サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


DRAG ME TO HELL
監督: サム・ライミ
音楽: クリストファー・ヤング
出演: アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー、ディリープ・ラオ、デヴィッド・ペイマー、アドリアナ・バラーザ、チェルシー・ロス、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
2009年 アメリカ映画


サム・ライミが久々にホラーのフィールドに戻ってきた感のあるコメディ・ホラー。
あえてコメディと書いたのは、真面目に撮ってるのか、ふざけてるのか分かんないシーンが多いから。
まあ、悪趣味ですわ、この映画のグロ描写。
ヒロインに悪魔の呪文をかける老婆(これがローナ・レイヴァーだなんて・・・)の汚らしさといったら・・・・
口の中から汚ったねえ入れ歯を外す時、ヌチャ~っとネバネバが付いてるし、
ヒロインとの格闘シーンでは、入れ歯がすっ飛んだパフパフの口で、
ヒロインのあごにカプリと食いつくし、口からはなんか変な色の液体が出てくるし、もうメチャクチャ。
あ~、汚ねえ。ご飯食べながら観ると最悪です。
ストーリーは、融資担当が銀行員をやってるヒロインの元へ、怪しげな老婆がやってきて、
家が差し押さえられるから不動産ローンの延長して欲しいと懇願します。
しかし、次長職昇進を目指す彼女は、老婆の申し出を拒絶したことから、
老婆の逆恨みを買ってしまい、ついには3日後に地獄へ引きずり込まれるという呪いをかけられてしまう・・・・というお話。
グレッグ・ニコテロの特殊メイクも、ゴア描写というよりは気色悪さを全面に押し出した仕事。
この映画、画面に向かって物が飛んでくるようなシーンが何度も出てきたけど、
劇場公開時は3Dだったのかな?
そういえば、ライミ映画の常連、ブルース・キャンベルが出てこなかったな。


音楽は、クリストファー・ヤング。
この人は、B級映画を担当することが多いのですが、
案外とメロディアスな曲を書くので、印象に残る作品が多いように思います。
本作のようなホラーは、この人が得意とする分野で、生き生きと仕事をしているように思えてしまいます。
面白いのは、まるでダニー・エルフマンのようなスコアになっていること。
メイン・テーマは、バイオリンがリードを取って、ダイナミックなオケが聴ける、
古典的なホラーサウンドを意識しながら、なおかつ今風の新しいアプローチが感じられる作風です。
コーラスもそれっぽくてなかなかよい。
そこかしこに印象的なメロを持ったフレーズが飛び出すので、聴いてて飽きさせません。
墓地でのシーンのスペクタクルなスコアは、この人が手がけた「ヘル・レイザー」にソックリで思わずニンマリ。
やっぱり、この人はこの手のB級を意識したホラーが一番合ってるのかも。
フルオケのなかなかパワフルなスコアで好感が持てます。
サントラは、スコア盤CDが発売されてます。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村











Drag Me to Hell/Various Artists

¥1,828
Amazon.co.jp

スペル コレクターズ・エディション [DVD]/アリソン・ローマン,ジャスティン・ロング,ローナ・レイヴァー

¥3,990
Amazon.co.jp

スペル Blu-ray/アリソン・ローマン,ジャスティン・ロング,ローナ・レイヴァー

¥4,935
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


BURN AFTER READING
監督: イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
音楽: カーター・バーウェル
出演: ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、エリザベス・マーヴェル、リチャード・ジェンキンス
2008年 アメリカ映画


「ノーカントリー」のコーエン兄弟が、豪華キャストの共演で描くシニカルなブラック・コメディの珍品。
私生活ではアホなことばかりやってる連中(浮気、豊胸手術願望、ipodオタク等)が、
1枚のCD-ROMを巡って、勘違いから大変な騒動に巻き込まれて、
死者まで出す惨劇に発展するというブラック・コメディです。
複雑に絡まった人間模様がだんだん1つにまとまっていく様は、ある意味スッキリするかもしれません。
この兄弟の映画って、最初のかったるさを我慢して我慢して、
やっとこさ後半からジワジワと面白くなっていくというイメージがあるのですが、
本作は上映時間が短いせいもあってか、そこそこテンポ良くお話が進んでいきます。
これだけの豪華キャストを使って、この程度のしょうもないお話をそれらしく映画しちゃう才能はさすがです。
ストーリーは、元CIA局員とその妻、その妻と不倫している財務省連邦保安官、全身整形手術の費用が欲しいフィットネスクラブのおばさんとその同僚の男、
フィットネスクラブのおばさんに秘かに思いを寄せるクラブのオーナー、これらの人物を中心にお話が進んでいきます。
元CIA局員の妻が、夫との離婚を有利に進めるために、夫のPCの中身をCD-ROMにコピーして持ち出したことをきっかけに、
そのCD-ROMがフィットネスクラブのおばさんと男の手に渡ったことから、お話が大変な方向に進んでいきます。
CD-ROMの中身が機密情報だと思いこんだ2人が、
手術費用欲しさに持ち主の元CIA局員を脅迫しようと計画を立てたことからお話が急展開を見せます。
まあ、この映画、強欲な人間どもを端から見たらこんなに滑稽なんだよってことが言いたいのかなあ。
それにしても、ブラッド・ピットの扱い方が意外で、彼のファンは本編中盤でとてつもない衝撃を受けること必死です。
熱心な彼のファンはこの映画、観ない方がいいかも。


音楽は、コーエン作品の常連、カーター・バウエル。
僕はこの人、結構好きでサントラ集めてた時期があります。
軽やかでドライヴ感のあるスコアを書くことが上手い人で、
パーカッシヴな音作りはロックなフィーリングも感じさせます。
本作でも、太鼓系のパーカッションだけのスコアがあるので、
ドラマーとしてはメロが無くてもこの手の躍動感ある曲は大歓迎です。
この太鼓スコア、重量級で本編のイメージとはなんとなく合わない気もしますが、
それも製作側が意図的にしたものかもしれません。
躍動感あるスコアと重量級の重苦しいスコアが同居する内容で、
なかなかの力作ですが、1曲1曲がぶつ切りなのが惜しい。
サントラには23曲も入ってるのに、収録時間は全部で35分なんだもんなあ。
エンド・クレジットに流れるのは、Fugsの「CIA Man」。
歌詞の字幕を見て、「あ~この映画は、実はCIA風刺してんのかあ」と納得。
かなり辛辣な歌詞にブラックな笑いが・・・。
このサントラ、ジャケがなかなかオシャレだなあ。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


予告編(これ、何語の吹き替え?ドイツ語?) 







Burn After Reading/Various Artists

¥1,828
Amazon.co.jp

バーン・アフター・リーディング [DVD]/ブラッド・ピット,ジョージ・クルーニー,フランシス・マクドーマンド

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


QUIEN SABE?
監督: ダミアーノ・ダミアーニ
音楽: ルイス・エンリケス・バカロフ、エンニオ・モリコーネ
出演: ジャン・マリア・ヴォロンテ、マルティーヌ・ベズウィック、クラウス・キンスキー、ルー・カステル、カルラ・グラヴィーナ
1966年 イタリア映画


久々のマカロニ・ウェスタンです。
数あるマカロニの中でも、社会派ダミアーノ・ダミアニが監督したことで、
単なるいつものマカロニに終わっていない社会派ウェスタン。
基本的にメキシコ動乱を背景にした山賊とアメリカ人の冒険を描いた
人種差別や貧困にあえぐ農民や革命に身を投じる若者の姿などとしっかり描いており、
いつもの「虐殺」、「一匹狼」、「復讐」といったおなじみのマカロニ・キーワードはちょっと薄いかも。
むしろ、後年の「夕陽のギャングたち」の原形ともとれるような構成をしています。
ストーリーは、 政府軍の武器を強奪して、それを革命軍に売っては生計を立てるメキシコの山賊一味に
あるきっかけでアメリカ人青年が合流することになります。
政府軍を襲い武器を調達していくうちに山賊のリーダーと青年はいつしか友情が芽生えます。
政府軍との激戦の末、革命軍の将軍のもとへ調達した武器を持って行きますが、
そこで青年に真の目的が明らかになり・・・・・というようなお話です。
この映画、タランティーノも好きだそうです。
僕も、この映画は、印象的なラストも手伝ってなかなか好きな作品です。


音楽は、ルイス・エンリケス・バカロフ。
メキシコが舞台なので、メイン・タイトルからして
男性コーラスによるメキシカンで陽気な曲に驚かされます。
まるで、マカロニ・ウェスタンには似つかわしくない明るさです。
劇伴も大半がマリアッチ風だったり、メキシコをイメージさせるラテン系のスコアがたっぷり入っています。
ちなみに、「続・荒野の用心棒」でも使われたスコアの使い回しもあります。
音楽監修をエンニオ・モリコーネが担当しているので、
モリコーネ調のスコアがあちこちに顔を出していてこれまた面白い。
生ギターをフィーチャーした残酷節は、「続・夕陽のガンマン」みたいです。
サントラ盤は、日本でもキングレコードから22曲入りのCDが発売されていたことがあります。
イタリアでも25曲入りのCDが出てましたが、今はどうなんだろ?
派手なマカロニ・ウェスタンを想像すると裏切られますが、
メキシカンなスコアが好きな人にはバッチリの作品です。



よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村








Quien Sabe?/Luis Bacalov

¥2,600
Amazon.co.jp

群盗荒野を裂く スペシャル・エディション [DVD]/ジャン=マリア・ヴォロンテ,ルー・カステル,クラウス・キンスキー

¥3,990
Amazon.co.jp

群盗荒野を裂く〈インターナショナル版〉 [DVD]/ジャン・マリア・ボロンテ,マルチーヌ・ベスウィック

¥5,040
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ほんの冗談でオゲレツな記事をアップしたら、思い切り直球でコメントもらっちゃったので・・・・・
今日は真面目にやります。




$サウンドトラック秘宝館



BUSTING
監督: ピーター・ハイアムズ
音楽: ビリー・ゴールデンバーグ
出演: エリオット・グールド、ロバート・ブレイク、アレン・ガーフィールド、アントニオ・ファーガス、コーネリア・シャープ、シド・ヘイグ、マイケル・ラーナー
1973年 アメリカ映画



「ロング・グッドバイ」のエリオット・グールドに「ロスト・ハイウェイ」の怪優ロバート・ブレイクのコンビによる刑事ものの変わり種。
ちょうどポリス・アクション全盛の頃に登場した作品ですが、本流とはちょっと違った設定が興味深い。
ストーリーは、売春摘発なんて地味な仕事の風俗デカのコンビが、
麻薬密売組織が絡む大きなヤマを突き止め、組織に果敢に立ち向かう・・・・というようなお話です。
主人公たちの所属が、殺人課とかの刑事の王道じゃなくて、風俗取締専門っていう設定がいい。
ハードな刑事ものが多い中で、この映画の独特の脱力感はいい意味で対極してて素晴らしかったなあ。
いかにもアメリカン・ニューシネマな終わり方も、後味良くないけどこれがまた作品を魅力的なものにしています。
作品によってムラが大きいピーター・ハイアムズの監督デビュー作にして初期の傑作です(個人的にはそう思っている。でもアメリカではあんまり評価良くないらしい。)
de
自分で脚本、撮影も手がけています。
中でも市場での銃撃戦で見られる凝ったカメラワークは特筆もの。
ロブ・ゾンビ映画でお馴染みのシド・ヘイグも出てます。
さらに、製作がアーウィン・ウィンクラー&ロバート・チャートフだったりして、結構豪華です。


音楽は、めずらしやビリー・ゴールデンバーグ。
この人もサントラに恵まれない人で、音源化されたものって、「クリスチーヌの性愛記」とか「ドミノ・ターゲット」ぐらいしか知らないなあ。
と思ってたら、それもそのはず、この人、TVムービーの仕事が圧倒的に多い。
メイン・タイトルは、ポリス・アクションにはまるで似合わないムーディーなラウンジ・ミュージック。
なんだこりゃ、と思ってると・・・・劇伴はさすがにビッグ・バンドなサウンドに歪んだエレキを合体させた
骨太ジャズチューンに早変わり。
70年代刑事アクションはこうでなきゃ。
でも、ドラッグがテーマになってるから、エレキもサイケっぽくなってます。
ラロ・シフリンに通じるアクション・スコアも書いちゃってますが、
やっぱりバックにはサイケデリックなギターソロが炸裂してる。
これはこれで一風変わってって面白い。
普通にロック調のスコアもあって、わりと賑やかな内容になっています。
サントラは、LP時代には発売されず、つい最近になって米Kritzerlandレーベルから、
いつもの1000枚限定でCD化されました。
ちょっと1曲ずつの収録時間が短いのが玉にきずですが、
なかなか面白いスコアなので、オススメです。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

破壊! [DVD]/エリオット・グールド,ロバート・ブレイク

¥3,990
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
$サウンドトラック秘宝館


POWER PLAY
監督: マーティン・バーク
音楽: ケン・ソーン
出演: ピーター・オトゥール、デヴィッド・ヘミングス、バリー・モース、ドナルド・プレザンス、ジョン・グラニック、チャック・シャマタ、アルベルタ・ワトソン
1978年 イギリス/カナダ映画


クーデターものとしては傑作の部類に入るのではないかと思う1本。
イギリス&カナダ映画だし、監督はTVムービー中心のパッとしない人だし、
どうせ地味なサスペンスだと思って食わず嫌いは禁物です。
子供の頃、初めて月曜ロードショーで観た時は、
まだ子供だったせいか、前半の諜報戦のくだりがかったるい気がしてましたが、
海外版DVDで久しぶりに鑑賞したところ、これがかなり面白い。
前半のサスペンスと後半のスペクタクルの描き分けが見事なサスペンスでした。
まあ僕が絶賛しても、普段カス映画ばっかり紹介しているので、
あんまり信用が無いかもしれませんが、機会があれば是非ご覧になることをオススメします。
ストーリーは、ヨーロッパの仮想の国(国旗がいかにも南米風なのには笑った)で、テロリストによる大臣誘拐事件が発生。
大統領命令でテロ一掃作戦が始まり、国家警察の容赦無い摘発で、無実の人々も投獄され殺される事態に発展します。
これを危惧した軍の将校たちが秘かに軍事クーデターを画策、
クーデターを阻止しようとする国家警察との間で諜報戦が繰り広げられます。
そして、遂にクーデターが決行される日がやってくる・・・・というお話。
ラストは、ちょっと背筋が寒くなるような、イギリス映画独特の終わり方をします。
演技陣もなかなかのもので、戦車隊長を演じたピーター・オトゥールがカッコいい。
カナダ軍全面協力の下で撮影された軍事クーデターのシーンは圧巻。
戦車や兵員輸送車がバンバン出てきます。
これ、日本でもDVD化されないかなあ。


音楽は、イギリスのケン・ソーン。
この人あんまり派手な作品に恵まれないので、
どうしても地味な印象が付きまといますが、「クルーゾー警部」や「スーパーマン2」もCDになってるし、
そろそろこの映画もCD化してくれないかなあと思ってます。
基本的に、一聴してすぐイギリス人の書いたスコアだと分かるような典型的な英国風サスペンススコアです。
メイン・テーマ的なモチーフは無く、最初から劇伴で始まるような作品です。
サスペンス描写のスコアは、なんと同じイギリスのマイケル・J・ルイスが書くスコアにソックリ。
ドンチャッ!ドンチャッ!っていうキメのフレーズや、シンセの音遣いなんか、かなり似てます。
まさか、ここだけマイケル・J・ルイスが書いたんじゃ・・・・。
ミリタリー調のダイナミックなスコアもあって、こっちはちょっぴりロイ・バッドの雰囲気があります。
なんとも言えないラストのエンド・タイトルを飾るのは、
リリカルだけど物悲しいストリングス・チューン。
あんまり、モチーフのバリエーションはありませんが、
後半のクーデターシーンで大活躍するダイナミックなスコアが白眉です。
音源さえ残っていればCDに出来ると思うんだけどなあ。


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。