サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
サウンドトラック秘宝館


THE ORDER
監督: ブライアン・ヘルゲランド
音楽: デヴィッド・トーン
出演: ヒース・レジャー、シャニン・ソサモン、ベンノ・フユルマン、マーク・アディ トーマス、ピーター・ウェラー、フランチェスコ・カルネルッティ
2003年 アメリカ/ドイツ映画


「ペイバック」で70年代B級アクション映画の雰囲気をスコア共々復刻してみせたブライアン・ヘルゲランド監督が描く70年代オカルト映画へのオマージュ。
・・・・・と言うのは、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、ホラーとして観ると、この映画は全然物足りないと思います。
この映画、70年代オカルト映画が持っていた雰囲気を上手く取り込んだ独特な雰囲気を持った神秘的な作品です。
しかしなあ、この邦題は「罪」だよなあ。
喰ってるのは人が生前に犯した「罪」なんだけど・・・。
このタイトルじゃあ、誰もが「悪霊退治」の映画だと思うよなあ。
「ゴーストバスターズ」じゃないだから・・・・・。
ストーリーは、教会内の秘密組織のメンバーである若い司祭ヒース・レジャーが、同僚の死の真相を探るためローマに行き、
調査するうちにある男に出会います。
この男が教会内では異端とされている「罪喰い」と呼ばれる仕事をしていて、
彼は教会から破門された人々が亡くなる寸前にその人の生前の罪を食べ、
彼らを天国へと導く役目をしていることが分かり、さらに驚くべくことにこの男は不老不死だった、そして司祭の身にも魔の手が・・・・というお話です。
謎が謎を呼ぶストーリー展開で、1回観ただけでは話がよく分かりませんでした(^^;)
それにしても、ヒース・レジャー、将来有望だったのにほんと惜しいスターをなくしました。


音楽は、ギタリストのデヴィッド・トーン。
この人のサントラの仕事というと、フルスコアでアルバム化されたのは、
他にピーター・バーグ監督の「フライデー・ナイト・ライツ」ぐらいでしょうか。
この人ってアンビエント系のギタリストだと記憶しているのですが、
空間を音のカーテンで覆い尽くすような音作りに独特のものがあって、映像をさらに神秘的なものにすることに成功しています。
ちょっとブライアン・イーノっぽいところもあったりします。
既存の映画音楽作曲家たちとは明らかに違う方法論で作られたサウンドで、
これ、劇場で聴いたらすごいだろうなあ。
非常にセンスのいいスコアです。
宗教的な匂いのする作品なので、グレゴリアン系の荘厳で神々しい合唱も非常にマッチしています。
もわ~んとした音像の中で、ゴングの短音とその残響音で引っ張る曲がとても印象的です。
ただ、本作では彼の本業のギターは出番が少なかったような気がします。
エンド・タイトルはインダストリアルとトランスを足して2で割ったようなトラック。
結構、カッコいい。
ちょっとオカルティックな雰囲気を我慢すれば、独立したアンビエント・アルバムとして聴けなくもない作品です。

The Sin Eater/TORN DAVID

¥1,546
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


The Golden Compass
監督: クリス・ワイツ
音楽: アレクサンドル・デスプラ
出演: ニコール・キッドマン、ダコタ・ブルー・リチャーズ、ダニエル・クレイグ 、サム・エリオット、エヴァ・グリーン、クリストファー・リー、トム・コートネイ、デレク・ジャコビ、ジム・カーター、クレア・ヒギンズ
2007年 アメリカ映画


「ロード・オブ・ザ・リーング」シリーズのニューライン・シネマが再び放つ「冒険ファンタジー」文学3部作シリーズの第1作。
でも、なんだか世間の評判が悪くて、シリーズ化が出来るのか、ちょっと微妙な雰囲気・・・。
キャストも豪華だし、個人的には面白かったんだけどなあ。
(「ヘル・レイザー」のヒロイン、クレア・ヒギンズがすっかりおばさんになって出てきたのも懐かしかったなあ。)
元々のフィリップ・プルマンの原作を知らないので、原作の世界がどのように映像化されているのか全く分かりませんが、
パラレル・ワールドという舞台が案外新鮮で面白かった。
ただ、編集の段階で大幅にカットをしているのではないかと思えるくらい展開が早いのが気になりました。
上映時間2時間切ってるし・・・。
余計な説明どころか、必要な説明までもカットしてしまったような感じで
観ている方は意味が分からないままストーリーを追ううちに、なんとか状況を把握するという部分がいくつかありました。
でも、この説明不足が意外に大人の観客をストーリーにグッと引きつける効果を出していて良かったのかも知れません。
ただ、子供は何のことか分からないまま、雰囲気で最後まで観てしまうだろうなあ。
「ダイモン」とかいう動物(守護霊?)が人間にまとわりついてるのも、最初なんのことかさっぱり分かんなかったもんなあ。
ストーリーは結構ややこしくて、簡単に言うと、幼い頃に両親を亡くし、今は大学の寮に引き取られているお転婆少女が、
あることがきっかけで、「ダスト」と呼ばれる霧の謎を追って北極へ向かうことになるというお話。
旅立ちにあたって、学長から手渡される「真理計」と呼ばれるコンパス、これが「黄金の羅針盤」という訳です。
このコンパスを使って、主人公のライラが数々のピンチを切り抜けるという按配です。
人間と動物が共存してたり、動物がしゃべったり、CGを駆使したシロクマ同士のガチバトルがあったり、
基本的には子供向けなんでしょうが、時々不敵な笑いを浮かべる主人公ライラがあんまり可愛くないのが困りもの。
大人顔負けの策士のようなことまでしちゃう少女だからでしょうか、無垢な子供というイメージはありません。
謎をたっぷりに残したまま終わった第1作。これ、不評でも2作目作らなきゃ映画として完結しないので頑張ってもらいたいなあ。


音楽は、アレクサンドル・デプラ。
この人、ストリングス系の大人しいスコアを書く人という勝手なイメージがあって、
派手なシーンもある冒険ファンタジーなんか大丈夫なのかなあと心配しましたが、
「ロード・オブ・ザ・リーング」のハワード・ショアの時と同様、余計な心配でした。
この映画、RC系に任せなかったことが、最近量産さている子供冒険ファンタジーものと一線を画す上でも正解だったなと思います。
基本的にはフル・オケを使った正統派スコアで、ストリングス中心のこの人らしい上品な作風です。
テーマはちょっとミステリアスな雰囲気を持ったメロでなかなかいい感じ。
この他にいくつかのモチーフがありますが、冒険ファンタジーらしい「燃え」系のものもしっかり用意されています。
ライラがシロクマの背に乗って疾走するシーンのバックに流れる曲、これが壮大でかなり良いです。
さすが、故ジェリー・ゴールドスミス先生が「この人はいい」と褒められただけある人物です。
もっといろんなスコアを手がけて欲しいものです。
この人がスコアを手がけたフランス製スパイ・アクション「LARGO WINCH」も日本公開して欲しいなあ。
それから、エンド・クレジットに流れるケイト・ブッシュの歌、エンド・ロールのバックに流れる歌モノとしては
ものすごく違和感がありますが、これが逆に新鮮で僕としては大正解。
ケイト・ブッシュの歌ってめちゃくちゃアクが強くて独特の空気感があるのですが、
この使い方はマルだなあ。

The Golden Compass/Kate Bush

¥1,173
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


IL CITTADINO SI RIBELLA
監督:エンツォ・G・カステラッリ
音楽:グイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス
主演:フランコ・ネロ、バーバラ・バック、ジャンカルロ・プレト、レンツォ・パルメル、ナッツァレーノ・ザンペルラ、マッシモ・ヴァンニ
1974年イタリア映画


パチモン・マカロニ・アクション映画の名匠(笑)エンツォ・G・カステラッリ監督が、
「死神の骨をしゃぶれ」に続いて放ったクライム・アクション作品。
「死神‥」同様、主演ネロ、音楽アンジェリス兄弟という布陣は変わらずですが、
今回フランコ・ネロの役柄は平凡な工員。
街の凶悪犯罪者を自らの手で成敗すべく立ち上がる姿は、まるで「狼よさらば」。
ストーリーは、イタリアの港町で工員として平凡に暮らすネロが、ある日、強盗事件に巻き込まれ、
犯人グループに拉致られてボコボコにされてしまいます。
警察に被害を届け出ますが、たいして相手にされず、
怒りが収まらない彼は、それじやあと自力で犯人を捜して、犯人が終結しているところを警察に通報
しますが、
警察と犯罪グループが実は裏で癒着していて、犯人たちはまんまと逃げ果せてしまいます。
社会に失望したネロはついにブチ切れて、自ら犯人グループたちに血の制裁を食らわせようとす
る‥・というお話。
元ネタは「狼よさらば」なのは丸わかりだし、所詮パチモンなのであんまり期待しない方がいいです
が、
撮影担当がフェリーニ作品も手がけるカルロ・カリーニだったり、脚本が「非情の標的」の人たちだっ
たり、
パチモンにしては見応えのある作品となっています。
クライマックスの銃撃戦やアクション・シーンの切れ昧が案外鋭く、迫力があって驚きます。
随所に折り込まれるスローモーションもなかなか効果的です。
僕的には、パチモンのくせに小綺麗にまとまっていてあんまり面白くないのですが‥‥(^^;)。



音楽は、グイド&マウリッツィオ・デ・アンジェリス。
この兄弟のスコアは当たり外れがものすごく大きくて、
予備知識ゼロで彼らの未公開サントラを購入するのは、ほとんどババ抜きに近いものがあります。
そんな中でも本作は「セーフ」というか「当たり」の1本。
この映画のスコアは、基本的に3つのモチーフのヴァリエーションで構成されていると言って良いで
しよう。
何となくラテン・ロックなノリを感じさせながら、良く聴くとコード進行や楽器の編成が「黒いジャガー」
のパクリだと分かってしまう「Drivin' All Around」(でもカッコいいので許します。)
レアグルーヴ色丸出しのインスト・チューン「Il Cittadino Si Ribella」。
ディストーション・ギターとハモンドオルガンがヘヴィーな印象を与えるロック・チューン「Goodbye My
Friend」。
この曲のボーカル・バージョンは「Susi&Guy」というデュオが歌っていることになっています。
「オリヴァー・オニオンズ」じゃないんだ(^^;)
この主題歌は、主演のフランコ・ネロが相当気に入っていたそうです。
インスト・トラックは概ねレアグルーヴ一色で統一されていて、クールなスコアにしびれます。
サントラ盤は、かつては主題歌のシングル盤レコードしか発売されていなかったようですが、
5,6年前に伊GDMレーベルから全16曲入りのCDが発売されました。
現在も入手可能だと思います。

Il Cittadino Si Ribella/Guido & Maurizio De Angelis

¥2,611
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


隔週火曜日に1~2枚のペースで発売されている注目のサントラ発掘シリーズ。

最近は、


こんなのや、



サウンドトラック秘宝館


こんなのが



サウンドトラック秘宝館





限定3000枚で発売されましたが、




うちのブログで未CD化を嘆いていた2枚も相次いでCD化されてます。


ちょっと前には



これ

ファール・プレイ
音楽:チャールズ・フォックス


サウンドトラック秘宝館

             (限定2,000枚)




そして今日は、

これ
アンクル・ジョー

音楽:ビル・コンティ



サウンドトラック秘宝館

             (限定1,000枚)


が発売されました。



どちらもボーナストラック無しですが、それでも欲しいこの2枚。




おそらく次回ぐらいに登場すると思われる、記念すべき「Collection Vol.100」は一体何が登場するのか。


今から楽しみです(^o^)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


STAR WARS: THE CLONE WARS
監督: デイヴ・フィローニ
音楽: ケヴィン・カイナー
声の出演: マット・ランター、ジェームズ・アーノルド・テイラー、アシュリー・エクスタイン、トム・ケイン、キャサリン・タバー、アンソニー・ダニエルズ、クリストファー・リー
2008年 アメリカ映画


スター・ウォーズのエピソード2とエピソード3の間に勃発した「クローン戦争」を舞台にしたフルCGアニメ。
普段アニメはディズニーか「トムとジェリー」しか観ない主義なのですが、これはちょっと気になって観てみました。
壮絶なクローン戦争を描いたアニメかと思ったら、クローン戦争は背景なだけでお話自体はアナキンと女の子パダワンによる「ジャバの子供救出作戦」でした。
ストーリーは、共和国と分離主義勢力との戦い「クローン戦争」が続く中、ジェダイ騎士団は、ジャバの子供が何者かにさらわれたことを知り、
子供を救出することで、ジャバが支配する領域への共和国側の自由な往来を取り付けようと画策します。
その命を受けたアナキンは、彼の弟子として使わされたやんちゃな女の子パダワンを連れて誘拐されたジャバの子供を救出するため旅に出る・・・というお話。
クローン戦争のドンパチを描くのに実写じゃあお金がかかりすぎるからアニメにしたのかと思っていただけにちょっと残念。
さすがに本家シリーズ直系の戦闘シーンだけは迫力十分でした。
戦闘シーンだけ観ていると、アニメであることを忘れてしまいます。
しかし、人物キャラが出てくると一気にアニメの世界に連れ戻されてしまいます。
人物の造形って、あれわざとなんでしょうか。
みんな木彫りの人形みたいな顔していて、かなり違和感があります。
とはいうものの、劇場で観るほどの作品ではないにしても、DVDで観るには結構面白い作品でした。
これ観た後で、もう一度「2」と「3」が観たくなる、ちょっと不思議なアニメです。
なお、この続きがTVシリーズ化されているという噂ですが、情報不足でよく分かりません。


音楽は、ケヴィン・カイナー。
この人、未公開映画やTVムービーの音楽が多い、不遇な人ですが、
スペオペものは「ウィング・コマンダー」以来の登板になると記憶しています。
演奏はプラハ市交響楽団でオーケストレーションはニック・レイン。
この組み合わせは、英SILVAレーベルから発売されているカバー演奏モノでお馴染みです。
この人たちカバー演奏の作品が多いとはいえ、本作での演奏は堂々としており聴き応え十分です。
薄っぺらい感じも無いので、聴いていて違和感はありません。
しかし、オープニングのあまりに大胆なSWのテーマアレンジにはビックリ。
ブラスバンド級のへなちょこアレンジで冒頭「ありゃりゃ・・」と思わせますが、その後の展開で持ち直します。
このアレンジってわざとかなあと思ったりもします。
いつものメロといつものアレンジで始まっても全然面白くないですからね。
劇伴については、ジョン・ウィリアムズの使ったモチーフは使わず、基本的にオリジナルで勝負しています。
この潔さには関心します。
さらに本家には無かったロックのリズムやシーケンサーを使ったテクノ・ビートが出てくるのには驚きました。
番外編のスコアとして、これはこれで聴き応えのあるアルバムだと思います。
派手に鳴らすバトル・サウンドも多く、結構「燃え」ます。


Star Wars: The Clone Wars [Original Motion Picture Soundtrack]

¥1,406
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。