サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


chef


WHO IS KILLING THE GREAT CHEFS OF EUROPE?
監督: テッド・コッチェフ
音楽: ヘンリー・マンシーニ
出演: ジョージ・シーガル、ジャクリーン・ビセット、ロバート・モーレイ、ジャン=ピエール・カッセル、フィリップ・ノワレ、ジャン・ロシュフォール、ジジ・プロイエッティ、ステファノ・サッタ・フローレス
1978年 アメリカ映画



「ランボー」の監督テッド・コッチェフが撮ったグルメなクライム・コメディ(?)。
晩餐会に招待されたヨーロッパを代表する一流シェフが次々と自らが得意とする料理にちなんだ方法で殺されていく・・・というお話。
これだけ見るとかなり物騒なお話のようですが、実はウィットに富んだセリフ回しでコメディっぽい味付けがしてあり、
結構ライトな仕上がりの作品です。
ナン&アイヴァン・ライオンズの原作小説を元に、「サブウェイ・パニック」のピーター・ストーンが脚本を手がけています。
キャストも豪華で、ジャン・ピエール・カッセルを始めフランスのスターたちが一流シェフを演じています。
さらに一番キレイだった頃のジャクリーン・ビセットが出ているのがポイント高し。
この映画、面白くないという人もいますが、僕は子供の頃に洋画劇場で観てそこそこ面白かった印象があります。
原題は「誰がヨーロッパの偉大なシェフを殺したか?」ですが、面白い邦題を付けるものだなと思いました。


音楽はヘンリー・マンシーニが担当していることから、本編のオシャレ度が倍増しています。
彼の都会的で洗練された雰囲気と、ナショナル・フィルによる豪華なオケが見事に解け合ったゴージャスなサウンドです。
本作の目玉は、バロック調のラッパから始まる元気の出るマーチ調のメイン・タイトル。
すごくヨーロピアンな雰囲気の流れるようなストリングスとマーチング・スネアの掛け合いが見事です。
また、ジャクリーン・ビセットが演じるヒロインのテーマとして使われる「ナターシャのテーマ」がすごく美しいのが印象的です。
これと好対照をなすのが、とぼけた雰囲気の美食家のテーマ曲。
いろんなモチーフを持ってきて、バラエティに富んだ内容になっていて、とても楽しいスコアです。
サントラ盤はLPが発売されたのみで、未だに未CD化。
いい曲が揃っていたので是非、どっかのレーベルからCD化して欲しい1枚です。
ちなみに日本盤LPは、当時のサントラにしては珍しいエピック・ソニーから出てました。
ジャケもすごくオシャレです。



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


soldier



THE SOLDIER
監督: ジェームズ・グリッケンハウス
音楽: タンジェリン・ドリーム
出演: ケン・ウォール、アルバータ・ワトソン、クラウス・キンスキー、ウィリアム・プリンス、ジェレマイア・サリヴァン、ヨアキム・デ・アルメイダ



「エクスタミネーター」のジェームズ・グリッケンハウス監督が製作・脚本も兼ねたバイオレンス・アクションの小品。
世界を股に掛けてテロリストと戦う”ザ・ソルジャー”たちの姿をあんましお金を掛けずに描いています(^_^;)
ほとんど出番はなかったけど、クラウス・キンスキーのギャラが製作費のかなりの比重を占めていたんじゃないかと思います。
中東の油田基地にテロリストが爆弾を仕掛け、パレスチナ人の解放を要求、これを阻止するため、”ザ・ソルジャー”が行動を開始するというお話。
確か、ソルジャーたちはCIA長官直属の秘密部隊という設定だったように記憶しています。
雪山でケン・ウォールが乗ったゴンドラが爆破され、それに続くスキー・チェイスの迫力が凄かった。
ドイツでロケを敢行しているため、まだ壁がある頃のベルリンの街が堪能できます。
でも、ポルシェでベルリンの壁を飛び越えるってのは、ちょっと無理があるかと・・・・
ケン・ウォールは、この頃「アパッチ砦ブロンクス」なんかにも出ていて、結構売り出し中でした。
最近はめっきり名前を聞きませんが、どうしてんだろ。



音楽は、ドイツのプログレ・ユニット、タンジェリン・ドリーム。
この人たちは作品によって出来映えにムラがあるのが特徴ですが、
本作は比較的良質な部類に入ると思います。
本作の目玉は、オープニングのテーマ曲。
黒地のバックに、白抜きのアルファベット、プロパガンダ・ポスターのような写真や絵、これらが音楽にシンクロする形で次々と挿入されるオープニングは秀逸でした。
ミリタリー調のスネア・ドラムをシンセで表現していましたが、これがなかなか新鮮でした。
メロは無く、延々と同じリズム・トラックが繰り返されるビートだけのクールな曲でしたが、インパクト大でした。
劇伴もシーケンサーを巧みに使ったスピード感溢れるアクションスコアを始めとして、映像に見事にマッチしていました。
エンド・タイトルは、「ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー」のテーマ曲の別バージョンかと思えるくらいそっくりです(^_^;)
聞き所は結構あるのですが、サントラ盤は発売されずじまいでした。
「ザ・キープ」といい、本作といい、タンジェリン・ドリームの発掘音源として
そろそろどっかのレーベルからサントラ出ないかなあ。



ザ・ソルジャー (ユニバーサル・セレクション第5弾) 【初回生産限定】
¥1,350
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


30th

今日は、趣向を変えてサントラのコンピレーションものを紹介します。
今月22日に発売された米Vareseレーベルのサントラを集めた贅沢な4枚組。
「VARESE SARABANDE 30th ANIVERSARY CELEBRATION」と題されたこの企画ものは、
5年前に発売された「VARESE SARABANDE 25th ANIVERSARY CELEBRATION」の続編、
つまり2003年から2008年までの同レーベルから出たサントラがぎっしり詰まっています。
今回は全82曲、5時間を超える内容です。
それがたったの2,300円前後で買えてしまいます。
1曲約30円!
これは絶対買いでしょう(^o^)
購入をご検討中の方は、お早めに買われた方がいいと思います。
前回の企画も割とあっさり廃盤になってしまいましたから(T_T)
収録曲は以下のとおり。
中には知らない映画もあって、一応未公開に分類してオリジナルタイトルを付けていますが、
あくまで素人のすることなので間違いがあるかも知れません。
そこは大目に見て下さい(^_^;)
Varese Sarabande a 30th Anniversary Celebration/Various Artists
¥2,366
Amazon.co.jp



DISC 1
1 ピーター・パン
2 エルフ ~サンタの国からやってきた
3 マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
4 TAKEN
5 ロボッツ
6 ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション
7 ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
8 (未)Flicka
9 レーシング・ストライプス
10 マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡
11 華麗なる恋の舞台で
12 ディケンズのニコラス・ニックルビー
13 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
14 シュレック2
15 アントブリー
16 庭から昇ったロケット雲
17 旅するジーンズと16歳の夏
18 幸せのちから
19 ホリデイ
20 幸せのポートレート
21 (未)The Great Raid



DISC 2
1 (未)Sea Of Dreams
2 (未)Beat The Drum
3 ドゥーマ
4 ブラッド・ダイヤモンド
5 愛の落日
6 (未)The Gospel Of John
7 (未)Water
8 (未)Partition
9 (未)As You Like It
10 (未)Nomad
11 LOST
12 ユナイテッド93
13 すべては愛のために
14 マンデラの名もなき看守
15 フライト・オブ・フェニックス
16 (未)Carnivale
17 タイムリミット
18 ティアーズ・オブ・ザ・サン



DISC 3
1 さらば、ベルリン
2 ファイヤーウォール
3 ラッシュ・アワー3
4 アナポリス 青春の誓い
5 フライボーイズ
6 ステルス
7 ボーン・スプレマシー
8 グラインド・ハウス プラネット・テラー
9 ヘルボーイ
10 ゴーストライダー
11 セレニティー
12 キングダム
13 シン・シティ
14 ワイルド・スピード3 Tokyo Drift
15 S.W.A.T.
16 M:i:Ⅲ
17 ファンタスティック・フォー
18 スターゲイト アトランティス
19 スター・トレック ネメシス
20 ナイト・ミュージアム
21 X-MEN
22 エバン・オールマイティ



DISC 4
1 フォー・ブラザーズ
2 インサイド・マン
3 24
4 アメリカン・ギャングスター
5 ゾディアック
6 アメリカを売った男
7 ミリオン・ダラー・ベイビー
8 アンフィニッシュ・ライフ
9 善き人のためのソナタ
10 オール・ザ・キングスメン
11 大いなる陰謀
12 砂と霧の家
13 シルヴィア
14 ホステル2
15 呪怨2
16 リーピング
17 ゴシカ
18 1408
19 (未)I Know Who Killed Me
20 デイ・アフター・トゥモロー
21 アイ・ロボット


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


outland



OUTLAND
監督:ピーター・ハイアムズ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
主演:ショーン・コネリー、ピーター・ボイル、フランシス・スターンハーゲン、ジェームズ・B・シッキング、キム・マーカス、クラーク・ピータース
1981年アメリカ映画



ピータ・ハイアムズ監督が、西部劇「真昼の決闘」のプロットをベースにSFの味付けをして撮った作
品。
木星の衛星を舞台に、新任保安官が衛星の採掘場に蔓延する麻薬ルートの壊滅に立ち上がります
が、
採掘会社のボスがからんでおり、保安官は衛星の中で一人孤立した状態での戦いを余儀なくされる‥・といったストーリーです。
確か、「真昼の決闘」と同様、映画の中の時間の流れと実際の時間がシンクロしていたと思いま
す。                        
「エイリアン」の流れを汲んだ、凝った美術も素晴らしかったのを覚えています。
派手な見せ場はありませんが、事故で宇宙服が破れた炭坑夫の顔がみるみる膨れあがって、
「北斗の拳」ばりに頭がバーストして死んだり、
はらわたがドバッと出た死体が出てきたり、結構エグいシーンがあります。
また、留置場が無重力、無酸素の空間で、犯人は宇宙服を着させられて留置されていたり、
面白いアイデアがあちこちに盛り込まれていました。
「真昼の決闘」へのオマージュからか、未来の話なのにショットガン使ったり、
アナログな雰囲気もあって面白い。
四面楚歌になっても正義を貫こうとするショーン・コネリーの姿が熱い作品です。
ただ一人コネリーを助ける女医のおばさんも好演してます。
SFにしてはかなり地味な作品ですが、僕は結構好きです。


音楽は、巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
音楽も美術と同様、「エイリアン」の雰囲気があります。
メイン・タイトルとエンド・タイトルの作風もかなり「エイリアン」に似ています。
スコアの一部にシンセサイザー(というより電子音)がアクセントとしてちりばめてあり、キラキラとした
印象を受ける部分があります。
中にはシンセだけで作った酒場(というかラブホ?)の曲もあります。
この曲は、テクノという訳でもな<、なんともストレンジな印象を受けるスローテンポの不思議な曲で
す。
オケは、「エイリアン」と同じ<ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラ。
テーマ曲が地味なので、本編と同様、全体的に地味な印象を受けるサントラですが、
噛めば噛むほど味わいのあるスコアです。
テーマ曲は静寂に覆われた地味な曲ですが、劇伴の中にはいつもの強烈なブラス系のアクション・スコ
アが含まれているので、スコア全体の起伏は十分にあります。
サントラCDは、「カプリコン1」とカップリングされたものと、本作単独のものがそれぞれ発売されまし
たが、
残念ながら現在ではどちらも廃盤のようです。

Outland/Jerry Goldsmith
¥5,839
Amazon.co.jp


Outland / Capricorn One: Original Motion Picture Soundtrack [2 on 1]/Jerry Goldsmith
¥9,542
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


living


FINDE SEMANA PARA LOS MUERTOS
監督:ホルヘ・グロウ
音楽:ジュリアーノ・ソルジーニ
主演:レイ・ラブロック、アーサー・ケネディ、クリスチーヌ・ガルボ、ポール・ベンソン、アルド・マサッソ、ジョルジョ・トレスチーニ
1974年イタリア/スペイン映画


ジョージ・A・ロメロ監督「ナイト・オブ・ザ・リヴィング・デッド」をあからさまにパクッだマカロニ・スプラッタ・ホラー。
「ナイト・オブ‥・」が本邦未公開に終わったことから、日本ではこの映画が人食いゾンビ映画の元祖として紹介されました。
ゾンビ発生の原因を害虫駆除装置から出る超音波という設定にして、イギリスの片田舎でゾンビがこぢんまりと発生します。
甘いマスクの二枚目スター、レイ・ラブロックが出てますが、本編は異様な雰囲気のホラーです。                   
田舎町で出会った男女が害虫駆除用の実験装置から出る超音波で甦った死体に襲われ、
逃げ込んだ病院でも地下の死体置き場からゾンビが目覚めて襲いかかるというお話。
ルチオ・フルチ作品でもゴア度満点の特殊メイクを見せるジャンネット・デ・ロッシが、
異様なゾンビ・メイクを造形しています。
解剖した後が生々しい包帯ぐるぐる巻きのゾンビは強烈なインパクトがあります。
カニバル描写もしっかりあって、お世辞にも美人とは言えない病院の看護婦さんが
一番むごい食われ方をします。
救いようのないラストといい、不快度満点のゾンビ映画です。


音楽は、ジュリアーノ・ソルジーニ。
ゾンビ映画とは無縁の明るい曲調の曲が多<、ゾンビ映画ということを忘れてしまいそうになります。
しかし、中にゾンビのうめき声や叫び声で構成された曲もあり、
これなんかは夜中で一人では聞けないくらい「コワイ」です。
お化け屋敷のアトラクションで使ったら効果的かも知れませんね。
公開当時、日本盤サントラLPは、今は無き東宝レコードから発売されていました。
この盤にはダイアローグが収録されていましたが、後にドイツで500枚限定で発売されたCDにはダイアローグは入ってませんでした。
イギリス盤で「地獄の門」とカップリングされたCDが発売されましたが、こちらも現在では入手困難かも知れません。
但し、DVDが別レイヤーでサウンドトラックが聞けるらしいので、CDが無<てもDVDがあれば事足りるようです。
最近のDVDは、映画によってはサウンドトラックだけを聞くことが出来るアイソレーテッド版の設定が
あるものがあって便利です。
ただスコア部分だけをリッピングして別のメディアに移すことが出来ないのが残念です。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。