サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


leon



レオン


LEON
監督:リュック・ベッソン
音楽:エリック・セラ
主演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、ゲイリー・オールドマン、ピーター・アベル、マイケル・パダルゴ
1994年フランス/アメリカ映画



ジャン・レノが世界的にも一躍有名になったフランス産「純愛」アクション映画。
「ニキータ」のリュック・ベッソン監督が、同作に出てきた掃除人"ヴィクトル"のイメージをふくらませて作った作品です。
ジャン・レノは一見寡黙でストイックな殺し屋なのですが、毎日牛乳ばっかり飲んでたり子供みたいな
ところがあります。
でも女子供は絶対に殺さないという信条が硬派でカッコいい。
この殺し屋が、家族を殺された12歳の少女マチルダとの純愛をバックに、悪徳麻薬捜査官一味との戦いに巻き込まれていく姿を描いてます。
12歳の少女とおっさんとの「純愛」という、かなり危なっかしい題材を取り上げているので、
おっさんが可愛そうな子供を見て情が移っただけじやないかとかいう見方も出来る作りになっています。
しかし、劇場公開版に30分近いエピソードを追加した「レオン完全版」を観ると、
やはり2人の関係は「純愛」だったのかなあという見方が強<なります。
まだ子役だったナタリー・ポートマンの確かな演技に脱帽です。
また、麻薬捜査官役のゲイリー・オールドマンの怪演が素晴らしいです。
特にインパクト大だったのが、ドラッグカプセルを噛み砕いて恍惚とするシーン。
麻薬中毒になった悪徳捜査官のキレっぶりを見事に演じています。



音楽は、ベッソン作品の常連、エリック・セラ。
この人は比較的あっさりとしたアンダースコア系の曲を書く人で、
テーマにコマーシャルなメロが付けられたのは「グレート・ブルー」ぐらいではないでしょうか。
サントラCDの1曲目に収録されている「Noon」は、派手さはありませんが、
ギャヴィン・ライトのバイオリンが印象的な、
ゆったりとしたもの悲しい響きを持ったインパクトのある曲です。
他の劇伴は、いろんな楽器が登場し、バンドネオンやアフリカン・パーカッション等まで出てきて、
様々な人種のるつぼであるニユーヨークの街を表現しているかのようです。
ただ、無味乾燥なアンダースコアもあるのが正直なところで、
この人の作品は、映像とセットで初めて真価を発揮するスコアだと思います。
特に本作と同時に自身のソロ・アルバムもほぼ平行して制作していることから、
ネタ的にも制作日数的にもかなりの制約があったのだろうと思います。
「007 ゴールデン・アイ」の「Experiment Of Love」の原曲となるインストも入っています。
なお、ラストに流れるスティングの「Shape Of My Heart」は未収録です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


sp




sp


SUPERMAN II
監督:リチャード・レスター
音楽:ケン・ソーン
主演:クリストファー・リーヴ、マーゴット・キダー、ジーン・ハックマン、テレンス・スタンプ、ジャッキー・クーパー、ネッド・ビーティ、サラ・ダグラス
1981年アメリカ映画



前作と同時に撮影されていた「スーパーマン」シリーズの2作目。
前作と同時進行で撮影されたにもかかわらず、途中で監督の交代劇があって、
リチャード・ドナーからリチャード・レスターに交代しています。
(噂では、既に大半を撮影済みにも関わらずオクラ入りになったリチャード・ドナー版の「スーパーマンII」が存在するらしいのですが‥み、観たい。)
リチャード・レスターの演出は、前作に比べてコミカルな要素が強く、ノリも軽いのが難点。
クリプトン星の3人の悪人との空中戦(^^;)が本作の目玉として用意されており、
ドラマが軽い分、アクションが充実しています。    
力を失って人間みたいになってしまったスーパーマンが再び力を取り戻すまでが描かれています。
その経過はちょっと無理があるけど‥‥・。
ゾッド将軍を演じるテレンス・スタンプは、顔面蒼白でまるで「悪魔の墓場」に出てくる解剖体ゾンビみたいです(^^;)



音楽は、イギリスの中堅、ケン・ソーン。
「ジャガーノート」等の音楽を手がけた人で、過去に「ローマで起こった奇妙な出来事」でオスカーを受賞したこともある才人。
基本的にウィリアムズによる前作のメロ、モチーフをそのまま活用したスコアになっていて、
あまり本人の力量を発揮出来る場ではなかったようです。
前作のロンドン・フィルと比べる方がかわいそうなのかも知れませんが、
オケも小編成のこぢんまりとした編成のオケで、どうしてもショボさは拭えません。
「2」「3」「4」に共通することなのですが、テーマのイントロから一気に曲が立ち上がる瞬間の瞬発力が無いのが致命的です。
1作目の演奏を手がけたこの頃のロンドン・フィルには、奏者の中にものすごく切れのいいトランペットを吹く人がいたようで、
あのきらびやかなトーンは他ではマネできないでしょう。
そのせいもあって、どれもオリジナルに比べると音が薄い上にリズムがモッサリしているのです。
まあ、それも劇伴になると違和感も消えて、落ち着いて聴くことが出来るようになります。
本編が前作に比べて割とコミカルな味付けが施されているせいもあって、
それ風のコミカルなトラックの方がオケの編成に合っていて、スーパーマンのサントラであることを忘れる瞬間があります。
今回のBOXセットでは、サントラLPの時代に比べて大幅に曲が増えて、全28曲80分も収録されています。

しかし、このセット、タワレコでは2万円もするみたいですね(T_T)。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

fear


FEAR IS THE KEY
監督:マイケル・タックナー
音楽:ロイ・バッド
主演:バリー・ニューマン、スージー・ケンドール、ジョン・ヴァーノン、ペン・キングズレー、トニー・アンホルト、ピーター・マリンカー、レイ・マカナリー
1972年 イギリス映画



アリステア・マクリーン原作による映画化作品の中では、B級テイストながら成功したといえる作品の一つ。
暴行事件で逮捕された元潜水艇操縦士が裁判中に銃を奪い、居合わせた石油王の娘を人質にとって逃走、
パトカーと激しいカーチェイスの末に逃げ切りますが、それもつかの間、石油王の配下に捕まってしまい、
海に沈んだ輸送機から密輸品を引き上げるため、潜水艇の運転をしろと強要されて‥‥というお話です。
かなり長いカー・チェイス・シーンやマクリーン小説の定番である二重三重のどんでん返し等が用意されています。
原作は、マクリーン小説の中では傑作の呼び声が高い「恐怖の関門」。
ほんとは舞台が陸、海、海底とコロコロと変わる設定なのに、
公開当時はカーアクション映画という宣伝のされ方をしていたようです。
冷酷な殺し屋役で、「ガンジー」のペン・キングズレーが出ています。


音楽は、イギリスのロイ・バッド。
この人、ジャズ・フレイバー溢れるスコアをいくつも書いていて、
イギリスのラロ・シフリンみたいな感じの位置づけにある人じやないかなと思うのですが、
残念なことに50歳になる前に亡<なっています。
1999年にイギリスのCinephileレーベルからロイ・バッドのスコアがまとめて発売されましたが、
本作もその際に再発されました。
テーマ曲は、この人らしくいきなりインパクトのあるイントロから始まる曲ですが、
なんとメロドラマみたいな甘いメロディで驚かされます。
その反面、劇伴はクールなジャズとオケの競演といった感じの曲が多いのが特徴です。
その中でもアルバムの目玉は10分近<に呼ぶカー・チェイス・シーンのスコア。
「ブリット」あたりを思い起こさせる迫力のあるジャズ・スコアです。
所々にS.E.が収録されているのは、この時代のサントラならではという感じです。
バッドのアクション・スコアとしては、他に「狙撃者」、「マルセイユ特急」、「ドラブル」、「シンジケート」
等がありますが、
どれもジャズ・テイストに溢れる名スコアです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ppeye


ポパイ
POPEYE
監督:ロバート・アルトマン
音楽:ハリー・ニルソン
主演:ロビン・ウィリアムス、シェリー・デュバル、ポール・スミス、ロバータ・マクスウェル、リンダ・ハン
ト、ポール・ドゥーリィ
1980年アメリカ映画


群像劇でおなじみのロバート・アルトマンがディズニー製作で撮った人気古典アニメの実写版。
器用なロビン・ウィリアムスが見事にポパイ像の実写化に成功しています。
声もそっくりで大笑いです。
ついでに特殊メイクであの太い腕っ節まで再現したりして‥‥。
ディズニーが一枚噛んでいるためか、アルトマン監督特有の毒気はここではあまり見られません。
それでも冒頭に出てくるアトラクション風の港町のセットや、俳優たちのテンションの高さはスゴイです。
あまり抱腹絶倒系のコメディ映画を期待すると肩すかしを食らいますが、
ユルユルながらそこそこ面白い珍作です。
個人的にはエンド・タイトルギリギリでポパイが岩場でスキップしながら、
そのまま深みにドボンッ!!とはまってしまうところが最高に「ツボ」でした。
あれ演技じやないような気がします。ほんとに落ちたのを面白いから使っちやったとか(^^;)


音楽は、「うわさの男」で知られる、シンガーのハリー・ニルソン。
ミュージカル風な側面もある作品で、ニルソンの曲を出演者が歌うという形式のサントラになっています。
音的には、ほんと全編モロ「ニルソン印」の曲が並んでいます。
おなじみのポパイのテーマもロビン・ウィリアムスの歌で収録されています。
これ1分ちょっとしかなくて残念なのですが、もう少し長尺で収録して欲しかったなあ。
ストリングス・アレンジはなんとヴァン・ダイク・パークスが担当しています。
個人的には、ゆったりと時間が流れるような、のどかな曲「スイート・ヘヴン」と、
ドタバタ系の「プープデック・パピーの意見」がお気に入り。
「スイート・ヘヴン」は、曲の最後がリズムマシンのクリック音になって終わるのが、当時はスゴくオシャレに聞こえました。
このサントラ、残念ですがLPのみでCD化はされていません。
ニルソン、ヴァン・ダイク・パークス、どちらのファンもアルバム単独で十分楽しめる内容になっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


sp



sp



spp


sp


スーパーマン ザ・ミュージック BOX

SUPERMAN
監督: リチャード・ドナー
音楽: ジョン・ウィリアムズ
出演: クリストファー・リーヴ、マーゴット・キダー、マーロン・ブランド、ジーン・ハックマン、テレンス・スタンプ、ジャッキー・クーパー、ネッド・ビーティ、トレヴァー・ハワード、スザンナ・ヨーク、グレン・フォード、ヴァレリー・ペリン 1978年 アメリカ映画



先頃、遂に米FSMから「スーパーマンシリーズ」8枚組コンプリートBOXが発売されたことから、発売記念てことで・・・。
超有名なアメコミ・ヒーローの活躍を描いた超大作。
当時としては破格の90億円だったっけ? 巨費を投じて製作されたSF作品です。
ストーリーは、あまりに有名なのであえてここで触れる必要はないと思われますのでカット(^_^;)
スーパーマンって、アメコミの中ではすごくベタなキャラなのですが、
ここまで面白く見せてくれたリチャード・ドナーの手腕には脱帽です。
この映画、キャストがものすごく豪華ですが、「2」も全く同じキャストを揃えてます。
なんでこんなことが出来るのかというと、
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「三銃士」と「四銃士」みたいに一度に2本まとめて撮ったからだそうです。
この当時の技術でスーパーマンが飛んでるところをリアルに表現するのはさぞ大変だったことでしょう。



音楽は、ご存じジョン・ウィリアムズ。
BOXの中では、1枚目と2枚目に2枚組のボリュームで全37曲、約2時間半も入っています。
このうち9曲はオルタネート・ヴァージョンですが、それにしてもすごい量です。
商品自体は今月の初旬に来たのですが、この量なので全部聞くのが大変です。
まだ、「2」以降は全く聴いてません(^_^;)
有名なテーマ曲は、個人的には数あるジョン・ウィリアムズの作品の中で、「タワーリング・インフェルノ」と並んで最高傑作だと思っています。
僕もアマチュア・ミュージシャンの端くれですが、あんな流れるようなメロディ、どうやったら思いつくんだろうと聴くたびに感心させられます。
「スター・ウォーズ」を聴いたときは、途中がホルストの「火星」に似てるっていうイメージが先行してそこまで感動がありませんでしたが、
中学1年生の時、この曲を初めて聴いたときは中盤の展開に鳥肌が立ったものです。
今聴きかえしてみて思うのですが、劇伴は案外「スター・ウォーズ」のものと似たフレーズが出てきます。
このBOX、今まで音源化されたものの中では過去最高の音質ではないでしょうか。
以前、米Rhinoレーベルから2枚組CDが発売されていましたが、これも何世代目かの孫コピーだったのかも知れません。
今回のものに比べると若干音が曇ってます。
以前、エイリアンの2枚組を聴いたときにも思ったのですが、ほんとこの頃のサントラは格調高い音をしてますね。
ほとんどクラシックみたいな雰囲気だもんなあ。
8枚組で$120くらいしますが、ファンなら買っておいて損はないと思います。
ブルーのBOXケース入りで、160ページに渡るブックレットが入っています。
写真が満載で英語が読めなくても楽しめる内容になっています。
ただ、ブックレットを開くとく、バクッと開けると僕みたいに5、6ページバリっと取れてしまうので
取り扱いには注意が必要です。
BOXケース、ブックレットともに青地に「S」のロゴマークだけというデザインがイカシてます。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。