サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


re


THE REIVERS
監督:マーク・ライデル
音楽:ジョン・ウィリアムス
主演:スティーヴ・マックイーン、シャロン・ファレル、ミッチ・ボーゲル、ウィル・ギア、ルース・ホワイト、マイケル・コンスタンティン、クリ
フトン・ジェームズ
1969年 アメリカ映画



20世紀初頭アメリカの田舎を舞台に、初めて買った車に乗って少年とおっさんたちが冒険を繰り広げるという作品。
この映画、つい最近までまともに観たことがなかったのですが、とても心和む映画でした。
冒険と書きましたが、ハラハラドキドキはあるものの、日常の中でのハラハラなので、今で言う「ロードムービー」と言った方が分かりやすいかもしれません。
もともとシリアスな作品でもトボけた趣きのあるマックイーンですが、コミカルな演技がピッタリはまっていました。
ノスタルジーたっぷりの牧歌的な映画で、ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。
監督は、後に「シンデレラ・リバティ」を撮るマーク・ライデル。
この人は俳優としても知られていて、「ロング・グッドバイ」などに出てました。



音楽は、巨匠ジョン・ウィリアムス。
この年になってやっとアルバムも聴くことが出来ました。
70年代のウィリアムスの美味しいとこがギッシリ詰まったサントラですね。
マックイーンとジョン・ウィリアムスという組み合わせ、全然想像がつきませんでしたが、
ダイナミックでメロディアスな曲調は感動ものでした。
70年代のウィリアムス作品によく出てくるハーモニカがここでも活躍しています。
この頃のウィリアムス作品は、「続・激突」、「シンデレラ・リバティ」、「ミズーリ・ブレイク」等々
スコアの中でハーモニカがすごく重要な役目を果たしてました。
雄大でスケールの大きなスコアは西部劇のスコアのようにも聞こえます。
テーマ・メロは「ジョーズ2」に出てくるビーチ・シーンの陽気なメロの原型という感じです。
バンジョー等の陽気な音色の楽器も顔を出して、コメディ・タッチな劇伴も聞けます。
やっぱりこの時代のサントラは、本編を観てなくても十分アルバムとして鑑賞できる作品が多いなあと感じます。
サントラCDはソニー・レーベルから発売されていましたが、現在は廃盤状態です。
再発が期待されます。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


blood


サルート・オブ・ジャガー

THE BLOOD OF HEROES
監督: デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
音楽: トッド・ボーケルハイド
出演: ルトガー・ハウアー、ジョアン・チェン、ヴィンセント・フィリップ・ドノフリオ、アンナ・カタリーナ、デルロイ・リンドー、マックス・フェアチャイルド
1989年 アメリカ映画



「ブレードランナー」の脚本家、デヴィッド・ウェッブ・ピープルズの初監督作品。
荒涼とした未来を背景に、ガイコツをボール代わりに使うフットボールのようなゲームに明け暮れる男たちの姿を描いたSFです。
独特の世界観で近未来を描いていますが、文明が荒廃した後の砂漠と化した世界は、まるで「マッドマックス2」のようです。
SFですが、舞台が未来ということを除けば、ざっくりとしたイメージで捉えればスポ根ドラマと観ることも出来ます。
物語は未来のフットボールゲームとそのプレイヤーたちに焦点を当てており、
試合がメインなので観ているうちにSFだということを忘れそうになります。
試合もフェアなゲームとしてのルールが確立されており、一定の秩序の中で行われます。
寡黙で内に熱いものを秘めた主人公をルトガー・ハウアーが見事に演じています。



音楽は、トッド・ボーケルハイド。
この人、サントラの仕事は数えるほどしかしていません。
「ディア・アメリカ」や「ハート・オブ・ダークネス」等、ドキュメンタリー系の作品に音楽を提供しています。
他に「バレエ」用に作られた現代音楽を手がけたことがあるように記憶しています。
本作では、荒涼とした大地をイメージさせる乾いたパーカッション群が効果的に使われています。
通常の打楽器以外に、カチャカチャいうシンバル系の楽器、タブラ、ただの金属を叩いただけのようなメタル・パーカッション等々様々な音が聞けます。
はじめて映画を観たときは、スコアは打楽器しか使っていないような印象がありましたが、
改めて聞き直してみると、無機質でダークですが一貫したテーマ・メロが全編に渡って使われていました。
それでもスコアの大半はポリリズミックなパーカスで構成されています。
アクション・シーンでは激しく鳴っているのですが、パーカスだけでメロが引っ込んでいるので、
とてもクールな印象を受けます。
ルーディメント系のリズムは、結構アフロしていて耳に心地よく結構面白いです。
全体的に口数の少ないスコアですが、それがまた映像とよくマッチしていました。
なお、そんなスコアの中に、1曲だけ、ポーグスかと思ってしまうアイリッシュ・テイスト満点のダンス・チューンが混じっていてビックリします。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


blowaou


BLOWOUT
監督:ブライアン・デ・パルマ
音楽:ピノ・ドナジオ
主演:ジョン・トラヴオルタ、ナンシー・アレン、ジョン・リスゴー、デニス・フランツ、ピーター・ボイデン
1981年 アメリカ映画



ブライアン・デ・パルマ監督が「殺しのドレス」に続いて手がけたスリラー。
映画の裏方で効果音専門の仕事をしているスタッフが、効果音を生録している途中で自動車事故を偶然目撃して、
そのときの録音テープに事故が実は殺人であることを証明する決定的な証拠が残されていて・・・・というお話。
サスペンスフルなアクション・シーンもあって、アクション・スリラーといった趣の作品です。
オープニングはB級映画の撮影シーンなので、すごいチープな映画だと騙されてしまいます。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、悲痛でやるせないラストがとても印象的です。
あの花火のシーンが強烈な印象を残します。
この作品もですが、この頃のデ・パルマ作品ってどれも好きです。

(でもこの人が後に「ミッション・トゥ・マーズ」なんて撮っちゃうんですからねえ、世の中分からないもんです)

去年スターチャンネルで放映したのですが、
ビデオ並みの画質で滲んだような絵でちょっとガッカリでした。
DVDでもう一度観たい一本です。



音楽は、サスペンス映画を得意とするピノ・ドナジオ。
ブライアン・デーパルマ監督とは、「キャリー」から数えて本作で4度目のコンビとなります。
デ・パルマ監督は、ドナジオが70年代に音楽を担当した「赤い影」のサントラを聴いてこの人に惚れ
込み、自作の音楽の担当を依頼したのは一部では有名な話です。
この人は残酷なホラーやサスペンスに、すごく甘美な音を付けることで知られる人で、
「キャリー」や「殺しのドレス」にも美メロを提供しています。
「ハウリング」なんかも、テーマ曲はハーモニカをフィーチャーした甘~い曲でした。
本作も例外ではなく、テーマだけ聴くとお昼のメロドラマのような音をしています。
劇伴も古風なまでにサスペンス・スコアの王道を行っていて、
50~60年代初頭のサントラに近い音をしています。
一部ディスコ調の曲がありますが、ほとんどソース・ミュージック的な扱いで、
大半はストリングスを中心とした古き良きハリウッド・サスペンス風、
特にヒッチコック作品の音楽を意識したような音作りが印象的です。
この一聴すると古くさくて甘いメロディが、あの美しくも悲しい花火のシーンに生きてきます。
サントラは映画公開当時は発売されず、2002年になってベルギーのPrometheusレーベルから
2500枚限定でサントラCDが発売されました。
(公開時に日本でだけLPが発売されましたが、確かあれはオリジナル音源ではなく、いわゆる本命盤みたいなアルバムだったような気がします。)


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


mcvicar


マックヴィカー

McVICAR
監督:トム・クレッグ
音楽:ジェフ・ウェイン
主演:ロジャー・ダルトリー、アダム・フェイス、シェリル・キャンベル、ビリー・マーフィー、スティーヴ・バーコフ
1980年 イギリス映画


イギリスの実在の犯罪者「ジョン・マックヴィカー」が書いた自伝を、「The Who」 のロジャー・ダルトリー主演で映画化した作品。
The Whoといえば、ブリティッシュ・ロックの王道を行く大御所ロック・バンドですが、
映画との関わりも深く、ギターのピート・タウンゼントが書き下ろしたロック・オペラ「トミー」や「さらば青春の光」が映画化されています。
ストーリーは・・・強盗脱獄犯の主人公の逃避行だったような・・・、確か劇場未公開作品だったと思います。
映像をどっかで観たような気がするのですが、はっきり思い出せません(^^;)
ビデオ、出てたのかなあ。



音楽は、「黄金のランデブー」のジェフ・ウェインが担当。
スコアだけでなく、サントラ盤全体のプロデュースも手がけています。
といってもスコアは2曲だけ、残りのすべては主演のロジャー・ダルトリーが歌い、The Whoのメンバー全員が参加し、もうほとんどThe Whoのアルバムって感じです。
スコアの方は、ちょっとタンジェリン・ドリームを思わせるスリリングなキーボード主体のインストです。
歌モノはギターで参加しているビリー・ニコルズのペンによる曲が多く、他にラス・バラードが作った曲なども入っています。
聞き物はラス・バラードが作った「Free Me」と、ビリー・ニコルズによるタイトル曲「McVICAR」。
特に「Free Me」は、The Whoの名曲「See Me, Feel Me」の後半によく似た曲で、「燃え」ます。
「McVICAR」も約3分の短い曲ですが、これも「熱い」曲です。
バックにホーン・セクションが入っており、ジェフ・ウェインとスティーヴ・グレイのブラス・アレンジが効果大です。
1曲目の「Bitter And Twisted」を初めて聞いた時は、
ダウンタウンブギウギバンドの「港のヨーコ横浜横須賀」みたいなイントロで嫌いだったのですが、
今聴くと渋くて骨太のカッコいいロックン・ロール・ナンバーだったんだなあと思います。
しかも、良く聴くとキーボードやシンセドラムまで入ってて、当時としてはかなりハイカラなR&Rチューンでした。

ブリティッシュ・ロック・ファン、そしてThe Whoのファンなら是非押さえておいて損はないアルバムだと思います。

隠れた名盤です(^o^)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


dolphin


イルカの日

DAY OF THE DOLPHIN
監督:マイク・ニコルズ
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
主演:ジョージ・C・スコット、トリッシュ・ヴァン・デヴァー、ポール・ソルヴィノ、フリッツ・ウィーヴァー、エリザベス・ウィルソン
1973年アメリカ映画



「遠すぎた橋」のジョセフ・E・レヴィンが製作して、マイク・ニコルズが監督した海洋サスペンス。
イルカに爆弾抱えさせて目標を攻撃させようとする設定等から、SFに分類されることがあるようですが、
どうもしっくりこないので、あえてサスペンスにしてみました。
物語の前半は、イルカと海洋学者との心の交流を描く動物映画風なストーリーが展開します。
ところが、イルカの知能に目を付けたテロリストが、イルカに爆弾を付けて大統領専用船に体当たり
させようと計画します。
のどかだった前半が一転してスリリングな後半に転換していきます。
ジョージ・C・スコット&トリッシュ・ヴァン・デヴァー夫妻が仲良く主演しています。
イルカが出す声がとても印象に残ります。
これ日本版のDVDがかつて出たことがあるという噂も聞きますが、どうなんでしょう。
もう一度観たい作品です。


音楽は、フランスの名匠ジョルジュ・ドルリュー。
このブログでこの人を紹介することは少ないのですが、決してキライなわけではなく、
この人が手がける映画を観る機会が圧倒的に少ないからなのです。
フランス映画や人間ドラマって、10代の頃はほとんど観る機会がなかったので(^^;)
だから、本編を一度も観ないままおっさんになって、
はじめて耳にするこの人のサントラに「おお!すばらいい。」と思ってしまったりする
ことがよくあります。
だから僕にとってジョルジ・ドルリューはまだ未知の領域なのです。
そのような中で、本作は子供の頃にTVで初めて観て、
テーマ曲のあまりの美しさにノックアウトされた作品でした。
ドルリューをあまり知らない僕が偉そうなことを言うのもなんですが、
彼の作品の中でもベストの部類に入る1曲だと思ってます。
昔、谷村新司の深夜ラジオ番組のあるコーナーでこの曲が使われてたことがありました。
この曲を聴<と受験勉強してた高校生の頃を思い出します(^^;)
リリカルでチャーミングなリードを取る楽器の音(弦楽器の仲間だと思いますが、これ何て楽器だろ)、
この透明感はスゴイです。
スコア全体もゆったりとした流れで覆われた落ち着いたアルバムです。
この人の書<スコアはとにか<流れるような流麗さが特徴ですが、
本作もとても上品な味わいのある名スコアになっています。
1973年のアカデミー音楽賞にもノミネートされています。
現在入手可能な日本盤サントラCDは再発盤で、
LP当時に収録されていたイルカの声入りのテーマ曲が追加収録されています。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。