サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


UPPERSEVEN, L'UOMO DA UCCIDERE
監督: アルベルト・デ・マルチーノ
音楽: ブルーノ・ニコライ
出演: ポール・ハプシュミット、カリン・ドール、ナンド・ガツォーロ、ヴィヴィ・バッハ、サラ・ベイ、グイド・ロロブリジーダ、マリオ・マッフェイ
1966年 イタリア/ドイツ映画


性懲りもなくまたまたイタリア製パチモン亜流スパイ映画の登場です。
この手のサントラもうちのブログではだんだん定着してきたように思うのですが、そんなこと思ってるのは僕だけか(^^;)
なんかだんだん「秘宝館」じゃなくて、「裏街道」みたいになってきたなあ。
「”カスモノ”サントラ秘宝館」ってのを別個に立ち上げようかなあ
でも、カスなのは本編で音楽自体はカスじゃないしなあ・・・・・。

余談はさておき、「荒野の10万ドル」で知られる(知られてないか)アルベルト・マルティーノ監督による亜流スパイ・アクションです。
変装の名人で秘密諜報部きっての腕利き諜報員「アッパーセブン」が主人公で、冷戦下の東西対立を背景に(なんちゃって)、
ヨーロッパやアフリカを舞台に「アッパーセブン」が活躍する作品です。
南アフリカ政府とアメリカとの間で交わされるダイヤがからむ10億ドル規模の取引を妨害し、
ダイヤと10億ドルをそっくり奪ってしまおうとする秘密組織と世界征服を企む某国をアッパーセブンがやっつけるというお話です。
アッパーセブンのパートナーとして美人諜報員が派遣されますが、この役を「007は二度死ぬ」にも出てたカリン・ドールが演じています。
でも、本作の方が先に製作されたことを考えると、カリン・ドールは本作での演技が認められて、「007」への出演が決まったのでは・・・・
な~んて、そんなことないか(^^;)
アッパーセブンは変装が得意でいろんな人物に化けちゃうのですが、一番肝心なところで敵にばれちゃったり、
実はたいしたことありません。


音楽は、モリコーネとのコラボが有名なブルーノ・ニコライ。
この人、素顔はかなりの偏屈さんだったらしく、バーナード・ハーマン以上だったという噂も。
盟友モリコーネともいつのまにか仲違いしちゃったのも、そのせいなんでしょうか・・・。
テーマ曲は口笛とマカロニ・ウェスタン風エレキギターで軽やかでジャジーなスパイ・サウンドで結構カッコいい。
やはり007を意識した曲調で、これにマカロニ・ウェスタンとジャズを練り込んだような曲です。
本編では主題歌としてこの曲が歌入りで流れますが、歌っている女性シンガーは誰なのか分かりません。
劇伴はマカロニ・スパイ・アクションらしく、ラウンジ系のサウンドがてんこ盛りです。
でもやっぱり、マカロニ・ウェスタンなエコーたっぷりのエレキ・ギターが必ず入るところなど、思わず苦笑い。
ビッグ・バンド風のジャズにモンドで怪奇なオルガンの音がかぶったりして、
ちょっとこなれていない部分はありますが、モンド系がお好きな方にはオススメです。
サントラ盤CDは、なんと今は亡きサウンドトラック・リスナーズ・コミュニケーションから日本盤CDが発売されたことがあります。
発売当時はそんなこと全然知らなくて、廃盤になってからやっとその存在に気付いてしまったという苦い経験があります。
やっぱり田舎はイヤですね(T_T)
そんな情報、地元のCDショップには全然入って来ないし、
J-POPばっかり並んでる地元のCDショップの店頭に間違ってもこの手のサントラが並ぶことなんてありませんしね(^^;)
現在では、「Bruno Nicolai The Spy Soundtracks Collection」というコンピレーション・アルバムが入手可能で、この中に本作から10曲が収録されています。
これ
   ↓



なお、驚いたことにヴェリタ・ノーテという日本のレーベルから日本盤が出ています。
このレーベル、最近イタリア本国で量産されている昔のイタリア映画のサントラをガンガン発売していて、バチもの好き、マカロニ・ウェスタン好きには要注目のレーベルです。

スパイ・ムービー・サウンドトラック・コレクション/ブルーノ・ニコライ

¥2,278
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



RED HEAT
監督: ウォルター・ヒル
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェームズ・ベルーシ、エド・オロス、ピーター・ボイル、ラリー・フィッシュバーン、ジーナ・ガーション、リチャード・ブライト、J・W・スミス
1988年 アメリカ映画


麻薬組織の男を追って渡米したロシアの捜査官シュワルツェネッガーと典型的なアメリカのデカ、ジェームズ・ベルーシがコンビを組んで麻薬組織と戦うポリス・アクション。
アクション映画では定評のあった(過去形(^^;))ウォルター・ヒル監督がそつなくまとめたアクション映画です。
相変わらず無骨な男の映画という感じで、ヒロインらしい女性や子供は出てこなかったような気がします。
シュワちゃんがいくらターミネーターなキャラが強いからって、あれじゃあロシア人も怒るだろっていう感じで、
無機質で喜怒哀楽のない捜査官を演じています。お約束でシュワちゃんが強すぎるので、悪党もタジタジです。
ただ、いかにもヤンキー・デカという感じのジェームズ・ベルーシとのデコボコ・コンビぶりにもっとユーモアがあってもよかったかなという気もします。
なお、この監督、アクションを撮らせたらやはりピカイチで、クライマックスのバス・チェイスシーンの迫力はもの凄く、度肝を抜かれます。
この監督のことだから、確かCGは使ってないと思います。
キリル文字?によるクレジットに続く、冒頭の混浴サウナでのバトル・シーンが印象的です。
(こんなうれしいサウナってロシアにほんとにあるのでしょうか。)
サウナから飛び出て雪の中でふんどし一丁で殴り合うシュワちゃん、なかなかインパクトがあります。
ウォルター・ヒルって、90年代後半から急に面白くなくってきたような気がするのですが・・・、
SF「スーパーノヴァ」なんか途中で投げちゃったか、降板させられたかで、結局監督「トーマス・リー」で公開されてるし。
80年代初頭の勢いが懐かしいなあ(T_T)



音楽は、ジェームズ・ホーナー。
メイン・タイトルは、マイナーな曲調に混成コーラスといかにもロシア風で面白いのですが、
劇伴になると俄然いつもの「どっかで聴いた」ホーナー印のアクション・スコアになっちゃうのがちょっと残念。
この人、この頃はまだあんまり引き出しが多くなかったようで、SFだとみんな「スタ・トレ2」か「銀河伝説クルール」みたいになっちゃうし、
刑事ものになると、どれも「48時間」風になるのが困ったもんでした。
いわゆる自作の使い回し、他人の盗作よりはましですが、この金太郎飴的展開はあんまり頻繁だと食傷気味になるのも確か。
その中でも、本作はアクションものとSFものの中間のような雰囲気をもったスコアでした。
アーバンな雰囲気を出すためでしょうか、オケに混じってフュージョン風チョッパー・ベースやサックスが使われ、さらには尺八まで出てくるので、
「48時間」そっくりになっています。
でも演奏しているメンツは実はすごい。
サックスは、フランク・ザッパのバンドのメンバーだったこともあるイアン・アンダーウッドだし、
ベースはニール・スチューベンハウスだし、キーボードはマイケル・ボディッカー、尺八はカズ・マツイが担当しています。
劇伴の後半はメタリックなアタック音とエコーが続く中で各楽器が好き勝手なことをやる攻撃的で前衛風な曲が増えます。
残念なのは、せっかくのロシア風フレーズが劇伴でほとんど生かされていないことでした。
このモチーフを生かし切っていれば、劇伴を自作の使い回しで構成しなくても済んだのでは・・・・(^^;)
でも、今では巨匠の仲間入りをしているホーナーの若き日の仕事ということで、一聴の価値ある作品だと思います。
サントラはヴァージンからCDが出てましたが、今でも入手可能なのかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


99 AND 44/100% DEAD
監督:ジョン・フランケンハイマー
音楽:ヘンリー・マンシーニ
主演:リチャード・ハリス、エドモンド・オプラエン、アン・ターケル、ブラッドフォード・ディルマン、チャック・コナーズ、デ
ヴィッド・ホール、キャサリン・ボーマン
1974年 アメリカ映画

「大列車作戦」等で知られるジョン・フランケンハイマー監督によるポップでライトなタッチのクライム・アクションの珍品。
この監督の作品って、だいたい骨太の作品が多いのですが、たまに本作のような妙な映画を撮ったりします。
「プロフェシー/恐怖の予言」なんかも違う意味でこの監督にしては妙だったなあ。
リチャード・ハリス演じる殺し屋ハリーの活躍を描いた作品ですが、ハリーはヘンテコなでっかいメガネかけてるし、
チャック・コナーズ演じるクロウ(爪)と呼ばれる手にハサミくっつけた敵の殺し屋もバカっぽいし、
   これ
    ↓



オープニング・クレジットはポップでアメコミっぽいし、中途半端にコメディ・タッチなのが不思議な作品です。
オープニング間もなく軽快なスコアとともに美しい海の中が映し出されるのですが、
カメラがパンすると、なんとそこには重しを付けて沈められた水死体がゴロゴロ‥‥といった感じです。
対立する2つのマフィアがお互いに殺し屋を雇って抗争を繰り広げるというお話なのですが、
適度にライトな感覚を持ち込んでいるのでさほど殺伐とした印象はありません。
ハリーが惚れる小学校の先生に、当時のリチャード・ハリスの奥様アン・ターケルが出ていました。
この夫婦もブロンソン夫婦と同じ<、70年代にはよ<共演してましたね。
フランケンハイマー監督によるコメディ・タッチはちょっとこなれていない感じもありますが、
さすがにお得意のアクションシーンは迫力満点で、洗濯工場での銃撃戦等、快調に飛ばします。
ここで「楽団」のメンバーやリチャード・ハリスが撃ちまくるマシンガン‥・なんて名前だったかなあ、忘れました(^^;)
ちなみに原題は、「99と44/100%キレイになる洗剤」というアメリカの洗剤の売り文句をもじったものだそうです。
やっぱり変だ、この映画。でも大好きです。


音楽は、名匠ヘンリー・マンシーニ。
本作からは、オープニングの海中シーンで流れる、軽快な口笛に乗ったイキな曲「Hangin'Out」が独り立ちして有名になりました。
この曲はマンシーニのコンピレーション盤にも度々収録されていて、聴いたことがある人も多いと思います。
ホンキートンク調のどこかユーモラスな演奏と口笛とのバランスが絶妙な楽しい曲ですが、
この曲が世間では「華麗なる挑戦のテーマ」として認識されているのが、実はちょっと残念。
僕の中では、本作のテーマ曲はあくまでポップなオープニング・クレジットのバックに流れたレア・グルーヴっぽい骨太のファンク調スコア。
これはメチャメテャカッコイイですよ。
ザクザクとリズムを刻むアナログ・シンセ(?)や、
野太いプラスが力強くメロを鳴らすところなんか、「サブウェイ・パニック」あたりにも通じるものがあります。
この曲だけでも一聴の価値ありなのですが、残念ながら「Hangin'Out」の方に人気が集まったのでしょう、
オープニング・タイトルは今まで音源化されたことがなかったように記憶しています。
これまでアルバムとしてサントラが発売されたことがないので、どっかのレーベルが音源化してくれるのを待ってます。
最近、隔週火曜日に発掘音源を次々と発売してくれている米lntradaレーベルとか、
米La-La-Landレーベルあたりにかなり期待してるんだけどなあ。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ADVENTURE OF HERCULES
監督:ルイス・コーテス(ルイジ・コッツィ)
音楽:ピノ・ドナジオ
主演:ルー・フェリグノ、シビル・ダニング、イングリッド・アンダーソン、デリア・ボッカルド、ロッサナ・ポデスタ、ブラッド・ハリス、ウィリアム・バーガー、ジャンニ・ガルコ
1984年 イタリア映画


50年代イタリアで量産された懐かしの「ヘラクレスもの」を80年代に復活させちゃったバチモン・マカロニ冒険ファンタジー。
監督は、当ブログでは「スタークラッシュ」や「ラスト・コンサート」でお馴染みのルイジ・コッツィ。
製作は、なんとあのキャノン・フィルムのメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバス。
この組み合わせだけでも、B級、いやC級の臭いがプンプンですね。
この監督の作品は、どうしようもないカスみたいな映画だったり、感動のドラマだったりと、作品毎にムラがありすぎて大好きです(^^;)
本作は間違いなく前者の部類に入りますが・・・・。
一応ギリシャ神話をベースにしてますが、メカゴジラの出来損ないみたいなのが出てきたり、
スペースシップが出てきたり、レーザー光線が飛んできたり、めちゃくちゃなことになってます。
特に笑えるのが、宇宙空間のバックが「スタークラッシュ」の時の背景をそのまま使っちゃってるのと、
ヘラクレスがビームで巨大化して、「アルゴ探検隊の冒険」みたいに巨大な岩を両手でぐ~っと押し広げちゃうシーン。
やっぱり、この監督、「アルゴ探検隊の冒険」が大好きなんだなあって微笑ましくなってしまいます。
特撮も相変わらず安くてショボイ。ショボ過ぎて、ここまでくると愛らしさすら覚えます。
1983年のラジー賞候補にもなったそうですが、よくラジー賞で取り上げてもらえたなあと感心します。
主演はTV「超人ハルク」のルー・フェリグノ、これに「宇宙の7人」のシビル・ダニングが共演しています。
この監督、「スタークラッシュ」のキャロライン・マンローといい、本作のシビル・ダニングといい、デカパイがお好きなのかもしれません(*^_^*)
そうそう、「黄金の7人」のロッサナ・ポデスタも出てました。
なお、脇役でなんと往年のマカロニ・スターが2人も名を連ねています。
「西部悪人伝」のバンジョー役、ウィリアム・バーガーと「サルタナ」シリーズのジャンニ・ガルコ。
どこに出てたのか、今では記憶にありませんが、もう一度観てみたい作品ではあります。


音楽は、イタリアのピノ・ドナジオ。
ルイジ・コッツィ監督って、音楽は結構こだわりがあるのか、メジャーどころばかりを使ってます。
本作は、繊細でスリリングなサスペンス・スコアが多いドナジオにしては大袈裟でスケールの大きなオケ・スコアとなっています。
この人の作品でここまでダイナミックなオケ・スコアは珍しいのではないかと思います。
まあ、予算が無いのでオケも小編成っぽいですが、それでもかなり頑張っているように思います。
オープニング・テーマも、この人らしい明快なメロを持った勇壮なスコアになっていて、このモチーフは劇伴でもマーチ調にアレンジされたりして、
全編に生かされています。
やはり、ヘラクレスものですから、ファンファーレ風のトランペットがフィーチャーされていて、
これだけ聴いたらピノ・ドナジオだとはなかなか分からない感じになっています。
イイ曲なのですが、正直言ってこの人のカラーには似合わない素材だという感はぬぐえません。
位置づけとしては、ちょうどヘンリー・マンシーニでいうところの「スペース・バンパイア」みたいなもんです。
サントラのラストを飾る「ヘラクレスのテーマ」は、メイン・モチーフをライトにアレンジした曲でシングル向け?(*^_^*)
サントラはなんと米VareseレーベルからLPが発売されていましたが、CD化にあたって米Intradaレーベルから大幅に増曲されたフル・スコア盤が発売されました。
1000枚限定とのことですが、これも全部売れるんだろうか・・・・。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



THE DARK KNIGHT
監督:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー、ジェームズ・ニュートン・ハワード
主演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アローン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン、エリック・ロバーツ
2008年 アメリカ映画

これも結局劇場で観れなかったんだよなあ(T_T)
評判のいい作品なので観たかったのですが、気がついたら終わってました。
シネコンが島根県内に出来たとはいえ、うちの家から50km以上離れてるもんなあ。
新作はどうしても音源だけのレビユーになってしまいます。
ほんとはサントラって映像とセットで観るのが本来のあり方だと思うのは十分承知しているのですが、
相変わらず新作に関しては邪道な聴き方ばかりしています。

「メメント」のクリストファー・ノーラン監督による「バットマン」シリーズ第2弾。
いろんなレビューを見るに、28歳の若さで惜しくも他界したヒース・レジャーの熱演が圧倒的な存在感を残しているよ
うです。
今回はあえて、タイトルに「バットマン」の文字を使わず、「別名」で勝負するところなんかイキだなあと感じました。
かつてティム・バートンやジョエル・シューマッカーが手掛けたこのシリーズを、
「リアリズム」に徹して再構築したようなクリストファー・ノーラン版のバットマンですが、
コスチュームにしても出てくるアイテムにしても、現実にありそうな物を使ってるとこがすごい。
予告編等を見る限り、ストーリーもとことんシリアスで暗く、これが「リアル感」や「硬派」なイメージを増幅させているようです。
あまりにリアルに徹したダークなお話なので、一部ではヒーローものに付きものの「高揚感」とか盛り上がりに欠けるという評
価もあるようです。
まあ、いずれにしても、僕はまだ観ていないのでなんとも言えませんが‥‥・(^^;)
個人的にはティム・バートン版も決して嫌いではなく、コミックの世界を独特のダーク・ファンタジーな世界観で描いていて、
あれはあれで良かったんですけどね。
ヒーローなのに、演じるのが普通のおっさん風のマイケル・キートンっていうのも良かったなあ。


音楽は、ハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワード。
本作は、2回目のコラポということで、この2人の個性が上手く溶け合いこなれてきたなあという印象を受けました。
なんでも、噂によれば2人が一緒にピアノを前にして作曲したとか。
前作「バットマン・ビギンズ」でも感じたことですが、ストーリーが暗いので、音楽も同じようにダークな色彩が濃厚です。
第一印象は、前作よりもアクション・スコアの比重が増えたのかなと思いました。
録音技術の向上も目を見張るものがあり、アクション・スコアで聴かれる低音の迫力はスゴイの一言。
でも、これが強調されるあまり楽曲としての良さが音圧の影に埋もれてしまっているという感じです。
派手なんだけど、メロだけ抽出すると意外に薄味なのは最近のアクション・スコアによくあるパターン。
最近のアクション・スコアって、完全に伴奏に徹していて、肝心の歌メロは派手な「映像」が担当してるって感じです。
というのも、CGを多用した目まぐるしい映像に釘付けになって、肝心のスコアがあんまり耳に入ってこないのも正直なところで、
メロなんか無くても後ろで賑やかに何か鳴ってるなというだけでも効果は十分という気もします。
まあ、ジェームズ・ニュートン・ハワードは無味乾燥なスコアが多い人だし、
ハンス・ジマーも、もともとは「燃え」系なんだけど、僕のキライな今時の「ジャジャジャ、ジャジャジャ・‥」スコアの源流を作った人だし、そう考えるとメロが薄味なのは仕方ないことなのかなと思います。
そんな中で驚いたのは1曲目、普通の映画音楽家では作れないようなインダストリアルでアンビエントな音、
この硬質で冷たい彫刻のような音とリズムの構築方法は、作曲に参加した他のメンバーの功績によるところが大きいんではないかと思います。
別々のパーツに分けられた全く質感の違う音を、エディットしてツギハギしたようなスコアが斬新でした。
個人的には、この1曲目が一番好きかも(^^;)
本編がダークだから、スコアに妙な「高揚感」を求めてもいけないんでしょうが、
このスコアは映像とセットで観なければ本来の良さは今ひとつよく分からないのかも知れません。
むしろメロが変に主張せず抑制の利いたところが、「クール」なカッコよさを狙っているのかも。
おそらく映像との相性は抜群で、素晴らしくマッチしていると想像するのですが‥‥。



The DARK KNIGHT

¥1,433
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。