンセを使ってますが、
本作ではどちらかといえばS.E.的に使用しています。
公開当時発売されたサントラ盤は、たった5曲で30分しか収録されていません。
のちにVareseやIntradaからボーナストラック入りのものが発売されましたが、
一番曲数が多いのは、14曲入りVarese盤のデラックス・エディション。
さすがに5曲は少ないもんなあ。
サントラ冒頭の1曲目、インディアンをイメージさせるシンセ音と鈴の音、これに野太いオケが加わり
文字通り「Power」を感じさせるどっしりとした演奏を聴かせます。
劇伴も超常現象シーンでは、アクション・スコアばりの豪快な音が飛び出します。
この辺はホラー・スコアであることを忘れそうです。
SFのスコアみたい。
劇中、「オーメン」のような混成コーラスのホラー・スコアが流れましたが、
これはオリジナル盤のサントラには未収録です。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村










Poltergeist 2/Jerry Goldsmith

¥1,443
Amazon.co.jp

Ost: Poltergeist 2/Jerry Goldsmith

¥1,898
Amazon.co.jp

ポルターガイスト2 [Blu-ray]/クレイグ・T・ネルソン,ジョベス・ウィリアムズ,ヘザー・オルーク

¥2,500
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


OSS 117: LE CAIRE NID D'ESPIONS
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
音楽: ルドヴィック・ブールス、カメル・エシェーク
出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、オーレ・アッティカ、フィリップ・ルフェーヴル、コンスタンティン・アレクサンドロフ
2006年 フランス映画


60年代は「007」のヒットで、各国で二匹目のドジョウを狙ったスパイ映画が量産されました。
その中でフランスでは、コードネーム「OSS117」を持つスパイを主人公とした映画シリーズが製作されました。
今日紹介するのは、その映画をベースにスパイ映画のパロディをやっちゃった作品。
OSS117というコードネームはそのまま生かしてますが、
このスパイ、見た目はモロにショーン・コネリー版ジェームズ・ボンド。
かなりコネリー・ボンドに雰囲気が似てて笑えます。
ちゃんとボンド・ガールらしき女性も出てきます。
ストーリーは、フランスのスパイOSS117が、養鶏会社の社長に扮してカイロに潜入、
各国スパイが入り乱れる中、珍騒動を巻き起こす・・・・というお話。
大爆笑するタイプの映画ではありませんが、ニヤニヤしながら観れる作品です。
実はこの映画、何故か第19回東京国際映画祭でグランプリを取っちゃってます。
でも何で受賞したのかサッパリ分かりません。
他のエントリー作品がひどかったかというと、どうやらそうでもないようです。
ちなみに、この映画、グランプリ取ったのに本邦劇場未公開。
やっぱし変だ。
でもまあこういうアホなコメディ映画が大好きな僕としては喜ばしいところです。
この映画、本国ではヒットしたのかどうか知りませんが、
2009年には「OSS117:Lost In Rio」なんていう続編が製作されています。
なお、日本語吹き替え版は、「鷹の爪」の吉田くんや総統などの声が出てきて
島根県民としては大喜びです。




音楽は、ルドヴィック・ブールス、カメル・エシェーク
テーマ曲は、60年代テイスト満載のスパイものチューン。
カイロとか北アフリカの方が舞台なので、アラビックな楽器やフレーズも飛び出して
なかなか楽しい仕上がりです。
Bambinoというタイトルの主題歌?もアルジェリアのポップス風でゴキゲンです。
劇伴は、ビッグバンド風のジャズやマンボをベースに、
パーカッシヴで北アフリカンなテイストやイージーリスニングの雰囲気を盛り込んだ分かりやすい楽曲が並びます。
全体的に楽しい曲が多いので、聴いてて飽きません。
バート・バカラックみたいなトランペットが入るオシャレなジャズもあったりします。
「裸の銃を持つ男」のスコアにもなんとなく似た雰囲気もあります。 
ルドヴィック・ブールスは、2009年製作の「OSS117 Lost In Rio」のスコアも手がけています。
サントラは、フランス盤しか出ていないかも知れません。
全19曲入りで、ラストにはテーマ曲のリミックス・ヴァージョンまで入っています。
でも、フランス盤だから案外もう廃盤になってるかもなあ。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村







Oss 117/Kamel Ech-Cheik

¥2,115
Amazon.co.jp

OSS 177 私を愛したカフェオーレ [DVD]/ジャン・デュジャルダン,ベルニース・ブジョ,オーレ・アティカ

¥3,990
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。